FC2ブログ

元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額1147万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム
単なるメモ

平気でカネを吸い上げるヤバい人の巧妙手口
7/17(火) 12:00配信 東洋経済オンライン


私の母親は毒母です。家族は父母と兄2人と私の5人家族ですが、全員、母親からストレスを与えられ続けてきました。私がもっとも嫌だと思っているのは、母親の独善的な性格と金銭トラブルです。身の丈を越えた浪費で、金銭をいつも誰かに泣きついたり搾取してきました。私は現在大学3回生です。就職後、母が私におカネをせびりに来たら、どうすればいいでしょうか。

我が家は裕福ではないですが、暮らしていくには支障がない一般家庭です。ですが、母親はいつも身の丈に合わない保険に加入したり、自身の見栄のために私たちにピアノを習わせたり、無駄遣いばかりするので、いつもおカネがないといって騒いでいました。
そのたびに、母の実家に泣きついておカネをせびったり、父方の祖母が亡くなったときは祖母の通帳と印鑑をくすねたりしていました。このように、母はいつも困るたびに浪費をやめず、誰かからおカネを搾取してきました。

私は 母親の生活範囲内にいたくないので、地元での就活はしないつもりです。しかし、父母ともに私が卒業する年に定年になることや、兄2人が定職についていないことが気がかりです。そしていつか、母親がおカネ目当てに私のところへ来そうな気がして怖いです。おカネをせびりに来られたらどういうふうに対応するのがよいでしょうか。
大学3回生

■少額でもカネを渡すべきではない

 あなたがどれだけ好条件で就職したとしても、母上を満足させる金額を稼ぐことはできません。そして数回に1度であっても母上の泣きつきにほだされて少額でも貸すと(渡すと)、それはあなたにはそれなりの出費額でも、母上には雀の涙でしかありません。

 しかも「次も借りられる」と期待を持たせる関係になるのです。金銭以外では付き合えても、金銭は事情に関係なく1円も渡せないことを、針の先ほどの妥協もなく伝えるべきです。それが何より母上のためであることを、これからお話しします。

 見栄や無駄遣いで、おカネに詰まるタイプの人たちの多くは、派手な生活をしていることで共通しています。補給ルートを絶つことがこの人たちの、唯一の更生の道です。

 普通、借金を申し込むのはとても心苦しいことのはずですが、このタイプの人たちは言い訳やウソが上手で、そのウソに自分自身も麻痺し、さほど恥も罪悪感もありません。土下座のようなことも平気でします。ですから補給ルートがある限り借金は膨らみ続けます。そして人間性が日に日にずるくなるのです。

■いろいろな人から借金する名人がいる

 70歳の私の知人は、プライドがないのかと問いたいほど、「いろいろな人から借金する名人」で評判でした。姻戚の遠縁など、一番申し込みにくい相手でもお構いなしです。収入が自分よりずっと少ない弟や妹も金ヅルでした。事業の回転資金だとか何とかいわれて同情し、数十年間、一番援助し続けたのがすぐ下の妹でした。

 この妹にはまるでおカネを預けてあるかのように、おカネを巻きあげていたそうです。ところがこのままでは共倒れになると、あるときその妹が申し訳なさそうに、「もう貸せるおカネはなくなった」と言いました。この時点でこの妹の心はボロボロでした。

 その頃には知人の評判も悪くなっていて、いくら借金名人でもほかで借りられるところはありません。その日から彼女の借金行脚は止まりました。その後も特に家族が路頭に迷うこともなく暮らしていますので、(中身はともかく)何とかなっているのでしょう。

 特筆すべきは彼女の別の妹は豪邸住まいの富裕者ですが、最初から一切、おカネは貸すことはできないと姉に明言していたことです。この知人はどんなに困っても、最後までこの妹宅にだけは行かなかったとか。「自分のウソが通用する相手とそうでない相手」の見分けはできていたようです。

 それで思い出すのは、元事業主だった男性です。

 生前の親から数億円の現金をだまし取ってギャンブルに使い、親亡きあとは会社も、相続した親の屋敷も全部、ギャンブルで失いました。

 彼はわずかに残った小さな工場で「再起を果たす」と、裕福な生活をしている姉に、数十万円の事業資金を申し込みました(姉にとっては雀の涙の額)。

 両親には湯水のようにおカネを使っていた気前の良いこの「姉」は、親が騙し続けられていたのを見てきましたので、弟の申し出を断りました。「私は母親のように生きるつもりはない。事情があってもあなたにピタ一文貸さないから、事情も聞かない」と一言で退けました。

 息子に家屋敷と数億円の現金を貢いだ親は、結果的に息子のギャンブルの応援団でしたが、この姉が、弟のルーズな金銭感覚に歯止めをかけたのです。彼は今、小さな間借り生活をしながら働いています。妻子には逃げられましたが。

■心を鬼にして、貸してはいけない

 今は、あなた自身が力をつける時で、下手な同情が共倒れを意味することが、おわかりいただけたことと思います。確かに子どもには親を扶養する(面倒をみる)義務がありますし、それでなくともこのような母上でもあなたには、それなりの恩や情はおありでしょう。そこまで非常になるのは難しいことですが、しかしここは考えようです。いつか必ず、もっと効果的な形で、親や家族を助けるときがあるとご自分に言い聞かせましょう。それは今でないことは確かです。

 私は最近海外で、新たな気づきがありました。全く別の2カ所で、「日本の旅行者と欧州などでよく会うけど、日本ではアルバイトで、長い海外旅行ができるくらいのおカネが稼げるのだって? ホント?」と驚かれて、私が驚きました。日本に住む者なら、これで誰も驚きませんね。兄上たちが定職につかなくとも、そこまで心配するのはやめましょう。兄上たちの今の生活が裏目に出ても、それこそ自己責任なのですから。

 ご両親も、定年後でもまだまだ若いです。退職金や年金、掛けた保険があっても働ける年齢です。それらがなければなおさら働くべきで、あなたがそこそこのおカネを用立てても、焼け石に水で、非生産的です。しかもこのような人たちは、貸してくれた人に感謝しません。

 返すときは、とても損した気分になるそうで、次に借りるために、その一部を返すのです。あなたが働くことで、母上がルーズに使うおカネの補給路が1本増えるなど、シャレにもなりません。

コメント


全然記事に関係ないですけど、野田さんこんな酷暑でも本当に家でエアコンなしで
過ごしてるんですか? 特に夜はつけないと暑さで何度も目が覚めました。一度挑戦したんですけど、3日坊主どころか1日でギブしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うん、まだ今年部屋のエアコンつけてないよ。何しろ店子の部屋でエアコンついてない所もあるから、そういう部屋に入れといて、自分だけエアコンってのも悪いから。

冷房無しで過ごす方法

■家にいる時

パンツ一丁
霧吹きで水をかけて、扇風機を回して気化熱で涼む
数時間に一回お風呂で水浴び(但し最初水がお湯になっていることがある)

■寝るとき

アイス枕(保冷剤の固まったヤツ)を使う

むしろ建築の肉体労働している時の方が、暑さが余り気にならない。汗だくになるけど。

奥さんの前でパンツ一丁で過ごしてるってことっすか 笑?
仮に野田さんはできても、一緒に住んでる奥さんには到底できそうにない禁じ手だと思うんですが...

あ、野田さんが実践しているとは書いてなかったすね 笑 すみません。

いや、ワシ女房の前でパンツ一丁だけど(w

女房は二階の部屋(ワシの一階より暑い)で、流石に昨日はエアコン今夏初めてつけたって。

とらわれの念は大事

ブロックチェーンで“お金”の価値がなくなり、“信用”の社会がやってくる

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010007-fnnprimev-sci

ブロックチェーン技術で終わる世界、変わるメディアの未来

https://www.fnn.jp/posts/00337910HDK

素人考えですが、
AIのアルゴリズムというのは、
そのビッグデータの元になった一人ひとりのカルマの総和、
という解釈でいいんでしょうか。

苫米地さんならどんな解釈するんだろう。

>そのビッグデータの元になった一人ひとりのカルマの総和、
>という解釈でいいんでしょうか。

そりゃワシャ知らんから、苫米地さんに聞いてみてよ

それとついでだからブロックチェーンの記事についても言っておくと、単なる理想主義者の夢物語に過ぎない、と思います。例えば初めの記事、100万円持った人と、100万人救った人と…とかいう比較が現実の選択内で起こり得る可能性はほとんどないわけで、そうなると100万円の方救う方が多くなるわけで。

インターネットが登場した時も、中央集権の形が崩れて自律分散になって…、てな議論ありましたが、それでどうなったか?確かにクラウディングファンドとか人の役に立つような使われ方もあるけど、詐欺だとかアングラな世界が構築される方も同等以上に多いわけで。

どんな素晴らしい技術も結局使う人の問題。この人は理想に燃えてるかも知れないけど、それ以上に目先の利益しか考えない人が多いと思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1394-edece4e8

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2018-12 : 3
2018-11 : 4
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 13
2004-01 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad