元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★荒らしの常習犯が来るたびコメント承認制になります★ 累積賠償額916万円 

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

◆粘着2

 「粘着」という記事を書いたのは、過去に数人粘着系の人間が小生に寄ってきたことを書こうと思ったから。その内2人は女性だけど、多分今はもうここも覗いてないと思うから書かせてもらう。

 名前のイニシャルがKというその女性は、小生がホームレス支援を始めた前後に連絡を取ってきた。どうやら信徒らしく、教義の内容その他の質問を振ってきたのだが、それ以上に精神が不安定だった。

 「野田さあぁぁぁぁ~~ん、もう死のうと思ってるんですけど…」

 何度か連絡が来る内に(いつも先方からしか来ない)、上記のような会話を切り出すようになった。多分小生はこの女性にトータル50時間くらいは付き合わされたと記憶している。途中で気づくわけだが

 「なんだ…、死ぬ死ぬ詐欺か… 」

 「死のうか」と思っている人間を詐欺扱いするのは申し訳ないが、心配して話を聞く方はそう割り切らないと身が持たない。尤も「死のうか」と言う側は、本人なりには真剣に悩んでいたりもする。

 例えば、何度か拙ブログで取り上げた元店子の自称ダメ人間Tさん。人間不信・自己否定が強く、本人自身が悩んでいることもよくわかる。その結果突然失踪して、死に場所を探しに富士の樹海などに行く。小生が知るだけでも10回近くそのような放浪の旅に出た。

 しかしKさんの場合は、それ程深刻ではないことが分かった。「死にます」と言ってそのまま連絡を断つTさんと違い、Kさんは「死のうと思ってるんですけど…」と言いつつ、その電話でそのまま会話の相手を求めるのである。よくよく聞いてみると、以下のような事が判明した。要するに「構ってちゃん」。

①アレフ本体とひかりの輪両方に連絡を取っている

②上祐氏にはトータルで1000万位お布施をした

③荒木君にも連絡を取りお布施した

④囲碁の井山裕太(囲碁界史上初の六冠王達成者)を後援会で応援している

⑤ネットで自分も囲碁をやる

 ③は、「なんだ、こいつも荒木のお手つきか」という内容だが、結論として金持ちお嬢様の暇つぶし相手をさせられていたようだ。

 そんなに金持ちなら、小生にも「物件購入のために200万ほど貸してくれ」と彼女に持ち掛けたことがある。ホームレス支援開始後、まだキャッシュフローがない時期だったこともある。キチンとそれなりの金利を付けて返すという前提での話で、Kさんも最初乗り気だった。が、融資実行する直前になって突然手のひら返しを食らい、以後連絡がなくなった。

 その一か月程後、宇都宮健児弁護士(前日弁連会長、オウム真理教犯罪被害者支援機構理事長)と話をする機会があった。

 「野田君のホームレス支援で一件苦情があったんだよ。物件を用意するためにお布施を強要されたと…」

 何度か述べてきたことだが、小生のスタンスは個人からの布施等に依存した集金ではなく、国家財政の搾取である。中央銀行が維持する通貨制度の信認。国家財政赤字を野放図に穴埋めすることで(日銀国債買取他)、通貨の信認が崩壊すると警鐘し続けてきたが、その理念に沿う国家財政搾取である。オウムのように個人からお布施を集めるわけではないが、それを勘違いする(元)信者らがいてもおかしくない。


◆信徒向け通達

 道場で信徒向けに通達があったそうです。内容の概要は以下の通り。

「長期修行中だったV師が行方不明
 V師に付いていた導き担当だったサマナも行方不明
 現在複数名で地方道場に立て込もってる。
 V師らは、『長期修行は監禁として提訴準備中』とのこと」

 二宮君が大嫌いな筈のママと組んで、「猊下はグルだ!猊下の意思だ!」って頑張ってるようで。

 多分V師はV師で

「私たちのグルは尊師しかいない!」

 とかやってんでしょう。

 正義と正義の戦いなのか

 正義と悪魔の戦いなのか

 悪魔と悪魔の戦いなのか

 正義のために、真理のために、グルのために、どちらも死ぬまで頑張ってください。

 拙ブログ読者は、大変楽しみにしてるんじゃないかと思います、バトル自体を。

コメント


200万あればマンション購入できますね
数日前に不動産相場崩壊してるとの情報見かけました。

ネット工作員の正体と消し屋の正体


囲碁をやる人は、頭がいいでしょうね。
頭の中で白地・黒字の計算をやってるわけですから。

僕も囲碁に興味があって、ルールは大体覚えたんですが
僕には難しすぎる。

プロの囲碁の序盤の布石は感覚的に当たることときどきあるんですが
細かい地の計算がからっきし。

囲碁名人の井山さんの奥さんは、昔将棋のアマチュア大会に参加した時
中学生で出てたのを拝見しました。







Vって笑ってる人ですか?

元金沢支部、今は東京本部の支部長だった人ですか?
あのおば様 結構年ですよね?
60半ばくらいいってませんかね。
頭も固そうだしこの機に世代交代ということで引退した方が体の為にも精神衛生上もいいと思いますが。

笑ってる人じゃないよ

「何度か述べてきたことだが、小生のスタンスは個人からの布施等に依存した集金ではなく、国家財政の搾取である。」

呆れた。
まだ(自分だけは)国家権力と戦っているつもりだったとは、オウム教に対する信心厚き事で。でも事件被害者がこれを聞いたらと思うとやりきれません。
オウム教で培った反権力・反社会的スタンスが染みついて取れないんでしょうけど、弱者救済のための社会保障費から搾取するのは筋違い。そしてそれを事件の賠償に使うのだから呆れて物が言えません。表面的な形を取り繕うだけで、事件被害者の気持ちなんか全然考えてないでしょ?
教養過程レベルの大学生が考えそうな小賢しい理屈を付けて自己正当化をしているけども、常に信心という名の自己保身を最優先し事件被害者への贖罪意識が希薄なのも出来の悪いオウム幹部の典型です。

長期修行は確かに監禁かもしれないけど、今さらでしょう?そのV師も長く師をやってるのなら、過去に何らかの形で部下を長期修行に送り込んだことはあるはず。自分達に都合の良いときだけ国家権力を利用するのはいかがなものやら。

訂正

限りなく続きそうな長期に入れられたってことは自分から辞めてねってサインだから
見切りつけてさっさと組織から離れたらいいのに。組織の支部長ポストにしがみついて
地方支部に立て籠るなんて往生際の悪い・・って受け止めたけど
その立て籠ってるビルは元々V師が持ってた金沢の土地では?
教団にお布施して支部として使ってたビル・・・だとしたら
教団から離れて自分の所有するビルに住むのは別に悪いことじゃないですね。
そのビルは教団名義で持ち主に返すことは出来ないのですかね。
部下連れて裁判とか反撃なんかしないで。
もういい年なんだからきっぱり縁を切ってバトルには参加しないで余生を地元で静かに過ごせばいいのです。
お供物ダーキニーとは違うのだから。
老兵は去るという言葉もありますし。


>V師らは、『長期修行は監禁として提訴準備中』とのこと」

V師もこれを機会にもう一度新たな一歩を踏み出してみるのがいいのですけど・・・

ひかりの輪に相談するとか、野田さんに相談するとか。
いろんな人がそれぞれに「道」を備えてくださっているのだから、私だったら相談する。

失敗や過ち、そこからくる挫折や行き詰まりから起こる環境の変化は新しい歩みをする機会としては重要です。
あと、助け手。

よき助け手と出会うことで、人は変われる。

仏事件のNEWSを見ていて、これは自作自演ではないかと疑っていましたが
やはりそうでした。
モザイク無しで警官が撃たれて血が全く出ていない動画もUPされてますね

ところで、野田さんは地下鉄タブン事件を信じていらっしゃるのですか?

自作自演

>モザイク無しで警官が撃たれて血が全く出ていない動画もUPされてますね

https://www.youtube.com/watch?v=h4enhfVn_B8#t=243

この動画の男性は、倒れている女性警官から血がでていないだけで、妄想を膨らませて「自作自演」だと息巻いています。

さて、本当でしょうか?
本当に、自作自演なのでしょうか?

殺された女性警官の追悼式が行われた時点で、この息巻いている男性はちゃんと謝罪するのならばいいです。
どんなにも愚かな主張をしていたかを反省して、二度とこのような勘違いを無くすように根本から改めるならばいいです。

でも、私の予想ではこの男性は自分の勘違いの反省もしなければ、なぜそんな間違いを犯したのかの自己分析もないでしょう。
言いっ放しで、最後まで自分の妄想の中に逃げるでしょう。

さて、ではなぜこの男性は、倒れた女性警官がさらに発砲されているこの動画を見て、そこまで妄想を膨らませ、さらにその妄想に確信までして、多くの人に向けて情報発信しようとしてしまったのでしょうか。


>ところで、野田さんは地下鉄タブン事件を信じていらっしゃるのですか?

信じてない

参考までにw

以下とある掲示板の転載コメントです。

金日成バッジが落ちていたので北朝鮮の仕業wみたいなわかりやすいことを、今回フランスでもやってしまったのでしょうか。ソニーの事件もサイバー攻撃してきたのが北朝鮮のIPだったから、北朝鮮の仕業だと言い張っているようですね。
------------
丁度1ヶ月前に、フランスの下院がパレスチナ国を認めたことでフランスが暴走し始めたのです。現在、パレスチナは大量虐殺を行ってきたイスラエル政府を国際刑事裁判所に訴えています。突然、フランスでイスラムのテロ襲撃事件が起きました。フランスの下院がパレスチナを支持したことでパリが攻撃されたのでしょうか。
最も驚くべきことは、容疑者は襲撃現場に自分のIDカードを落としたと報道されたことです。これは、9.11テロ事件の時と同じです。テロリストがIDカードを現場に落としています。さらに。。。警官が自動小銃(AK47)で頭部を撃たれたときに、頭部が破裂しませんでした。ベテランズ・トィデーのゴードン・ダフ氏は弾道の専門家ですが、警官が自動小銃で頭部を撃たれた場合、あのように無傷で地面に倒れることはないし、発砲した時の音が反響していなかったのもおかしいと言っています。
転載以上

映像を見ると

映像を見ると、頭部に向けての銃撃は当たってない可能性が高いです。

よく見ると地面に玉が当たったような様子がみられます。
これをでっち上げとするのには、無理があります。

犠牲になった警官の詳細がわかるとでっち上げかそうでないかが判明しますが、フランスの警官は身内を殺されたのだから、殺された人が自分の同僚か否かくらいわかるでしょう。

以下掲示板コメント転載

☆☆☆ ヨーロッパの人たちはこんな猿芝居に過剰反応するほど 自分たちの本当の敵を喜ばせ自分自身の首を絞めているようなものだよ。本当のところは ここにでているのが真相だろう。またまた偽旗作戦、狂言だったんだよ...
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=83066

「矛盾点の最終集計表:

1.10人もの人間が死亡したとされ、他にもケガ人が出ていた。通常、救急車が優に10台は必要とされる事件なのに、現場には最大で2台しか現れなかった。

【但し、 BBCの写真を見ると、手前左にパリSAMUの救急車、手前右にフランス赤十字のVPSP、中央奥にパリ消防旅団のVSAVが各1台ずつ、計3台。 フランスの救急制度はややこしいのと、多少時間が経過してからの写真だからか?どっちにせよ少ない。】

【但し、 BBCの写真を見ると、手前左にパリSAMUの救急車、手前右にフランス赤十字のVPSP、中央奥にパリ消防旅団のVSAVが各1台ずつ、計3台。フランスの救急制度はややこしいのと、多少時間が経過してからの写真だからか?どっちにせよ少ない。】

2.警察車両の1つを見ると、どうやら犯人はこの訓練のために本物の銃を使用したようだ。が、弾痕はギャングが貼るようなシールに過ぎないのかどうかは、写真が鮮明ではないため不明。現場写真の中には、襲撃された車の横、誰かが死亡したとされる場所で、警官同士冗談を言い合って笑っている様子のもある。加えて、グーグルで画像検索してみると、通常の襲撃事件ではフロントガラス全体にひびが入る。【しかし】フランスのこの事件では、全ての損傷が穴【=弾痕】の周囲に限定されている。こんなことは可能なのか?

【パトカーの弾痕は、ギャングが使いたがるシール?出典: France 24】

3.現場に駆け付けた人間全員が、フランス外人部隊の髪型【=丸刈り】。救急車の運転手や救命士にしては奇妙。

4(重要な点).加害者が捕まらずに逃げ果せたのだとしたら、何故フランスの警察は容疑者を既に特定出来ているのか?別の場所で出頭して来たわけでもないのに?9.11の時のパスポートやMH17便のピカピカのパスポートと同じことだろう。あんなものがまかり通るのだ。単にモサドが海外遠征して来たんじゃなく、“イスラム教徒”だと“証明”するには確実に身元が割れてないとマズイのだ。ショック係数が最大値の時に発表しないとマズイのだ。で今回は、誰もパスポートなんぞ落っことさなかったのに、どうやって警察は特定できたんだ?×3人分だぞ、オイ? 

疑問点:
そもそもイスラム教徒ってのは、各地を襲撃する度に毎回「アッラーは偉大なり」って叫ぶのか?身元がバレないようにすれば、そして、このセリフ1つで罪をなすりつけられるのだとすれば、誰にだって出来るじゃないか!万が一これが実際に起こったことだとしても。というか、いつもの心理作戦でなかったと仮定して、だが。

彼らはロケット砲も所有していたらしい。んなもん、どーやって税関くぐり抜けんだよっつーの!

5.血の飛び散った写真を一枚もまだ見てない。特殊メイクの血糊ですら出回ってない。カラシニコフで撃たれた警官が歩道に横たわっても、その10秒後にもう一度撃ち抜かれても、まだ血が出ない。こんなのが本当に起こったのだとしたら、非常に奇妙だ。

6.標的はユダヤ系グループだった。偽のテロ攻撃をしょっちゅう演じてみせる連中に繋がってる。これは臭うな。

7.どうやったら道路が奇跡的にガラガラになるんだ?現場はヤラセかってくらい、整えられてる。まるで“【テロ】攻撃”という名の訓練に備えて、その区域を封鎖していたかのようだ。現場がガラ空きなのを織り込み済みで、“テロリスト”が道のど真ん中にあっさり車を停められるようにしたってことか。

8.通称“テロリスト”どもは、この雑誌の主要スタッフ全員が重要な会議に出席すべく、ここにこぞって集まることを何故だか知ってて、【わざわざこの日の】この時間帯を選んで襲撃したと。

質問:内部の人間でなければ知りえない情報な筈だ。プロの殺し屋集団としか見えない連中が、どっから情報を入手したんだ?NSAに手伝ってもらったのでなければ、どうやったんだ?

9.以前からこの雑誌は深刻な経営難だった。どっちにせよ廃刊するのだとしたら、偽旗の心理作戦を利用しない手はないってことか?これで終わった理由は“説明がつく”わけだ、よな?」

————————————————————————

専門家:パリ襲撃事件は「イスラム国」の欧州への帰還を意味する可能性がある

転載元) The Voice of Russia 15/1/9

フランスの風刺週刊誌「シャルリー・エブド」の本社襲撃事件は、欧州でシリアとイラクにおける紛争のブーメラン効果を生み出す恐れがあるとみなす根拠を与えている。ボストンにあるノースイースタン大学で教鞭をとるテロの専門家マックス・エイブラムス氏が、Sputnikのインタビューで述べた。 

エイブラムス氏によると、少なくとも1000人のフランス人が、テロ組織「イスラム国」のメンバーに加わった。彼らはジハード主義者の仲間入りをし、より過激になり、スキルに磨きをかけて祖国へ戻ってくる。

エイブラムス氏は、「シャルリー・エブド」を襲撃した犯人たちの動機は不明だが、フランスの外交政策に対する報復、あるいは「フランス流ライフスタイルや民主的アプローチ」に対する攻撃の可能性もあるとの見方を示した。」

*

そのほか https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=83025 前編

・パリ襲撃事件:完全に劇場型の偽旗作戦、全員生きている https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=83107

・P.C.ロバーツ「シャルリー・エブドとツァルナーエフ裁判: Cui bono誰の利益になるのか?」https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=83106

頭を冷やさないとね。このあたりの記事に書いているように思えるけど。いっぺん見てみたら?

転載以上

そういうことも、気をつけた方がいいです。
つまり、自分自身の心の投影だってことに気づかず
対象に原因を見いだそうとします。

それが真実か真実でないかより、そのことが悪しき業を積むことになりかねません。
そうやって人は簡単に魔境に陥ります。






陰謀論は尽きない

陰謀論は尽きないもので、何が何でも誰かの陰謀にしてしまう人もいます。

私は陰謀論とかは信じるときと信じないときがあります。

オウム事件もそうです。
北朝鮮がバックにいたとか、統一協会と創価学会のコントロールがあったとか。
そんなもの無いけど好き放題いわれたのですよね。
確かに、無印の金の延べ棒が金丸信さんのところからもオウムの施設からも見つかったというのが、陰謀を掻き立てる要素ですけど(あの金塊は何だったの?)。

陰謀論が好きな人は一から百までが陰謀です。

要は、極端なのです。

何でもかんでも陰謀にする姿勢は、知的判断としてバランスを欠いていることを証明しているようなものです。

たとえば、9.11のテロ事件では、ツインタワーの近くの絶対に倒壊しないはずの第七ビルが何もダメージを受けていないのに勝手に倒壊しました。
ケネディ大統領の暗殺事件も闇に包まれたままです。

あのようなものは、「何かあったな」と考えるのは普通ですけど、それだからといってもすべての事件ですべて陰謀論を展開するのはオカシイです。

とくに、独立党のコシミズさんとか、何だかんだで統一協会を持ちだしたり陰謀にしてしまうけれども、本当だろうか?と疑問になります。

ちなみに、フランスのテロで殺された警官の一人の名前はアハメド・メラベさんで、年齢は40歳だそうです。
(この方でしょうか? 殺されたのに演技だといわれてしまった人は。)


898 :神も仏も名無しさん :2015/01/11(日) 17:08:59.95 ID:QlMhcFou
本来ご自身が興味のあったことを、実行している段階でしょう。
そういう道もありますよね。そのかわりすべて自己責任と。
徹底的に飽きるまでやって、そして離れると。
それを理解してあげることも必要ではないでしょうか。

899 :神も仏も名無しさん :2015/01/11(日) 17:21:17.23 ID:QlMhcFou
エネルギー上昇のプロセスができない人もいるということを
理解してあげることも、大乗の修行者は必要でしょう。
セックスや金儲けに興味のある人に、説教するのは逆効果かも。
ああ、この人は金もうけや名声にまだ未練があるんだな
辛いだろうな。。
こういう気持ちをもって、思いやりを持つ方がいいのではないでしょうか。

900 :神も仏も名無しさん :2015/01/11(日) 18:10:40.39 ID:dT9ADBGM
>>898-899
野田さんがしている事は、彼が教団で学んだ事の彼なりの実践だと思います。
多少間違っていても、何もしない人よりはマシだと思います。
彼の法則理解度や瞑想ステージの低さが如実に露呈されてますが、それでも生暖かい目で見守ってやるべきかと。
なぜなら、その魂にとって最大限の努力はしているからです。

901 :神も仏も名無しさん :2015/01/11(日) 18:24:39.65 ID:QlMhcFou
>>900
そうですね。
わたしも最初、『国家財政の搾取』という言葉を見た時
とんでもないと。憤りと憤慨の念が脳裏をよぎりました。
国家財政と言うのは、国民の税金なんだぞ!と。

正直その気持ちをレスにして書き込もうと迷いました。
しかし、沈思黙考
「それをやって、彼の気持ちに良い影響を与えることはできないだろう」
そう思ってやめました。

902 :神も仏も名無しさん :2015/01/11(日) 18:39:02.61 ID:QlMhcFou
野田さんの立場ならどう思うか。
この想像力が出てきました。
ホームレスを支援するという目の前の諸問題を抱えている現状は
そうとうストレスになっていると思います。

彼の苦しみを理解することなしに、批判するというのは
私がかつて行ってきたことですが、それはまずいんじゃないかいと。

903 :神も仏も名無しさん :2015/01/11(日) 19:35:12.17 ID:A7hRywaN
「苦しんでいる人を助けたい」
「困っている人を助けねばならない」
こういう思いは少しも間違っていません。

その苦しみや苦しみの原因である煩悩に対してどのように受け止め対応すべきなのか?
これはオウム真理教の教義で散々説かれ、また苦しみや煩悩を消滅させるための数々の修行法を教えられてきたはずです。
それを実践し効果を確かめ自分自身の内側に具足するに到ってないからこそ、苦悩を背負い込んでも処理出来ずに苦しむと。
だから彼が苦しんでいる事自体には同情しません。
でも能力が低いにもかかわらず自分の内側に苦しみを背負い込もうとしている事自体は称賛に値すると思います。
幾ら瞑想ステージが高くても自分の生活に手一杯で何も実践しない人の方が多いのですから。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アレフには荒木正悟師なるとてもステージの高い方が居るようですが
それは誠でしょうか?w

ついでに厳しく言っておく

野田さんが「小生のやっていることは『国家財政の搾取』であり、これを行うことはこれによってこの国の財政、制度、お金のダダ流し、過ちへの警鐘を鳴らす目的なのである」、
という(大義名分を装った風な内実単なる金儲けの)ロジックは大間違いである。
そんな理屈が通るなら、放火快楽趣味の人が都内の家宅に火をつけてまわり、バレて、取り調べの際に「これは都内消防の放火防火警備体制の甘さに対する警鐘だ」とほざくことや、また、サリン事件を起こして「これは平和ボケしたこの国の安全保障体制、テロ警戒体制、国民の自己リスクマネジメントの無さへの警鐘だ」、
空き巣に入り周り「個人宅のセコム体制の・・・」、国内企業・金融機関等をハッキングしてデーターや情報を盗みまわり他人の口座から自己口座に預金を移動させ「国内企業・金融機関のコンピュータセキュリティ体制の全くの無警戒さに・・・」、
連続強姦魔が「婦女子の夜間徘徊の・・・」、無差別連続殺人鬼が「日本国民の護身術の・・・」、というロジックと等しい。

つまりその弁舌「犯罪または脱法的犯罪を犯してなおかつ利益を得ていながら『警鐘』だ、と雄叫び嘯く方法」は「嘘つき」のやる伎だ、と敢えて私はそれを言う。
本当に「警鐘だ」ならあがった利益は残り残らず全てめぐまれない貧しい人に寄付するか、少なくとも自分の手元に利益や貯金を残してはならない。
「当事者自身」が「儲け」て、少なからぬ利益を味わっている以上、それは「警鐘」では無い、「警鐘」は犯罪の盾(タテマエ)に過ぎない、と看破されるだろう。

ただ、これは野田さんが全部わかっていてあえて小ずるく汚く姑息巧妙にそれを言い、行っているわけではない。

「無意識」にそう本当に自身もそう思いこんで、やっているのである。
つまり己の行っている行為がよろしくない行為と心のどこかでやましく想っている(罪悪感/良心の呵責)ことがあって、それを無意識的に打ち消すためにその無意識の心は「警鐘だ」、を無意識のうちにあみだし、自身の心が苦しみに責め立てられて損なわれることを防護した結果のそれなのである。
だから本人自身は「警鐘は嘘だ」と他から指摘されても、「何を言っているのだ、オレは本気で警鐘とおもってやっているのだ」と心から嘘無くそのように想い、口をひらくのである。
その意味で野田さんは嘘つきな人や狡猾極悪な人間では全くない。
すべて潜在意識下で自動演算されているそれなのである。
それが表層意識にのぼってこないので当人はそのことを事実知らない/精錬潔白なのである。

それはゲンシンの発言
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1086.html#comment15587
で指摘するところの「知らず知らずに行う」であり、
ウダーナルガでブッダが説くところの「悪い行いをしていて、当人自身がそれに気が付かないならば、彼は自分のした行いによってついには悩まされることに至る。ちょうど火にに触れて気づかないでいる人がやけどして苦しむように。」
の経文に相当する。

あまりステージの高低は当てになりませんよ。
ステージに胡坐かいてた人は、もう相当落ちて、
もうオウムにすがるしか生きるすべがない。

一方で、現世で血の苦労を味わって、
ドブ川に咲く蓮華のように、深いところに根を張りながら
暮らす人もいるでしょう。

荒木さんが正悟師かどうかは知りませんが、それなりに
マスコミ対応などで苦労されてきたんじゃないですか。

そんなことより、死は刻々と迫ってます。ついこないだまで青年だった人が
もう中年になってますね。

ひと世代分過ぎたわけです。
あとひと世代分過ぎた時は、もうじじばばですよ。
チャンスはないぞ!


陰陽五行論についてなんだけど

曰く、河は図を出し、洛は書を出し、聖人これに則る
曰く、河図は、伏義氏王の天下の時、龍馬の河より出でるありて、その旋毛にこの図あり、これに則り、八卦をあらわす
諸説煩多といえども、六十四卦その中にあり、河図の文、前7,2後1,6左3,8右4,9中には5と10が居する
曰く、天一水を生じ、地六これを成し
   地二火を生じ、天七これを成す
   天三木を生じ、地八これを成す
   地四金を生じ、天九これを成す

いわゆる、先天の八卦図、これが、河図  後天が洛書
先天の五行は、河図にあらわれる

極限修行は楽しい♪極限修行は楽しい♪

・・じゃなくて、もとい、何だったっけ、えーとそう、オウムの正悟師は「漏れなく」、
全員が全員、「非悟師」です。
従って「非悟師」「凡夫」を「正悟師」と認定称号した麻原は少なくとも「解脱者」ではない、また「ブッダ(一切知者)でもない」ということになります。

一切知者のブッダは陰陽五行論的内容の説示を説きません。
それは仏教外道(ぶっきょうがいどう)で、その内容は「苦しみの消滅に何の役にも立たない」か「間違っている教え」かブッダが禁止している「占いの類」です。
自ら仏教徒と称しながら積極的に「占い」を重視した麻原は仏の教えを理解していなかった「証」です。
当然彼は何故ブッダが「占い」を信徒に絶対禁止したのか、その理由すら知りません。
ブッダが一切知者であると仮定すると、彼の教えに抗う理を説くことは、真理に抗うことになるので、その者は決して苦しみから逃れることはできません。

長期修行中だったV師と、V師に付いていた導き担当だったサマナ氏が、あのおふたりならば、貫いてほしいです。がんばれー。

占いは、文殊からきてます。
仏教と関係してます。
仏教とはということになるのかもしれませんが

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私は裏社会を理解しているので、野田さんの国家財政摂取には同感です。
応援してますよ!

言う必要ないかもしれませんが

僕の記憶では麻原さんの説法の中で、まあ僕はこのように読んだ
ということですが、

原始仏典は、お釈迦様が死んだあとに生き残っていた
マハーカッサパやアーナンダやウパーリなどが

「私はこのように聞いた」と彼らの見たこと聞いたこと
を話し合って仏典として残したと、

だから仏典はお釈迦様の世界ではなく
マハーカッサパや彼らの世界を表現していたと言えます、

経典結集をしていた人たちが
記憶修習ばかりやっていたような人たち

だったから、仏典を背景としている
オウム真理教はこのようにダメなのである、と

このように麻原さんの説法を僕は読んだのですが

まあこのようなことは書く必要はないかもしれませんが、
                      草々

納得

>だから原始仏典はお釈迦様の世界(ブッダの発せられた言葉にほぼ近似)を書きつづったBOOK、
アヌルッダやアーナンダ、ウパーリ、(文殊実在人物結集参加説もあり)etcや解脱済み結集メンバーによる「ただブッダの発せられた言葉」を集成して制作しただけの最純仏説経典と言えます、
>彼らの記憶LOADを行い、しかも彼らは全員「解脱」していた、という選ばれし者による結集仏説集成 なのであるから、それが最高の経典(原始仏典/正しい仏教BOOK)といえます。


この説明は納得です。
やはりそうでないと、後からいろんなものが出て来てわからなくなります。

原始仏典原理主義の意見ももっともだと思いますし。
豊島さんの意見も一理あると思う。

ただ、ブッダがサーリープッタらの弟子たちにに語ったとされる言葉が
今の私にとっていいかどうかは別問題だと思う。

たとえば、サイの角のように一人いけ。
この言葉は、ブッダがサーリープッタのようなレベルの高い弟子に叱咤激励した言葉であったと思う。

これは釈尊の弟子への慈愛の言葉であると。
この言葉を、例えば性欲に迷い、貪りに迷って、暴力的な人間に語ったであろうか?釈尊が。
そうじゃないでしょうと。そういう危険な人物にそのようなことは言わないはずですね。
仏典は、読み即断してこうなんだ。だからこうしろというもんじゃないと思う。
よく吟味する必要があると思いますよ。





悪い友と交わるな。
確かに、出家空間では真理ですよね。
しかし、それを俗世に生きる人間が鵜呑みにするのはまずいでしょうと。
悪い友とも表面上当たり障りなく意思疎通するスキルは、必要ですよ。
この辺の柔軟性を持ちつつ、原始仏典を熟読・熟考し、かつ実践できたら素晴しいですよね。

世俗との調和も必要不可欠だと思うので、かりに仏典と反対のことする人を見ても
それに目くじらを立てず、すべては空であるという理解のもと
賢く生きていくのも忘れてはいけないと思う。

悪い友と付き合ってはいけません。
これ世の教育ママたちと同じ言葉でもあります。

そして、この言葉は子供たちにとって納得がいきません。
なぜなら、子供たちにとっては仲間であるからです。
そしてなによりその「悪い友」のレッテルを張る親はどこかおかしい。

わたしも、昔世にいう不良と遊んでいて、学ぶこともありましたよ。
楽しかったですよ。おりこうさんと遊ぶのと違ってスリリングでね。

それでも、彼らの中では薬やシンナーはやるなと言う暗黙の超えてはいけない一線があって、遊んでいたわけです。

悪い友と言っても、本当の悪い友はほとんどいないと思う。
悪いともとつるんでる人は、すでにその人が相当の悪なのです。

悪い友はできませんよ。正直に生きていれば。
どこかに欲深さがあるとき、悪い友が自然に集まるんじゃないでしょうか。

オウムの場合、あの事件は、来世のために今を犠牲にした欲深さでしょうと。
そういう欲深さが、若者を煽りそして暴力的なエネルギーになると。

とんでもない欲深さです。自分が未来世に高い世界へ行きたいという欲深さ。
某過激派や、テロリストはほとんど、未来の理想郷のために
今を破壊する。

しかし、未来など来ないのです。永遠に。

超えてはいけない一線

>未来の理想郷のために今を破壊する。
自分たち及び自分たちの信仰のことしか考えてません。大迷惑。それがオウム。二元論の極致。

超えてはいけない一線というのは、どこの世界にもありますね。これ大事だと思います。社会の掟という奴でしょうか。それを言っちゃあお終いよ、というのもありますが、突き詰めればこれもある種の信仰の有り様かもしれません。

説法は吟味すべきもの

大衆向けではあっても、基本は対機説法ですからね。その意味で、師弟制度、グル制度には優れた点がある。けれど、お師匠さん選びには気をつけないといけないよね。思想・宗教書の勝手読みも怖いこと。これは皆さんにお願いします。

PINDOLA BHARADVAJA さんへ

PINDOLA BHARADVAJA さん、はじめまして、五行です
ちなみに、占いは、文殊から~の文章は、私の書いた文ではありません
私は、ここで五行の話を書くのに、それが仏教にとかれているかいなかは関係ない
と考えています、野田さんは、ご自身の理論を、太極、陰陽、といった概念を用いて、
説明をなさっています、そのようなブログで、五行のことをとりあげること自体は、何ら
不自然なことでは、ないはずです
とはいえ、今回はあまりにも脈絡のない書き方でしたね
じつは わたしは、今までも五行についてたまにこのブログに書き残しています、そしてそれらは、二日をまたずすべて消してきました、そしてそれらの文をすべて読めば、じつは、あるひとつの秘密が浮かび上がる、そんな構成にすることを考えていたのです。わかるひとにだけ、わかる、そんな文章にするために、こんな突拍子もない形になりました、まあここで、こんな風にいう人が出たことですし、ここで、その秘密を明かすのはやめにすることにします、それに免じて、今回は、このくらいで怒りをおさめてください
そして、ここでもうひとつ、いわせて頂くなら、私の殴り置きも意味不明ですが、あなた様の文も、ところどころ、正気を疑わせるような意味不明部分があるように思いますお互いにここを潮時として引退したほうがよいのではないでしょうか?^^




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

餓鬼のカルマ。
これは恐ろしいです。
性欲を克服しtも、餓鬼のカルマがすべてをかっさらっていきます。
つつましい生活していても、餓鬼のカルマの強い人と
親しくなると、生活が脅かされるようになります。

しかしこれとて、自己のカルマだってことです。
自分が儲けたい。いい思いしたい。楽したい。
そして餓鬼のカルマがあるうちは、暴力的傾向も残っている。

自分の豊かさを守るために、法に訴えたり、戦争したり、
あるいは女性ならば、色仕掛けしたり、情に訴えたり
ありとあらゆる手段で貪ってきます。

日本は今、国民のほとんどが「餓鬼」に転落しています。
気をつけようというレベルじゃないです。
ほとんど低級霊域です。

はっきり言ってしまえば、修行者以外すべて餓鬼と思っておいた方がいいです。
政治家だろうと、正悟師だろうと、僧侶であろうと肩書きは関係ないです。

性欲が克服されると、餓鬼のカルマに苦しみます。
性欲はエネルギーを昇華すればいいですが、餓鬼のカルマの場合
税金の支払い、諸経費の支払い、食費の支払いなどのために金が必要ですが
それさえ、自由にできる金だと「錯覚」してしまうわけです。
そして、余計な出費をして困窮するわけです。

自称「アラハン」は彼だけではない。
そうやってあらゆる手段で「たかり」をする者が跳梁跋扈していると思っておいた方がいいです。

自己の餓鬼のカルマを克服しない限り、「自称アラハン様」は影のようにつき従う。



VANGISAさんへ

VANGISAさん

またの名を、隣人さん でしょうか?

オウムで出していた、根源仏典のシリーズ はお持ちですか? 彼らもまた、かつては原典読みを試みていたのです。こちらの書籍には、教祖の解説はほぼなかったように記憶しています。この辺が信者にとっては食い足りないというのか、軽んじられている点かも知れません。かつてはこうした本も出されていたように、オウムの関係者には、原典に基づいて修行をしようという傾向もありました。今更ですが、彼らには、こうした本を依拠するようになって欲しいです。その場合、組織の維持は必要ないと思います。周りに恐怖を与えるような修行ではいかんと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新約聖書・マルコによる福音書

に載っている、
「シーザーのものはシーザーに返せ」
を思い出してしまいました。

所詮、お金なんて、権力者のものなんです。
われわれはそれを使う権利があるだけなんですな。

まあ、人間界から居なくなれば、そんなものはゴミにしかすぎないと。
権力者の力は、アストラルやコーザルには及ばないことですから。



匿名さんはじめまして

匿名さんはじめまして、五行、又の名をプラトンと申します
おっしゃるのは、原始仏典講義1のことですね、この本には、教祖の解説がたっぷり載っていましたし、くいたりないどころか、ファンの多い書籍ですよ
彼らだって、原典を読もうと試みていた、と考えておられるようですが、それどころか、彼らは、原典に返る、というムーブメントを、先導した存在といえるでしょう、ヨガや仏教についても、皆さんの嫌いな占いについても、するどい視点が、じつは関係者やそうでない人たちを、ある意味、魅了していました
べつに褒めているわけではありませんよ、でも彼らと比べたら、大川りゅうほうがかすんでみえた、位のことはあったということです^^
大川さんを例に出しては申し訳ないんだけれども、当時は仏教なんていったらだいたい周りはあのレベルであったわけで、それを原典に照らせばどれだけ本来とかけはなれたものかを語れるのは、オウムさんだけだったんです
 オウムを批判することは、よいことだと思います、これからも、がんばっていただきたいと思います、しかし、本を一冊ももっていない、でも歌は暗記している、とか、こうだったと記憶しています、程度で、まともな批判ができるのでしょうか、彼らはなかなか手ごわいですよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

辞めた師からのメルマガにしても
読んでて苦しそうだなーと思いました。
でも残ってる師も過剰ワークで大変なんだろうな。特に支部。信徒さんのカルマも請け負うだろうし。
みんなが苦しい。

さっさとそんな組織なんか忘れてと思いますが価値観は人それぞれ特に女性は何かに属してないといけないような観念があるのですかね。

残ってる師の方 過労死しないように・・・。

あと常々疑問なのが人様のブログのコメント欄に全く本文と関係ないネタで異常な長さのコピペをわがもの顔で貼ってたり他の人と馴れ合ったり
一体どういう思考回路してるのかなあと疑問に思います。
持論を展開し思想を誘導するような ここで説法し始めるような人。
多分 そんなにオウムに深く関わってないから出来るのかあるいはネトサポみたいな確信犯で大量コピペでみんなの読む気を失せさせるためか。

多分教団のネトサポなのかなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>原始仏典講義1

解説付きのそれも確かにありましたね。1で止まってましたが。でも、それではありません。根源仏典というシリーズものがまた別に存在していました。

>彼らは、原典に返る、というムーブメントを、先導した存在といえるでしょう

それはあまりにも買いかぶり過ぎです。新興宗教の動きしか見ていない。学問領域と周辺には既にその動きはありました。新興宗教のそれはむしろ、そうした流れに乗っかって出てきたものだと思います。

異常な程の反応に驚き。

ちなみに

VANGISAのことじゃないんだけど・・・。
超長文コピペの人だよ。

投稿するたびに毎回ハンドルネーム変えてると、
ただの目立ちたがりのかまってちゃんって誤解されるからやめた方がいいよ。
あと、お前呼ばわりもちょっとどうかと思う。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

VANGISA?あるいはソクラテスのなんとかいう人へ

君は僕の返事を待ってくれているわけだね、、、
しかしそれは困った、君は僕と話したいのかもしれないが、僕は君と話をしたくないんだ、君の文章をどう読んでも、君がまともに話のできる人とは評価できないからね
そもそも僕は、君に話を振ったつもりはない

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名さんへ

>原始仏典講義1

解説付きのそれも確かにありましたね。1で止まってましたが。でも、それではありません。根源仏典というシリーズものがまた別に存在していました。
 
なるほど、ありましたね
僕の勘違いです、大変失礼しました
この本について、当時のことに詳しい者に話を聞いたりして、面白いことがわかりかけていますが、その話はまた今度




>彼らは、原典に返る、というムーブメントを、先導した存在といえるでしょう

それはあまりにも買いかぶり過ぎです。新興宗教の動きしか見ていない。学問領域と周辺には既にその動きはありました。新興宗教のそれはむしろ、そうした流れに乗っかって出てきたものだと思います。

貴重なご意見をありがとう、まあ、こんな話題を、何の根拠もなくいつまでもつづけても、不毛ですね、まあ、僕はそう感じるということです
さて、学問領域と周辺、ということでいえば、いつの時代にも、またどのような分野にも、マイナーだがまじめな研究者がおられるものです、
ヨガについても、オウム登場はるかいぜんから、柔軟体操に毛の生えたヨガ、が中心だったなか、呼吸法や瞑想に重点を置いた、深遠な、宗教哲学としてのヨーガを紹介する書物も、じつはずっと存在していました
しかしです、オウム真理教の登場がそれら浸透のレベルをはるかに底上げしたといわれるのです
いずれ体系的に調べてみても面白いと思っていますが、仏教についても、顕著にそのことがいえると、僕個人は考えています

オウム登場のバックグラウンドを探る

>呼吸法や瞑想に重点を置いた、深遠な、宗教哲学としてのヨーガを紹介する書物も、じつはずっと存在していました


 オウム登場以前から、インド聖者や佐保田師の書籍はそれなりに売れていたと思いますよ。中村元先生の原始仏典翻訳も、’80年代でしたし。そしてニューエイジのブーム。。中沢新一さんの影響も大でしょう。使われていた用語からすると、アサハラ教祖もそうした書籍を参考にしていたはずです。確かに日本においては、実践の場が乏しかったとは言えると思います。そこでオウムの登場。これに飛びついた人は多かったのではないでしょうか。そうした人が知り合いにもいますが、彼の場合はすぐに辞めました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この世を変えようと思ってた臭いね。教祖麻原は。
それはちょっと、痛いというか。
仏教の本筋それちゃってるっていうか。

遠藤死刑囚の見解の方がよくわかりますよ。
権力には仕方なく従うっていう。

そういう人が麻原教祖の指示にも従うわけだから。
いい人なんて、所詮は根拠がないよね。
ヒットラーの側近のヒムラーでしたか、彼も従順だったにすぎないでしょう。

まあ、死刑囚と私との壁はないよ。同じだ。
死ぬんだよ。確実に。
へたすりゃ娑婆の方が不養生かもしれぬ。

何か理想みたいなものを未来に求めてたんだろう。オウムは。
そんなものは永遠にやってはこない。













権力によって消されるという妄想。
これ自体が病気でしょう。
そんなこと考えないよね。

それが起きたとして、だからどうしたというのが仏教でしょう。
麻原さんはかわいそうなんですよほんとは。
だって、女や尊敬や弟子や権力、武力や金。
こういうものがないと生きていけないんだね。

一人で生きてるホームレスの方がよほど強いんだ。

VANGISAさんへ

>私は確か高校生の頃....

それが、’80年代なのでしょうか?
回顧録だか懺悔録だか分かりませんけれど、ずいぶん書き連ねましたね。

森田正馬って森田療法の方ですか?

オウム本をスルーされた点が、私とは違いますが、それは幸いだったかもしれませんね。私の場合には、ヨーガスートラに書かれてあることが本当なのかという問いから、この世界に嵌り始めました。そして行き着いた先がオウム。行法が書籍で紹介されていたので、自己流でやってみたのが最初です。外部向けのイベントに参加したりもしましたが、そうした外側からの修行に物足りなくなって、ついに門を叩きました。道場には、井上死刑囚と飯田さん、都澤さんが詰めていましたね。その頃すでに文春などで叩かれていたので話題にはなっていましたが、この種の団体に批判はつきものだろうと思い、本読み及び自己流修行の状態から一歩前に足を踏み出したのでした。道場が歩いてすぐのところにあったというのも理由の一つです。それが、私にとっての、’80年代末から’90年代始めです。

マンガ本は自分もずいぶん読みました。あなたとかぶっているマンガもあります。そこに列挙されている書籍名を見ましたが、読んだ本の知識が整理され記憶されているなら、大変価値ありと思います。マンガにしてもテレビ番組にしても、コアな部分を突いていると思うんですよ。でも、そうでないなら、雑念の種になっている可能性があります。
雑念を整理するには、(2ちゃんでもお勧めしましたが)坐禅はやってみる価値がある修行です。あなたは指導者を求めるタイプかも知れませんが、私はそれに失敗しているので、あえてお勧めはしません。でも今の時代なら、自分に合ったグルを探し当てることは可能かも知れないという感触はあります。

それともう一つ言いたいのは、自分の今のお仕事を大事にして欲しいということ。お金のこともありますが、仕事で自分を磨くことは出来ます。
どうしても合わないというのなら転職もアリだと思いますけど、大きな会社だと異動で解決する場合も多々ありますので、それを待つ。少々の我慢(忍辱)は必要でしょう。

以上、参考にしていただければ幸いです。

レスありがとう

VANGISAさん、、でいいのかな?

ところで、NARUHITOって誰?
私(匿名)のことなら、誤認ですけど。もしかして野田さんのことかな?

オウムに入ってからは、中村先生の本は読まなくなったんですよ。そこではそのような指導もありましたのでね。中村先生監修の書籍は、教義編さんの参考にしていただこうと思って、それに携わっていた杉浦さん(オウムのヴァンギーサさん。当時、師)に布施した記憶があります。


暴走族みたいなもんですかね

僕もオウム真理教の元会員だったのですが、入会したのは
90年代の初めくらいだったと思います、大阪支部とか京都支部とか
通ってました、

オウムが選挙に出馬して負けたあと、父が死んでそれから入会しました、

今思うと懐かしいです、結構楽しかったです、まあでも多くの人に迷惑をかけた
と思っています、

思うのですがなんか高校生で暴走族をやっていて成人して暴走族を
やめる、引退する、とかに感覚は近いような気がします、

その当時怖いことや痛いことなど求めていましたが、

最近は「苦しみたくない」と思っています、

そう思っているからか、痛いことも怖いこともあまり最近はないです

もう怖いことに疲れたというか、

でも忘れた頃に苦しみは生じるのでしょう、

精神病が発病して、野田さんにも「あなた魔境ですよ」とか
言われたのを覚えています、

精神病になって20年以上たちますが
この精神病はいつになったら終わるのか、

一生治らないかもしれませんね、

まあぼちぼちです、

書き込み見て懐かしく思い、また書いてしまいました、
どうもありがとうございます。
                 草々

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1097-67e97f28

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-04 : 4
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad