FC2ブログ

元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額1147万円

HOMEPR 都市難民 シリーズ物 経済 ニュース イスラム国 幸福功徳 陰陽 オウム 団体存続 雑多 建築リフォーム
 

「宇宙は、空(くう=emptiness)をtopとし、矛盾をbottomとする、包摂半順序集合である」①

命題①は、苫米地英人氏の理論から引用したものである。小生はこれを2010年頃受講した彼のセミナーで聞いたのだが、その瞬間、

(うわーーー、やられたーーーー!)

(自分も漠然と考えていたのに、先を越された!)

そんな思いを禁じ得なかった。

東大理一クラスのトップでもあった小生は、なかなか「自分より頭がいいヤツ」を認めない嫌な性格をしている。その小生が、上記のような完敗を認めたのは、彼ともう一人だけなのだ。ちなみにもう一人とは、「ガイアの法則」を記した千賀一生氏であり、「ガイアの法則」は拙著「一神教支配の終焉」の参照元理論である。

空(くう)の中で、どのような理論、どのような世界を構築しようとも、最後は矛盾に至る。命題①はそのような内容を指し示すものである。

例えば数学の世界で限定的にこの内容を証明したものが、クルト・ゲーデルの不完全性定理である。その定理の概要は、

「いかなる理論体系にも、少なくとも一つの真偽判定不明の命題が存在する」。

というものである。

この辺まで目を通して、

(ああ、今回の記事は、なんかよく分からん内容だからもういいや…)

と思ったそこのあなた!こっからが本論、というか今日の主題。もう少し命題①を噛み砕いた内容にしてみよう。


「どのような理論・理念に基づく集団・世界を構築しようとも、どこかで矛盾が生じる」

「その集団・世界が細部まで構築されるにつれて、矛盾点は多くなる」


本稿はオウム総括でもあるのだが、典型的な例としては当然ながらオウムがこれに当てはまる。

そもそもオウムは、ヨーガ的要素を取り入れながらも、仏教的実践を行う団体だった。当初は、不殺生含めた戒律を遵守し、個人の解脱・悟りを目指す小乗仏教、更には「衆生済度」を目的とする大乗仏教の実践を行わんとする理念を掲げていた。ところが途中から、タントラヴァジラヤーナを始めだした所から最初の理念からズレ始める。

タントラヴァジラヤーナは、「グルを絶対視する」というグルイズムにより、グルが到達した境地を弟子にコピーする。それにより修行のスピードを圧倒的に早めることが出来る、とされていた。しかしながらこの「グル絶対視」が、教団武装化と数々の凶悪事件へとつながる結果となったのは、周知の通りである。

虫も殺さない不殺生の実践をしつつ、一切の衆生済度を目指していた筈の団体が、無差別大量殺人を行うというとんでもない矛盾。この矛盾が発生する過程を別の視点から解説するならば、組織維持ということになろうか。

検察の起訴状にもある通り、1988年頃に起きた真島さん死亡事故。これを隠ぺいするために、次の田口修二さん殺人事件は起きた。そこから殺人を肯定するタントラヴァジラヤーナの教義が、少しずつ麻原の説法にも盛り込まれていく。そして救済の手段であったはずのグルイズムが目的と入れ替わり、救済とは逆の結果に至る。

この辺の分析は、既に色んなメディアでも語りつくされている内容でもある。しかし、かように目的と手段が入れ替わって本末転倒してしまう事態は、如何なる組織・集団・社会システムにおいても不可避なのである。それが命題①に抽出される現実世界なのだ。

なぜ大企業が不正会計を行ったり、不正隠しを行ったりするか。それは全て組織維持の為であり、組織維持のために上からの号令で、顧客や社会をないがしろにするような対応を行うわけである。それはオウムとは程度の差こそあれ、企業内グルイズムとも言えるのではなかろうか。

この問題は、当然ながら国家と社会システムにも当てはまる。

なぜ日本の首相はウソを吐くのか。なぜ官僚は、ウソを吐いた首相発言を取り繕うべく忖度するのか。なぜ、公文書改ざんどころか、事務次官がセクハラをしたにも関わらず、財務大臣は辞めなくて済むのか。

現実の政治は矛盾だらけなのであるが、これも全て組織維持の為に責任を取らずに済んでいる。注目すべきは、首相と財務大臣が、戦後歴代首相在職ランキングで上位に連なる佐藤栄作、吉田茂、岸信介、これらのアメリカ子飼い一族の孫であるという点である。メディア支配含めて、日本は敗戦以来アメリカの属国なのである。

社会システムの矛盾での注目点は、日銀の金融政策である。日銀黒田総裁は、2013年春の就任早々、2%というインフレ目標を2年以内に達成する、という目標を掲げたが、もはや白旗状態である。いくら金融緩和したとしても、物価が上がらない、という矛盾に面しているわけだが、それでも黒田を辞めさせないアメリカ子飼い一族なのである。遠からずこの金融政策の矛盾は、世界経済に現時点では想定すらできない悪影響をもたらすだろう。

(つづく)

コメント


明け渡しだ

野田さんはどの政党推してるんです?
自分は他の政党が糞過ぎると思ってるんで、このまま安倍政権でいいと思ってます。

金融破綻その他早期に自滅して頂くには、安倍政権でいいと思っています。

だって根本的問題の解決(一神教支配の終焉)には、誰が何やっても無駄な抵抗なんですから。


エントロピーが増大するのも関係ありそうですね。>命題①

教団武装化と数々の凶悪事件へとつながる結果となったのは、周知の通りである。

    いいんだよ。

金融破綻その他早期に自滅して頂くには、安倍政権でいいと思っています。

  自滅するわけないだろ、破綻など絶対しないから、、

破綻しないならしないでいいじゃん、ワシ金持ちまっしぐらだし
困っている人に感謝されて、悪い気持ちしないし

金融破綻でリーマンショックどころではない阿鼻叫喚地獄の方が大変だよ

要はどっち転んでもいい戦略。

グルイズムというより先輩達が、ある意味言わせてた側面が大じゃないですかね?中枢幹部の集合無意識がアサハラを乗っ取って

エントロピーとの関連はちょっと考えたけど不明です。

>中枢幹部の集合無意識がアサハラを乗っ取って

その要素は否定しないけど、森達也さんみたいにそれが全てみたいに言うのはやめてほしいな、と思う。

「それなら事件をオウム関係者だけの要因に特定するのも変でしょ?社会全体の無意識でしょ?ならどえらいヤバいことが起きるんちゃいまっか?」

ってのが私の仮説なんだけど、そこまで言及してくれる人が誰も居なくてね…

>教団武装化と数々の凶悪事件へとつながる結果となったのは、周知の通りである。
>    いいんだよ。
>| 201806-14 11:18:02 | #- URL [ 編集 ]
>金融破綻その他早期に自滅して頂くには、安倍政権でいいと思っています。
>  自滅するわけないだろ、破綻など絶対しないから、、
>| 201806-14 11:22:12 | #- URL [ 編集 ]

AUM信者とABE信者の親和性。
ここに来てオウム事件は国民全体の無意識の現象化だった、
と確かに確信できる。
つまり、日本国民はオウム信者と同様の末路をたどる可能性が極めて高い。

失礼しました。企業や清和会台頭以降の政治はその場しのぎや漠然とした短期的利益や誤魔化に終始し、ソレに疑問を持たない茹でガエル状態の人々~と、うまく形容できかねますがオウムの突出した教義、理念というか意思の運動は、う~ん、つまりソノ、異端は社会の在り方に対する必然の反応やカウンターだと…。

>異端は社会の在り方に対する必然の反応やカウンターだと…。

そうです、そういう感じの理解で結構です。

拙著では、物質主義に対する精神主義、としていますが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1385-c3533e95

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須だけど、書いたからと言って返信が保証されるわけでもありません。結局人間関係は共通の関心ごとがないと成立しないのであって。私が内容に関心を持った場合にやり取りが成立します。
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2018-11 : 3
2018-10 : 4
2018-09 : 4
2018-08 : 4
2018-07 : 6
2018-06 : 6
2018-05 : 8
2018-04 : 6
2018-03 : 7
2018-02 : 5
2018-01 : 5
2017-12 : 5
2017-11 : 4
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 13
2004-01 : 2
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad