元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 報道関係者に向けた拙ブログメッセージの中で、「マスメディア存在意義自体を否定する内容」と述べていたものについて。これを丁度今ホットな話題になっている、川崎中一殺害事件、それと最近小生の身近に起こった話と絡めて触れてみます。

 川崎中一殺害事件は、どうも不良仲間と付き合っていた上村君が、仲間にリンチ殺害されたのではないか、と推測されています。その上でこの事件について

「子供を守れなかった(上村君の)親が悪いのではないか」
「加害者の親が悪いのではないか」
「気づかなかった学校が悪い」
「教育委員会が悪い」

 などという議論が湧き上がっています。こういう少年事件が起きると、必ずと言っていいほど湧き上がります。

 加害者が未成年である場合に、単に加害者を非難糾弾するだけではなく、未来ある若者に更生の余地を残す。あるいは他の未成年と彼らを取り巻く人たちが、同じ轍を踏むことが無いように配慮する。こういうことは一概に悪いとは言えません。

 しかしながら最近の傾向として感じるのは、殺人という悪の原因を誰に転嫁するか。この事件で実行犯の顔をツイッターで晒しているのと同様、悪者捜しをするような風潮が見受けられます。

 仮に「SOSに対応しなかった学校が悪い」という話が出たとして、大抵の場合現場を委縮させるだけの結果に終わったりします。最初から「対応しなければ殺人に至る」ことが分かっていれば、誰だって苦労はしません。学校だって、一個一個の細かい問題をきちんと対応できるかどうか、はなはだ疑問です。

 別の典型例で挙げると、ストーカー殺人が起きると、ほぼ必ずと言ってよいほど「被害者は警察に相談していた、警察は何をしていたんだ」とかいう話になります。警察だって、無数ある苦情・相談全てについて、「殺人になるかも、防がねば!」などと考えていたら、労力的人員的に回らないでしょう。また逆に、事件になる前に何か突っ込んだ対応をやろうとすれば、「人権侵害だ!」と弁護士が騒ぐから無理。

 一つ考えるべきことは、当事者の立場に立たない悪者捜し議論は、関係者にプレッシャーと圧力を増すだけで、巡り巡って自他共に首を絞めることになります。

 つまり事件当事者への十分な想像力と共感により実体験の共有がなされるならば、被害者のみならず加害者も立ち直らせる前向きな思考と行動が可能になるでしょう。しかし単にお昼のワイドショーネタ他人事、「うわーこんな酷いヤツがいるんだ」的な勧善懲悪視点の報道は、加害者袋叩きは勿論の事、被害者及びその関係者も疲弊させていることに間違いないでしょう。

 前節前半部分は、主体客体合一の女性原理・感性であり、後半部分は主体客体分離の男性原理・理性です。男性原理優位の時代なので仕方ないと言えば仕方ないですが、これがより世の中を混乱させる一要因となるだろうと小生は考えます。

 身近な具体例を挙げてみましょう。つい先日起こったことです。

 私の女性知人が今入院しています。ほとんど寝たきりで、意識ははっきりしていますが、ご飯を食べることはできても、ベッドから起き上がることすらできません。その女性知人のところに、先日小生がホームレス支援で住居提供したことがある男性が見舞いに訪れ、その際に女性知人に合意も何もなくキスをしたとのこと。

 別に女性知人がその男性を好きなわけではありません。男性が一方的にその女性知人に好意を持ったということでしょう。そして看護婦に見つかり、「そんなことをするならもう見舞いに来てもらっては困ります!」などと激怒されたそうです。

 客観的に見れば、準強制ワイセツです。報道するならば、以下のような感じでしょうか。

----------------------------------------
横浜市在住無職和井節夫(60)は、東京都●区の●●病院内にて、入院中で寝たきりの知人女性に対して、わいせつな行為を強要した疑いで……
----------------------------------------

 こういう報道を耳にすれば、痴漢みたいなエロジジイが、抵抗できない女性を襲ったかのような印象を持つでしょう。その加害男性には、悪感情以外持てないでしょう。卑劣なヤツだ、という印象は避けられないでしょう。

 しかし小生は、全くそうは思わなかった、どころか加害男性が可愛そうに感じました。というのは、加害男性の天涯孤独ともいえる生育環境、生き甲斐も拠り所もない人生というのをよく知っていたからです。小生は、ホームレス支援の枠組みの一環として、何とかその加害男性に生き甲斐を持ってほしいと思案し続けてきました。加害男性に入れ込んでいる、というと正確ではないですが、数年間彼のことを見守ってきたし、多分これからもそうであろうという立場だからこそ、「可愛そう」なんですが。

 幸いなことに、その知人女性も強制ワイセツに関しては、「別に気にしてない」とのことでした。むしろその女性は、小生のホームレス支援の協力者でもありました。でなければ、元ホームレスの人から見舞いをされるような関係には成り得ません。彼女のそれだけの寛容さがあるからこそ、小生の活動に協力してくれていた訳ですが。

 天涯孤独とも言ってよい加害男性にとって、彼女は唯一接触可能な女性だったのかも知れません。小生は加害男性が、彼女の写真を携帯の待ち受け画面にしているのを知っていました。小生も、加害男性にとって、彼女との接触が加害男性の中の孤独感・人間不信・自己否定を癒すものになればいいな、そのように考えて、面会できるような関係にした経緯があります。

 キスされたことを「気にしてない」と述べた知人女性に対して、後日また加害男性に見舞いに来てもらっていいかどうか確認しました。彼女は何事もなかったかのように「いいよ」と述べてくれました。彼女との絆が、加害男性にとって立ち直るきっかけになれば。そのように小生が考えていることを、彼女も同じ立場で理解してくれているように思えました。

 このような小生と被害女性、加害男性との関係は、傍目には異様なもの・理解しがたいものに映るかもしれません。理解できるとしたら、貴方の想像力・共感する能力は大したものです、称賛いたします。しかし実体験しない立場でこのような情報を得ても、理解しづらい・できない・できないが故に、バッサリ切り捨ててしまうことが大半ではないかと思います。

 この加害男性の苦しみ、それを何とかしてあげたいという彼女と小生のお節介。これを理解してくれる人にとっては、情報の共有はプラスの方向に働く可能性が高いです。しかし理解できない人が多く共有すればするほど、当事者は奇異の目にさらされることになります。

 報道の存在意義自体を否定する結論について要約しましょう。情報が氾濫する現代では、起こっている事件への実体験の共有・共感というものがなく、一億総評論家による他人事への断罪になっているということでしょうか。

 逆に何が必要かと言えば、事件当事者の実体験の共有・共感ではないかと。オウム的に言えば、「すべてを自己の心の現れとみる」こと。「ホ・オポノポノ」のような実践でしょう。えっとこれはご自身で調べてください、というより実践されてください。ネット検索で得られる情報だけでは、ほとんど意味がありません。

----------------------------------------
「ホ・オポノポノ」で重要なのは自分が認識する世界はすべて自分が創り出したもので、「100%自分の責任」であるということを認めることです。
目の前にある問題は自分の内側にある問題なのです。
出典 対談:イハレアカラ ヒューレン氏×中西研二(第1回)
| NPO法人JOYヒーリングの会
----------------------------------------

 さて被害女性は、加害男性が心のよりどころとして見舞いに来てくれることを了解してくれたものの、どうやって加害男性当人に「また見舞いに来てって」と伝えたらいいか。悩みました。多分加害男性としては、看護婦に見つかって怒られたこともあって、また被害女性に嫌われたのではないか、と気にしているだろうこともあって、誘いでもなければ来られない可能性が高いでしょう。折角彼女との間にできた関係性が消えてしまうことにもなりかねません。

 話が逸れますが、ホームレス支援をしていると、このような「自爆テロ」によく出くわします。自業自得の自爆と言いますか。前の「更生」シリーズで、別の男性から女性略奪を試みたのもそんなケースだし。

 もうホンマにこのエロジジイは……、って感じの共感しづらい話も上げときましょう。ちょっと前、若い女性ボランティアがいました。その女性ボランティアに

「抜かせてくれ、抜かせてくれ」

 とその爺さんは頼んできたらしいのです。

 怒った女性ボランティアは、知り合い男性を連れて来て、その爺さんを威圧してもらったそうです。すると爺さんが小生に訴えてきたことには…

「怖い男性に脅された、家まで押しかけてこられる、もうここには居られない、助けて!」

 住居世話してもらって助けてくれた女性にそんなことして、またそんなこと言うなんて…。爺さん、もうその女性ボランティアいないから安心しな。

 話し戻して、加害男性はしばらく入院を続けるであろう彼女を、また見舞うことができるのか?メールしてみたところ、「看護婦に激怒されました、私はもう行けません…」。


あらららら…。



見事な自爆で人間不信の廃墟がますます荒んでいきそうです…



はあ=3=3=3



 ホ・オポノポノを実践してみたい方、女性原理の実体験の共有をしてみたい方、小生のボランティアをしてみませんか?山ほどの困った人が数えきれない苦しみを抱えてあなたを待っています。

(終わり… と一旦書いてから重要なことを思い出したので、また続きます)

コメント


「抜かせてくれ、抜かせてくれ」とその爺さんは頼んできたらしいのです。


怒った女性ボランティアから見れば

「爺さんは

 自慰で処理してください!」

ということですな(笑)



ブルーソーラーウォーターでも飲むか

子作りすることが悪いんです。

親っていうのは、多くの場合子供を望んでセックスするんじゃないですね。
父と母がセックスしてるヴィジョンに、子供となる魂が強く惹かれ
父親へ執着し、母親に嫉妬・嫌悪した場合女の子、逆なら男の子となって
母親の子宮に宿ると、バルドーの教えでは言われています。

まず我々大人が動物的快楽によって子供を作らないこと。
だから、少子化に向かっている日本人はいい方向に向かっています。

オヤジは、若い人より精神的に性欲が強い人が多いです。
セクハラするのが中高年に多いのはそういうことでしょう。

肉体が不浄なる本質を呈し、垂れ下がり、しわだらけになり、加齢臭を放って
ガサガサの皮膚になっても、女肉をますます求めるようになる。

そして死を迎えて、バルドーでは交尾のビジョンに飛び込んで、動物へと転生するんでしょう。



核兵器エントリー3での下記レス、興味深いです。
>何でも作るという発想は、①弟子に課するワーク ②大抵は自分で作った方が安上がり というのがあったんじゃないでしょうか。

なるほど、うーん、①はまあお山の大将としての遊び感覚というべきかな、してきた人には悪いが。そして②だが、実現させたいならば、銃など最初から安くまともなのを大量に買ってこれるはずだしなあ、と。ヘリコプターは作れるはずないから買ってきた(まああの座間だけれど)のだろうから、比較して不思議。
サリンとかはロシアでも容易に入手できないだろうし、1993年には完成できそうだったから、と分かるが。

そのバルドの教え。。。まあ、そういうケースもあるかもね、くらいに考えて盲信しない方がいいですよ。世の中の、実際に女の子供を持つ母親達の大部分が、その話を笑い飛ばすでしょう。もう少し現実社会に目を向けて物事を観察しないと、また暴走しちゃいますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1113-d150dc30

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad