元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

3月20日で地下鉄サリン事件より20年になります。あらためてオウム真理教が起こした一連の凶悪事件につき、被害者・遺族の方々に深く哀悼の意を表すると同時に、元教団幹部としてお詫び申し上げる次第であります。賠償につきましては、貧困層への支援活動を通じて、支払いを継続させて頂く所存です。

拙ブログではオウム事件の反省・総括することにより抽出した一つの仮説、そこから導き出される現代社会のリスクについて、繰り返し触れてきました。その仮説とは、一神教(男性原理)が支配する体制は自滅し、多神教(女性原理)に移り変わるということです。この仮説が当たっているかどうかは別にしても、欧米のキリスト教原理主義者達が推し進めてきたグローバリゼーションに限るならば、その自滅的結末が誰の目にも明らかになりつつあるのではないでしょうか?少なくとも二つの出来事において明らかである、と小生は断言致します。

その一つは、昨年半ばから注目を集め、国際社会を震撼させている「イスラム国」(ISIS)です。グローバル版オウムとも言える「イスラム国」は、どのようにして台頭してきたのでしょうか?その要因を20世紀初頭まで遡るならオスマントルコ解体、21世紀以降に絞るなら2003年のイラク戦争、と言えるでしょう。グローバリゼーションも含め、イスラム世界の世俗化が、敬虔なムスリムをイスラム原理主義に走らせる結果につながっているとも言えます。これらは識者の間では当たり前のこととされています。

オウムにしろイスラム国にしろ、欧米化もしくはグローバリズムという物質主義に対する精神主義の反逆、と解釈可能です。バブル崩壊以降、経済成長余地が少なくなり、市場競争は激化しています。ブラック企業等において、派遣労働のように商品化された労働力が「非人間的」に扱われている問題が大きくなっています。このように閉塞した社会で、「居場所が無い」「生き甲斐が無い」鬱屈した若者が、生存の意味自体を問い直してみようと思うのは、ごく自然な流れでしょう。物質的にある程度豊かだが平凡で飼いならされた社畜に甘んじるのではなく、生存を超えた価値観、死の価値観に興味を抱くのも、当然かもしれません。

しかしマスコミは、目に見える物質社会の話しか報道しようとしません。「オウムの闇」「なぜオウム事件が起きたのか」「なぜオウムが登場したのか」「なぜ若者にオウムが走るのか?」などとしつつも、社会の根底に横たわる要因については、「私たちは考え続けなくてはいけません」と20年間何も考えないまま延々と回答を先延ばしにしただけのように思われます。今回20年目に際し、「クンダリニー」を扱おうとした大手メディアもあったのですが、発案したディレクターは周囲の了解を得るのに苦労したそうです。

なぜオウムが「闇」なのか。小生には、その答えは極めて簡単なように思われます。客観的に五感で共有できないのも、自分が知らないもの、経験したことが無いもの、異端・異物を見ようとせず、臭いモノに蓋をするように表舞台の向う側に押いやるならば、いつまで経ってもそれは「闇」のままなのです。「生存」を超える「死」の価値観を覗きこむ勇気を持たない限り、オウム問題は永遠に「闇」のままでしょう。

その「闇」に引き付けられそうな「居場所がない」「希望が無い」若者に対して、「生き甲斐や希望を社会が提示すべきだ」という議論。これも、耳にタコができるくらい陳腐なものになってきました。グローバリズムがあらゆるローカルな価値観を飲み込み、世界をフラット化していく状況で、一体どこに希望の光があると言うのでしょうか?表舞台から駆逐された「闇」の領域、そこに可能性を見出す以外に。

いずれにせよ、表面だけを綺麗に取り繕ったグローバリズムが、闇からの更なる逆襲に遭遇する日は遠くないと考えます。誰の目にも明らかになる自滅的結末の二つ目。それはキリスト教原理主義者が作り上げた一神教的拝金主義の神である通貨、これが失墜する事態です。経済学を少しでもまともにかじったことがある人なら、今の日銀金融政策が異常であり、永続できるものでないことはすぐに分かるでしょう。国債バブルが弾ければ、イスラム国どころか、東日本大震災すら可愛く見える事態にもなりかねません。

しかしこの国では、依然としてオウムと同じ一神教狂信者であるキリスト教原理主義者への隷従を止めようとする気配がありません。原発再稼働にしろ、集団的自衛権にしろ、著名人が名を連ねて反対表明しようとも、押し切っていこうとする国家・政権です。小生の声など届く余地もないでしょうから、小生は独自に、闇の領域で同じ闇の住人に手を差し伸べる活動を続けるだけです。

コメント


ぱちぱち

おもろかったです
ほぼ同意です

累積賠償額

累積賠償額739万円
ってひとりですごいですね

すいませんまだここの使い方わかってなくて

編集できないんですね
あ、パスワード設定したらできました
おさわがせしました

sunさん、どうもです  (*´∀`)ノ

そしてその闇の世界って身の回りの人達とはなかなか共有できないから
特定の思想などをかいして繋がって先鋭化したりするんですよね。
闇を消し去るのは不可能だろうから闇との上手な付き合い方みたいな本、需要ありそうです。

オウム事件が、もし欧米で起きていたら“闇”として処理されることはなかったでしょう。カルトが終末を叫んで事件を起こすことは珍しくないからです。アメリカなら即座に団体を解散させている、慣れたもんですから。

2012年末には、中国ですらカルトが騒ぎを起こしましたね。イスラエルなんて国家規模で終末戦争を始めんとする勢い。イスラム国は露骨にそのまんまです。

日本がオウム事件を闇とするのは、日本だけが世界から取り残されている証拠でしょう。しかしそれは、日本だけが世界の汚れた現実から守られている証拠とも言えるかもしれません。しかししかしそれは、日本への亡命者を茨城の強制収容所に監禁する程に、移民を許さない冷酷さの証拠でもあって、、、何が正しいのか、難しいもんです。

3月20日に際して気になる二点

・三女が出版←予約しました

・アレフ系某糾弾メルマガここぞとばかりに最新号←私の予想です

3月20日は、三女とその勢力がここぞとばかりに攻勢に出る!という予感がするのは私だけでしょうか。次なる教団暴露が気になる人は、このブログから目を離すな!now on sale!

オウムとクンダリニー

オウムとクンダリニー by TD師
ぜひお読みください。

http://aumnuminous.blog.fc2.com/


あせいごしもりかさんも気に入らない人たちを排除追い出ししすぎでは。
昔は弟子が弟子に批判的でも問題にならなかったのに。

財務官僚増税派(財政規律派)の言動に洗脳されないことを望みます。国債は暴落しません。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150320/dms1503200830006-n1.htm

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1124-d6b12a09

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad