元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

(古い記事だけど折角書いた記事なんでup、この話は後の記事の伏線です)

小生が支援する対象者は、生活保護を受けるようになっても携帯電話を持たない人が大半。ま、そりゃ~考えてみれば、元々ホームレスだったケースも多いし。稼働年齢(65歳)過ぎてりゃ、特に仕事探す必要もなければ、頻繁に連絡を取るような親しい人もいないわけで、本人からすれば電話をかける必要性そのものが余りない。

しかし小生の立場からすれば、必要な時に連絡が取れないと、困ることが多々ある。本人としては、小生に連絡したい時には、公衆電話から電話すればいいと思っているようだ。どうやら本人達の意識としては、「自分が連絡したい時にだけ連絡ができれば十分」という感じらしい。

例えば小生宛によくある連絡は、公衆電話から

「野田さんですか、○○(自分の名前)だけんど、お金無くなったから5000円貸して欲しいんじゃが…(ピーッ…プツッ…ツー・ツー・ツー・ツー)」

最後の機械音は、料金が足りなくなって通話が切れる音である。つまり

「保護費使っちゃったから、金貸して」

というSOSを一方的に発信して、こちらに一切対応を検討する余地もなく電話が切れてしまうのだ。多分お金もないから10円、20円位しか入れてないからだろうが、こちらからは連絡が取りようもない。せめてコレクトコールなど、ある程度こちらが対応を考えるだけの時間を取れるやり方で電話してくれればいいのだが、そんな人はいない。

公衆電話だとこっちから連絡が取れない。お金がないという連絡も、残り金額が1万円とか5000円とか、日数的に余裕があるうちに連絡してくれればいいのだが、大抵無くなった当日に連絡が来る…orz orz orz

言ってみれば、そこまで頭を働かせてくれるような人たちではないからホームレスになってしまったわけであって、それを補う形で対応させて頂くのが小生の仕事と言えば仕事なのだが(だから単なる愚痴みたいなもの)。

お金を届けようにも、過半数の人は銀行口座すら持っていない(持っている人には口座振り込みで対応できる)。そうすると東武野田線沿いに点在する物件まで時間をかけて出向かなければならない。

家まで行って届けようにも、予定があればその日あるいは翌日に行けるとは限らない。仮に行けたとしても、本人が家に居ないことがある。家に居ない場合、金の受け渡しはリスクがある。信用できる同居者が存在すれば、その人に預けることもできるが、そういう同居者がいないことの方が多い。部屋に置いて行ったとしても、それを受け取ったかどうか確認のしようがない。悪質な人間の場合、置いていったのを受け取っておきながら「そんなの置いてたの知らない」と言いかねない。

「現金書留という方法があるじゃないか」

という突っ込みがあるかもしれないが、それで対応できる人もいる(過去記事の金貸し貧乏)。しかしそれだと速達でも1日以上タイムラグがある。また書き留めの不在票に対応できない人間の場合、返送されてきてしまうので使えない。そもそも人との対応が出来ない人達が多いので、ルームシェア物件だとすると、まず郵便屋の玄関呼び鈴にすら対応できない。

ということで、電話を持っていない店子(たなこ)からの公衆電話経由「お金貸して」はいつも苦慮している。尤も大体いつもこの連絡をしてくるのは決まった人なのだが……いや実はこの5000円貸してくれって、前記事のHさんが一番多い(毎月)んだけど。

仮に相手が携帯電話を持っていたとしても、それを使いこなせない人が多い。

まずメールが使えない。

こちらから電話をかけても、ちゃんと出てくれることがほとんどない。ずっと留守録になっていたり、全然でなかったりである。

電話があっても、家賃を払えない時に電話にでない店子もいる。しかしそうでないケースにおいても、本人達も悪気がなくても電話を受信できないのである。

数年前にある店子が殊勝なことに以下のような話をしてくれた。

「私も助けて頂いた恩返しではないですが、何か野田さんの活動でお手伝いできることがあったら、いつでも言ってください」

その人は保護をもらった後、携帯電話を持ったので、何度か炊き出しの手伝い他お願いしようと連絡してみた。しかしこちらが電話してつながったことは一回もなかった。

どうして電話に出ないのか確認してみると、

①電車に乗る時電源を切ってそのままになっていた(電話の意味ねージャン)
②いつの間にかマナーモードになってそのまま気づかなかった
③出かけるときに電話を持って行かなかった(なんのために買ったの?)

いや、本人悪気はないんです。使いこなせないだけで…。

(この話は後の話の伏線です)

コメント


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1170-a9c5ce58

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad