元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

前回の記事で、本人の自己否定・人生否定・人間不信・社会不信については、家庭環境が悪く自己肯定感が育たなかったから、と書いた。それは親のせいとも言えるが、その親自体も家庭環境が悪かったというケースが多い。

余り具体例として取り上げるのも憚られるところもあるが、元モーニング娘の加護ちゃんもその例だろう。以下ネットからの引用。

---------------------------引用ココカラ-------------------
加護は1988年、奈良県に生まれた。だが、生後1年で両親が離婚、母親に引き取られた。小学5年生のときに母親が再婚、新しい父と母の間に3人の弟妹がいる。

「継父は、運送業をしていましたが、仕事がうまくいかなくなり、かなりの借金を作ってしまいました。借金の返済は亜依ちゃんの収入に頼らざるを得なかったんです」

デビュー2年目には、高額納税者となり、1234万円を納税した。当時の推定年収は、4000万円あまり。一般家庭の暮らしを支えるには充分すぎるほどの収入だったが、これでも足りなかったという。

「最初の喫煙事件の直前には、亜依ちゃんの実家には数万円しか残っていなかったそうです。そのため母親が、亜依ちゃんに“事務所から金を借りられないか”と相談したこともあったといいます」(知人)
(引用元:NEWSポストセブン)

加護は小学5年生(10~11歳)の頃まで、父親のいない境遇で育ったようだ。そして母親の再婚後、モーニング娘。でデビューしたが、継父には莫大な借金があったという。

これらなどにより、加護が父親の存在に対してコンプレックスのようなものを抱いたのだとすれば、憧れの対象が“裕福”で優しい“父親のような年上男性”に向けられたとしても不思議ではないのかも。
---------------------------引用ココマデ-------------------

生後1年で離婚してしまう両親そのものも、やはり問題を抱えていたと推測するしかない。喫煙トラブルで事務所解雇の後、暴力団絡みと噂される20歳位年上の夫と結婚したことは、周知の通り。今回新潮で警察沙汰になったことが記事になったが、このトラブルの最中ずっと泣きわめくしかなかった2歳の娘は、どれだけ不安定な気持ちを無意識に植えつけることになっただろうか。このように不安定感、自己否定は連鎖する。

---------------------------引用ココカラ-------------------
加護亜依が自宅で大暴れ

元モーニング娘の加護亜依が警察沙汰を起こしたことが、28日発売の「週刊新潮」に掲載された。

5月12日の朝、『妻がヒステリーを起こして大変なので来て欲しい』と、警察に通報があり、警察官が到着すると、加護は逆上して、夫を激しく罵しており、2歳になる娘は大声で泣き叫んでいたという。

通報したのは夫原因は、娘の親権について話し合っていたところ、口論がエスカレートしてしまい加護に手をつけられない状態になってしまい通報。離婚協議中のふたりは、普段から娘の親権を巡り、話しあいをしていた。

さまざまなトラブルが続き、現在加護は芸能活動をしていない。その原因が夫にもあるため、離婚協議の話しあいで加護の希望を受け入れているという。

夫の知人によると、加護が娘を育てることに同意。運転手付の車、六本木の高級賃貸マンションの家賃も含めて毎月150万円の支払うことを提案。夫からの希望は週に1度娘に会うこと。

その後は、一時関係が修復したように見えたが長くは続かなかったという。

過去2度も逮捕された夫と、スキャンダルの耐えない加護。このふたりに振り回されたわずか2歳の娘。離婚劇はまだまだ続きそうと報じている。

ミニモニ。で活躍した加護。相方の辻希美はママドルと成功している。元相方の活躍ぶりを横目になんとか起死回生をはかりたいと思っているのだろうが、芸能界そんなに甘くはない。



離婚協議こじれまくり…加護亜依は娘の親権を獲得できる?
messy5月28日(木)18時30分

 今年4月、夫・A氏と別居し離婚に向けて協議中であることを発表した加護亜依(27)が、復縁したようだ……と、一部スポーツ紙が報じた。夫と暮らしていた港区六本木のマンションから出て行ったはずの加護と2歳の娘が、最近になって舞い戻ったのだという。「しかも、ダンナと仲良さそうにしているというからワケが分からない」との証言つきである。

 だが実際には復縁とは程遠い状況で、離婚協議はこじれにこじれているようだ。5月28日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、5月12日朝、警察出動騒ぎに発展したという夫婦の争いを伝えている。

 同誌によると、A氏が「妻がヒステリーを起こして大変なので来て欲しい」と通報。麻布警察署の署員がマンションに到着すると、A氏と娘が寝室に鍵をかけて閉じこもっており、加護は逆上した様子で夫を罵っていたという。娘はA氏に抱きかかえられ、大声で泣いていたそうだ。

 A氏の説明では、その朝、先に起きた娘とA氏が朝食をとっているところに加護も起きてきて、朝から親権をめぐる口論が勃発した。A氏のそばに座っていた娘を強引に抱き上げようとした加護が手を滑らせ、娘が床に落ちて鼻血を出した。加護は錯乱して手がつけられなくなったため、警察を呼んだ??。

 この一連の騒動を経て、「加護の元で娘を養育させるのは不安だ」と感じたA氏は、娘を連れて長野の別荘へ“避難”。現在も、夫妻は親権を争っている状態だという。



 A氏が加護に親権および監護権を渡したくないと主張するのには、もうひとつ理由がある。加護は娘を連れて別居する場として、実母(娘の祖母)の元、つまり奈良県にある実家へ身を寄せていたのだが、そこは実母の持ち家ではない。実母の恋人である男性の家だ。そしてその男性は、加護の母の夫というわけでもない。彼には妻子がいるそうなのだ。ややこしい話だが、ようするに加護の母親が不倫中で、加護は母の不倫相手の持ち家に身を寄せたということである。

 「母と不倫相手が破局したらその家を追い出される。不安定な家庭環境は、娘にとって適切な養育環境と言えない」と考えたA氏は、離婚にあたって娘の監護権を要求している。A氏自身が娘を引き取り、子育てをしていく意向のようだ。一方の加護も、娘と共に生活したいと望んでおり、話し合いは泥沼。「新潮」の記事はA氏の正当性を読者に認識させ、同情を誘う論調で書かれており、A氏側から加護への“攻撃”とも読める。

 子供を持つ夫婦が離婚するとなったら、どちらが子を引き取るのかを離婚届に記入しなければならない。どちらが子供の養育者に適しているのか話し合い、養育費や面会についても取り決めるのが普通だ。日本では母親が親権を持ち子を監護するケースが子持ち離婚全体の8割を占めているという。だが、加護は今、仕事がない。子を養育しながら生活していくには、A氏に十分な額の養育費と慰謝料、あるいは生活費の支払いをのんでもらう必要があるだろう。

 離婚協議の当初はA氏が加護に対して、都内の高級マンション家賃や養育費を支払うプランも提案されていたそうで、離婚後も元夫が経済的バックアップを全面に保証するならば、娘の養育を加護が行うとしてスムーズに話が進んだかもしれない。しかもA氏は昨年10月に出資法違反容疑で逮捕され暴力団との関係も指摘されており、その事件が夫婦関係を破綻に導いたと見られている??つまり離婚の有責者である。過去に恐喝未遂容疑で逮捕されたこともあった。ゆえに親権獲得にあたっては一見、加護が有利に見える。しかし、今回の警察沙汰しかり、彼女が精神的に脆く不安定であることは、過去にもたびたび週刊誌等で報じられてきた。自殺未遂で救急搬送されたこともある。それが「子供の養育者としてふさわしくない」と見なされる可能性もなくはない。加えて、前述の「加護母の現在進行形での不倫」。

 こうなってくると、夫婦どちらも“突かれて痛いところ”だらけだ。離婚後の親権をめぐっては、三船美佳と高橋ジョージも争っている最中だが、こちら同様、加護夫妻のケースも今後の成り行きが気になる。少なくとも、「新潮」ではA氏側の弁が述べられているだけであるため、加護側の主張も聞きたいところだ。
(清水美早紀)

コメント


加護亜依さんに

神の加護と愛がありますように

りんりんりん

神の加護ちゃん、仏の辻ちゃん

こういう話

人の話でも聞いていると具合悪くなりそうな時があります・・・

ハイハイ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1154-5889028b

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad