元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

「オブツ真理教」始めました。

「オブツ真理教」は「オウム真理教」のパロディーです。

教祖は、元祖人間汚物・西村雅史尊師です。

代表は小生ですので、何か問題がありましたら、全てこちらにお願いいたします。

一見すると極めて不謹慎な内容のHPを、オウム元幹部が始めるということについて、否定的な感情あるいは憤りを感じられる方もおられるかもしれません。そういう方も、この記事を最後までお目通しの上、ご対応頂ければと考えます。

小生がこれを始めようと思ったのは、現代の若者には破壊衝動を抱えているものおり、どうやらその破壊願望を投影する形で、著名な殺人事件の犯人に興味を持っていることが少なくないと危惧したからです。そのような若者が興味を持つ殺人事件に、当然ながらオウム事件も該当します。例えば今年2月に殺人を犯した名古屋大学の未成年女子学生は、いわゆる「オウマー」だったのです。

同じ2月末頃、16歳のとある家出少女が、小生にツイートして来た内容が上記の事をより印象付けてくれました。既にそのアカウントは削除されてしまっているので、内容はうろ覚えですが以下のような趣旨でした。

「私の周りには低能な連中ばかり集まっていて殺してやりたくなります。今まで宗教は嫌いでしたが、大乗のヴァジラヤーナ殺人教義には感動しました。」

上記のように破壊衝動を抱えた若者が、オウムの無差別大量殺人事件に興味を持っており、その関連から元オウム幹部である小生や、元祖オウマーである西村氏にも興味を持っているのだろうと推測できます。

このツイートは小生に、似たような破壊衝動を抱えた少女を更生させようとしていたことを回顧させてくれました。以下に、小生がその破壊衝動を抱えた若者と関わった出来事について、お話ししましょう。

丁度今から3年ほど前になります。ある不登校の15歳少女からメールをもらったことが事の始まりでした。自分の事を「中卒クズニート」と呼んでいたこの少女を、以下「少女A」とします。

少女Aは、小中学校でいじめられた経験があり、高校も不登校で結局退学になったとのことでした。しかし「自分で勉強してやり直したい」というこで、勉強を教えてほしいと小生に連絡を取ってきたのです。小生の居住地からそれ程遠くなかったので、中間地点辺りにある図書館で週に一回2時間前後勉強を教えることになりました。

少女Aは、勉強の事以外でも、饒舌に語り掛けてきました。一連の含めて小生が見聞したのは、小生が経験したことがないような荒涼殺伐たる若者の一側面でした。以下箇条書きで列挙。

・父親と別居
・母親・祖母と同居だが、両方とも嫌い
・いじめにより屈折している
・殺人者に興味がある(宅間守、宮崎勉、金川真大、加藤智大、サカキバラ、オウム)
・リストカットで両腕が肩口から手首まで傷跡だらけ(シマウマの四倍くらいの密度)
・リストカットすると「気持ちがすぅ~~~っとして気持ちがいい」
・ビジュアル系が好き
・中一で援助交際で一回やったことがある
・自分の事を「俺」という
・女は価値が無いと思っていて、子宮摘出・乳房切除を考えている
・「男になる」という
・「精神薬を一杯溜めたい」
・南条あやのファン(いじめ不登校リストカットのメンタルヘルス系ネットアイドル)
・酒・タバコ(途中から)

ところが彼女は、3カ月もしない内に、「家出して援助交際で食いつないでいく」と言い出して実際に家出してしまったのです。小生は、彼女の援助交際を止めようとして、結果的に「強要未遂罪」で逮捕さることとなりました。この詳しい経緯は、以下のリンク記事を参照下さい。

クソ容疑1、  クソ容疑2、  クソ容疑3、  クソ容疑4、  クソ容疑5、  拘留請求却下

この逮捕の件があって、彼女は心を動かされたのか、援助交際は止めて家に戻り、小生のホームレス支援を一時期手伝うようになりました。彼女の信頼を多少得たこともあり、小生は彼女の心の内面に更に入り込むことになりますが、その内面は上記(箇条書き)にもまして殺伐としたものでした。

・結局援助交際家出中に10人の男と会い、5人とやった
・下衆山守銭奴毒淋が好き(現役ソープ嬢、検索してください)
・高級ソープ嬢に憧れるが、リストカットだらけだからなれない
西川口のデッドボールで一人7000円で相手するくらいしか価値が無い
・「自分は汚物」
・「生きている価値が無い」

要するに、自己否定・人生否定・人間不信・社会不信で破壊衝動を抱えて屈折し、自己否定のアイデンティティを強化しようとしていたようです。

ホームレス支援の手伝いなどをしてもらいながら、結果的に小生は彼女に600時間前後行動を共にしたと思います。ああ、小生が彼女にわいせつな行為をしたということはないですので、念のため。彼女は、「男はみんなやることしか考えてない、そういう風にしか自分を見ない」と傷ついていました。そこからの更生を考えるなら、そのような行為は一切考えられませんでした。

自分で言うのもなんですが、彼女の精神状態はある程度まともになっていったように思います。しばらくするとソープランドの話の代わりに、「ショーペンハウエルが…」「ジャコモレオパルディは…」などと、小生も知らないような哲学に嵌りだしました。ただ哲学者の言葉を借りて、「人生は全て苦しみで…」という否定的な思考をしているに過ぎず、人生否定の屈折した部分は変わっていないように思われました。

そして去年の6月頃、彼女は「大学に行って哲学をやる、もう一度勉強しなおす」と言って小生の元を離れていきました。人生をやり直すに当たって、色んな意味で元オウム幹部との関係はリスクがあると気づいたようです。その後、こちらからは連絡を取ってないので、結果がどうなったのか、どうなるのかは分かりませんが、数年のオーダーだけで見れば、600時間前後を費やした価値はあったかもしれないと考えます。

物質的には豊かなこの社会において、誰にもまともに相手にしてもらえない、誰にも心を開けない、経済的あるいは精神的に傷ついた人達がいます。これは紛れもない事実です。これまで小生は、経済的困窮状態にあるホームレス等の支援に当たってきました。対象となる年齢層は、平均すれば50代以上になると思います。人間というもの、それくらいの年になると、なかなか人格や性格が変わるものではありません。対象が抱えている問題を、本質的に改善するには、大体のケースにおいて遅すぎると思われます。せいぜいが「無駄遣いをしない」「キチンと家賃をおさめる」くらいまでです。

またそういうホームレス状態になる人達は、元々家族関係が良くなかった人が少なくありません。だとするならば、問題発生から時間が経っていない若い内に対応した方がいいと考えます。むしろ小生は、少女Aがおっさんホームレスの支援活動を手伝うことを通して、立ち直るきっかけがつかめたのではないか、と考えています。そういう意味では、ホームレス支援も一つ上の次元で意味があると感じています。ほとんど宣伝していませんが、「ちゃんと人助けにもなって、お金儲けもできる、こんないい仕事があったんですか!」と水を得た魚のように頑張ってくれている青年もいます。

誰にもまともに相手にしてもらえない、というのは、アレフ代表まで務めた元オウム幹部の小生も、それに該当しているかも知れません。ブログ経由で接触してくるマスコミは別として、一般の不動産屋等業者関係者に、わざわざ小生から過去の素性を積極的に明かすことはありませんが、素性が分かった途端、血相変えて手のひら返して逃げていく、これが通例です(少し良心的な場合知らないふりをし続ける)。これは事件を起こした教団幹部である以上、仕方がないことです。

しかし、そのような小生に積極的に関わりを持とうという、これまた色んな意味で追いやられた若年層がいるわけですから、小生としてはそれを放置しておく手はありません。その若年層とは、上記に述べてきたような、自己肯定感が持てず、自らを「汚物」と考えてしまうような屈折した心境の持ち主なのです。まともに「更生しよう」などと言って、受け入れられるはずがありません。(小生が考える)通常の感覚から言えば、見聞しない方がいいような、時には吐き気をもよおすような経験を彼らはしています。屈折してひねくれた心境を、殺人集団オウムを茶化して笑いで紛らわす、その程度のことからしか、関係は始まらないでしょう。よって、オウム真理教パロディー「オブツ真理教」なのです。

マスコミの皆様におかれましては、上記についてどのように報道して下さっても結構です(勿論内容次第では法的措置もあるという前提)。正直、サリン20年目報道取材で疲れました。何が疲れたかと申しますと、時間をかけて取材頂いたこと、一生懸命説明したことが、ごく一部だけしか、もしくはほとんど反映されないということです。まだHPを作ったばかりで、実績らしい実績もないということもあります。

サリン事件等の被害者の方が「不謹慎だ、不愉快だ」と憤りを感じておられるというのなら、大変恐縮ですが、単に代弁だけではなく、小生にその方を会わせてください。小生が主張を続けている、恐らく被害者遺族の方々にとっては心情余り心地よくはないであろうオウム事件の総括、その個別ミクロ的な活動としてのホームレス支援、及びそこから派生した今回の活動について、小生自身の口から被害者遺族の方に説明させて頂きます。その際、最低2時間は、小生の独演会にお付き合いいただくことになると、事前了承を取り付けて頂いた上でお願いいたします。

コメント


祝創設

素晴らしい!その少女Aに極めてそっくりな友達を途中で放り投げてしまった私とは大違い。あんまりたくさん寄ってきたら、野田さんといえど潰れるかもしれません、お気を付けて。

それにしても、野田さんの著書の語り口は東大のインテリを彷彿させる、ロジカルで俯瞰的なもの。経済ネタや宗教ネタについても同様の知性を感じさせますね。

その一方で、ホームレス支援という物凄~く泥臭い現実のことを、ホームレスのレベルに合わせた低い低い目線で語ることもできるという、この具体と抽象のバランス、現場と会議室の行き来、口で語りつつ行動も伴わせ、理想と現実の両方を持ち合わせるというこの野田さんのスタイル、凄く凄い。凄く。

そして何よりこの新興宗教の凄いところは、仕事を与えて金を稼がせる基盤が、この創設初期の段階ですでに整備されているところ。

普通、宗教っていうのは心の面倒を見るだけで、お金や実生活はあくまでも自己責任、お布施させることはあっても仕事の面倒までみることは普通はない。一般の宗教が片手落ちになりがちな物質的側面の欠如を補った、新しい形態の新興パロディ宗教!面白いです、非常に面白い。

そのホームページの役割としては、「一人で悶々としてるならここに書き込みしておいで」というような形ですか?

存在しているもの


御仏「みほとけ」という字は

「おぶつ」とも読めます。


汚いもの、きれいなものの中に

そして

汚いもの、きれいものを超えて

御仏は存在しています。



祈り


土谷さんと作家で彼の幼馴染である大石 圭さんとの文通の様子です。

「地下鉄サリン事件 土谷死刑囚が書いた230通を超える手紙を入手」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150319-00000514-fnn-soci


オウム事件に巻き込まれたすべての方々の苦しみがいやされますように。

野田さんこんにちは!
私はなんか昔からそういうメンヘラな女の子になんだか惹かれるものがあったりしてました 笑
オブツ真理教のサイト見てみますね(*^^*)

>あんまりたくさん寄ってきたら

オフラインではそんなに来ないでしょう。

>「一人で悶々としてるならここに書き込みしておいで」というような形ですか?

それもそうですが、こちらとしてはまずオフラインに呼び寄せてからって感じです。

>おぶつ=御仏

ああ、そうです、ありがとうございます。


さりぴさん、こんにちは、まだ中身が全然揃ってません。すいません。

どなたかニュースゼロの映像持ってませんかーー?

プリクラおっさんと言えば、さっきも偶然キモチ悪い写真見せつけられちゃったんですよ…。オウム的縁を感じます。
http://i.imgur.com/6t5lbRj.jpg

NEWS ZEROって↓のことでしょうか?
本当は違法ワーク動画だからこのブログにURL貼るのは良くないかも知れませんが。
https://www.youtube.com/watch?v=WSh6SRNFfwo

少女Aさんがこの世は苦でそこから解放されたいと思う気持ちがあったから野田さんのような方と縁ができたんですね。ただ憎しみからか殺したいから旧オウムの危ない教えに感銘したというのは問題ですね。父親がいない、いじめを受けた若い女性は今の時代学歴や生活の基盤が無いと援交に走りやすいですね。食事や住む場所、服や化粧にもお金がたくさんかかりますから。それを満足させてくれないお母さんなどは嫌いになるとおもいます。屈折しますよ。何でって自分に自答しながらわからない、納得出来ないから自分が悪いんだって誤魔化すしかなくなくなる。いとこの女性が援交交際してるのをみてみぬ振りしました。すみませんでした。

>少女Aさんがこの世は苦でそこから解放されたいと思う気持ちがあったから

そうです、ひねくれている、屈折している人も、出来たら立ち直りたいと思っているところがあるんです。何とかそこを引き出して前向きに前進してほしいわけですが、屈折しているので一筋縄にはいきません。

それから関係ないけど、便所の落書き転載のところに、私の活動について「菩薩行」とか擁護してくれていた方いたような記憶ありますが、一応この場を借りてその認識を称賛したいと思います。

万物恩恵万物感謝とか万物を仏とみるというのは、お題目として唱えるのは簡単です。しかし現実の人間汚物を目の前にして、如何に御仏と見做すかという問題は、極めて柔軟な思考力と綿密な現実的手段の行使が必要です。

私の行為が現実に「菩薩行」であるかどうかの判断は別にして、他人の行為を「菩薩行」と認識すること自体が「菩薩行」の一端であることは間違いないでしょう。

ついでながらアホアホマンさんも、そのいとこの女性の現実を直視するところから頑張ってみてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いや大丈夫、大丈夫。

少女Aには悪いけど、ワシ顔至近距離まで近づけても何にもしなかったし、欲情もしなかったし。ワシの理想高いから。16歳時のキョンキョン、17歳時の石川梨華が近づいてきたらまずいけど、そんなの美人局でもない限り有り得ないし…。それ以外はおっさんだろうがなんだろうが一緒。とは言え若い方が可能性あるからいいんだけど。

最新関連記事も見てね。

蓮華

蓮華は、汚濁の中でもきれいな花を咲かせます。
野田ちゃんの心は菩薩の心だね。

そういえば、
麗華さん、識華さんも華ですね。

花の82年組


はじめまして。元Aleph信徒です。

少女Aも野田さんと接するうちに、安心感を得ていったようですね。

立派な大人になっていってもらいたいものです。

野田さんにはきっとなんの見返りもないと思いますが

少女Aの中に野田さんという人がいたということは死ぬまで忘れないでしょうね。

僕も野田さんが少女Aに接したことができるような人間になりたいです。
なかなか真似できませんが。

素敵なお話をありがとうございました。




はい、どうもありがとうございます

こだまさんもやればきっとできますよ。ポイントは一歩踏み出す勇気。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1121-971104cc

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-07 : 3
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad