元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 昨日はオウム・高橋克也被告の初公判でした。本当は(アクセスの多い)昨日に間に合わせようと思ったんですが、忙しくて間に合いませんでした。オウム事件の総括含めて、テロの根絶という視点から、関連して先日のフランス紙襲撃テロについての記事を書いてみます。

 既に多くのメディアがフランステロについて論評していますが、その中で「表現の自由」に言及したものは多くあります。周知のとおり、シャルリー紙がイスラムの預言者ムハンマドを揶揄した風刺画が事の発端です。ムスリム(イスラム教徒)に配慮する気持ちから、問題の風刺画については、知人のブログ記事を参照いただくことにしましょう。

 小生の率直な感想としては、「風刺画は直視に耐えないところがある」「そりゃムスリムは怒るでしょ」。小生だけではなく、少なくとも一部の日本人は、「やりすぎだ」と感じているようです(そのような記事を散見します)。ただ大多数のフランス人、おそらく欧米人にとっては、そうではないように思われます。彼らの論理なら、「ペンにはペンでやり返せ」「気に入らないなら訴訟しろ」ということになりましょうか。

 フランスでは「言論の自由」「表現の自由」を守るべく、「私はシャルリー」とテロとの対決姿勢を明確にする市民の連帯が広がっています。とは言え、この「表現の自由」の基準も、かなりご都合主義的ではないかと思えるフシも。今回のテロを擁護する発言をした仏芸人が逮捕されるという事件が起こっています(末尾添付記事)。

 そもそも「言論の自由」「表現の自由」とは、どこから出て来たのでしょうか?フランス革命で掲げられた「自由・平等・博愛」に由来するという解釈も可能でしょう。フランス革命含めた市民革命は、絶対王政・封建制度・カトリック教会、これらの支配からの解放という意味合いがありました。人民を抑圧していたものからの自由。そのような点を考慮すると、「表現の自由」には、権威・権力など力をもたない弱者側を保護する側面があります。風刺というものも、弱者が強者を揶揄するからユーモアになるのであって、強者が弱者に向けたとするなら、見るに耐えない弱い者いじめにしかならないでしょう。弱い者いじめを続けると、どうなるでしょうか?いじめられっ子の方も、復讐等の反撃にでたりすることがあります。まあ今回の事件もそんな感じでしょうか。

 欧米側論理にどっぷり浸かっているメディアは、「なぜテロという卑劣な手段で秩序を破壊しようとするのか?」と怒ります。しかし少なからぬムスリムは、自分たちが欧米の文化的・政治的侵略を受けている、そのように感じていると小生は推測します。信仰心が篤ければ篤いほど、欧米の価値観に染まっていく政治家達を見て、「今の指導者達は堕落している!」と感じるわけです。西洋的な近代化を進めて脱イスラム化を図る世俗主義的勢力に対して、イスラム回帰を求める人たちがぶつかるわけです。そういう文化的摩擦が、イスラム圏でここ数十年間ずっと起きています。

 イスラム回帰を求めて先鋭化したムスリムは、イスラム過激派と呼ばれるのでしょう。当然ながら彼らは欧米を敵視しています。イスラム圏で親米国家を作るためにCIAが工作したケースはいくつか明らかになっています。工作が判明していないケースでも、「自由化」「民主化」等々の大義名分の下、欧米からの様々な干渉や押し付けを感じているでしょう。自分たちの文化領域が、絶えず侵略の危機にあると感じているかもしれませんし、テロリスト扱いのアルカイダやイスラム国は、実際に攻撃されているわけで、欧米と戦争していると考えている筈です。

 欧米から敵視されて実際に戦争をしている側からすれば、そりゃ卑劣な手段だろうが何だろうが攻撃するでしょう。実際に、今回の犯人はイスラム国との関連がありますし、アルカイダから指示を受けたとか言っているわけです。ですから、ここ半世紀以上に渡って欧米がイスラム圏に対してやってきたことや、現在も攻撃を仕掛けていることを考えれば、こういうテロは無くなる筈がないでしょう。こういうテロを無くすには、イスラム国含め現在の攻撃を止めるだけでなく、過去の清算もやるしかないです。その上で文化的交流がなくなるよう、グローバル化から隔離してやる必要があります。まあ、絶対やらないでしょう。悲惨な交通事故が起きたから世の中から車を無くしましょう、とか、飲酒運転で悲惨な事故が起きたから世の中からお酒を無くしましょう、というような話です。

 欧米と戦争状態にあるイスラム過激派が攻撃対象を絞るとすれば、無関係な一般市民より自分たちの預言者を冒涜するメディアを選んでもおかしくないでしょう。しかも2009年からシャルリー紙発行人を務めたという被害者のステファン・シャルボニエ氏は、以下のように述べていたらしいです。

「私には妻子もいないし、車も預金もないから報復は怖くない。ひざまずいて生きるより、立ったまま死ぬほうがいい」

こんなことを言えば、相手側からしても、「だったらお望み通りにしてやろう」って考えるでしょう。

 イスラムの価値観と欧米の価値観が大きく隔たりがあるところ、欧米側の視点でしか捉えようとしないところに大きな問題があります。独裁者を取り除いて民主主義的な選挙をしても、いわゆるイスラム過激派が相当な支持を得たりするわけで。「民主主義が根付かない」などというのは、欧米側の勝手な論理です。

 「独裁者フセインを倒せば、イラクの民衆は諸手を挙げてアメリカの民主主義を受け入れてくれる」

 12年前イラク戦争を仕掛けたブッシュ前大統領は、こんなお目出度い考えを抱いていました。イラク戦争の結果として、フセイン政権残党がイスラム国を興すわけです。イラク戦争含めた侵略を何十年と続け、現在もイスラム国に戦争を仕掛けている欧米側が、「自分たちの国ではテロをしないでね」なんて考えるのは、ブッシュ前大統領の100倍位お目出度い。そのように小生には映ります。

結論として

 グローバル資本主義含めた欧米の価値観・正義をイスラム圏に押し付ける以上、相手側からのテロは不可避。

日本もテロの標的になりたくなければ、対イスラム国有志連合には加わらないほうが良いわけなんですが…。オウムのテロとは関係ないように見えますが、続きで関連を書いていきます。

(つづく)

◆おまけ

 リアル「走る爆弾娘」

 マスコミがオウムを茶化してイメージ化した悪をそのまま地で行くイスラム過激派。

 日本って本当に平和ですね~

------------------------------------

仏芸人、「テロ擁護」発言で裁判へ
AFP=時事 1月15日(木)7時34分配信

仏芸人、「テロ擁護」発言で裁判へ
パリの裁判所に出廷したフランスの男性コメディアン、デュードネ氏(2013年12月13日撮影)。
【AFP=時事】フランスの男性コメディアンで、その言動がたびたび物議を醸してきたデュードネ(Dieudonne)氏が14日、パリ(Paris)で先週に起きた一連の襲撃事件の実行犯の1人への共感を示唆した発言をめぐり身柄を拘束され、裁判にかけられる見通しとなった。司法筋が明らかにした。

「シャルリー」求め店から店へ… 風刺紙支持に動いた仏市民たち

 仏当局は、先週の風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)本社襲撃事件以降、「テロを擁護」したり「テロ実行の脅迫」をしたりしたとされる計54件の事件の捜査を開始しており、デュードネ氏の身柄拘束もこの一環だ。

 問題の発言は、デュードネ氏が交流サイト(SNS)のフェイスブック(Facebook)に投稿した「今夜はシャルリー・クリバリのような気分だ」というもの。シャルリー・エブド紙襲撃事件の犠牲者を追悼するために世界中に広まった「私はシャルリー」とのスローガンと、8~9日にかけて女性警官1人とユダヤ人4人を射殺したアメディ・クリバリ(Amedy Coulibaly)容疑者の名前を組み合わせている。

 ソーシャルメディア上では、「デュードネ氏の言動は我慢がならないが、フランスでは表現の自由に二重基準が設けられているようだ」といった批判の声も上がっている。だが、メディア法専門家は、宗教を揶揄(やゆ)することはフランスでは禁じられていない一方で、テロを擁護する行為は他の事件を誘発するという理由で禁じられていると指摘している。【翻訳編集】 AFPBB News

コメント


ここ最近の桑田騒動を見てると、
「日本がオウム化する」ってのは当たってる。

怒り・嫌悪・邪悪心を背景とした表現は
こういう結果しか招かないでしょうね。
自戒の念を持ちました。

表現の自由は守らなければいけませんが、それ以前の問題かなと。

どういう部分が当たってるの?

9割以上のサマナがこのブログを見ている

そんなに見ているのですか?!

>9割以上のサマナがこのブログを見ている

そんなに見ているのですか?!
数十人程度かと思っていましたが・・・

もし、それだけたくさんの方々が見ているのであれば、試しに。

もし、本当の意味で被害者の方々の痛みと労苦を思うのであれば、ちゃんと麻原批判をしてスタートしないと意味がないです。
ひかりの輪の方々も、ただ教えを「否定」とか「封印」ではなく、徹底して批判して示してあげないとかわいそうだ。
それができるのは、元内部の人間でしかできないのだから。
自己批判をともなう言葉ではないと、本当の意味を為しません。
だから、ひかりの輪の方々はみなさんにしかできないことを語って、被害者の方々のためにも力になってあげてほしいです。

原理主義と言われますが…、沸き起こるは宗教なので仕方ないとしても、本当に゛それ゛が正しいのかどうかの議論を無くせば、もはや宗教でも何でもない、別の目的を持つ組織となる。
そして、正しいとは何かよく考えたいものですね。

さん #-

>原理主義と言われますが…、沸き起こるは宗教なので仕方ないとしても、本当に゛それ゛が正しいのかどうかの議論を無くせば、もはや宗教でも何でもない、別の目的を持つ組織となる。
そして、正しいとは何かよく考えたいものですね。


まったく、おっしゃる通りです。


フランスのテロは只の独裁主義がしたこと。宗教は仮面。
アルカイダでさえ、あいつらは過激過ぎると言ったそうだ。
虐殺や人身売買が起きていて、女性や子どもが自爆テロに使われてます。コーランに違反していると思いませんか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1099-ccd5afae

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad