元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

--教団内部ではどんな意見がでてますか?

いや~、実は今言ったような計画を、サマナ全員が見られる掲示板にアップしてぶつけてみたんだよ。こういう形でこれから一般の人の手助けをします、もろもろの協力、お願いしますってね。結果はね、A派が2人ほどグチャグチャ因縁をつけてきたけど、あとの反応はないね。

--拍子抜けですか?

まあ、そうだね。はっきり言って今A派教団に残っている人は、観念ガチガチの化石か根性無しかどちらかだね。みんな松本家の後ろ盾があるA派に逆らうのが怖い、ケンカをしたくない、波立たせたくないって思ってるんです。今のままで昔の教祖が作った生活形態で安住していたいってことですね。

--A派の方の道場活動というか救済とかは見込みはどうなんですか?

年に新規で入信する人は、十数名もいるのかな。よく分からないけど、やめていく人と差し引きすれば、とんとんかマイナスじゃないかな。現役の信徒は平均年齢が40超えているかな、サマナも40超えているから、先細りするのは明確だし。しかも彼らの救済っていうのは、「グルを意識しましょう」「お布施しましょう」ってそれしかないから。もうすぐ死刑のグルに、おんぶにだっこに肩車。まあ、私はむしろ彼らの為にも、早く死刑執行して挙げた方が、目を覚まさせる結果にもなるかなとすら思ってしまいますね。

私は「救済」っていう言葉は使わないようにと考えてますから、奉仕って言いますね。やはり人の為の奉仕って言うのは、その人のレベルに合わせた奉仕が必要だと思うんです。で、今の時代はやはり経済における格差でみんな苦しんでいる。競争社会に価値を見いだせなくなっている。だったら元々教祖が仏教ヨーガの真理と言っていたものを背景に、みんなの利益になる奉仕活動ができるはず。だから私なりに考えて一般の方に提供させて頂けたらな、という試みですよ。

ところがA派の救済ってのは、「グルがこういったから」ってそのまま昔のやり方を踏襲するしかできないんですね。時代は変わっているのに、融通が利かないんです。救済にも何にもなりません。もう自分たちA派だけが救済される、その為の救済活動ですよ。自分たちだけしか守れない自衛隊みたいで、冗談みたいだね。

勿論、グルグルグルで救われると思う信徒は、それで良いと思います。好きずきですから。でも将来的なビジョンについては、教団は現実的なものはないし、多分信徒もお金がなくなったらポイッってな感じになるかもよ。今までの信徒活動でも、お金のある信徒には面談や相談に乗っても、お金のない信徒は相手にしないってやり方で来ているからね。

--教団内でも市場経済で殺伐としていますか?

そうなんだよ。信徒だけじゃなくてサマナもそうなんです。お金を沢山稼いでくるサマナには、神経使った対応。そのサマナの要望通りにエアコン付きの個室を与えるとかね。でも財施で余り稼げなかったり、内ワークしかできないサマナには、「あんた稼いでないんだから、経費使わないでよー」って対応ですね。

サマナが就職すると、「あなた給料日はいつ?給料はどこの口座に振り込まれるの?通帳は?カードは?暗証番号は?」って。サマナ曰く「カードと暗証番号だけ渡したら、ハイ、さようなら、用無しって感じ。」こんな感じで教団内でもお金が全て、って感じなんだよ。

だから私は、本来の人と人との信頼関係、他を利する気持ちで奉仕に立ち返ろうと内外で言っているんですけどね。もう少しみんな考えて議論してくれるかと思ったんだけど、ダメです。それが「バトル開始の予感」だったけど、みんな怖がって素通りするんですよ、私の前を。ダメですね。

--じゃあ、正悟師は一人で活動されるんですか?

まあ各分野で個別に協力してくれる人はいるから、個別に連携を取ってやることになるでしょうね。私にとっては、教団のグル絶対主義も、現代の経済至上主義も同じなんです。どちらも終焉を迎えつつあると思いますね。でも時代の変わり目というのは、これまでの流れで動いている勢いが残っている。みんなどことなくおかしいなぁ~、と感じているけど、なかなかそれに対して立ち向かえないんだな。だから私は、教団内でも社会でも時代の変化を示す道化役として挑戦しようと思っているわけです。ま、たかだか300人の団体のグルイズムを変えられないで、現代の資本主義に何ができるか、って思いもありますけどね。道無き道をかき分ける挑戦です。まあ人生夢を持って楽しくいきましょうってことで(w。


コメント


布施者を除いたサマナは現在何人ですか?

オウマー向けナルピーセミナー希望

結局、代表なのにセミナーには行けなかったんですか。
お暇でしたら、是非とも、オウマー有志向けに説法会をして下さい。
少ないながら謝礼を出します。
なお、40台で高齢化をお嘆きのようですが、日本共産党は平均年齢が50歳くらい、地区によっては60歳でも若手だそうです(by筆坂秀世)。


VT正悟師

>まあ、私はむしろ彼らの為にも、早く死刑執行して挙げた方が、
>目を覚まさせる結果にもなるかなとすら思ってしまいますね。



わたしはA派ではありませんが、
まだ生きていてもらった方がいいと思いますね。
あと、10年ぐらいは。

というのも、ATA説法集の解釈ブログを作っていますので、
夢で示唆を戴きたいからです。

あの方が、救済のために地獄へでも行ってしまうともうコンタクトがとれませんので。
(藁)

マッカーシーによる赤狩りや、
4人組による文化大革命を想起させますね。
いずれ事態は終息するでしょうけど、
大きな後遺症を残しそうです。

ダンスホール

金がすべてじゃないなんて、
きれいには言えないわ。
             -尾崎豊

VT正悟師

果たして「ひかりの輪」の教義は完璧か?1
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1178108341/l50

145 :神も仏も名無しさん:2007/08/13(月) 08:46:42 ID:/6sy4lyA(このレスのみ)宅八郎って彼女のH奈(ファンの間では有名)の影響でひかりの輪に入信したんだって!会った人いる?


と書かれていたんですが、
「宅八郎が『ひかりの輪』入会」って、本当ですか?


尊師死んだらエネルギーが枯渇しそう。

宅さん

森高のフィギュアが恋人ではなかったの?

アジア経済危機

現在では、市場の力とは莫大な資金を運用して通貨や株式の売買を行う人々のことを意味します。規制が存在しないため、彼らは取引に着いて独自の方法を編み出すことができます。そしてそのルールに従えば、彼らが通貨を売る度に、売られた通貨の価値が何ポイントか下落することになるのです。売りを繰り返すことにより、彼らはいかなる通貨でも彼らの望むところまでその価値を落とすことができます。彼らの行う通貨価値の切り下げに制限はありません。このようにして彼らはマレーシアの通貨リンギットを60%も下落させ、同時にインドネシアのルピアを一時的に600%も下落させました。
 通貨価値を切り下げるためにはその通貨を米ドルで購入する必要があります。従って、自国通貨を防衛するためにはその国の中央銀行もまた米ドルで自国通貨を購入しなければなりません。しかし、通常中央銀行が保有する米ドルの金額は通貨トレーダーのそれに及ばないため、通貨防衛は成功しませんー

マレーシアが非植民地化を防ぐ唯一の方法は、こうした人々による通貨や株価の操作から自国の市場を守ることです。そのためにはオフショア・リンギットを非合法化しなければなりません。その結果、通常マレーシア国外のリンギットは購買力を失います。しかし、オフショア・リンギットの国外での借り、買い、売りは認められています。またオフショア・リンギットに価値を与えるために、その所有や金額はマレーシア国内の預かり勘定に反映されます。所有するオフショア・リンギットに変更が生じれば、それは所有者の預かり勘定に反映されなければなりません。
 マレーシアが取った行動は、通貨トレーダーのオフショア・リンギットへのアクセスの防止に限られたものです。全てのオフショア・リンギットは、一ヶ月以内にマレーシアに送金されない限り無用で無価値なものとなります。
 オフショア・リンギット間の取引を反映してマレーシアの銀行における預かり勘定のリンギットを動かすことは禁止されています。銀行は預かり勘定の動きを逐一中央銀行に報告する義務があります。通常のビジネスのためにマレーシア国内で流通しない限り、リンギットは中央銀行に預けられなければならないのです。
 マレーシアの為替規制が実施するのはそれだけです。リンギットはマレーシア国外で無価値になったため、国外に持ち出すことはできません。しかし外国通貨、つまり外国資本は自由にマレーシアの国内外を行き来することができます。全ての貿易の決済は外貨でなされ、外国直接投資のためにマレーシアに流入する資金も外貨です。
 リンギットの調達は国内に限られるため、リンギットと外国通貨の交換は全てマレーシア国内で行われなければなりません。リンギットの為替レートに対する投機はなくなりますが、ビジネスへの資金提供のため、リンギットと外国通貨の交換は行われます。為替レートは、世界市場での競争力を考慮した上で政府が固定します。
 現在の為替レートは3.80リンギットが1米ドル、あるいは1リンギットが26米セントとなっています。この固定レートは、たとえ競争相手の国々が通過の切り下げを行っても、できるだけ長くいじされますー

マレーシア経済の向上を示す兆候は他にも多々あります。前副首相の解任とそれに続く裁判に伴う多少の政治的問題をのぞけば、国は落ち着いています。前副首相に追随する人々がその釈放を求めて暴力的な手段に訴えていますが、それは上手くいっていません。人々は法の秩序と民主主義を守っているのです。暴力的手段は完全に拒否されています。

「マレーシア、マハティール・モハマド首相のスピーチ
帝国ホテル、平成10年10月20日」からの抜粋。

アジアの通貨を下落させ、IMFによる金融政策を押し付けようとする国際金融当局に対するマハティール首相の対抗策。
金融当局の代弁者、ジョージ・ソロスがあわててマレーシアに来てマハティールに対する恫喝を行うが、無視。国際金融当局の操り人間であった次期首相候補、副首相アンワルが首相になれない何とかの理由、という本が書店に並んだかと思うと、ホモセクシュアルの罪でアンワルを逮捕、投獄、政治的生命を抹殺する。そして見事に首相の座を維持したのでした。
タイ国の中央銀行が通貨下落に泣き叫んでいる中で、リンギットの為替レートの固定、通貨と為替市場の秩序を回復しました。見事な手腕です。他のアジア諸国がIMFの管理下に入り、金利の引き上げと金融の引き締めを行ったため、事態を悪化させた中で、唯一、自国経済を回復向上させたマハティールは、やはり偉大な首相であったと思います。また、政治権力がなければ、敵対勢力に対して何もできない、ということも示してくれました。しかしまた、国際金融当局に対する報復も受けなければなりませんでした。
以下、次号に続く。

報復

W.W.ギブス(Scientific American 編集部)
 謎の病気が突然マレーシアの田園地帯をおそった。最初は日本脳炎だと思われたが,ワクチンの接種を受けていた人からも患者が発生した。病気になった人は,奇妙な咳をする豚の世話をしていたという共通点があった。まったく新種のウイルスかもしれない・・研究者が必死にその正体をつきとめようとしている間にもウイルスは猛威をふるい110人が死亡した。100万頭の豚が廃棄処分となり,マレーシア経済にも大打撃となった。この騒ぎで,今の世の中の新しい病気に弱い現状が浮き彫りになった。最高の科学者たちが最善の努力を尽くしても,新しい病原体をおさえきれないこともある。

訂正

>金融当局の代弁者、ジョージ・ソロスがあわててマレーシアに来て

→ゴア副大統領でした。

>いや~、実は今言ったような計画を、サマナ全員が見られる掲示板にアップしてぶつけてみたんだよ。こういう形でこれから一般の人の手助けをします、もろもろの協力、お願いしますってね。結果はね、A派が2人ほどグチャグチャ因縁をつけてきたけど、あとの反応はないね。

現状の教団の問題に対してのアプローチ、という側面が薄いので、どう反応していいのかわからない、というのがあります。あえて宗教団体アーレフとして、代表としてと考えるとよけいに関連が希薄になります。
いっそのこと財施活動ですよとか、奉仕活動であって、教団としてのあり方の追求とか代表の肩書きとかの関連ありませんと言ったほうが、周囲の無用な「?」を回避できたような気がしますが。

>早く死刑執行して挙げた方が、目を覚まさせる結果にもなるかなとすら思ってしまいますね。

イエス・キリストの時は、死後よけいに痛い方向へ行って行ってしまったので、どうかと思います。今でも当人が身を隠した状況でこうですから。
まったくもってこりゃダメだと思うと同時に、だからこそなんとかしようという思いも出てきますが。

どんな人でも、どんな派閥でも、ダルマの実践がそこにあれば、それはそれですばらしいと思います。各派閥を全肯定、全否定したくありません。ダルマの価値は、今も昔も、どこにいても誰であっても変わるものではないと思います。
しかしながら、根本的な部分で間違いが入り込めば、その果報が返ってきます。根本の間違いであれば、すべて振り出しに戻る、つまりリセットする必要が出てきます。そして往々にして問題点は見過ごされ、隠蔽されます。

百ゼロ、右左といった派閥という大枠にとらわれず、個別要素毎の定量的評価、価値の二面性の視点で(ありのままに見る)、カルマの返りと結果を見越して準備する必要はあると思います。パーティAがポシャって、パーティBが残るとか、そんな単純ではないと思いますよ。一様にハードな状況に追い込まれるのは必至だと思います。高いプレッシャーと高温に晒されれば、無常な物は灰に、無常を越える物だけが純金のように残ります。シビアですね。絶対にごまかしはききません。

マハームドラーって、思い->行動->現象、結果の因果関係をはっきりと現すということですが、そういう意味ではVT正悟師には単純なアンチ主流でなく、潜在意識と因果の顕現という観点で進めていってほしいと思っています。

ものはいいよう、あなたのいいかたは角がありすぎますよ、たしかに雨降って地かたまるともいいますが、ふくすい盆にかえらずとももうします

早く死刑執行してあげたほうが、云々とありますが、
今回の記事は、vt正悟師自身は、もう尊師への帰依はなくなった、という宣言とうけとっていいですか?


A派の女師じゃないかなw  アナハタ痛いのねw

去る条件、留まる条件

釈迦牟尼の入滅は本人の意思がはっきりしていました。留まる必要が無くなれば去る。アーナンダはきっかけに過ぎないのは明白です。多くの人がもっと長く留まってほしいと思っていたのは明らかです。それでも入滅し、去りました。

有限の期間留まった後、必ず去る。今生はその時期がすぐそこ、ということ。多少早かろうが遅かろうが、誤差程度。これはマハームドラーで、この事実は直視しないといけない。留まるに足る条件が揃ってなければ去る。留まってほしいと思うだけでは去る。

ジミーペイジ

マニアックで誰もわかんねーよ…

地味変ならわかるかな?

はっはっは~

君、変。

re去る条件、留まる条件

でもまあ、一般的な解釈としては、アーナンダはいつも近くにいて、釈迦無二のことをしたっている、アーナンダすら魔境とはいえ、死んでもいいと言っているくらいだからほかも推して知ることができる、という位の、なんというか、基準線になってたっちゅう感じですよね

野田さん勘違いしてるよ

信者としては、尊師が予言された救世主じゃあないなら、自分達はだまされたということなのだから、これ以上野田さんについていく必然性を感じないんだよ。

だから、予言に反して教団が崩壊している現時点では、もう信者それぞれは違う道をそれぞれ模索してるんだよ。

正悟師、教団代表についてくる信者がいると考えることがお門違いになってるんだと思うよ。

教団に属さず個人的に修行を続ける人もほとんどいなくなると思うよ。

>信者としては、尊師が予言された救世主じゃあないなら、自分達はだまされたということなのだから、これ以上野田さんについていく必然性を感じないんだよ。

一連の流れ理解してます?
「野田さんについていく」という表現が全てを物語っているような。

いわゆる中間派と呼ばれる層が、ほとんどパーティを構成していないところからして、「ついていく」というノリはないと思います。

>アーナンダすら魔境とはいえ、死んでもいいと言っているくらいだからほかも推して知ることができる、という位の、なんというか、基準線になってたっちゅう感じですよね

入滅後500年正法が続いたわけで、そういう意味では、サンガがしっかり自立していたということですね。500年は短いようで長い。
えらい違いだな。

そ~

その裏にある宗教としての価値観の崩壊についてはなしてるの。

キャンディみたいに「修行は価値がある」と言っているやつはまだ洗脳が解けてなくて扱いやすいほう。教祖、教団の価値観は崩壊しているけど、修行や宗教の価値観を残しているから。

今後、信者が社会に触れるにつれ、修行や宗教の価値観が崩壊して行くことについての話なんだ。

上祐が、社会融和と言っても、なんかずれてると感じられている部分もここ。

解る?

A派はダメ、でも修行は価値がある(と思いたい)というやつ。

修行も幻影で価値なかったんじゃないってそのうちみんななるよ。


そうなると
正悟師?何の価値があるっていうんだ?
教団代表?犬にでも食わしとけ、こっちは生活で忙しいんだよ!ってな感じ。

洗脳解けてないとわかんねーかな。

おい、誰も反論しないのかよ?

「個人的に修行を続ける人もほとんどいなくなると思うよ」こんなこと言われて

「修行は価値がある、修行続ける必要があるんだ!!」ってだれも言わないのかよ。



こりゃ終わったか?


思わず転載したくなりました。2ちゃん・完璧スレ116より


38 :神も仏も名無しさん:2007/08/17(金) 21:00:30 ID:zarMUF5e
派閥問題でオウム真理教崩壊 サマナ250人以上脱獄 日本
×月×日×時×分配信 ××新聞

 日本のカルト教団オウム真理教(アーレフに改称)が、派閥問題により崩壊し
、サマナ250人以上が逃走したことが×日、 分かった。
 ロイター通信などによると、崩壊したオウム真理教は数々の凶悪事件を起こしたカルト教団で、
松本家は「何もできなかった。教団内には誰も残っていない」と話している。
 またオウム真理教の分派・ひかりの輪も被害を受けており、 スタッフの逃走について調べている。
 ひかりの輪代表上祐氏は「何もできなかった。教団内にはわたしに頼らなければ生きていけないおばさんしか残っていない」
と話している。
(本紙特電)


↓さてこれを「お馬~」風にアレンジしてみます。

派閥問題でオウム真理教崩壊 サマナ250人以上行方不明 日本
200×年4月1日23時59分配信 極智新聞

 日本のカルト教団オウム真理教(アーレフに改称)が、派閥問題により崩壊し
、サマナ250人以上が脱会したことが先月30日、 分かった。
 ロイター通信などによると、崩壊したオウム真理教は数々の凶悪事件を起こしたカルト教団で、
野田成人教団代表は「松本家も逮捕された。とうとう改革は何もできなかったし、その必要もなくなった。教団内にはA派も中間派も残っていない。わたしも明日脱会する」と話している。

 またオウム真理教の分派・ひかりの輪も被害を受けており、 スタッフの逃走について調べている。
 ひかりの輪代表上祐史浩氏は「何もできなかった。教団内にはわたしに頼らなければ生きていけないおじいさんおばあさんしか残っていない」
と話している。
(本紙特電)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/124-609be8ee

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad