元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

不動産賃貸は、入居者の当たり外れがある。当たりとは、何の問題もなく黙っていても家賃を振り込んでくれる店子(たなこ)であり、外れとは、クレームばかり多かったり、滞納が多くかつ連絡がつきにくかったりウソが多かったりする店子。

ご老人が多いホームレス支援の場合、「お金が無くなった」とか問題を起こさない店子が「当たり」に該当する(リンク先記事最後の方「正直な人」とか)。

Sさんは、自分でATMの操作とかうまくできないこともあるが、正直だしお金も無駄遣いしないので、どちらかと言えば「当たりの部類」と認識していた。しかし念のため、お金を落としたりしないように、保護費の半額を預かっていた。月の半ばに本人にまた返すのである。

ところがこのSさん、今月はまだ一週間ほどしか経ってないのに、「お金がもうほとんどない、お金を自分で管理したいから返してほしい」と言ってきた。おかしいな、と思ってよくよく話を聞いてみると、どうやら同じ住居の人にたかられているようだ。

Sさんは自分では酒を飲まない。しかし酒を飲まないSさんを誘って、酒盛りをしょっちゅうやっているTさんという悪質な人がいる。彼が大人しいSさんに、「酒を買って来い」などと言っているようで、Sさんのお金が無くなってしまった。更には「お金を自分で管理したいから返してくれって野田さんに言え!」とでも言われたようだ。

このTさんは、以前には隣の人と酒をよく飲んでいたが、その隣の人が「暴力を振るわれた」として住居から出て行ってしまった。Tさん曰くには「いや彼は自分で酒を飲んで転んでいた」というが、多分ウソだろう。隣の人が出て行った後、TさんはSさんに目を付けてたかるなどのイジメを始めたというべきだろう。Tさんは、このように問題ばかり起こすという意味で、「外れ」である。とは言え、店子は店子なので、よっぽどのことがない限り追い出すわけにも行かない。

Sさんには、「Tさんには対応しない方がいいよ、部屋に入れなければいいよ」とは言ったが、部屋に入れないと、ガンガンドアを蹴るという。大人しいSさんはそれで中に入れてしまうようだ。

Tさんに直接、「Sさんを無理やり酒盛りを誘わないで欲しい」と言っても、簡単に聞く人間ではない。逆にまたSさんが、「野田さんにチクっただろう!」といじめられそうだ。

どこの社会でも大人しくていじめられる人はいるけど、難しいね…。

◆金融の話

世紀末金融破綻の兆候が明らかになってきましたな。

三菱東京UFJがPDとして国債割り当て分に応札しないとなると、他の銀行も追随したくなるのは必至。勿論財務省としては、銀行の離反を必死に食い止めようとするだろうけど。

日本はバーゼルⅢ規制導入に当たって、新たにリスク資産と見なされる自国国債(日本国債)保有が多いのでヤバい。だから銀行も減らしたいんだろうね。

書こうかな…、と思ったけど、読む人も少ないだろうから面倒なのでヤメ。

とにかくシステムが終焉する直前には、色んな所で矛盾・綻びが噴出する。今回もその一つだけど、最後はどんな弥縫策を重ねても、システムが維持できなくなるってことでしょう。



焦点:三菱UFJの国債特別資格返上、決断の背後にマイナス金利
ロイター 6月8日(水)16時28分配信

焦点:三菱UFJの国債特別資格返上、決断の背後にマイナス金利
 6月8日、国債市場を支えてきた三菱東京UFJ銀行の特別参加者(プライマリー・ディーラー)からの離脱は、日銀のマイナス金利政策によって市場構造が大きく変化している現状を浮き彫りにした。写真は都内で2011年11月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)
[東京 8日 ロイター] - 国債市場を支えてきた三菱東京UFJ銀行の特別参加者(プライマリー・ディーラー)からの離脱は、日銀のマイナス金利政策によって市場構造が大きく変化している現状を浮き彫りにした。

プライマリー・ディーラー制度の導入から12年。同行に追随する動きが広がれば、制度の存続を揺るがす事態に発展しそうだ。

<判断の背後にマイナス金利>

三菱東京UFJ銀が、財務省に対して資格返上を打診したのは5月下旬のことだった。

日銀は、今年1月29日にマイナス金利政策の導入を決定。長期金利の指標となる10年物国債利回り<JP10YTN=JBTC>は2月9日、史上初めてマイナス圏に低下した。

複数の関係筋によると、同行は、PDに課されている発行予定額の4%以上の応札を続けるのは困難と判断し、財務省に意向を伝えた。7月にも離脱する方向だ。

引き金となったマイナス金利政策をめぐって、同行は「(銀行にとって)明らかにネガティブ」(三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長)との立場を崩していない。

今回の判断を受けて「金融政策と密接な国債市場との『決別』を演出し、マイナス金利の深堀りをけん制する狙いもあるのではないか」(市場筋)との観測もくすぶる。

主力行の一角が離脱しても、市場の混乱を懸念する声は出ていない。

同行が資格を返上しても、系列の三菱UFJモルガン・スタンレー証券、モルガン・スタンレーMUFG証券はいずれもPDにとどまるとみられ、全体では、発行予定額の80%という高い応札率が担保されているためだ。

財務省は15年4月から応札責任の比率を3%から4%に引き上げた。以前の入札では70%台でも多くの需要が集まり、これまでも不安視された例はない。

「PD資格を返上しても、入札に応じられないわけではない」(三菱東京UFJの関係者)ことから、国債投資そのものは続ける姿勢を維持していることも、不安感が少ない理由だ。

<注目される外資系の動向>

ただ、日銀が現状の異次元緩和の手法を見直し、出口戦略に向かう際にも市場が平静でいられるかは疑問が残る。

今回の三菱東京UFJ銀の離脱は、他の銀行の経営判断に影響を及ぼす可能性がある。さらに外資系証券を含めた金融機関に離脱の動きが広がれば、連携の受け皿を失いかねない。

同行の資格返上に関し、菅義偉官房長官は「国債の安定的な消化が確保されるよう、市場との緊密な対話に基づき適切な国債管理政策に努める」と8日の会見で述べたが、対話を続けられる市場を維持し続けられるかどうか――。先行きの課題を残した格好と言える。

(ポリシー取材チーム 編集;田巻一彦)

コメント


オウムは「功徳」という名の仮想通貨を対価にして、
生命身体の自由・金品財産・労働力を搾取していたのだ、と、
最近やっと気付いた。

尊師の説法を一通りよませたところ 売れない作家がけっこう売れるようになったようです 

つまり国家予算が組めなくなり預金封鎖から始まりついに紙幣が紙切れとなり笑い声がヒャッハーと響く社会の到来と。
ソコでセンパイから、さ迷える庶民層へのアドバイスを一言願います。

>アドバイスを一言

現預金ではなく、現物資産・食糧などを一定量蓄える
部分的にでも自給自足できる準備をしておく

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1229-eb501a8a

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad