元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

----------------------------------------------
「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである」(マハトマ・ガンジー)
----------------------------------------------

昨日(30日)、ケンブリッジ大学の男子学生から、学士論文の為の題材として取材を受けました。正直最初申し込みをされた時は、サリン20年の取材申し込み等もあって、乗り気ではなかったのですが、マスコミ同様「2冊本読んで来てくれたら」という条件を出したところ、読んで来てくれたので受けました。

彼は拙著「一神教支配の終焉」も結構興味深く読んでくれたようでした。最も感銘を受けたのが

「オウムはプロテスタントのひな形パロディーだ」

という箇所だそうで。これについては、色々研究してみたら面白いかも知れません。

日本の事しかしらない小生には、9歳からイギリス在住を続ける彼の話は、興味深いところもありました。小生は、イギリス人がどの程度信心深いのかが知りたかったのです(今回記事前半はメモ的なもの)。

イギリス人の過半数はキリスト教徒ですが、その大多数はイギリス国教会に属しています。このイギリス国教会は、プロテスタントでもなくカトリックでもないのですが、そもそもの流れは、16世紀にヘンリー8世が離婚して再婚したいが為に、離婚を認めない教義のカトリックに対抗して作ったものだそうです。

イギリス国教会の源流がそのような国王のわがままであることは、国民も分かっています。ですので聖書を逐語的に信じるような敬虔な(というか原理主義的)信者はキリスト教徒の5%もいないようです。今のイギリス国教会は、エリザベス女王がトップで、その下に司教たちがいるようです。

小生には、グローバリズムを主導するアメリカに、おまけのように寄り添うイギリスのイメージがありました。しかし欧米の中でも、アメリカは特に宗教心深い国という認識がなされているようです。イラク戦争にしても、イギリスの世論調査では、半数位が反対したそうです(が、押し切られた形)。

確かに300年程前に、イギリス国教会から離脱したピューリタン達が、アメリカを建国したわけです。当時のイギリス国教会からすれば、新興カルト教団が新天地で国家を創ることは、とんでもない話だったでしょう。また、純粋に信仰を求めていたピューリタン達(純粋のpureから来ている)からすれば、イギリス国教会は「堕落している」と映ったのでしょう。現代においては、既存のイスラム教が「(グローバリズムによって)堕落している」と考える人たちが、イスラム国に加担しています。

一神教の歴史を顧みると、抑圧・迫害された者が支配を逃れた後、強固な信仰により勢力を拡大した流れがあります。エジプトで迫害されたユダヤ人がユダヤ教を作り、ユダヤ教徒らが迫害したイエスとその弟子たちがキリスト教を作り、カトリックの迫害を受けたプロテスタントとイギリス国教会の迫害を逃れたピューリタンが、今の近代合理思想による現代社会の流れを作り、という感じで。

では、今迫害されているイスラム国のイスラム原理主義が、また大きな流れを作るのでしょうか。この問いに対して、小生は懐疑的です。巨大になり過ぎたグローバリズムは、キリスト教原理主義国家アメリカ・ユダヤ教(とその追従国)、それと同じアブラハムの一神教であるイスラム教の原理主義者との自滅戦争で終焉するだろうと考えます。あたかもバベルの塔が崩壊したように。

バベルの塔はどんどん高くなっていきます。高層階住人は超富豪になっていますが、中間層が減って下層階の住人もどんどん増えています。抑圧されている下層階住人は、一極集中するシステムに反対して、草の根的な反対運動も行いますが、余り力を持つには至りません。結局それぞれの個人が、自分の欲求や仕事のしがらみなどを考慮すると、バベルの塔を抜け出せないということでしょうか。何しろこの巨大なシステムの中で、まともに逆らおうとしても、周縁に追いやられてしまうだけです。よっておかしいと思う人も、なかなか抵抗できずにいます。

数日前、報道ステーション・コメンテーターだった元経産官僚・古賀茂明氏が、最後の出演で発言した内容が物議を醸し出していました。古賀氏によると、「官邸に抗議することが今回の目的でした」とのこと。冒頭の内容は、古賀氏が古館キャスターに送ったマハトマ・ガンジーの言葉です。

小生は、古賀氏がどのような人物かはよく知りません。しかしながら、彼がこのような行動に至った背景事情については、それなりに推測できます。自分自身の経験と重なるからです。彼は、政権が報道に圧力をかけていることや、安倍政権が原発や集団的自衛権で暴走していることを警世しています。

正直「今更ハルマゲドン」説については、自説でありながらどこか信じられないところがありましたが、近年はその疑いを少しずつ払拭させていく状況になりつつあります。

オウムが自爆したサリン事件前夜も、何の変哲もないそれまでの信仰生活が、明日以降も続くことを疑うことはありませんでした。それが小生含めたほとんどの出家者の意識でした。

先に挙げた古賀氏は、冒頭の言葉に続けて以下のように述べました。

「つまり圧力とか自粛に慣れていって、何もしない、ひとりでやったってしょうがない、ただ叩かれるだけだ、ということでやらないと、知らないうちに自分が変わってしまって、本当に大きな問題が起きているのに気がつかないということがあるんですよ。」

(つづく)

コメント


「abe」で「666」って説もありますね。

しかし深いですね話が。野田さんの説明きいてやっとガンジーの言葉の意味がちょっとわかりましたよ。できればその言葉を高校生の時にききたかった。歴史の授業中先生が何故か目の前の私に「君の行動には意味がない」といってきて精神分裂一歩手前までいきましたから。後abeが666ってどういうことですか?ちなみに私の隣に住んでる方阿部なのでちょっとこわくなりました。

「我々は反対だ、しかし対案はない。」

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いや物語としては面白い!

政府が悪いと決めつけるのは楽チンですね。なんかただのガス抜きな気もします。報道への圧力は日本が戦争で負けたときからプレスコードなどあり大衆戦略であり、冷めた目で見てしまいますね。マスメディアの煽動記事はスルーする暮らしをすればいいわけであって。こころの拠り所は神仏習合復活、祭の参加で地域コミュニティの機能アップ、でもいいような。まあ、真面目な方はそんなことでは納得しないのかもしれませんが。

ここの結論は、「全員が悪い、しかし全員が全員、悪いことをしている自覚などは無く、むしろ正しいと思っている」ってことです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1130-f11b4f40

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad