元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

平日のある日、電話が鳴った。公衆電話からみどりの家族・フリーダイヤルへの問い合わせである。

「今上野公園にいて、生活保護の事で相談をしたいんですけど…」

色んな所で名刺などを配り歩いているので、どこからフリーダイヤルを知ったのかは分からない。年の瀬間際の寒さもあるので、そのまま迎えに行くことにした。

「じゃあパンダ橋渡ったところのジャイアントパンダの所でお願いします。そこに公衆電話がありますから、12時までに会えなければもう一度電話下さい。」

お互い顔が分からない者同士が落ち合うには、分かりやすい目印と公衆電話が欠かせない。上野公園パンダ橋のジャイアントパンダ像は、数少ない待ち合わせスポットなのだ。

上野駅について辺りを探していると、もう一度フリーダイヤルに電話がかかってきて、相手を特定することが出来た。仮にここでSさんとしておく。

Sさんは、年代的に小生と数歳しか違わない、ほぼ同世代。しかし話を聞く内に、同じ日本人でありながら、決定的な違いがあることが分かった。タイトルの通り、無戸籍なのである。これまで300人近くホームレスの対応をしてきたが、無戸籍者に巡り合ったのは二人目。但し一人目は、戸籍を売り払った者だったので、生まれてこの方、無戸籍のままという人は、Sさんが初めてだった。

Sさんの話を簡単に要約すると、以下のようなものである。

・物心ついた時には母親がいなかった
・気が付いたら「自分が父親だ」という人物が傍にいた
・父親は酒癖が悪く、暴力的だった
・早く父親から離れたいと思って15歳で飯場に入った

飯場とは、土木工事や建築現場での作業員用の宿泊施設のことである。決まった会社の正社員が住むこともあるが、2週間前後の契約で出入りを繰り返す所も多い。飯場での仕事がなくなって、ホームレスになる人は多く、労働者の中でも最下層と言っても過言ではないかも知れない。そこに10代で自ら飛び込んだという。以来30年以上、飯場を渡り歩いてきたという話だ。

ホームレスの身の上話には、必ずと言ってよいほど家族問題が付いてくる。その中でも極めて不幸なケースに思えた。

「飯場では周りはいい大人ばかりの中で、一人だけ若かったんです。だから結構可愛がられました。」

飯場での経験を肯定的に受け止めるSさんは、相対的によほどその自称父親という人物が嫌だったのだろう。

「教師経験のある人がいて、『自分の名前くらいはキチンと書けるようにしとけよ』とか、色々教えてもらったんです。」

中卒、あるいは小卒という人も少なくない飯場出身者の割には、しっかりしているように思えた。

ところでその日は金曜日であった。当然ながら保護の申請は、通常なら週明けまで待つことになる。だが週明けの予定も立て込んでおり、突然降ってわいた無戸籍者の保護申請をいつまで延ばすか、ということに迷いが生じた。

「今日は金曜日で、土日は役所が休みです。もしSさんさえよければ、もうこのまま役所に行って申請してしまいたいんですけど、どうですか?」

「じゃあそれでもいいですよ。」

どこの市町村でも、外部からやってきたホームレスの保護申請には冷たい。「住民票のあるところに行け」「出身地に帰れ」などという水際作戦も横行している。よって保護申請する場合、通常は新しい住居で最低でも一晩過ごしてから申請する。例えば川口市の住居で、一晩でも過ごせば、立派な川口市民と解釈できるからだ。

しかし申請が一日早ければ、その日数分だけ保護費は多く貰えるのである。不幸な家族関係の為に、Sさんは無戸籍者になってしまった。そのSさんが、どういう経緯で知ったのかは分からないが、小生を頼ってくることになった。ホームレスの中でもとりわけ不幸な身上のSさんの為に、今回は例外的対応を取ってあげたくなったのである。

(つづく)

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「どこの市町村でも、外部からやってきたホームレスの保護申請には冷たい」→確かに私の勤務地もそうです。まず居宅を与えず、生活保護の施設に入って貰って様子を見ていて、戸籍がない方は施設で「就籍」をして貰った事がありましたが、面倒だそうです。

タコ坊さん、どうも

私の所に来る人は、本人の問題も大きいですよ
(続きに書いてます)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1265-270923d1

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad