元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
@VT正悟師は、今後どうするのですか?

 私は、ここにも書いているとおり、今の資本主義社会の問題点を指摘しつつ、一般の人で困っている人の手助けができたらいいなと考えています。

@資本主義の問題って、まとめるとどんなことになりますか?

 結局今の市場経済は、金持ちはどんどん金持ちに、貧乏人はいくら頑張っても貧乏人という流れ。貧富の格差がどんどん激しくなっていく。金持ち・大企業の金儲けでお金がグルグル回っているだけ。貧乏人はこき使われている状況なんだな。貧乏人は大企業の消費意欲をあおる宣伝に踊らされている。商品が欲しくなって、その金を稼ぐのに、大企業にこき使われてストレスを貯める。そのストレス解消の為に、消費してお金を使う。またお金を稼ぐ為にストレスを貯めるという悪循環だな。地球の大半の人たちが、それで豊かになっていない、幸福を感じていないんじゃないかなと思うわけ。その幸福を感じていない大半の人の心の働きは、必ず時代に変化をもたらす潜在力になると思っています。

@何となく今のままでもそれなりに幸福っていう人も多くないですかね?

 もう一つ。もし仮に何となく幸福でいい、と大半の人が考えたとしても、地球環境の問題で頭打ちになる。資源が枯渇してくるし、その内食料問題も大きくなるんじゃないかな?バイオ燃料とかでトウモロコシとか穀物の値段が高騰してきている。資本主義がぶらさげる理想の生活は、先進国のごく一部の人しかできない。グルメでおいしいものを毎日食べるとか、60億人みんながそれをやろうとすると、地球が2つも3つもいることになる。同時に地球温暖化の問題とか、森林破壊、砂漠化の問題、オゾン層破壊で、地球そのものが壊れちゃう。こちらの制約条件の方が厳しい。

@でもこのままで何とかしばらくいけるんってこともないですか?

 そりゃ、2年3年の単位だったら、それ程目に見えての変化はないでしょう。でもこれが50年100年の単位で見れば、明らかなんですよ。人類の生存環境そのものを追い込んでいくことがね。自分はその頃死んじゃってるから、後は知らんからよろしくって考えますか?子供や孫の世代の為にも、今から原因を取り除いていかないと。まあ私子供いませんけどね。

@資本主義の問題をまとめると、貧富の格差と地球環境破壊ってことですね。

 あと人間関係が疎遠になっていることかな。拝金主義で経済の本質が見失われている状態。人に喜んでもらう為の奉仕ではなく、お金を稼ぐ為の奉仕になってる。そうなるともう奉仕じゃないんだけどね。まとめると格差・環境破壊・人間不信ってところかな。

@経済そのものが問題ということですか。

 うん、今の経済のあり方がね。でも本来「経済」っていう意味は、「経世在民」。つまり世の中の人を助けることなんだよ。だから私は、経済本来の意味での人と人との助け合い、人に対する奉仕、それによってみんなが幸福になる、っていうのが実現出来たらいいなと思ってます。あと資本主義経済そのものが、システムダウンする可能性もあるからそれに対する対策もありますね。


@資本主義経済のシステムダウン?

 前にも指摘しましたけど、今の経済は金融経済のお金の流れが、生産現場に多大な影響を与えているんです。つまり株価・債権・通貨のどれかが暴落すると、金融市場のお金の流れが滞って、連鎖的に企業や個人が多大な影響を受ける。1929年の株価暴落から世界恐慌に至るような可能性だな。現実にドルが暴落して、世界中に不況が波及する可能性は、経済の一部専門家の間でもずっと触れられているよ。

@世界中が不況ってどうなるんですかね?

 具体的には、予測不可能なところもある。一つのシナリオとしては、ドル暴落で逆に円は急騰、日本は円高不況、失業率が20%とか30%になるかも。あくまで数年内に起こる可能性の一つにすぎないけどね。

 勿論そういう金融危機が起こらなくても、貧しい人たちは増えているからね。それに対して、何か自分のできることをやらせて頂こうかなと思ってます。

(つづく)

コメント


>現実にドルが暴落して、世界中に不況が波及する可能性は、経済の一部専門家の間でもずっと触れられているよ。

個人的には、USAの中東コントロールの破綻、撤退。これに続く政局の混乱からドルの信用基盤に亀裂が入るようなシナリオも無くはない?と思っている。自動車、石油産業の覇権が揺らぎ、用心棒としての面目も潰されては。

大艦巨砲型軍事力も化石燃料ビジネスも、今は限界が見えてますね。

まずは教団をなんとかしてくださいな。
世界に目を向けるより、まず目の前の事を。

漠然と『救済するぞ! 救済するぞ!』と叫んでる昔と変わんないようなきがします。

↑教団のこと

1年間孤軍奮闘しましたよ。その結果、兵糧責め寸前です。追い出されなかっただけまだマシですよ。

>漠然と『救済するぞ! 救済するぞ!』と叫んでる昔と変わんないようなきがします。

現段階で傍目にはそう見えてもしょうがない、とは認める。

祈ります

>1年間孤軍奮闘しましたよ。その結果、兵糧責め寸前です。追い出されなかっただけまだマシですよ。

 VT正悟師が教団から兵糧攻めを受け餓死しないことを祈ります。

教団の存在意義

>まずは教団をなんとかしてくださいな。
 世界に目を向けるより、まず目の前の事を。

 このコメントを見ると、教団は世界救済を目指して設立されたのに今は教団存続に必死になっているのが本当によく分かります。
 しかし教団存続のために現実路線を主張する上祐さんや野田さんを教団は激しく排斥します。
 教団の人たちは教団を存続させたいのか、つぶしたいのかよく分かりませんwww
 
>まずは教団をなんとかしてくださいな。

 この上長に対する甘え・依存から脱却しない限りどうしようもないと思います。

>世界に目を向けるより、まず目の前の事を。

 上長に不平不満を向けるより、まず自分自身の意識改革を!

>漠然と『救済するぞ! 救済するぞ!』と叫んでる昔と変わんないようなきがします。

 サマナ一人一人も漠然と「教団は大丈夫だろうか?」と不安がるばかりではなく、具体的に現実的にこれからの修行・人生のことを考えるべきだと思います。

 グルや事件に対してどのように総括するのか、教団にい続けるべきか離れるべきか、住居の確保はどうするのか、収入の確保はどうするのか、人間関係の構築はどうするのか、
自分自身で苦しみ抜いて結論を出さなければならないことは山積しています。

野田さま

今後、宗教家としてやっていくおつもりでしょうか?
それとも社会貢献ビジネスを展開する実業家としてやっていくおつもりでしょうか?

前者であれば、
今の教団で、
宗教家・修行者としてしっかりとなすべきをなせばいいと思います。
そのうえで、宗教家として、この場合正悟師としてということになりますが、
サマナの援助を気長になさったらそれでいいのでは。
野田さんが宗教家としてもっと深まったらという条件つきですが(笑)
その意義はあると思います。

後者であれば、
教団とは一線を画するのが最善ということは誰の目にも明らかです。
今のかたちで教団のサマナを援助することと、
貧しい人びとのお手伝いをすることは、
残念ながら両立しないでしょう。
野田さんの社会貢献ビジネスに賛同するサマナと力を合わせて、
一日も早く実現に向けて方向転換し、
努力することしかないと思います。

このブログを読む限り、
どこかに協力してくれる人いないかなあ・・・
みたいな甘えた感じを受けています。
失礼ですが、いろいろな分野のエントリーについても、
かなり説得力の弱さを読み取ってしまっています。

なかに長くいましたからよくわかるのですが、
上になるほど1995年以降鍛えられていません。
どちらの選択にしろ、
相当の覚悟で取り組む必要があるでしょう。

今後の飛躍を期待しています。

元サマナ ホームレスに会う

345 :神も仏も名無しさん:2007/07/22(日) 20:00:22 ID:ObpI8p+e
先日駅の中でめずらしく女性の物乞いにあった
一晩ファミレスでしのぎたいから300円下さいと
その体臭から何日もお風呂に入っていない事が伺えた


元サに物乞いをするホームレス(?)の図…
うーむ


教団の人々に関わって、家族も友人も家も財産も時間も失ったが
それでも
教団を離れることが出来て、
毎日静かに眠れる場所が与えられているというのは
すごく幸せな事だと思う

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>私は、ここにも書いているとおり、今の資本主義社会の問題点を指摘しつつ、一般の人  で困っている人の手助けができたらいいなと考えています。

 今ちょうどNHKで「党首は訴える」という番組が放送されています。参議院選挙に向けて各党首が政策を主張しています。

 どの党首も「格差社会の問題に取り組みたい!」と言っています。
 
 一般の人で困っている人を助けるにはパワーが必要です。率直に言うと多くの人・物・金が必要です。

 野田さんは「わたしは教団から兵糧攻め寸前です」と言っています。

 ひかりの輪はこんな告示をしています。 
 http://www.joyus.jp/hikarinowa/news/0018.html
 この告知は「わたしたちには人・物・金がありません!」と強烈にアピールしているのと同じです。

「与える者は与えられる
 奪う者は奪われる」
「あわてる乞食はもらいが少ない」
「神は自ら助ける者を助ける」

 アーレフ・ひかりの輪のみなさまに上記の言葉を贈ります。 

>サマナ一人一人も漠然と「教団は大丈夫だろうか?」と不安がるばかりではなく、具体的に現実的にこれからの修行・人生のことを考えるべきだと思います。

それが出来れば苦労せんよ。
上長に甘えてる?もう三下り半つきつけられてるよ。師なんて。
もともと、修行以外能力ないんだから。



杉浦弟さんが本日脱会予定って、まえ聞いたけど今日やめたの?
ひとりで、それとも二人でいるところをよく目撃された彼女とですか?

御存知でしたか?

今イランではドルは使われなくなったそうですよ。

http://www.y-asakawa.com/message/futugona-shinjitu4.htm

神の言葉

>サマナ一人一人も漠然と「教団は大丈夫だろうか?」と不安がるばかりではなく具体的に現実的にこれからの修行、人生のことを考えるべきだと思います。

>それが出来れば苦労せんよ
 上長に甘えてる?もう三下り半つきつけられてるよ。師なんて。もともと修行以外能力ないんだから。

-------------------------------------------------------

 サマナは上長にも頼れないし、自分で具体的・現実的に考えることもできないのですか。
 
 LET IT BE!
 ケセラセラ!
 なるようになるさ!

 というほかありませんね。

The Beatles - Let It Be (1970)
http://www.youtube.com/watch?v=67J_66hdN-I

「ぼくがものすごく苦しんでいるとき、マザーメアリーが近づいて来て
こう言ったんだ。
『Let it be すべてはなるようにしかならないのよ』

ぼくが暗闇の中でもがいているとき、彼女はぼくのそばに立って
こう言ったんだ。
『Let it be すべてはなるようにしかならないのよ』

Let it be すべてなるがままに
Let it be すべてなるがままに
Let it be すべてなるがままに
Let it be すべてなるがままに

神の言葉 すべてなるがままに」

「Let it be」の歌詞はビートルズのメンバーが大変苦しんでいるとき
マハリシ・マヘッシ・ヨーギーが彼らに与えたアドバイスを元に作られたと言われています。

「すべてなるがままに これが神の言葉である」

この曲を発表した直後にビートルズは解散しました。

彼らはビートルズの解散も「すべてなるがままに」という心境で受け入れたのでしょうか。

メンバーの一人ジョージ・ハリスンはたびたびインドに訪れてヨーガの修行をしていたそうです。

「すべてなるがままに」
無頓着の実践を端的に言い表した言葉だと思います。

なすがままに

>Let it be すべてなるがままに

これ深いですよね。ケセラセラとは明らかに違います。だいいち文脈が繋がってこない。

「なすがままにさせよ」です。

これこそマハームドラーのツボではないかと。闇からの脱出。これしかないのかも。

NGO

昔、タイ北部から少しミャンマーに入った所にあるチャイントンという町に旅行で行ったことがあるのですが、そのチャイントンの町の郊外の山間にある、エン族という、日本人ならまず知らないであろう、少数民族の村を訪ねたことがありました。村といっても、水道も通じてないし、電気も来てないような、ボロ小屋が数十軒あるような所です。おみやげのタバコとお菓子を渡すと、今度は薬を持ってきてくれ、と言われました。さすがに少し驚きました。薬も買えないのか?貧しいミャンマーの中のさらに貧しい少数民族が、この国には多数存在していて、反政府活動を行っているのです。私が見たエン族の男性は、人民帽をかぶっていたので、毛沢東主義のグループだったのかも知れません。
女の子の足を見ると、皮がむけて血が滲んでいる子がいたり(ガイドによるとある種の病気らしいです)、アフリカ難民みたいにお腹のふくれた子供もいました。びっくりです。ミャンマー政府やミャンマー国民からも完全に見捨てられた存在、中国から援助を受けたゲリラとなるか、アヘンを栽培して、政府に売るか、そんな道しか残されていない人々が大勢いるのです。
日本からミャンマーを見れば、貧乏な国ですが、その中にさらに貧しい少数民族が存在しているという、貧乏の階層構造が
ミャンマーだけではなく、世界中に存在しているのでしょう。従って、いくら貧困を根絶しようとしても、人間が人間でありつづける限り、格差は存在し続ける訳だし、金のためなら人もだますし、熱帯雨林も伐採しますよ、という人間不信、環境破壊もなくならない訳です。
私の話は日本では、60年安保、70年安保闘争で実証されてます。理想に燃えて体制と闘った若者達も、就職が決まって髪をきって、金権社会の渦巻きに飲み込まれていったのです。そして若者の政治不信に決定打を与えたのが、血で血を洗うウチゲバと、連合赤軍による浅間山荘事件でした。事件以後、若者の関心は政治から離れ、日本には個人主義と拝金主義が蔓延していったのです。
私の言いたいことは、つまりもう証明はされているんだ、ということです。世界一の格差社会のアメリカの奴隷として存在している日本人が、アメリカには逆らえないのです。逆に、アメリカみたいに貧富の格差が拡大して来てます。そこで若者よ、と呼びかけた所で結果は見えてます。一度来た道、失敗した道をまた辿っても、やはりまた失敗するだろう、と思います。
従って、A派の方針も、一度来た道であるし、野田氏の見解も一度来た道ではないでしょうか。三里塚闘争はどうなりましたか。命をかけてまで死守すると言った農地はどうなりましたか。ジェット機の滑走路になってしまいましたね。
一度犯した失敗をまた繰り返すのは、無駄ではないか、と言おうかと思いましたが、人間やはり見果てぬロマンというものがあります。A派のロマン、野田氏のロマン、信者のロマン、損得勘定抜きの理想というものがあります。そして、ひょっとしたらそのロマンが実現しないとも限りません。もう後戻りは出来ません。そのロマンを抱いて玉砕するのも、一つの人生でしょう。
野田氏においては、取り合えずNGOでも作ってみたらどうでしょうか。勿論、教団にいれる限りは教団に所属していた方がいいでしょうから、教団から追い出された後で、ということになるでしょう。その時は、何か協力させて頂こうと思ってます。

今後の重い課題

ぶっちゃけ、以下のような極めて重い課題があると思いますが、
VT正悟師はどのようにお考えですか?

(1)事件当時、教団幹部の一人であったVT正悟師に対しては、恐らくほとんど一生、被害者賠償責任がついてまわるのではないかと思われますが、現在のような教団代表とは名ばかりの立場でどうやって今後、被害者賠償責任を果たしていくのですか?

(2)被害者賠償責任を果たしていくという最低限の条件を満たした上で、教団内で活動する・教団を出て活動するなどいくつかの形態はあると思いますが、「一般の人で困っている人の手助けをする」ための活動資金をどのように調達するのですか?


[追記]
”魔境”と呼ばれようが、”教祖”と呼ばれようが、VT正悟師の考えを実現するには、当然VT正悟師が動くしかないと思われますので、いち早く何らかの具体的行動をとられることを陰ながら祈っています。


続きの今後3,4参照下さい。もう行動取っています、皆さんに見えないだけです。

地下鉄サリン事件は予言されていた!

http://www.y-asakawa.com/message/miraiwoyochisuru-otoko3.htm

東京地下鉄サリン事件 : 1989年8月11日予知 → 1995年3月20日発生

警告書にはつぎのように書かれている「私が日本について見たのは、東京の地下鉄駅で、サリンといわれる毒ガスを使って、アウム(オウム)真理教という名の新興宗教のリーダーが引き起こす事件です。このことは1989年8月に天皇陛下と警察当局にも手紙を送りましたが、受け取りの返事はありませんでした」

事件は手紙を出された6年後に起きている。予言通り、オーム真理教のリーダー麻原彰晃の指示でサリンが使われ東京の地下鉄で13人が死亡、5000年を超す重軽傷者が出た。


アル・ゴア氏の地球温暖化対策活動も予言されていた!
http://www.y-asakawa.com/message/miraiwoyochisuru-otoko4.htm

アメリカの元副大統領であったアル・ゴアが温暖化問題に取り組み、その著書「不都合な真実」が映画化されてアカデミー賞を受賞したことは、すでにご承知の通りである。

多くの人々に驚きを持って迎えられた、アル・ゴアの地球温暖化問題への登場は、実は、19年も前、1988年にジュセリーノによって予言されていたのである。この情報は、雑誌「ムー」の6月号に掲載されているが、発行前の5月末、学研の編集長から知らされ時には、私も驚いて、しばらく呆然としてしまった。

それによると、1988年に当時上院議員であったアル・ゴアに宛てた手紙には、彼が1993年から2001年にかけてビル・クリントン政権の副大統領を務めることになることと、将来、地球環境を守るための活動に取り組んで、「不都合な真実」(英語で書かれた手紙には「An Inconvenient Truth」と書かれている)というタイトルの本を著わすことになることが記されている。
 
アル・ゴアがジュセリーノの警告によって、地球温暖化現象について世界的な啓蒙活動に携わるようになったのかどうかはわからないが、少なくとも、彼の人生が予言通りの方向に向かって進んだことは、見ての通りである。

さらに予言書には、アル・ゴアはその啓蒙活動が認められ、2007年にノーベル平和賞を受賞することになると、書かれている。おそらく秋には受賞者の名が発表されることになると思われるので、我々は、間もなくアル・ゴアに対するジュセリーノ予言の完全成就を目にすることになりそうである。

それにしても皮肉なことである。もしも、ジュセリーノの予言が成就したら、2001年大統領選の勝者、ジョージ・ブッシュがイラク戦の後遺症で国の内外から総スカンを食い、国内の支持率も20%台に低迷しているというのに、敗者として在野に下ったアル・ゴアが、温暖化対策の啓蒙活動家としてアカデミー賞ばかりか、ノーベル平和賞まで手にすることになるのだ。まさに「人生、万事塞翁 (さいおう)が馬」とはこのことである。


拝金主義と聞いてすぐに思い浮かぶのはオウムです。

VTさんはアーレフ幹部にしては、まともな人だと思ってますけど
社会の悪循環と拝金主義を批判できる立場に無いのではないですか?

現世の平凡な幸福を望んでいたポアコースやシッディコースの信徒まで
終末予言を使って脅したのは誰ですか?

出家なんて全く考えていない信徒が、扇動に乗せられて将来の人生設計を捨てました。
一生在家で生きる多くの信徒が明日の生活の心配をそっちのけに
オウムに布施をしました。
その結果ワーキングプア中年になってしまいました。

松本家は

年間1500万円の不労所得を得ているそうです。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/44055/

>教団側は絵画使用料については認めたものの、
「松本家への資金援助は一切していない。
絵画使用料は見直しを含め、現在検討中」としている。

神様は不平等さんのご紹介されたリンク先に↑とあります。
検討の結果はどうなったんでしょうか?


「ずっと検討中」、という言い訳の元、検討などしていない。

お返事ありがとうございます。

やっぱり。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/112-f1fae62d

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 2
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad