元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

イギリスのEU離脱問題で、暇な時に記事を書いてほしいとコメントがあったので簡単に。暇じゃないんだけど、話題が旬じゃないとみんな読まないだろうし(タダでさえ読まないのに…)

小生の仮説を取り上げるまでもなく、世界経済の潮流は効率化であり障壁の撤廃である。通貨統合を含めEUは、その流れで加盟国を増やして来た。障壁が撤廃され経済が効率化されるとどうなるか?これは、日本でも皆が経験している通りであるが、

・障壁撤廃による合併等で大企業・大資本があらゆる市場を飲み込み、
・その結果リストラなどで非効率的な人員が削減され、
・かろうじて生き残った人員もより過酷でハードな労働に晒される

ということになる。

この流れでEU内で起こっていた問題は、大きく分けて二つ。

①競争力の強い(ドイツ)企業が域内輸出を伸ばし、その他中小企業を淘汰する
②ギリシャ等競争力のない国の貧しい労働者が移民となり比較的豊かな地域の地元民の仕事を奪う

本来、域内の(加盟国人の)通行が制限されていれば②の問題は起きず、通貨が統合されていなければ、為替変動の結果により経済力の強い通貨は競争力が無くなり、経済力が弱い通貨は安くなり競争力を取り戻す(リンク先緑字部分)。しかし通貨統合等により、上記①②の問題が大きくなっている。

EU離脱問題は、今回のイギリスだけではなく、何度か世界経済を揺るがせているギリシャその他の国で問題になっている。その国々で見られる傾向は

・比較的教育が高く、国際的にも競争力がある人はEU残留派
・比較的教育が低く、経済競争力が低い人はEU離脱派

となっている。そして離脱派では、今回のイギリスでもそうであるが、EUに従わず独自の文化や伝統・習慣を取り戻そうとする動きが強くなっている。これは民族主義的なものであり、ヘイトスピーチなどの排外主義と裏表である。

世界経済が1つになったことにより貧富の格差は拡大した。更には戦乱状態にある国含めて貧しい国から大量の移民・難民が発生することも、EUでは大きな問題である。これらの問題も絡めて、民族主義的・排外主義的な流れは弱まりそうにない。なぜなら市場が統合され経済競争が激しくなっていけば、閉塞感が満ち溢れて来る。そんな中で、日々の不満・鬱積を吹き飛ばす形で、周囲一緒になってみんなで盛り上がれる問題はそれしかないからである。

繰り返しになるが、もし一神教・男性原理優位の社会が、多神教・女性原理の社会に転換するとなれば、現在の地球を密接につないでいる経済システムは、再生不能なまでに破壊されるだろう。それまでにはEU問題だけではなく、日本の累積赤字問題・中国バブル経済の崩壊・米国ドルの累積赤字問題も顕現化するだろう。

男性原理により市場を統一化・効率化する流れと、民族主義・排外主義でそれを壊そうとする流れがぶつかり合う。最後はシステムそのものが再生不能になる、というのが小生の仮説。先の記事でも触れたが、移民問題は今回の転換期における民族大移動に当てはまる可能性を繰り返しておく。今回のEU離脱問題がその発端だとしても、まだ「一回の表、菅野の立ち上がりを攻めて4点を奪いました…」って所じゃないかな。

小生の仮説が正しいとするならば、地球レベルでもう流れは決まってるんです。小生は確信してるんですが、皆さんがバカなのか、小生がキチガイなのか、誰も信じないんであんまり言う気なくしてます。

昔オウムで4つの馬の話だっけ?馬がいばらのくびきを見て驚くって話し合ったよね?

①賢い馬はくびきを見た瞬間恐怖する
②普通の馬はくびきをかけられた瞬間恐怖する
③バカな馬はくびきをかけられて首にとげが刺さってから恐怖する
④……

単純な話、組織を束ねる統一理念・原理が強くなればなるほど、末端構成員の締め付けは強くなり反発も強くなる。この組織を束ねる力と反発力とのバランスがどこまで持ちこたえるか、ですが、どっかで壊れます。何とか壊れるのを伸ばそうとするなら、ちょっとずつ不満分子を排除して行くしかない。単純な話で、どこの組織でもそうです。

昔大村さんが排除されて「今の団体(アレフ)のここがおかしい、師がこんなことやっているのはおかしい」とみんなに相談しても、みんなは

「う~ん、大村さんの言ってることも分かるけど、それは大村さんと師の問題だから…。私は私で今の組織に従って…」

って言ってたのと同じ。で、そういう人も数年後排除される段になって初めて「おかしい、おかしい」と言い始める。

人間大体そんなもんです。自分が痛い目に遭うまで分からんのです。

人間ってそもそもバカなんです。過去の歴史を振り返ってみれば、そのバカさ加減がよく分かるでしょう。しかし現代人が、「過去の人類は愚かだった、現在は科学が最高に発展した時代でそんなことはない」って考えること自体、バカで愚かで無自覚な過去の人類と変わらないんです。

地球の寿命は約100億年。この巨大な存在の大きな流れに身を任せるしかないって、人類が謙虚に気付く、それが多神教・母性原理の時代です。

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1231-99900b8b

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad