元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

ここしばらくはブログ記事を書く暇すらない位忙しい。というか、ちょこちょこと人が来るので、その対応に忙しい。

元々のホームレス生活保護対応というのもあるけど、人生相談みたいなのも含めて話が来るので。

で、小生の絡みで、単にこちらから住居提供するだけってのもあるんだけど、ホームレス支援そのものを共同作業としてやってくれるような人も最近は来たりするので有難い。そういう人との関係で、時間を取られる…、というかネットのコメントだけする人との関係より、そういうリアルの方が断然重要なので、記事書いてませんってこと。

そういうリアルの関係で、何をどう具体的関係を構築しようか、というのが今の活動・実践でありまして。経済的にはもうお金黙ってても入る状態なので、それをどう使って行こうか、って悩んでます。

え?賠償?それについては、「3月20日に際して②」の後半参照の事。

元々このブログ、小生のスタンス・見解表明というのがメインだったし、今は言うべきことはそれなりに言ったんで、後は「こんな活動してますよ~」って宣伝。

ま、その上で来てくれた人で、こっちの支援活動協力してくれそうな人には、金銭支援含めてちょこちょこやってます。オウム時代は「布施、布施、ふせ、フセ」って信徒から金取ることばっかりやってたけど、今は「こっちからお金出しますからやりたいことやって下さい」ってなってます。あ、やりたい事っても、小生の理念に合致した人助けっていう範疇で。

小生の考えとしては、現代社会の奴隷労働に嫌々従事するより、生活保護もらいながら自分がやりがいを感じることをやればいいんじゃないかな、って考えてます。

最近の若い子、病んでる子多いよ~。それもこれも雁字搦めに固められた現代社会の枠組みによって無意識レベルで抑え込まれてるからなんだろう、ってのが持論。

それでそういう人達と如何に関わりを作って…というのが課題なんだけど、なかなか意義ある人助けに発展させることは難しい。

例えば1年程前からブログ経由で、「自分を変えたい」って言ってきた人いて、明らかに病んでる(自覚もしてる)んだけど、その人が「ハロプロが好きです~♪」とかっても、そこでハロプロの話題に盛り上がるとか、ハロプロのイベント行くとかしたって、その人の人間性変わらんわけであって…。

如何に対象との関りを持って、広げて、それを変容させるか、という。

勿論やり方は無限にある筈なんで、力量や能力があれば、そういう題材から性格改善とかできるのかもしれないけど、如何せん現時点ではほとんどホームレス支援位しか題材がないのが実情で…。

振り返ってみりゃ、オウム時代は気楽だったな~

単純に

「グルは真理!グルは絶対!グルを信じろ!」

そればっか言ってりゃ良かったわけで…

昔麻原が説法で言ってたことで

「教団はワシが死んでも、10年20年はお前ら食っていけるやろ」

ってあった。現実に麻原無き(亡きではなく)後も教団は20年以上続いている。教団幹部らは「グルグルグル」ってお題目唱えさせるだけで、飯食うどころか、6-7億蓄えたわけで。

ただそれは他人の看板借りてやってただけだから、自前の看板を起ち上げて事業をやるのは難しいってこと。その点放っておいても20年続く事業を起ち上げた麻原は偉大だ。「信者は洗脳されてる」だのなんだの言っても、何もしなくても20年洗脳されたままのシステムを作れる人ってそうそういない。

コメント


人は自分の所属する世界に長くいると、そこがすべてのような錯覚に陥り、
そこで行われていることに何の疑問も持たなくなるもの。
しかし、外の視点から眺めると短所が見えてくる。
所属する世界の常識を疑い、本質を見極めることも大切なのだと思う。

個人的見解では「目が見えない私が~」とか言ってんのに子供とキャッチボールしてる時点で何らかの境地に達してる様には見えますたよ

しかしこちらは

異性に対する欲望の滅びの方法と、苦の消滅に関するその利益を説いているのだから、例えば、娑婆の生存の立場から世俗的欲楽歓楽の生活の苦の消滅に関するその利益、あるいはその「快感のすばらしさ」を提示してもらはないと、発展的議論に成り得ない。

善き友、善き伴侶、善き仲間は梵行の全てである。


南伝大蔵経

大篇 (マハーヴァッガ)

[四五] 第一 道相応(マッガ・サンユッタ)

第一 無明品

[一] 第一 無明

このように私は聞いた。

あるとき、世尊はサーヴァッティのジェータ林のアナータピンディカの園に住していた。

ここに世尊は比丘たちに告げた。
 
比丘たちよ。

世尊よ。

と比丘たちは世尊に応えた。世尊は説いた。

比丘たちよ、無明が先行して不善法に入り、従って無慚・無愧が生じる。
比丘たちよ、無明に行く無智者において邪見が生じる。
邪見があれば邪思惟が生じる。邪思惟があれば邪語が生じる。
邪語があれば邪業が生じる。邪業があれば邪命が生じる。
邪命があれば邪精進が生じる。邪精進があれば邪念が生じる。
邪念があれば邪定が生じる。

比丘たちよ、明が先行して善法に入り、従って慚愧が生じる。
比丘たちよ、明に行く有智者において正見があれば正思惟が生じる。
正思惟があれば正語が生じる。正語があれば正業が生じる。
正業があれば正命が生じる。正命があれば正精進が生じる。
正精進があれば正念が生じる。正念があれば正定が生じる。


[二] 第二 半

このように私は聞いた。

あるとき、世尊はサキャ国のサッカラという名の村に住していた。

ときに尊者アーナンダは世尊のいるところに行って世尊を敬礼して一方に座った。
一方に座って尊者アーナンダは世尊に言った。

世尊、善き友、善き伴侶、善き仲間は梵行の半分です。

アーナンダ、そのように言ってはならない。
アーナンダ、そのように言ってはならない。
アーナンダ、善き友、善き伴侶、善き仲間は梵行の全てである。
アーナンダ、善き友、善き伴侶、善き仲間がいる比丘は
聖八支道を多修することが期待されるべきである。

アーナンダ、どのように善き友、善き伴侶、善き仲間がいる比丘は
聖八支道を修習し、聖八支道を多修するのか。

アーナンダ、ここに比丘がいて、遠離に依り、離貪に依り、滅尽に依り、
放棄に変化する正見を修習する。

遠離に依り、離貪に依り、滅尽に依り、
放棄に変化する正思惟を修習する。

遠離に依り、離貪に依り、滅尽に依り、
放棄に変化する正語を修習する。

遠離に依り、離貪に依り、滅尽に依り、
放棄に変化する正業を修習する。

遠離に依り、離貪に依り、滅尽に依り、
放棄に変化する正命を修習する。

遠離に依り、離貪に依り、滅尽に依り、
放棄に変化する正精進を修習する。

遠離に依り、離貪に依り、滅尽に依り、
放棄に変化する正念を修習する。

遠離に依り、離貪に依り、滅尽に依り、
放棄に変化する正定を修習する。

アーナンダ、このように善き友、善き伴侶、善き仲間がいる比丘は
聖八支道を修習し、聖八支道を多修する。

アーナンダ、この理によって知るべきである。
善き友、善き伴侶、善き仲間は、梵行の全てであると。

アーナンダ、私を善き友とするがゆえに生法がある有情は生を解脱し、
老法がある有情は老いを解脱し、死法がある有情は死を解脱し、
愁悲苦憂悩法がある有情は愁悲苦憂悩から解脱する。

アーナンダ、この理によって知るべきである。
善き友、善き伴侶、善き仲間は、梵行の全てであると。

ここに如来は第三の大なる千の千世界(十億世界)を光で満たす。

南伝大蔵経

増支部経典>三集>第三 アーナンダ品

「  第十 小

ときに尊者アーナンダは世尊を訪ねた。

訪ねて世尊に敬礼して一方に座った。

一方に座って尊者アーナンダは世尊にこう言った。


世尊、私はかつてこのように世尊の面前で聞き、面前で受け取りました。

「アーナンダ、シキン世尊にアビブーという名の弟子がいて、
ブラフマーの世界(梵世)に立って千世界に声を認識させた」と。
 
では先生、阿羅漢・正覚者である世尊はいくつに声を認識させることができるのですか。


アーナンダ、彼は弟子である。如来は無量(量れない)である。


再び尊者アーナンダは世尊にこう言った。

先生、私はかつてこのようにの面前で聞き、面前で受け取りました。

「アーナンダ、シキン世尊にアビブーという名の弟子がいて、
ブラフマーの世界(梵世)に立って千世界に声を認識させた」と。
 
では先生、阿羅漢・正覚者である世尊はいくつに声を認識させることができるのですか。

 
アーナンダ、彼は弟子である。如来は無量である。

三たび尊者アーナンダは世尊にこう言った。

世尊、私はかつてこのように世尊の面前で聞き、面前で受け取りました。

「アーナンダ、シキン世尊にアビブーという名の弟子がいて、
ブラフマーの世界(梵世)に立って千世界に声を認識させた」と。

では世尊、阿羅漢・正覚者である世尊はいくつに声を認識させることができるのですか。


アーナンダ、あなたはその小世界を聞いたか。


世尊、今がその時です。善きところに達した方、今がその時です。
どうか世尊は説いてください。世尊から聞いて比丘たちは受持するでしょう。


それではアーナンダ、聞いて善く考えなさい。説こう。


「はい、世尊」と尊者アーナンダは世尊に応えた。世尊はこう言った。


アーナンダ、月と太陽が運行し、諸々の方角を照らすだけの世界がある。

その千倍の世界がある。

その千世界には、千の月、千の太陽、千のシネールという山の王(須彌山王)、
千のジャンブディーパ(閻浮提)、千のアパラゴーヤーナ(西牛貨)、千のウッタラクル(北倶盧)、
千のプッバヴィデーハ(東勝身)、千の四海洋、千の四大王たち、千の四大王(天)、千の三十三(天)、
千のヤーマ(夜摩天)、千のトゥシタ(都卒天)、千のニンマーナラティ(化楽天)、
千のパラニンミタ・ヴァサヴァッティ(他化自在天)、千のブラフマーの世界(梵世)がある。


アーナンダ、これが小さい千の世界(小千世界)と言われる。

アーナンダ、小さい千の世界を千倍にした世界がある。

アーナンダ、これが第二の中なる千世界(中二千世界)と言われる。

アーナンダ、第二の中なる千世界を千倍にした世界がある。
 
アーナンダ、これが第三の大なる千の千世界(三千大千世界・千の三乗の世界・十億世界)と言われる。

アーナンダ、如来は望むならば第三の大なる千の千世界に声を認識させる。あるいは望むだけ。


世尊、では世尊はどのように第三の大なる千の千世界に声を認識させるのですか。あるいは望むだけ。


アーナンダ、ここに如来は第三の大なる千の千世界(十億世界)を光で満たす。
そのかぎりの生ける者たちがその光明を知覚したならば、そのとき如来は音を発して声を聞かせる。

アーナンダ、このように如来は第三の大なる千の千世界に声を認識させる。あるいは望むだけ。

 
このように言われて尊者アーナンダはこう言った。

ああ私に利得がある。ああ私に善き利得がある。
私にはこのように大神通・大威力ある師がいる。

このように言われて尊者ウダーイは尊者アーナンダにこう言った。

友アーナンダ、君の師がこのように大神通がありこのように大威力があるとして、
それが君の何になるのか。

このように言われて世尊は尊者ウダーイにこう言った。


ウダーイ、そのようであってはならない。ウダーイ、そのようであってはならないのだ。

ウダーイ、もしアーナンダが貪りを離れずに死ぬとしても、
その心の浄信によって七たび神々の間で天王となり、
七たびこのジャンブディーパにおいて大王となるだろう。

ウダーイ、さらにまたアーナンダは現世において般涅槃(無上の平安に到達)するだろう。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

このブログは、“崇高な自分の見解を聞いて下さい”みたいな自己実現の場としても機能していたと思います。僕含め、言いたい放題言えてスッキリしたバカはかなり多いのではないかと。感謝感謝です。
プロデューサー野田成人さんの更新、楽しみにしてますね~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

心動かさないという態度 

そりゃあ、手に入れたいですけど。現実には、恥ずかしい奴ばっかじゃないですか、そういう探求ごっこ系のひとって

痛いし、病んでるし、裏表激しかったり
世俗でも還俗でもなんでもいいから、現実を充実させたほうがいいんじゃないでしょうか
。そしたら現実とはなにかとか、そういう系の人ってまた面倒くさい事言いってきそうですけど。

野田さんは最近話題になってる恒心界隈はご存知ですか
弁護士へのいたずらから果ては大量爆破予告にまで発展したあれです彼らは標的である唐澤貴洋を新尊師と呼び松本死刑囚を旧尊師と呼び崇めているようです

そういう系の人はアニヲタが知識量を競い合って自己慢に浸ってるのと同じ。
つまり「戒誓のとらわれ」。
相手するだけ無駄、という野田さんの境地がやっと少しだけ理解できつつある。

知識量の競い合いっていうか、
オウム関係の人ってね、麻原彰晃が上からズバズバ説法していた姿に憧れて真似して「いいか野田よ」とかって演説コメントを投稿したいんだよね。なんかその気持ち分かるもん。野田さん忙しいから、皆が代わりに「うんうん凄いね」って返してあげたら、きっと喜んでくれるよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「いいか野田よ」あるいは常に他者を見下して生きてきたお前は

「あーいるいるこういう奴」と見下し想うことによって、意見などから逃げる。
そのような想いの習慣もまたお前をいつまでたっても苦しみから解放しない原因である。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いいかゲンシンよ…、お前だけに話そう。

何がなんでも絡みたい!という強い熱意を感じます。あえてリアルで絡まずコメント欄で絡むんじゃワレ!嫌み言われても知らんわボケ!みたいな。
一つ、カルトちゃんに秘儀を。以前、カルトちゃんの前任者にあたるのかな、やはり野田さんに説法して構われなかったコメンテーターが、「1日コメント三つまで」ルールを乗り越えるため、新規投稿する時は前回のコメントの末尾にコメントを追加するという超絶の裏技を行使していました。まずはその境地に到達してからじゃな、話は。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カルトマンさん、も…、もしかして悟りを開いてます?僕前々から、悟った人と一回話したかったんすよ。
悟ったらどんな感じになるんですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「Good luck」


嵐のような男はそう一言いい残してココを去っていった





                            ....というつもりだった野田けど....(笑)

.....土日だしぃ...もう二日だけ.....羽を伸ばしてぇ...という事情です(´ー`)。。o ○

PSY超越神力2016(にーまるいちろく)FINAL

<ENDING THEME>

http://tmbox.net/pl/1031207

お世話になった家賃としてお礼に敷金と礼金を

敷物:<改訂01ダンマパダ2016>
http://fast-uploader.com/file/7016304279302/

礼物:このブログ、広告しときますた(笑)
http://alephnoda.blog85.fc2.com/

今、現代資本主義の世間では、これが「勝ち」とされている(笑)。

https://twitter.com/The_cultman/status/721066219944550400

ホンマにええんか?これが?この姿がカッコ良くて美しいのか? というアンチテーゼ(笑)


....何がなんでも絡めない!という強い冷気を感じます。あえてリアルで絡まずコメント欄でも絡めんのじゃワレ!仏教説かれても知らんわボケ!みたいな(笑)。

なんだ、自分で削除したのか。
ヘタレ。

今までの凱基地に比べたら全然ヌルい。
書類選考落ちレベル。

結びの言葉

真剣に(ある意味犠牲者である)お前らのことを考えてこの10何年、あれこれ試みたつもりだったが、結局何の助けにもなれず、只、傷つけ苦しめて申し訳なかった。 何もできないがせめてお前らの幸せを祈ろう、人生投げずに頑張ってくれ。 もうお前らに関りお前らの生き方を邪魔をすることはないだろう。              

                       以上 GOOD LUCK

PS 野田よ

オレが書き込みを封じたのは
「ここまで書かれた後に『小生の賃貸物件の家賃¥25000がどうの』等の次元の話が書きにくくなるだろう」の続きで、
しかしオレの書き込みが見えなくなっていればお前は『小生の賃貸物件の家賃¥25000が~』系の話が書きにくくならなくなる(普通に書きやすくなるだろう)、という理由だぜ。

そのくらいは読めよな、人の心を。

じゃあな 達者でな

かまってちゃんの逃げ口上はいつも長くて未練がましい。
本気で消えるなら潔く黙って消えろ。

なんかさ、常勤の説法師がいないと逆に寂しいんだよね俺。オウムの時代が本当に終わっちゃったような感じがしてくるからかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1220-82c2508d

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad