元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

昨夏失踪した自称ダメ人間Tさんが、路上からSOSしてきたので、南浦和まで迎えに行った。小生の所に戻ってきたことになるのだが、タイトルが「ダメ人間失踪」のままなのは、ワケあってそのまま(最後に分かる)。車に乗り込んで来たTさんと言葉を交わす。

小生「どれくらい路上生活してたの?」

Tさん「えっと…、5日位です。」

小生「確か4月頭からなんか仕事やるって言ってたよね?それをトンコしちゃったわけね?」

Tさん「はい…」

小生の所にいた時も、「結局逃げ出すことになるから、仕事をやるな、探すな」と釘を刺したにも関わらず、仕事を見つけてしまって、就業数日でトンコ。これを繰り返していた。今回もそのパターンで、わずか一日でトンコしてしまったらしい。

小生「○○市に居たんだよね?部屋も狭かったでしょ?」

Tさん「はい、2畳くらいしかなくって、規則も厳しくて、守れなかったら、即『出てってくれ』みたいな感じでした。」

条件的には小生の物件の方が圧倒的に良いに関わらず、戻れなかったのは、心理的な問題、小生との個人的距離を置きたくなったという複雑な心情問題。

対等な人間関係ならば、こちらは「裏切られた」話になるかもしれない。しかしこのような支援活動は、そのような期待を抱いていたのでは成立しない。裏切られて当たり前、理不尽な行動をされて当たり前。その上で本人の要求を可能な限りで満たした上で、対応させて頂くのが小生の立場。その上で本人が少しでも更生したなら儲けもの。

Tさん「とにかく人と対応するのが苦手で、もうダメなんですよ。自分より二回りも若い人とかいて、どうしたらいいか分からないんです。」

小生「でも少女Aとか仲良くしてたじゃん。誕生日プレゼントとかもしたんでしょ?」

Tさん「しましたけど…、彼女ももうどう対応したらいいか分からないです。」

小生「取手の改装の時も、所沢の掃除を一緒にやった時も仲良く二人で話してたじゃん。ちなみに所沢の掃除の後、なんで居なくなったの?ワシと少女Aが手をつないでたの見たから?」

小生は、Tさんと少女Aに、物件の掃除等の手伝いをしてもらったことがあった。一昨年所沢の掃除をした帰りに、小生が少女Aと手をつないで駅まで歩いていると、一緒に歩いていたTさんがどんどん遅れだした。乗る電車が一両違いになり、そして翌日別の現場で手伝いをしてもらう筈のTさんは現れず、そのまま失踪した(半月で復帰)。

Tさん「あれを見て、二人の仲を邪魔してやりたくなりました…」

別の機会にTさんが語ったことによれば、「自分の居場所がないと感じた」らしい。人間の嫉妬とは本当に扱いが難しい。

当初男性を嫌悪しつつも、「男になる」と言って自己否定・人生否定・人間不信・社会不信に陥っていた少女Aが、小生に心を開くようになるまで100時間以上かかった。一旦心を開くと、一緒に歩いている時に、「手!」と言って手を差し出してきた(手をつないでほしいの意)。その彼女も、自分の大学進学含めた将来の為に、社会的マイナス要因となる小生との関係を切って今は居ない。

人間とはそのように都合がよくわがままなものである。それをそのように理解した上でないとこのような活動はできない。現世的に幸福になりたいと考えるなら、むしろやらない方がましであろう。

(つづく)

コメント


少女Aは若いししょうがないと思います。人の意見に左右されやすいし。大学で上手くいこうといかまいとまたあえたらうれしいですね。Tさんは何とか友達を増やしたいですね。確かに自分よりかなり若い人とは話しにくいかもしれません。若い人の方も同じだから何も考えず思った事言えばいいと思います。最近パチンコの調子どう?とか、えっちの調子どう?とか。いいクスリみつけたよ、トンカットアリってやつとか。おれ仕事辛いからアレフに入ろっかなーとか。アレフってどうなの?とか。その金髪かっこいいね、俺もしようかなとかとかなんでも声かけたらいいんですよ。自分もそうですけどいままでの人生で感謝の気持ちを持てないと心がすさむので野田さんに対してもなんでもちょっとでいいから持てたらいいですね。

少女Aが離れていった理由って彼女から直に聞いたんですか?野田さんの推測じゃなく。
本当にそう言ったんなら、その身勝手ぶりと言うか現実的な逞しさに脱帽です。
彼女なら風と共に去りぬのスカーレットの如くはい上がるでしょう。
養女云々ならともかく、彼女がオウムの元幹部信者と友人でいることはなんら問題無いじゃない。

>Tさんは何とか友達を増やしたい

彼の友達には大村さんがいるんで、そのことも書きます。

>少女Aが離れていった理由って彼女から直に聞いたんですか?

はい、直接聞きました。人間そういうもんです、それは宗教にしろホームレス支援にしろ、よく経験しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1139-2a4c6b2e

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad