元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

年金を息子娘に送金して使ってしまったという山下さん。詳細に聞き取りをして詰めていくと、ほぼウソだと判明した。そのウソがばれてはまずいと思ったのか、送金したという妹さんの電話番号を確認する直前で切れた。ブチ切れた、というよりは、「プチ」切れた、という感じではあったが。荷物に手をかけて立ち去ろうと一歩踏み出した所で、小生は語り掛けた。

小生「でも今時点で手持ちもなくてドヤ代もないんですよね?どこか行く宛はあるんですか?」

山下「……」

小生「別に私だって意地悪で『お金を何に使ったのか』をほじくり返したいわけじゃないですよ。そんなこと誰だってやりたくないでしょう。でも本当にお金を妹さん経由で息子娘に送ってしまったというのなら、今の状態は『そのお金、返してもらわないとどうしょうもないです』ってこっちから相手方に言うしかない状態ですよ。」

山下「……」

台東区の場合、最初に生活費とドヤ(=簡易宿泊所)の宿泊費を数日分渡すのだ。そして、ドヤに支払った領収書を提出して、残りの日数のドヤ代をもらうというシステム。よって手持ち金がゼロになってしまうと、ドヤにも泊まれなくなる。

小生「台東区からは前にもらっていた時の保護費とか、未精算分の返金とか言われませんでしたか?」

山下「……年金の分返還って言われてた。」

小生「台東区はまだ保護廃止になってませんが、今時点でお金はない、返還すべきお金も使ってしまった、ではどうしようもないわけで。それは送金であろうがなかろうが、お金を使ってしまったことは、反省してもらうしかないですよ。」

山下「……」

小生「具体的にこれからどうしますか?ここにいるというなら、台東区の廃止含めて出来るだけのことはお手伝いしますが、それでもやったことがやったことなので、簡単には行かない、厳しい状況だというのは理解してください。」

山下「……」

小生「すぐに答えが出せないかも知れないですから、後で連絡してもらってもいいです。明日も来ますから。」

山下「昼までには答え出して連絡します。」

やりとりを記述したのは上記であるが、重要なのは「プチ」切れて立ち去ろうとした状態から、どうやって考え直させたかという所である。

「プチ」切れた事からしても、それまでのやりとりからしても、山下氏がウソを吐いていたのは明らかである。そのウソを問い詰めつつ、相手が逃げ出す直前の所で追撃の手を180度反転して緩めるという「寸止め」である。

通常ウソを吐いている相手を問い詰めて追い詰めると、ほとんどの場合でウソを重ねるなどして自分のエゴを防御する。逃げられないところまで突き詰めると、逆切れするなど怒りで跳ね返そうとする。逆切れされると、通常は問い詰めた側も、それまでのウソを問い詰めて突っ込む勢い余って、相手とぶつかってしまう。そうなれば単に相手と決裂して、相手との関係も終わってしまう。

ホームレスが困った状態になるのは、その自分のエゴ故である。今回の山下氏も、どういう理由であれ、返還すべきお金も含めて使ってしまうから困った状態になるのである。それを格好付けた理由で取り繕うエゴも含めて、こちらは出来る限りの所まで相手のエゴをホジクリ返す必要がある。なぜならそのエゴを容認したままでは、同じことを繰り返すだけだからである。

ところがその問題を突っ込むにしても、相手が嫌がる所、痛い所を突いて怒りだす場面で、こちらが同様に怒りで反応してしまったのでは、決裂となり終戦である。少なくともこちら側の怒りをコントロールする、だけではなく、相手の怒りも鎮めるような物言い、物腰が必要となる。つまり相手が逃げる直前のギリギリのところで、相手に対する追撃から受容へとこちらの態度を変えることである。

会ってわずか一日もしくは二日という相手に対してこのような突っ込みができるのは、山下氏含めたホームレスが追い詰められた状態だからである。この本人のエゴを追い詰めるという作業をしなかったらどうなるか?まず問題を抱えた本人がエゴをそのまま温存させ、こちらに対して「舐めた対応」を取るリスクが高まる。例えば山下氏の場合、仮に小生の所で保護が取れたとしても、二カ月後の年金がもらえた段階で、返還すべきお金も返さずまた違う所に逃げるというリスクである。

またこの作業は、本人と小生との間に、多少なりとも信頼関係が深まるか深まらないか、という別れ道でもある。本人が防御しているエゴの壁に全く跳ね返されたままなのか、あるいは少しでも深いところに踏み込むことができるか、という違いである。

逃げ出す直前のギリギリのところで緩めるという「寸止め」。この「寸止め」は、オウムの教義を良く知っているものならピンと来るかもしれないが、小生の支援活動の重点ポイントである。尤もこのような労力をかけたとしても、相手の欲望・煩悩が大きければいずれコントロール不能になる。そのような事態も十分に想定内ではあったが……。

(つづく)

コメント


ややこしいですね。
立ち直った元ホームレスの人が、こういう活動に携わったら、もしかして名案が出てくるのかもしれませんが。

https://www.youtube.com/watch?v=7Zsp4QRjwCs
上記内容と少し関係があるかもしれない話

こりゃまさにグルと弟子の関係ですね。

獲物を精神的に囲い込んでエゴをハントするスタイルは、まさに蠍(座)の真骨頂!

野田さん、凄いことになってますね。これはかなり面白い活動だと思います。

この頭頂に報身のグルを観想し、喉に変化身のグルを観想し、そして心臓に、法身のグルを観想すべきである。この三種の観想は、白銀色に輝くグル、功徳に満ちたグルを頭頂に観想し、喉は赤紫の救済者としてのグルを向かい合わせて観想し、そして、この心臓の部分には、グルの心の本質である、ダルマカーヤ、つまり、法身としてのグルを観想するのである。まず第一に、この観想を行いなさい。
 そして、第二に、グルは修行者であって修行者でない、という事を忘れるべきではない。つまり、グルは救済者である。ということは、あなたがたも、救済者になる必要があるんだ、という事を認識すべきである。もともと、ヒナヤーナの至るニルヴァーナと、それからマハーヤーナの実践を行う魂に至るニルヴァーナは違う。これが、ニルヴァーナとマハー・ニルヴァーナの違いである。したがってグルとの心の合一は、ヒナヤーナの実践だけでは、決して達成できない。いいね。

>all

あけおめ~

>かなり面白い活動

うん、そこそこやりがいはあるんだけど、やっぱり縁が薄い人間には薄いなりにしか効果がないところが……

縁を深めるために今年もチンタラ活動継続。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1198-57e22eb6

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad