元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

元ヤクザで何度も刑務所を出入りしているAさんは、小生の師匠にも相談した結果、役所が紹介する無料定額宿泊所に移りました。その後は当然こちらとの関わりも消滅。

ところが後でTさんに聞いた話ですが、数カ月程してTさんの所にAさんから電話がかかってきたといいます。Tさんって何度か登場している「自称ダメ人間」Tさんです。どういう話だったかというと、「今交番にいるが、お金がなくて困っている、助けに来てほしい」という内容だったそうです。詳しい状況は分からないのですが、ひょっとして無銭飲食か何かの金銭トラブルになり、お金を払わなければまた逮捕されてしまうということだったのかも知れません。

ご存知の通りTさん自体が生活保護でお金もないし、自分自身の事も覚束ない精神状態です。当然どうすることもできず電話を切ることになったわけですが。

さてここで申し上げたいポイントは、Aさんが小生にではなくTさんに助けを求めてきた、という点です。なぜ小生ではなかったかというと、Aさんは小生が厳しい対応をするというのを分かっていたからだと思います。その代わりに、ボランティアとして住居の案内と歩行の介助を手伝ってくれたTさんにすがってきた、ということでしょう。

合理的・客観的に考えれば、Aさんに対する支援が行われている図式において、Tさんではなく小生の方が支援活動の取りまとめというか責任を負っているのは、最初の出会いの場面からしてもAさんにも当然分かった筈です。しかしAさんは意図的に小生を避けたのでしょう。

ここで改めて、仏の心9の内容を思い出して欲しいのですが、この時もAさんは小生を避けて、別のボランティアの人間に支援金を要請して来ているのです。なぜなら小生はその前に、「中で報奨金を貯めて自分で買いなさい」と断ったからと推測できます。

要するに、厳しい事を言う人間を避けた選択肢を選んでいるわけです。勿論これは、人間としてある意味自然な感情でもありますが、裏を返せば小生との絆というか縁を感じていない、いや小生だけではなく誰とも縁が深まらない、深められないということでもあります。

これはAさんが、周囲の弱い者には暴行や恐喝をするが、警察に捕まって追い込まれてしまうとすぐに謝るということと、裏表の関係でもあります。つまり長期的な視点に立脚して、緊張に耐える、目の前の苦しみに耐える、我慢するということができなくなっているわけです。もの凄く近視眼的にその場その場の楽な方に流れてしまっているということ。

一般的に支援活動というと、社会的・経済的弱者を受け入れる母性的寛容さばかりが先行しがちです。しかしながら母性原理ばかりで甘く優しく対応し続けていると、場合によってはわがまま放題に支援対象者のエゴが増長してしまうリスクがあります。そうなると支援する方も人間である以上、そこに費やす時間・労力・お金に限界があるわけなので、どうしようもなくなってしまいます。

小生が考える理想的な支援とは、最初女性原理によってある程度相手を受容しつづも、一定の関係ができれば、その関係を元に一定の緊張を強いる厳しさにより接するというやり方。これは何のことはない、通常ならばその人間の両親が行うべきものです。つまり母親が女性原理の寛容さ(弛緩)で、父親が男性原理の厳格さ(緊張)で接しながら、子供を育てていくということ。

このような男性原理・女性原理、緊張と弛緩による関係性の構築は、親子同様に一対一の個人的な信頼関係を築く構図でなくては無理でしょう。つまり生活保護や刑法・刑罰という社会的な制度ではフォローしきれないと考えます。

現実にAさん以外のケースでも、小生はホームレスその他の人がより甘い支援を求めて渡り歩いている場面を何度も見てきました。具体的には、こちらの市区町村で何か不始末をやらかした場合に、その後始末をすることなく別の市区町村に逃げ込んでまた保護を求めるとか。あるいは、こちらの支援団体で助けてもらったに関わらず、何か不都合なことが起こると「立つ鳥後を濁す」形で逃げ出し、別の支援団体に助けを求める、というようなケースです。

そのように嫌なことを避け、楽な方へ楽な方へと流れてしまうと、どんどん人間として堕落すると同時に、選択肢もどんどん狭まって、より苦しい立場に追い込まれるだけなのですが。しかし現実には、Aさんのように、人生の終焉近くになっても、そのサイクルから抜け出せないケースも存在するわけです。

これは生活保護という制度自体のマイナス側面ですが、一般の支援活動にも同じマイナスの側面があると言えます。このマイナス側面は、支援者と被支援者の個人的信頼関係構築というやり方でしか補完できないように思われます。法務省も保護観察官その他を設置して、個別人間関係により指導しようとはしているようだが、追いついていないのが現状。

もしAさんが仮に逮捕されるという話だったにしても、直前にTさんではなく小生に直接電話をして来ていたなら、恐らく再度獄中のAさんを支援することになっていたでしょう。しかし、Aさん自身も小生を避けている以上、「縁なき衆生は度し難し」と考えるしかありません。

(多分もう縁がないので終わり、予想に反してまたまた小生の所に連絡が来たらつづく)

コメント


Tさん頑張ってますね。あれから2日連続でいつものホームレスの方にあったのですが、親会社の上司がいて話せれなく、ここしばらく会ってません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一個上の秘密米

いや別にいいんじゃないでしょうか?
思想的にも私に近いんで特に問題を感じません。
縛り、があるわけでもないし、むしろ緩いところです。

センパイは真面目すぎますね~。立ち位置は中世の私度僧や捨て聖みたいなモンですかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1182-992d8282

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad