元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 メリークリスマス、じゃなくて、メニークルシミマス。

 イエスの生誕を祝うなら、一緒に苦しみましょう、っていう今日の話です。

 会って数日後に財布からお金を抜き取ってくれたHさん。引っ越しも渋ってどうなるかと思っていた。が、何回かお願いして、キャンセル一回も経た結果、本人も覚悟してくれたようだ。なんと小生の到着前に、玄関前に荷物を準備していてくれたのだ。

 ボランティアの人と二人で荷物を車に載せた。移動先はほんの2キロ程離れた結構新しい一戸建て。荷物を下ろして、翌日役所に一緒に申請に行く約束をして分かれた。

 翌日Hさんを迎えに行く。寒波到来で五月雨混じりのその年一番の冷え込みだった。

「ここは向こうより寒いよ、寒い…」

「いや今日は特に寒いから、場所のせいじゃないよ。あと前より広くなったし…(6畳から8畳)。」

 何にしろ寒いのでストーブを買いに行きたいという。役所が丁度昼休みにかかりそうだったので、近くのホームセンターに買いにいく。

 そのホームセンターには、スーパーが併設されていた。最近よくある何とかモールというやつ。まず先に書類関係をコピーしてから、ストーブを買いにいく。その後、時間があったので、モール内をぶらぶら。

 そろそろ役所のお昼休みが終わるな、と役所に行こうかと思ったところ…

 あれ……


 鍵がない!

 え”~~



 その日は周辺の物件訪問もあったので、自宅鍵・車の鍵と合わせて、7本のキーをホルダーにまとめていた。その7本の鍵束毎ない。

 あ”~~、えらいことしてしまった、俺のバカ。。。

 Hさんに鍵を落としたことを告げて、辿った経路を捜し歩く。

 7本も鍵が束になっているのである。重いし、ジャラジャラ音がするし、そんなのを落とせば誰でも分かりそうなものだ。可能性が高いのは一番最初にコピーをしたところ。戻ってみたがやはりない。スーパーのサービスカウンターに聞いてみる。

小生「あの~、鍵を落としたんですが、届いていませんか?」

店員「ちょっと待ってください。……落し物の中には特にないようですね。」

 その店員は落し物がどこに集めらるのかよく分かってないような感じがしないでもなかった。しかしそこを怪しんでもしょうがないので、併設しているホームセンターに捜しに行く。同じようにサービスカウンターに聞いてみた。が、やはり届いてない。鍵の届け物があったら、連絡をもらえるように、電話番号を伝える(先のスーパーでは電話番号を伝えていなかった)。

 小生、部屋の中ではよくものを無くすが、外で無くすことは余りない。記憶にあるのは、15年前と10年前に財布を落としたことくらい。しかも無くなったと思っても、その内必ずと言っていいほど出てくる。財布も2回共返ってきた。中身の紙幣だけは抜かれていたのであるが orz。

 よって「その内見つかるだろう」というのがいつものパターン。だが、今回はそうは行かない。ちょっと郊外のモールに車で来てしまった。しかもHさんの保護手続きのために、今日中に役所に行かねばならない。そういう人の責任を負っている立場で、必要な物が無くなるのは苦痛である。

 財布とか貴重品が人の手に渡ったなら、そのまま盗まれる可能性は高い。しかし鍵を拾った人間がいたとして、それを盗むような人間がいるだろうか?小生のことを付けねらっている人物がいたとするなら、自宅の鍵他は利用価値があるかもしれない。現実にオウム捜査たけなわの頃は、実際そういうことがあった(末尾エピソード参照※)。しかし公安も今はそんな暇ではない筈。

 モール内の辿った経路を2-3回ぐるぐる往復したかも知れない。

「あ~、困ったな~、どうしよう…」

 その間中、そんなことばかり考えていたが、ハタと気づいた。

「これによって物に執着している人達の苦しみが減りますように」

 そう考えると、苦痛が3分の1くらいになった気がした。

 時間が迫っているので、ここで開き直ってタクシーを使うことにした。目の前に車があるというのにバカらしいが仕方が無い。コピー鍵は家に帰ればあるから、後でとりにくることにした。タクシーを電話で呼んで、役所にHさんを連れて行く。

 役所の手続きは簡単に終了。その後Hさんをタクシーで家まで送る。

 目の前の責務をやり始めると、もう鍵の件はどうでもよくなった。鍵は原本があるのだから、それをコピーすればよい。ただ自宅に入る時だけ、内妻が持っている鍵を借りる必要があったが。どうでもよくなってしまうと、逆に鍵は必ず出てくるような気がしてきた。いや、今まで無くしたものは必ずと言っていいほど出てきた。マーフィーの法則ではないが、「必要な時には無いが、必要なくなった時に出てくる」のである。

 可能性としては、スーパーの落とし物預かりが怪しい。多分誰かが届けたのだろうが、それを預かる場所に持っていくまでに、店員が持ち歩いていたんじゃないか?

 いずれにせよ、鍵があろうとなかろうと、車は引き取らねばならない。内妻から鍵を借りて電車で自宅とホームセンターモールを往復する間、そんなことを考えていた。

 モールに着いてから、もう一度スーパーのサービスカウンターに聞いてみる。

小生「あの~鍵束を落としたんですが、届いてませんか?」

店員「ちょっとお待ちください。」

 奥に引っ込むと、ちょっと偉そうな男性店員が出てきた。

店員「これですか?」

小生「あ~、それそれ、どこにありましたか?」

店員「午前11:30頃、コピー機の近くに置いてありました。」

小生「………そうですか、どうもありがとうございます。」

 やっぱりコピー機の近くに置き忘れていたのだ。その30分後くらいにこのサービスカウンターに聞きに来たのに…。その時対応した店員がバカだったか、あるいは、拾ったか受け取ったかした店員がそれをしばらく持ち歩いていたんだろう。

 人のせいにしていると思われるかもしれないが、こういう活動をしているとこのようなロクでもない目に遭う事は不可避。正面衝突で死にかけたおじさんに対応した時は、交通事故を起こしてしまった。「仏の心」の爺さんに対応した時も、幅寄せで危うく事故るところだった。

 皆さんがどう評価されるかは分からないが、人助けにしろ修行にしろ、ある段階からロクでもないことばかり引き受けるようになる。自分のエゴのために生きてきたことの清算だからそういうことになるのだが、そういうロクでもない目に遭いたくない人は、小生には近づかないほうがよろしい。ただでさえ元オウム幹部ってことで、「お前もオウムか」って虐められますよ。

 いずれにせよ、ユダヤ教の律法主義者(パリサイ人)に苦しめられていた人々を救った上で酷い目に遭ったイエスに比べれば屁みたいなものです。本当にイエスを尊敬するなら、同じく艱難辛苦を引き受けようとするはずなんだけど、今日この日にそんなこと考える人間はどれくらいいるんだろう?大多数にとっては、ケーキを食べるか恋人とデートするか、楽しいことをして過ごす日。まあ宗教の末路とはこういうもんです。 

 衆生の苦しみが小生の内側に内在されますように。

※公安当局に徹底マークされていた95年頃は、落とし物を公安がそのまま拾うようなことがあった。実際に、小生の部下は、電話ボックスで手帳を忘れたのを取りに戻ったところ、手帳を拾得物扱いとした公安部の警官に警察署に連れていかれた。ガサ対策でハードディスクを隠したところそのままなくなったこともあった。

(とりあえず終わり)




















 と思ったら昨日Hさん名義の水道料金滞納請求書が来た…。う~ん。。。

コメント


本当は酒もタバコも殺生もやめたい

野田さんが紹介このブログでしていた
vangisa@jupiter.ocn.ne.jp
このメールアドレスの人

僕も期待しているので、
メールしたのですが、

僕からのメールをブロックしているようです
僕からメールを送るとブロックされます

以前もブロッされているので
これで二回目です、

この人ほんと大丈夫なんですか、

僕の場合プロバイダーに凍結されないか
と心配しているような

いつ僕のインターネットがストップされるか
わからないような感じでもあるので

このお方にブロックされるくらいならまだましですが、

それとふと思うのですが

僕は賢くなりたいと思っているので
「苦しみたくない」と思っています、

僕は冷静に考えて今死にかけの兆候が
自分自身感じられます、

サマーディーに入ることを探究していますので
このままサマーディーに入って
なんでもなしですめば
修行者としてはいいのですが
そんな神秘的なことがあるのかなと疑問に思ったりもします、

僕も大乗仏教的に修行しようと考えていましたが
僕のレベルだからか

「このまま大乗を進めると近いうちに病気で死ぬのではないか」
とか「殺されるかもしれない」とか思えます、

だからそのような理由からも
小乗的なクンダリニーヨーガとか
マハームドラーとかの修行を
まず達成することを
考えるべきなような感じを
結構思います、

僕が大乗仏教をを進めると
もうそろそろ死にそうだと

ジョンレノンのテレビ番組を見たら
彼は40歳で死んでいますし

大山倍達は70歳で肺がんで死んでいます
タバコも吸ってないのに、

せめてそれくらいは生きたいなと、

僕はタバコも酒もやめたいですが
今だやめれてません

思うのですが

一般的には幸福でないからタバコや酒を
やっている、

幸福だったら酒もタバコもやってない、

僕の場合日頃の苦しみを
タバコや酒で麻痺させ

自分をだましだまし
ごまかしながら

なんとかタバコや酒をやって
生きれているところはあります、

僕が近いうちに死ぬとしたら
でもタバコや酒が原因ではないと考えています

殺生が原因で体の苦痛や短命は生じるのだと
考えています

今のところ「なんとかしないとあかんな」と
思うのですが「もう遅すぎるかもしれない」
ともどうしても思えてきます、

僕の場合「苦しみたくない」と考えていますので
酒もタバコもやめたいですが殺生もやめたい
ですが

野田さんの場合、苦しみたいと考えていらっしゃるなら
お酒でもとことん飲んでみてはどうかと思います、

深酒を続けるとおそらく
苦しくてたまらない人が

お酒で感覚を麻痺させてなんとか
毎日を生きている

そのような気持ちがきっとわかると
思えます、

もしかするとこのようなことから
チベットの偉大な聖者ミラレパは
弟子のガンポパにお酒を進めたのではないかと
思えます、

たぶん思うのですが
スリランカのような暑い気候のところでは
お酒を飲まない

砂漠でお酒を飲むと死んでしまうと
言われています、

でもチベットやヒマラヤの寒いところでは
修行者がお酒を飲むことは

よくあるような気がします、

苦しみたい人にお酒をすすめるのは
そう悪くないと思っています

今は寒い気候ですし。

僕の場合お釈迦様のようになりたい
お釈迦様をすばらしいと

思い続けれることに喜びを感じ
幸福を感じているので

まあ幸福と言えば幸福ですが

でも45歳で病気で早死にとか
殺されたりでは

一般的に考えると
お酒を飲みたくなりそうです、

                 草々

イエスの誕生を祝う日

うちのほうは日曜日がクリスマス礼拝でした。
以前はよく、クリスマスに「イエスは十字架につくために生まれた。死ぬために生まれた。」と聞かされました。
そういうメッセージがキリスト教会でも流行っていた時期があって、「天使たちも喜んでるのだから、クリスマスくらい喜べ!」とある牧師さんが不満を言っていたので思い出したのですが、確かに20年前くらいはクリスマスにクルシミマスのメッセージを語られた人たちは多いと思います。
最近では、「いのち」を喜ぶことを大切にする傾向があります。
「いのち」が生まれたのですから、一緒に喜ぼうという発想です。
イエスさまが生まれたお祝いは、私たちの内に「永遠のいのち」が生まれたお祝いでもあるとして、喜ぶんです。

豊島さんのコメントを読んで、それに対する返信ではなく、ほとんど関係ないこととして思い出したことを書くのですけど。

そういえば、私は苫米地英人著『イヤな気持ちを消す方法』というものを読んで、実際のところかなりの効果がありました。
いやはやあまりの効果に、このことを信仰とどう結びつけようか迷いました。
すべてとは言わないけれども、イヤな気持ちの起こるメカニズムが分かったような気がします。

本日『A3』を読み終わりました。

本日、森達也著『A3』(上)(下)を読み終わりました。
森達也さんは、何かの番組で上祐さんと出演していたとき、少々ふてぶてしい態度のように見えて好感がもてなかったのですが、『A』『A3』と読んで一転、見事だと思えました。
私のオウム真理教や麻原さんに対するイメージも、おおかたマスメディアによってつくられたものであることも理解できました。
あれだけの事件を起こしたのだから社会が非難することになるのも分かります。
でも、ファクトがベースにないと、それこそ社会の幻想を見ているだけで終わります。

私たちの生活がある程度のバイアスがかかった情報にさらされていることは仕方ないとしても、やはり歪められた事実や肥大化されたイメージを一緒になって騒ぐ気にはなれません。

このブログに来られているみなさんは、『A3』を読んでいるのでしょうか?

豊島さんの場合、一体何通送ったんですかって話です。
前私にもストーカーみたいに何通も送ってきましたよね。
やりとり希望されるんなら、キチンとコメントでお互いにそれなりの意思疎通をしてから、メールする方がいいんですけど。誰しも相手を選ぶ権利がありますし。

Mark Inchiさんは、早速私に会いに来たとか、奥手だとは思えないですよ。
A3は私も読みました。それなりに深い洞察を加えていると思います(大分昔なので内容は忘れましたが)。

>三グナのうち、ひとつのグナが隠れているのは、これに由来するものではないでしょうか

色々ヒント与えてくださいありがとうございます。ただその前提となる知識が付いて行ってない状態で申し訳ないです。

メリークリスマス

> 野田さんが紹介このブログでしていた 
>vangisa@jupiter.ocn.ne.jp 
>このメールアドレスの人 
>
>僕も期待しているので、 
>メールしたのですが、 
>
>僕からのメールをブロックしているようです 
>僕からメールを送るとブロックされます 
>
>以前もブロッされているので 
>これで二回目です、 

お前はメールのやりとりの中でオレを信用していない、ことがバレバレで、
それでおまえにメールをわざわざ打つことをやめた。

かつおまえにメールをするとお前は他人がかいた大量の転送メールをまんま
オレに毎日何通も転送してくるというspamじみた悪行為をしてきて、
かつ、それは止めてくれないか、といっても一方的に毎日、
大量の原発だの、なんだの、の第三者転送メールをメルマガのように転送してくる。
お前は泥棒だ。時間というのは命だ。血だ。
spamを断っても大量に回送してくる奴は、ビジネスか商売人に近い。
お前は真理を追究する気持ちより、何か別の意図がある。
だからお前とメールすることは今後命尽くるまであり得ない。

>
>この人ほんと大丈夫なんですか、 
>
>僕の場合プロバイダーに凍結されないか 
>と心配しているような 

凍結されたらプロバイダーを変えればいいだけの話だ。お前は頭が悪いのか?
メールのやりとりと、顔写真からは、お前に悪意や企みはない、純真な人間に近いが、オレはお前が頭が「弱い」人の部類にある(論理力・理解力・数学→x)と、
判断した。
故にそこからもお前と交流する意味はお前にとってもオレにとっても損なわれるだけだ、と判断した。

>
>いつ僕のインターネットがストップされるか 
>わからないような感じでもあるので 
>

ブロックを良い機会にお前はネットを止めて修行に専念するがよい。
そのほうがお前にとっていい。お前は座禅解脱/心解脱に向いていて、
あたまで考える慧解脱には到底絶対に向いていない。


>このお方にブロックされるくらいならまだましですが、

お前を相手にしてくれるものは某かのお前から何かの利益を掠め取ることを期待する悪者か、気の毒に思ってくれるボランティアの人か、お前と同種の頭の弱い人間か、
友の「数」の多さを誇りたい質は問わない人間、か、の4種だ。
 
>
>それとふと思うのですが 
>
>僕は賢くなりたいと思っているので 
>「苦しみたくない」と思っています、

お前は座禅解脱/心解脱に向いていて、
あたまで考える慧解脱には到底絶対に向いていない。
座禅を一日10時間しろ。
 
>
>僕は冷静に考えて今死にかけの兆候が 
>自分自身感じられます、 

そんなお前の自分だけの話を言われても誰もが困る。
お前に限らない、人は死ぬ、必ず死ぬ、死は逃れられない。
しにかけているからこそ、座を組むのだ、違うか?

>
>サマーディーに入ることを探究していますので 
>このままサマーディーに入って 
>なんでもなしですめば 
>修行者としてはいいのですが 
>そんな神秘的なことがあるのかなと疑問に思ったりもします、 
>


お前は超能力だの神秘体験だの深い三昧、境地、にこだわり
つまりは目的と手段が転動している。そこがお前の苦しみがいつまでも修行してもなくならない理由だ。


>僕も大乗仏教的に修行しようと考えていましたが 

小乗もできない奴が大乗なんて無理。


>僕のレベルだからか 
>
>「このまま大乗を進めると近いうちに病気で死ぬのではないか」 
>とか「殺されるかもしれない」とか思えます、 

そういうことをおくめんなくしゃあしゃあと語ること自体が、
「全く仏道修行をしていない」「仏教経典を読まず、その内容も知らない」
証拠だ。


>
>だからそのような理由からも 
>小乗的なクンダリニーヨーガとか 
>マハームドラーとかの修行を 
>まず達成することを 
>考えるべきなような感じを 
>結構思います、 

思うことと勝手に決めることはお前の自由だ、止めはしない、好きにやりたまえ。


>
>僕が大乗仏教をを進めると 
>もうそろそろ死にそうだと 

同じようなことをなんども書くな。


>
>ジョンレノンのテレビ番組を見たら 
>彼は40歳で死んでいますし 
>
>大山倍達は70歳で肺がんで死んでいます 
>タバコも吸ってないのに、 

お前は著名人を引き合いに出すがそれは単に「権威によわい」「権力者・有名人」の言葉/行為だから、それは真理だ、という人の「論理の(権威を使用した)スリカエ」といい、論理学、数学の世界ではその論は認められていない。

>
>せめてそれくらいは生きたいなと、 

ブッダは長寿欲求願望を持つ者は我が弟子に非ず、と経典の中で説いている。
また、仏教は長生きを習得する利を説く教えではない。
つまりお前は仏典をほとんど読んでないか、つまみぐいのように斜め読みをしているだけだ。

>
>僕はタバコも酒もやめたいですが 
>今だやめれてません 
>

仏典では「酒だけは絶対に飲んではいけない」とブッダが理由付きで説いている。
読んでお前の目でしかっりとその箇所をつきとめろ。


>思うのですが 
>
>一般的には幸福でないからタバコや酒を 
>やっている、 
>
>幸福だったら酒もタバコもやってない、 
>
>僕の場合日頃の苦しみを 
>タバコや酒で麻痺させ 
>
>自分をだましだまし 
>ごまかしながら 
>
>なんとかタバコや酒をやって 
>生きれているところはあります、 

そういうことをおくめんなくしゃあしゃあと語ること自体が、
「全く仏道修行をしていない」「仏教経典を読まず、その内容も全く知らない」
証拠だ。


>
>僕が近いうちに死ぬとしたら 
>でもタバコや酒が原因ではないと考えています 

そういうことをおくめんなくしゃあしゃあと語ること自体が、
「全く仏道修行をしていない」「仏教経典を読まず、その内容も全く知らない」
証拠だ。


>
>殺生が原因で体の苦痛や短命は生じるのだと 
>考えています 
>
>今のところ「なんとかしないとあかんな」と 
>思うのですが「もう遅すぎるかもしれない」 
>ともどうしても思えてきます、

そういうことをおくめんなくしゃあしゃあと語ること自体が、
「全く仏道修行をしていない」「仏教経典を読まず、その内容も全く知らない」
証拠だ。

 
>
>僕の場合「苦しみたくない」と考えていますので 
>酒もタバコもやめたいですが殺生もやめたい 
>ですが 

じゃあ止めろ、やるのならばそれはお前にやめる気持ちがなく、
やめない理由、自己正当化を歌いながら酒を飲みタバコを吸い殺生をする、
そういう破綻した人間、であるということだけだ。
お前は盲人であり無明だ。

>
>野田さんの場合、苦しみたいと考えていらっしゃるなら 
>お酒でもとことん飲んでみてはどうかと思います、 
>
>深酒を続けるとおそらく 
>苦しくてたまらない人が 
>
>お酒で感覚を麻痺させてなんとか 
>毎日を生きている 
>
>そのような気持ちがきっとわかると 
>思えます、 
>
>もしかするとこのようなことから 
>チベットの偉大な聖者ミラレパは 
>弟子のガンポパにお酒を進めたのではないかと 
>思えます、 
>
>たぶん思うのですが 
>スリランカのような暑い気候のところでは 
>お酒を飲まない 
>
>砂漠でお酒を飲むと死んでしまうと 
>言われています、 
>
>でもチベットやヒマラヤの寒いところでは 
>修行者がお酒を飲むことは 
>
>よくあるような気がします、 
>
>苦しみたい人にお酒をすすめるのは 
>そう悪くないと思っています 
>
>今は寒い気候ですし。 

そういうことをおくめんなくしゃあしゃあと語ること自体が、お前が
「全く悉く仏道修行をしていない」「悉く仏教経典を読まず、その内容も悉く全く知らない」証拠だ。



>
>僕の場合お釈迦様のようになりたい 
>お釈迦様をすばらしいと 
>
>思い続けれることに喜びを感じ 
>幸福を感じているので 
>
>まあ幸福と言えば幸福ですが 

「全く悉く仏道修行をしていない」「悉く仏教経典を読まず、その内容も悉く全く知らない」奴が吐くことが可能なセリフではない。
お前は著名や権威にすがる傾向があり、実は、お前の尊敬する人がどういう人なのかは基本的に知らない。お前は調べたり勉強したり経典や伝記を熟読することや手間を抜いている。皆が奉じるから、「すごい偉い人なんだ」と認識する方法、手抜き信仰、それをラクして金儲けの術側の人間、と呼ぶ。
お前はきっと悪徳宗教家にいくらでもだまされる資質を所有しすぎている「盲信」。

そういう意味ではお前はキリスト教に向いている。

>
>でも45歳で病気で早死にとか 
>殺されたりでは 
>
>一般的に考えると 
>お酒を飲みたくなりそうです、 

そういうことをおくめんなくしゃあしゃあと語ること自体が、
「全く仏道修行をしていない」「仏教経典を読まず、その内容も全く知らない」
証拠だ。
仏教では一般的(な常識の世間の人のよう)に考えない。



                 草々

>「これによって物に執着している人達の苦しみが減りますように」

>そう考えると、苦痛が3分の1くらいになった気がした。


野田成人よ、それだ。その考え方だ。

それを1/3→0以下にしたければ、こうだ。
「どうか神よ、私の過失のせいで紛失してしまったあの鍵が原因で『誰かこの国の国民が、盗み、犯罪、悪事をおこして悪い人になり、その結果、苦るしむようになるなることがありませんように。』お願いします。神よ。主よ。そういうことがおこらないように拾い主を救い給へ。またその願いが叶わぬなら拾って罪を犯した人の罪は全て私がつくったものです。私の過失によるこの罪の罰はどんな神の裁きでも、死罪でも受け入れます、それだからどうか私に罰と罪と苦しみと不幸をあなたの思われるままに背負わせ給へ。アーメン」
と祈れ。

ここまで神に忠実な人間に汝がなり、全知全能の神を信じ受け入れれば、汝の鍵を落とした世俗的意味での後悔や自責自虐や苦しみは消滅(0)する。

『A3』

『A3』の最後のページにオウムの組織図があったのですが、「大臣」といわれた人たちの名前をみたら、ほとんどが重刑になっているのですね。野田さんも声をかけられていたら危なかったのだと、今さらながらゾッとしました。もうひとつ今さらながらでいうと、『A 3』の最後のページになって初めて野田さんが「大臣」であったことを知りました。「幹部」としか認識していなかった。
野田さんは誠実すぎたから声をかけられなかったのだろうし、アレフから追放されたのかもしれません。
これは本当に思っていることですが、1度お会いしただけですが誠実さの面で、私よりもはるかに優れた方であることは分かりました。
その意味でも私はまさに餓鬼化している。
脱帽。
もしかすると、元信者の方々もそうなのかもしれませんね。
ひかりの輪の副代表の方も、良くできた方でした。
あれは仏教の教えからくるものでしょうかね。

豊島さん。
クンダリニーヨーガは、大乗ですよ。
教祖の説法でもそう述べられています。





酒。
確かに寒いところでは有効。
室温が1度の部屋に住んでいる俺が言うから間違いない。
資源の節約と温暖化防止のためにも
たった1合の酒で、温まるならいいじゃない。






冬の北海道で暖房なしで過ごしているのは私くらいでしょう。
性エネルギーの保全。
これにより、トゥモが起き、内側からあったまります。
お釈迦様は仏教が北に向かって広まると予言されていたそうです。
極寒の地チベットに仏教が広まり
インドで廃れたのもうなずけます。
豊島さんは大乗の道を進まれたらいいと思いますよ。
教条主義のバラモン教の系譜が小乗です。

いかなる処でも無効:仏の教えは「どんなに寒暑でも堪え忍ぶべき」指針であり、どんな何の飲酒の言い訳にはならない。/寒ければ酒ならば、欲情がたまったら不浄排泄が有効だ、という「欲解放の教え=非仏教」が成立する。

その時、仏陀はチェーティ国にあって、大比丘衆1250人と行動を共にされていた。尊者サーガタは、仏陀の随行の一人であった。ある時サーガタは道を下って、とある髪を結い上げたバラモンのところに行き、そのバラモンに「あなたのこの家の一番の部屋を、私は一晩だけ宿として借りたいのですが、可能でしょうか」と尋ねたのだった。バラモンは「私は一向にかまいませんので、泊まったらよろしいでしょう。しかしこの部屋の中には毒龍が住み着いており、(あなたが泊まったとしたら龍は)あなたを害するかもしれません」と答えた。するとサーガタは「ただ泊まることを許してもらえさえすれば、(毒龍といえども)あるいは私を害することもないでしょう」と言った。その髪を編み上げたバラモンはこれを受け、「この部屋はとても広いので、ご自由にお使いください」と言ったのでした。そして長老サーガタは、その部屋に入って草を編んで作られた敷物を敷き、結跏趺坐して意識を留める瞑想に入ったのだった。するとその部屋に住み着いている毒龍は、サーガタの結跏趺坐している姿を見て、たちまち火炎を放ったのだった。(これに対して)サーガタもまた火炎を放つ。これによってこの部屋は燃え上がってまるで大火事になっているかのようであった。ここでサーガタは考えた、「私はむしろ龍の放つ火をこそ消し去って、龍の体を傷つけないようにするべきであろうか」と。そして(サーガタは考えたとおり)龍の放つ火炎を消し去ってその体を傷つけはしなかったのである。ところでその毒龍の放った火炎の光には色がなかったのだが、サーガタの放っている火炎の光はいよいよ強くなって様々な色が発せられていた。その色とは青・黄・赤・白・緑・碧・玻璃色であった。サーガタは、その夜に毒龍に打ち勝って、(自分の托鉢用の)鉢の中に入れておいた。(サーガタは)翌日早朝これを持って髪を結い上げたバラモンのところに行って語ったのである。「昨日あなたが言っていた毒龍を、私は降伏させて鉢の中に入れておきました。そんな訳でそれをお見せしましょう」と。ちょうどその時コーサンビー国王は、髪を結い上げたバラモンの家に泊まりあわせていた。(サーガタの神通を見た)国王はこのように思った。「いまだかつて見たこともないような神変である。ブッダの弟子にはこのような強大な神通力があるのである。師であるブッダであるならばなおさら偉大なものであろう」と。そこで(国王は)サーガタに「 もしブッダ釈尊がコーサンビーにお越しになることがあれば、どうかそれをお知らせ願います。一度でもお目にかかりたいのです」と懇願したのであった。サーガタは「大いに結構です」と快諾したのだった。
やがてブッダ釈尊は、チェーティ国からあちこちの町や村を経巡りつつコーサンビー国に入られた。そしてコーサンビー国王は、釈尊が1250人の弟子と共に自国内に来られたことを聞き、すぐに車に乗って釈尊を迎えに向かったのであった。遠くからやってくる釈尊の顔貌が円かにして端正であり、その挙動は落ち着いてゆったりとしていることを見ることが出来た。(その外見から察するに)釈尊のその心はよく制御されてよく落ち着き邪心なく、それはまるで調教・訓練された龍や象のようであり、あるいは深く水をたたえる澄み切った池のようであった。これを見た(国王は釈尊に対する)篤い信仰を心に生じ、恭敬の心をもって車から下りて釈尊のところに至り、五体投地の礼をなして釈尊の側に座った。(そんな国王に対して)釈尊はかずかずの方法でもって説法し感化させ心に喜びを生じさせたのである。コーサンビー国王は、ブッダが様々な方法でもって説法感化されるのを聞いて、心に大いに喜びを感じたので、(そんなブッダに逢えたという縁を結んでくれたサーガタに感謝しようと)比丘達のなかにサーガタの姿を探したが見いだせなかった。そこで比丘達に「サーガタは今どこにいるのだろうか」と尋ねたのだった。比丘達の答えを聞くと、「まだこの地には至っていないが、すぐにたどり着くだろう」とのことであった。
やがてサーガタは六群比丘と共に後からやって来た。そこでコーサンビー王は、サーガタのやって来るのを見、すぐに迎えに行って五体投地して側に立った。するとサーガタは、またコーサンビー王のために様々な方法でもって説法感化し心に喜びをもたらせたのだった。コーサンビー王は、サーガタの様々な方法でもって説法感化するのを聞き、心に喜びを生じてこの様に言った。「何か欲しい物、必要な物があればどうか言ってださい」と。サーガタは「よいのです、よいのです。そのような申し出をしてくれただけで私を供養したのと同じですから」と辞退したであった。しかしコーサンビー王は再び「どうか何か欲しい物があれば言って下さい」と聞いたのであった。すると(連れ立っていた)六群比丘がコーサンビー王にこう告げたのである。「あなたは知っているだろうか。比丘の袈裟や鉄鉢、坐具、針筒などの必需品はすべて容易く得られる物ばかりである。しかし比丘にとって得難い物がある。(もし何か特別な物をサーガタに供養したいと思うのであれば)そのような物を与えれば良いだろう」と。そこで彼は(六群比丘に)「比丘にとってはどのような物が入手しづらい物なのでしょう」と尋ねた。六群比丘は「黒酒が飲みたい」と答えたのであった。コーサンビー王は「飲みたいと思われるのでしたら明日私の所へ来て下さい。思う存分飲まれるといいでしょう」と言った。そしてコーサンビー王はサーガタの足を礼し右遶[うにょう]して帰って行った。翌日早朝、サーガタは袈裟を着け鉄鉢を持ち、コーサンビー王の家に行って座に就いた。そこでコーサンビー王は数々の美味なる飲食を振る舞い、加えてさらに黒酒を飽きるほどまで勧めて満腹にさせた。サーガタは存分に飲食し終わって座から立って帰って行った。しかし帰途にあって酒の酔いがまわり、地面に倒れて嘔吐したのである。これによって鳥たちは騒ぎ立てたのであった。
その時ブッダは鳥たちが騒ぐ声を聞いてことさらにアーナンダに尋ねた。「鳥たちは何故に泣き喚いているのか」と。アーナンダはブッダに「大徳よ。それはサーガタが、コーサンビー王の食事の招待を受けて飲食し、その際に黒酒を飲んだために道ばたで酔いつぶれ、吐きまくっているのです。そのために鳥たちは騒ぎ立てているのです」と報告した。ブッダはアーナンダに、「サーガタ比丘は愚か者である。今のようでは小さな龍すらも降伏させることは出来ないだろう。まして大龍を降伏させるなど出来ようはずもない」と言われたのであった。
ここでブッダはアーナンダに語られたのである、「およそ酒を飲むことには【十の過失がある。】なにをもって十というのか。それは第一には顔色が悪くなる。第二には体力が弱まる。第三には視力が衰える(目がうつろとなる)。第四には怒り散らす。第五には生業に支障をきたす。第六には病気になり、病気を悪化させる。第七には争いを起こす。第八には名声を損なって悪評が立つ。【第九には智慧が減少する。第十には死んで後に地獄・餓鬼・畜生のいずれかの苦しみ多大なる境涯に生まれ変わる。】アーナンダよ、これらが酒を飲む者の十の過失というのだ」と。
ブッダはアーナンダに「これより以降、私を師とする者は、(?たとえ如何なる愚か者・破戒者であったとしても?)酒を飲むことを望み、口にしてはならない」と言われた。そして釈尊は数々の方法によってサーバカを呵責し、さらに比丘達に告げられたのである。「このサーバカ比丘は愚か者であり、多くの苦しみを生み出す愚かな罪(飲酒)を犯した者である。これよりい以降、比丘の為に(飲酒戒を)結戒する。(それにあたって戒を制定するその目的たる)十句義を挙げて、正法を久しく伝えさせよう。(これより後に)戒を説くときにはこのように説かなければならない。もし比丘でありながら飲酒する者は波逸提である、と」と。
比丘の定義はすでに説いた通りである。酒とは、木酒・粳米酒・餘米酒・大麦酒、あるいはその他の醸造法によって造られた酒のことである。木酒とは、ナシ酒・閻浮果酒・サトウキビ酒・舍樓伽果酒・蕤汁酒・ブドウ酒である。ナシ酒とは、あるいは蜜や石蜜(砂糖飴の類)を雜ぜて作られるものであり、乃びブドウ酒もまたそのように雜ぜて作られるものである。
酒であって、酒の色あり・酒の香りあり・酒の味あるものを飲んではならない。あるいは酒であって、酒の色なく・酒の香りがあり・酒の味あるものを飲んではならない。あるいは酒であって、酒の色なく・酒の香り無く・酒の味あるものを飲んではならない。あるいは酒であって、酒の色なく・酒の香りなく・酒の味のせぬものでも飲んではならない。酒でないものであって、酒の色あり・酒の香りあり・酒の味するものは飲んでも良い。酒でないものであって、酒の色なく・酒の香りあり・酒の味するものは飲んでも良い。酒でないものであって、酒の色なく・酒の香りなく・酒の味するものは飲んでも良い。酒でないものであって、酒の色なく・酒の香りなく・酒の味せぬものは飲んでも良い。
比丘でありながら酒・酒で煮込んだもの・酒を混ぜたものを、食べたり飲んだりすれば波逸提である。甜味酒(みりん)を飲んだ者は突吉羅である。醋味酒を飲んだ者は突吉羅である。麴あるいは酒粕を食べた者は突吉羅である。酒を「これは酒である」と思って飲むことは波逸提。酒を「これは酒ではないのか?」との疑いをもって飲むことは波逸提。酒を「これは酒ではない」と思って飲むことは波逸提。酒でないものを「これは酒である」と想って飲むことは突吉羅。酒でないものを「これは酒ではないのか?」との疑いをもって<飲むこと>は突吉羅である。
比丘尼は(上記の<いかなる場合でも>)波逸提であり、式叉摩那・沙彌・沙彌尼は突吉羅である。以上に挙げたものを(飲酒戒の)犯戒とする。

<特例許可酒使用方法/非飲酒利用>
飲酒不犯とは、【なにか<病>を得て、その他に効果的な薬がない場合に酒を<薬として服する>ことである】。あるいは【酒を切り傷や皮膚病などに塗るなどするのは無犯である(罪とはならない)】。
この場合において【寒さを飲酒で防御する使用法】は【仏徒はいかなる寒所・熱所においても、その寒さと暑さには<堪え忍ぶ>(衣類その他による<薬物服用や飲酒以外の>保護は可)ことで対抗すること以外は認められていない。】


飲酒無犯とは、未だ飲酒戒が制定される以前に飲んでいた場合と、精神疾患と精神異常、疾病による激痛により精神錯乱して、酒を飲んでしまった場合である。波逸提法第五十一竟る。

ブッダは飲酒は、ついには人を酔狂ならしめる麻薬であるから、と説く。
ましてや、寒さを防ぐ目的の飲酒はブッダにとっては、それは「口実を設けた形のただの全くの飲酒行為である」
と教える。
                                -四分律-


バカはバカだな。
好きにいいわけを口実をうちながら酒を飲みまくるが良い。

それはお前らの自由だ。
仏の教えを破って破滅しようが、それはお前らの自由だ。

ただ寒いから酒を飲んで良い、などというくだらぬ非仏教を語るな。
それはロシア人の教えだ。
仏教では無い。

せいぜい寒い寒いと口実と言い訳を片手に「智慧を減少させ、死んで後に地獄・餓鬼・畜生のいずれかの苦しみ多大なる境涯に生まれ変わるがよい」

ロシア民間思想を信じるか、ブッダを信じるか、それはお前の自由だ。
オレはお前らがバカになってどう死後地獄に落ちようがべつに一向にかまわない。

お前らの話を聞いて間違った仏教を広まることを抑止するために経典の記述と、ブッダの基本見解を書いただけだ。

どうもみなさんいつもありがとうございます、

参考になります、

僕も今暖房しないで書いていますが

寒いです、寒さに苦しむということは

自分の心の冷たさで苦しんでいるのだと
思っています、

まだまだ修行これからです。
           草々

吸引具使用してる人が
酒を飲むなとか。
ハハハハ・ホー(笑)

フーン、ぺ!





>僕も今暖房しないで書いていますが

うむ。偉いぞ。

>寒いです、寒さに苦しむということは

>自分の心の冷たさで苦しんでいるのだと
>思っています、

うむ、まったくお前のそういうその通りである。

>まだまだ修行これからです。

うむ、それもそうのとおりである(笑)
自分で自分のことしっかりわかってるじゃないか幸一郎。

そういう態度でいれば、修行の完成も早い。
論争でどういう手を使用しても相手を殺してやるという快楽殺人の類の外道者ではなく、
勝ち負けじゃなく、相手の筋を読み、その通りだと思えば、それを盗む。
古来から日本人は、そういう人種であった。
たとえば、優秀なユダヤ人は、欧米諸国から、富保全のため、恐れられ、嫌われ、排他され続けてきた。が、日本民族はこう考えた「そんなに優秀な民族なら『彼らから技術を盗めばいいじゃないか』、排斥なんてとんでもない、ヒットラーはバカだ、と」
そういうわけで日本はほぼユダヤ人の科学をコピーし、世界TOPレベルの科学力を所有した国になった。つまり相手が人殺しでも悪人であっても、それと彼の能とは切り分けて考えた。即ち大和の民とは悪魔からも「得られるもがあれば盗んでおこう」と考える、欧米諸国とは全く違う発想をしてきたからこそ、今日の日本の力がある。
この大和の異常さ異質さは「神武天皇」以降、教育された大和民族の叡智であるという。

日本なら「魔女狩り」はせずに、「魔女の魔法技術」をコピーしたあと、魔女を務所に入れるか、その魔女にパンと水を与え優しくし手なずけ、大日本魔法学校の講師として招き入れただろう(笑)

豊島?
強いよね。序盤・終盤・中盤すきがないよね。
でも僕は負けないよ。

室温ただ今零度だよ。ヒートテックの下着と、アノラック着て暮らせば凍死はしないよ。
手足はチアノーゼと霜焼け状態ですが(笑)
どうか、我慢せず、暖房あるなら使ってください。
酒の飲み過ぎは要注意。
僕の同級生の父親は、飲み会の帰りに真冬の路上で寝てしまい、帰らぬ人になりました。





タバコはニコチン依存症とともに
口寂しさから来る、生来的な欲求からくるそうです。
つまり、赤ちゃんが生まれて最初に吸うところの変わりだというのです。

赤ちゃんなんですね。喫煙者の潜在意識は。
ニコチン依存は経験上3日目が過ぎると虚脱反応が軽くなりますが
口寂しさが残ります。アメ舐めたり、時計を見て30秒数えるとか、水を飲むとか
いろいろありますが
タバコを吸いたくなったら、タバコを吸う瞑想がいいと思いつきました。
リアルな喫煙より、もっとリラックスして至福のひと時を
瞑想するのです。
これは、ブッダのアーナーパーナサティにも通じますね。

息を吸いながら、タバコを吸っていると気づき、息を吐きながら至福感に浸る。

どうでしょうか、野田先生。

口寂しさはあるんじゃないでしょうか。でも吸ったこと無いので、何とも言えないです。

北海道で暖房無しは素晴らしいです。

不飲酒戒


確か、オウムにもありましたね。
ただし、クンダリニー・ヨーガの成就者などトゥモを起こせる者はフリーパスと。
まあ、そもそも、オウムは仏教ではないですからね。
仏教の一部をパクっているだけですから。
原始仏典を信奉したり、自分をお釈迦さまの弟子と思わなければいいんです。
というか、あれを実践するのは
現代人にはほとんど無理だと思います。


ところで、
名無しさんは昔、印仏板でatomと名乗っていた人に口調がソックリ!
不飲酒戒はいいんですけど、
不悪口戒はどうしたのかな。


破廉恥中原永世名人愛の○人指し(笑)


>お金が貯まっているぞ

お前は還俗し、仏教を捨てたのだから、何をしてもいいのだ。
好きにお金を貯め、好きに女を抱き、好きに酒を飲み、好きに「不悪口戒」を固く生涯守ればいい。

オレはお前の未来のことなど知らない。

今、語っているのは「幸一郎」が未だ「修行者」でありブッダを信用しようと努めている、試行錯誤しながらも仏の救いをぼんやりと崇め、今、自分に起こっている苦しみを、金や女でなく、できれば酒やタバコでも無い某か、できれば仏教による苦しみの除去を願っている、風な心の叫びが聞こえたので、それを言っている。
経蔵でブッタは、それはこれこれこうと教えておられる、と遍歴修行僧幸一郎に伝達してに過ぎない。

仏教を捨て「お金を貯めて幸せになろう」と企てるお前には何も言っていない。
お前はだから自由自在に何でもすればいい(笑)

また、お前のマスコミの愚かな毒殺戦法「メロンたべたぞ、奴は解脱していない」
「SEXはしたのか?とtel盗聴tape流して評判を下げてやれ」
等々の方法は、ブッダ実は既に紀元前にもう口頭、想定していたのである(笑)。
それは経蔵をくまなく読めば、まさにお前のことが書いてある。
「修行を終えた私の弟子達について、『戒律について』また『行いについて』、あるいは『言動について』、無限の解釈があり得るのにもかかわらず、全体を見ず、ある一部を切り取り、かつある一平面の視点から、『これは悪意だ』『これはおかしいじゃないか』と必ず、罵り、非難し、悪評を広めんとする俗世間の人々が多く現れるが、私の弟子達はそのような声にも動じなくても良い。ホットケ」、と。








お前は既に死んでいる









んだよ(笑)。仏の手のひらの中で、仏を捨てお金を拾った時点で、お前はな(笑)




あえてお前をかまってやるといつもの無慈悲なケンシロウがでてくるぞ、いいのか?(笑)



従って「お金が貯まっているぞ」という名の匿名元オウム信者の語ること、は●(非仏)だと只今この場で、即ちその心の、そのこころに七つの傷のある男、伝説の暗殺拳"仏斗仏拳の幾多の王位正当伝承者の中の一人"、又、その仏拳「仏拳」の意味とは、 拳の意味、また、「ちょうど  のようにこの世のこの宇宙のまたその外の宇宙のすみからその果てまではじまりから過去現在未来そのおわりまで、その中で知られるあらゆる全ての何の何に対しても、某かの概念や存在や何の何に依っても『ある型』に執らわれぬこと、自由自在無限無辺対極絶対  の拳」、すなわち、従って、「仏斗仏拳」とは、「こころの中に仏斗七星の配列のこころの過去の傷を持ち、かつ、" 拳"を所有する男、またあるいは、  の御使い、また、  の子、と呼ばれるが12/24にも1/1日にも、その世界にオレを祝福する者など決してこの世に只の一人もいないと知る男、オレのために祈る人の子など絶対にいない、と熟知している男、要約していえば"飛"から"龍"に、
また、人の子から、  の子に、
現に確かに、この世で目の当たりに、"成った" 男、

"こころに七つの傷のある伝説の暗殺拳仏斗仏拳の唯一無二のその拳の使い手"仏斗ケンシロウは確かに
それを見極めた。

だからこの世で俺に勝てる者はいない、

オレもうオレではない、

見せ掛けだけの、

即ち、

オレにはもうオレが無い、

オレは だ。

 の使いの者だ。

 を司る、

 の使いのものだ。

即ち....まあ悪魔の邪道外道悪性車匿暴冷非道なるお前と真逆の属するそれのそれとそのあれの対偶の、

それはこれのあれで.....まあ....ええわ(笑)

分かるか、

邪道外命の悪魔の暴力の無明無知白痴暗黒邪道外道悪性車匿暴冷非道なる●に使えるる身のお前と真逆使いのお前に、

オレの言っていることが、

その意味が、

そのすべてが、

いや、

...やめておく、

そして、

オレは、

このオレは、

そして穢れの未だ残っていたあの頃のそのまた昔のさらに大昔の、

弱さをかかえた、

逃げの、

そして攻めの、

そして愛の、

そして慈悲の、

そして無慈悲の、

そしてあの頃のあれのこれの、

オレでは無いのだ、

昔のケンシロウのつもりお前がそのこれのあれのそれをオレに挑んでも無駄だ、

それは、

貴様の命の灯火が短くなるだけだ。



何、

むかってくるのか、

オレを倒そうとするのか、

 より授かりし、

その の力を、

利用して、

 に戦いを挑むつもりか、

そうか、

そう想うなるそれは既にお前の負けだ、

それなら、

そのそれをそう想った時点で、

そのときがお前のこの世の尽き果てて身体破れて尽き果てて後の、

地獄に、

あるいは暗黒の無明の漆黒のあの迷いの生存の輪廻を彷徨う者となる、

そしてそのそれは...,


....(略)、




もう終わりだ、









          お前はもうすでに死んでいる









  え、え、あ、何だと、なんだこの変な自分の心の動きは、やめてくれやめてくれ

オレはまだあの世に逝きたくないよう、死にたくないよう、死にたくないよう...

..え、え、え、え、待て待て、待ってくれ頼むからケンシロウ、いやケンシロウ様,
いや、○様、いや 様、本当の正真正銘の 様、分かりました、オレ今、心の底から心底あなた様が 様であることを未来永劫天地天命絶対、オレ、わかりました、私はあなた様のご指摘通り今まであなた様に会うまで、本当に邪道外命の悪魔の暴力の無明無知白痴暗黒邪道外道悪性車匿暴冷非道なる●に使えるる身のお前と真逆使いの腐れ畜生、ですですから、
誓います、
誓います、絶対に命をかけても誓います、だからだから、あの、どうか、
、許してくれぇ、ゆるしてくれぇ、死にます、わかったオレ死にます、死にますから、

助けてくれ、このオレを、このオレ様を、自分たちを、違う、
邪道外命の悪魔の暴力の無明無知白痴暗黒邪道外道悪性車匿暴冷非道なる●に使えるる身のお前と真逆使いの腐れ畜生下僕を、あの、その、どうか、あの、いや、オレの仲間なんて全員殺していい、あはぐっ、コイツラ全員皆殺しにして生け贄にしてオレの身代わりに何ならこのあなた様の忠実な下僕があなた様への信仰と忠誠の証としてがコイツラ残らず皆殺しの舞
を踊ってみせます、みせます、みせます、どうか、オえあrv、
えrtbfbw、オレだけは、オレ、いえ、私一人だけは見逃してください、さっ最悪、いっ、命も差し出します、死んでもいい、だから、だから、このオレ、オレだけを、オレだけは、gうぇrzH、

助けてくれ助けてくmhfyふkれ助けてmぶぐk

くれぇkじゅg、



お前は自分の今言っていることが全然全くその悉く、

矛盾してることに気づいていないのか、

馬鹿だな、

愚かな奴だぁ、

許すけわけ無いだろう、

この が、

お前如き人間の屑の屑の屑の屑を、

この悪党を、

このザコを、

このミジンコ以下の百姓よりより小さなを貴様の悪を、

それともなにか?

自信があったのか?

 に勝てると思いこんでしまっていたのか?、

そうか、

それがお前の負けだ、

そう思いこんでしまっていたことこそ既に貴様の負けた原因なのだ、

又それがお前が に力で負けたことになるというのだ、

この世では、

否、

この宇宙では、

この宇宙の外ですらそのそれを負けたことと皆の者も誰の者もを皆口をそろえて言うところの、

そう呼ぶ事という話だ、

そう分かったか、

いやわかるわけないか、

お前には、

否、お前のような....否、

...もう言うまい...、

フッ、

可哀相な奴だな、

...それが貴様の運命だと思って諦めて、

あの世で、

あの世の地獄で、

あの極端な地獄の地獄の地獄の地獄のその最底辺の地獄の.......もう一つの下のその又下の...地獄で、

そしてその場所で、

その今まで犯してきた膨大無辺なる、

お前の犯した大罪の、

悪の、

罪を償って、

苦しんで、

また苦しんで...、
また苦しんで...、また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...また苦しんで...wowwowowowwow&wowowowwowwowowowwow&wowowowwowwowowowwow&wowowowwowwowowowwow&wowowowwowwowowowwow&wowowowwowwowowowwow&wowowowwowwowowowwow&wowowow♪.......♪.......♪.......♪.......♪......♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○○○○○●♪○●●○●○●♪-♪○●●○●○●♪-♪○●●○●○●♪-♪○●●○●○●♪-♪○●●○●○●♪-♪.......♪.......♪.......♪.......♪......♪your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy& your happy♪...........................♪(16beat)


Don't thinkinng,don't Anger,it's feel,&fire!&fire!&fire!&fire!&fire!(マニプラチャクラ)



         it's a "Enter the NIRVANA"







---ENDING THEMA---



http://fast-uploader.com/file/6975134170640/



♪愛してるよ 「『お金が貯まっているぞ』という名の匿名元オウム信者」



知らない、と言ったけど、オレは、お前の幸せと健康と貯蓄増大と長寿と冥福を祈る(はあと♪)

貧困層も、日本を出ると更にレベルアップするんですよね。

インドも盗みは日常茶飯事、「盗まれる方が悪い」という考えですからねぇ。

いかに楽して自分だけが利益を得るか、そういうのが当たり前になってしまっている。

だからNGOなんかも、そう簡単には支援しないですよね、安易に金品だけ与えても一瞬で終わってしまう。

そこで持続性の…と、お決まりの展開があるわけですが、このような、自己の制御ではなく、他者の制御についての話題は、小乗系の皆さんにはなかなか興味を抱かれないもの。

野田さん、継続されておりますね、素晴らしいです。私が野田さんの立場なら、一ヶ月でブログ閉じますね。

元信者さんへ

自分は北海道で暖房を使わない。

じゃなくて、例えば

「自分は、北海道で暖房を使わない生活を他人に勧めてみましたが、なかなか誰も実践してくれず、そこで次に、暖房の設定温度を徐々に下げてみることを勧めてみることにしました」

みたいな話を聞きたいなぁ、私はあなたから。

あなたね、この間から全然変わってない。

野田さんの記事読んでる?読んでないでしょ。ちゃんと本気で読んでたら、小乗的なコメントなんてできないから普通。

あなたもね、そろそろ自己満のオナニー修行者を卒業して、実生活で生身の人間相手に何かアクション起こしてみなさいって。

吉報、待ってますよ。

ミッキーという人間

君は「オレが正しいんだ」の筋ではなく、どちらかといえば野田さん可哀相、つらいでしょう、の対場から彼を同情する優しさ、そして勇気、そして正直・誠実の心からの言のウエイトからのそれだ。それは勇気でありみちゃいられないであり、愛に近く、排斥されるべき言ではない。評価すべき善意に近い。特に批判すべき言ではない。
-------------------------------

ただ「元信(ゲンシン)に対する言は「皮肉」「綺語」「暴力」「誹謗」的蛇足的必要のない彼の気持ちを損なう彼を陥れ、彼を痛める形容詞を使用している。
これは君の潜在的ゲンシンに対する恨みをきげん(奴を苦しめてやろう)としており、
それは「そろそろ自己満のオナニー修行者を卒業して」の形容詞に現れている。
君がゲンシンのことを思う愛から語るなら
「ゲンシンさんはアクション(慈善事業、困っている人に相談に乗る等をおこしておらず、匿名で住所も隠して『口先のみでアレコレ語る』ことを停止し、生活で生身の人間相手に何かアクション起こしてみなさいって。そしたらあなたの周囲の世界はまるで変わってくるから 」

吉報、待ってますよ。

-------------------------

と語った方がゲンシンにいくらなりとも伝わる。
くちでなく、その行い、行動によってあなたをひょうげんしてみてください。

どうでしょうか、一度騙されたと思ってバイタリテキあるあなたのアクション、
僕は本気できたいしているのです。あなたは頭はわるくありません。あなたにはその力があると私にはかんじるのです。

と語るべきです。

「自己オナニー修行者、乙」、これはミッキーさんの悪意であり過失です。愛のミッキーさんの使う言葉としてふさわしくありません。優しい他者を心配するあなたらしくありません。
また恨みであり嫌悪であり深い根深い某かに対するつい口に出た「2ちゃん流」のじつにくだらぬあなたの無明です。

---------------------------
----------------------
それでは別の話、これは上記のはなしとは関係ない先ほどおもいついた話なのですが、
<ヨーガースートラはブッダの教えを実に単純明快に最小の要点でまとめて般若神業の10000倍の実用的な意味のある本>です。
しかし、その3/1は超能力の開発技法を述べていて、それが邪です。

ヨーガの道の定義は「心の作用を停止して苦しみを停止すること」、この一点です。
霊能力開発法は記述する必要は全くないのです。
それ()のやり方()をつらつらと多量に説明された多くの人は、おお、この術を得て奇蹟を感じたい、とそちらに流れることは疑いがありません。
透視能力の項があったらどうでしょう、凡夫なら、それを習得して、可愛い子の裸を一日中覗く、かもしれません。また空中を浮揚して「みなにすごいだろ?」と自慢するようになるかもしれません。そうなればたいていの人はそこに魅了されます。それは欲望の話、威力のみせつけの方面に走ることはまずありますから、そうなってくると本来のヨーガの目的<心の作用を停止して苦しみを滅尽する>から反れ、「欲」に流されます。
超自然力の説明は不用なのです。

ブッダは、瞑想につかう念力(過剰な集中力)やそれによりあらわれる定力)を心の作用を停止することに向けろ、と説き、チャクラが第三の天眼が、などの行に没入せよ、などとは決してといていません。ただ苦の終焉を目指せ、と説くのです。
経典には、「超能力」は基本的に所持していてもできることなら決して使うな、の方向性です。
結論として、スートラは素晴らしいが、ブッダの教えには及ばない、
これが僕の見解です。

まあ僕は先にスートラを読んだくちなので、偉そうなことはいえませんが(笑)
今、スートラを読み直してもそのように感じます。

また大乗仏教は釈迦のおしえとは異なり、後生の仏教小説家がかいたようなデタラメなふしが随所にみられます。
一切知者はブッダであり、後生の人が民話のように仏教を書き換えた大乗経典は
少なくとも「ブッダの教えではありません。」
いや極端なことを極限でいいきってしまいますと「大乗経典はそのほいとんどがデタラメ」です。仏陀より智慧の無い人々が創った空想誇大小説、に近いです。
なぜならば僕は大乗経典もよんでいるのであるから。
ブッダの教えた言葉、教えは「小乗経典」、のみです。

一度まじめに小乗経典を読み、その後大乗経典をよんでみてください。
そのことが明らかにりかいできると思います。

おすすめします。金がなければ図書館でいくらでもダータでよむことができます。

小乗経典はヴァジラナヤーナの思想はひとっこともかいてありませんが、大乗経典だと、その思想の種子を内因しているのです。

野田さん。コメントありがとうございます。
寒いと、いい面もありますね。
頭が冷えるので、カーッとしにくくなります。
ただ今室温は0度です。外はマイナス5度くらいでしょうか。
これでもあったかいほうです。
極寒期は、マイナス20度前後になります。真冬の上九くらいだと思います。
それまでは、暖房を設置すると思います。

こんばんわ。
ミッキー安川さん。

行動によって苦しみました。
性欲が生じ、エロサイト開き、
漏らし。

怒りによって、殴り、暴言を吐き

貪りにより、食い過ぎ下痢し

わたしの欲から生じる行動は
苦しみにいざなう。



仏教徒たちの不思議

隣人さん

>一度まじめに小乗経典を読み、その後大乗経典をよんでみてください

あの~、小乗経典というのは、中村元訳『ブッダのことば』ですか?

ミッキーさん

質問があります。

寒いのに暖房を使わないことが素晴らしいのですか?
体は温めて大切にしてあげないとって普通は思うのですが、それは修行ということでしょうか?

あと、『A3』って読みましたか?
この本をみなさんは読んでいるのだろうか・・・


Markさん。
寒いか寒くないかは、人それぞれ違います。
北海道の人は寒がりな人が多いです。
冬場はストーブなしには過ごせません。

しかし、自然界に目を向けると、リスやウサギやエゾジカ、小鳥たちは
活発に動き回っています。

人間も寒さに慣らしていけば、寒さに対する抵抗力ができるんだと思います。
自分自身が、寒さに耐えられないならストーブ設置するつもりです。
独り者だからこそできることですね。

トゥモの熱によって、ある程度の寒さに耐えうることを少しだけ実感できたと思います。



ミッキーさん、どうもです。

ただいくらやってもやりすぎることはない過程だとは思ってます。

まあ個別の人にはちょっと厳しすぎたりして逃げられたりもする反省点ありますが。

元信者さんへ

>行動によって苦しみました。
>わたしの欲から生じる行動は 苦しみにいざなう。

海外のNGOスタッフで、意外に多いのは、子供たちへの性的暴行です。支援という甘い汁を与える代償に、性関係を要求するわけですね。

私もインドで、某ボランティア男性僧侶が、少年達の身体をいやらしく触っている現場を目撃したものです。

支援活動や大乗活動には多大なストレスや疲労を伴うもの、「口で綺麗事を言っておいて実際は汚れじゃないか」と、どうしても映ってしまう。

しかし、小乗を知る元信者さんなら、「汚れた時に修行して自己浄化して乗り越える」という選択肢があるわけですよね。

どのような状況で、どのように汚れて、どのように落ちていくのか、そのプロセスをよく振り返り、次に活かせば良いじゃないですか。

私も、人とのふれ合いが増すにつれ、つい食に走ったり、オナニーしてしまったり、今でもあります。その後に猛省して、また再起する。

その繰り返しをしています。

コメント欄で細々やるにはもったいないですよ、あなたは。

戒律の枠組みを作ったはいいが、それを壊して抜け出すというのは、作るより難しいこともある。今のアレフ原理主義がそう。

破廉恥中原永世名人○人指し



>>寒


ええと、最寄りのデパ、or FashionShopにて、「南極探検隊用のジャケットまたはベスト、インナー下さい(1~4万)」と叫んで下さい。電熱器費と石油代は消滅します。
極限理想は全裸で我慢ですが、我慢できない方は上記参照(笑)





>>しかし、小乗を知る元信者さんなら、
>>「汚れた時に修行して自己浄化して乗り越える」
>>という選択肢があるわけですよね。
>>
>>どのような状況で、どのように汚れて、
>>どのように落ちていくのか、そのプロセスをよく振り返り、
>>次に活かせば良いじゃないですか。
>>
>>私も、人とのふれ合いが増すにつれ、つい食に走ったり、
>>オナニーしてしまったり、今でもあります。
>>その後に猛省して、また再起する。
>>
>>その繰り返しをしています。
>>
>>コメント欄で細々やるにはもったいないですよ、あなたは。




ミッキーは「素晴」らしい。


あまりに感激して秀樹、歌いました(笑)




Ganbare Awm motosinjatachi、 Gate、 Gate、 Paragate、 Parasemgate Bodhi-svaha!

http://fast-uploader.com/file/6975230712235/

https://www.youtube.com/watch?v=z43G_Eoke1A&list=RD584_1Cn0diw&index=24


オン・ベンザ・サト・サマヤ・マヌパラヤ

ベンザ・サト・テノパ

ティタ・ディド・メバワ・スト・カヨ・メバワ

スポ・カヨ・メバワ・アヌ・ラト・メバワ

サルワ・シッディ・メタヤツァ

サルワ・カルマ・スツァメ

ツィッタン・シュリヤン・クル・ホン

ハハ・ハハ・ホー

バガワン・サルワ・タターガタ・ベンザ・マメムンツァ・ベンザ・バワ

マハ・サマヤ・サト・アー


<意味>

オーン、金剛サッタよ。
三摩耶(誓願)にしたがって、私をお守りください。
金剛サッタの位に安住して、私のために堅固なるものでいてください。
妙なる歓喜の者(=金剛サッタ)よ、私のために愛好される者でいらしてください。
繁栄する者(=金剛サッタ)よ、私のために愛好される者でいらしてください。
(利益を)増大する者(=金剛サッタ)よ、私に(利益を)授与してください。
一切の悉地を、私にお与えください。
そして一切の事業(じごう:所業)において、私の心の吉祥の実を結ばせてください。
フーム。
ハ・ハ・ハ・ハ(笑声)・ホーホ(歓喜の声)。
世尊一切如来の金剛よ、私のために(菩提心を)捨てないでください。
金剛を有するものであってください。
(衆生を残らず救済するという如来の)大いなる本誓のサッタよ。
アーハ。




元信者さんへ

言い忘れていました。

確か元信者さん、以前、苫米地さんらの性欲に対して強い嫌悪感を抱かれておりましたね。

その背景に、そもそも自分自身の邪淫が許せないという心理があるようですね。

いいですか、例えば飲酒運転で死亡事故を起こした人がいたとします。

その人が修行の世界に入った場合、不飲酒戒に対して強く意識を向けるでしょう、「酒など一滴たりとも飲んではならん」と。

ある意味で素晴らしいようにも思えますが、重点の置き方に大きな偏りがあり、次第に本質を見失ってしまう典型的なパターンに陥ることでしょう。

先日の御供物班に、御供物を作ることに強く重点を置いたが為に、頭がおかしくなった方々がいましたが、あれはまさに好例でしょう。

同様に、蠍座や水元素系の方は、性エネルギー関連に強い重点を置く傾向があります。

それはそれで一見すると正しいようにも思えるのですが、たまには「いいじゃないの精液の一滴や二滴くらい出しちゃって」というくらい楽なスタンスに立ってみて下さい、

その時、かつての自分が、何か手段にとらわれてしまっていて、本質を見失っていたことに気付けると思います。

水元素系の方は思いやりが強く、人情味があり、人間世界で馴染みながら活動するのに適しているんじゃないでしょうかね。

いきなり現れてウダウダ喋って申し訳ない、記事の方だけはよく見に来てるのですが、また機会があったらコメントにも遊びに来ます。それでは。

名無し長文の方へ

コメントありがとうございます、細かくお返事できなくて申し訳ない。

色々参考にさせてもらいますね。

私、最近ここのコメント欄の展開についていけなくて、元信者さんくらいしかよく分からないんですよね、どういう感じの方々なのか。

無視してるわけじゃないので、悪しからず。失礼しました。

Mickey is comming soon!Fantastic!!

>>その背景に、そもそも自分自身の邪淫が許せないという心理があるようですね。
>>
>>いいですか、例えば飲酒運転で死亡事故を起こした人がいたとします。
>>
>>その人が修行の世界に入った場合、
>>不飲酒戒に対して強く意識を向けるでしょう、
>>「酒など一滴たりとも飲んではならん」と。
>>
>>ある意味で素晴らしいようにも思えますが、
>>重点の置き方に大きな偏りがあり、
>>次第に本質を見失ってしまう典型的なパターンに陥ることでしょう。
>>
>>先日の御供物班に、御供物を作ることに強く重点を置いたが為に、
>>頭がおかしくなった方々がいましたが、あれはまさに好例でしょう。
>>
>>同様に、蠍座や水元素系の方は、
>>性エネルギー関連に強い重点を置く傾向があります。
>>
>>それはそれで一見すると正しいようにも思えるのですが、
>>たまには「いいじゃないの精液の一滴や二滴くらい出しちゃって」
>>というくらい楽なスタンスに立ってみて下さい、
>>
>>その時、かつての自分が、何か手段にとらわれてしまっていて、
>>本質を見失っていたことに気付けると思います。
>>
>>水元素系の方は思いやりが強く、人情味があり、
>>人間世界で馴染みながら活動するのに適しているんじゃないでしょうかね。
>>
>>いきなり現れてウダウダ喋って申し訳ない、
>>記事の方だけはよく見に来てるのですが、



あんなー、
ミッキー、
完璧だ、君。

君は今生で解脱する、必ず解脱する。
その能と力と智慧を既に所有している。
慧解脱の筋の者だ。

間違いない、素晴らしい君は、ミッキー。

AUMにもこんな方がおるとは、うん。



VERY GOOD&NICE&NICE&NICE&BEAUTIFUL,Mickey◎

死ぬほど修行が喜んでしたくなるDVD

教えや、詳細なそういう類のDVDではないけれども、これをみれば仏教しかない(笑)、という気持ちになるはず。元信者の皆様へ是非おすすめします。これを観て原点に還りましょう。


ttp://www.amazon.co.jp/BUDDHA2-%E6%89%8B%E5%A1%9A%E6%B2%BB%E8%99%AB%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%80-%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%8D%E6%97%85-DVD-%E5%90%89%E6%B0%B8%E5%B0%8F%E7%99%BE%E5%90%88/dp/B00JZPT9SK

前提主義

>戒律の枠組みを作ったはいいが、それを壊して抜け出すというのは、作るより難しいこともある。

これは言えてます。
戒律ができるとそれを前提に規制されるのですが、いつだって前提自体を問うことができる状況にしておかないと「作ったはいいが」「抜け出す」ことができなくなってしまいます。
いろんなところで「前提主義」が見られます。
たいていの原理主義者は「前提主義」で、そこには本当の意味での思想もなければ哲学もありません。

性エネルギーについての素朴な疑問

コメントを読んでいて思うのですが、そんなに「邪淫」とか考えるくらいならば普通に彼女をつくって、愛し合うことを考えた方が健全でいいと思うのですけど。

性欲なんてものは年齢を重ねればちゃんと低下するもので、あまりそのようなことに惑わされなくなるのはある程度の年齢を重ねてからでよいとか考えたりしないのでしょうか?

「生」を否定する方向で戒律をつくれば、いのちを持つ者は否定を抱えながら生きることになり、心の中の矛盾と格闘することになります。
この矛盾と格闘することが修行ということになってしまうと、実は矛盾と闘うために膨大なエネルギーを消耗することになります。
「生」に対する否定の戒律は、その戒律を捨てないかぎり死に至るまで矛盾をもたらしつづけます。
むしろエネルギーを蓄えるためには、心の中の矛盾を解消して無駄なエネルギーの消費を無くことで、心の中の戦争状態を無くするほうが先だと私は考えます。

お互いに仲良く一緒に歩める相手を見つけることが大切なのではないかと。

以上は、私の主張ではなくて、そうなんではないかなあと何となく思えたことを言葉にしてみました。

ミッキーさん。
わたし奇しくもさそり座ですよ。
乱交エスエムプレーに対し、嫌悪が出るのは確かですが
性交そのものに嫌悪は出ないんです。

正しい性交ならば、否定しませんよ。

Markサンの言うとおり、よきパートナーを見つけて
お互いを尊重し、暮らすことはいいことでしょう。



ただ、私の場合、水がめの中に性エネルギーを満たす段階だと思うので
漏らさない実践は必要不可欠だと信じています。
不放逸な性エネルギーの浪費は、大悪業です。

キリスト教でも、子供作る以外の精液の放出は
オナンの行為として、戒めらているように思います。

今生の審判(宿業報論)

松本被告のことを怨んで、あるいは憎んで、また嫌悪して、あるいは呪って、また、怒って、この世の死を迎える者は、死後その身やぶれて後、火炎地獄に下向する。

松本被告のことを怨まず、あるいは憎まず、また嫌悪せず、あるいは呪わず、また、怒らず、この世の死を迎える者は、死後その身やぶれて後、人間界、または天上界、ある一部の者はニルヴァーナに上向する。

松本被告のことを怨まず、あるいは憎まず、また嫌悪せず、あるいは呪わず、また、怒らず、只、国民を守る公務にて職務として、拘禁死刑等を遂行し、この世の死を迎える者は、死後その身やぶれて後、人間界、またはある一部の者は天上界、に上向する。

松本被告のことを哀れみ、あるいは慈しみ、また気の毒に想い、憐憫し、あるいは、また、何も想わず(捨)、にしてこの世の死を迎える者は、死後その身やぶれて後、天上界、ある一部の者はニルヴァーナに上向し再びこの世に戻ってこない者となる。

松本被告のことを信じて、あるいは愛し、絶対帰依し、彼を殉教者と奉じ・・・・公安職員の写真を串刺しにし、・・・・・(略)・・・・、は・・・・・皆様の御想像におまかせする。

昔、オウムの輪廻転生談のテープを聴いたんですが
釈尊が前世の修行時代に、美しい王妃の肉体を見て、欲情し
蛇が鎌首をもたげたようになり、伐採された木から樹液が出るように
疲れ果ててしまった。
そして後悔の念が起こって、不邪淫を発心されたという話だったと思います。





元信者さんへ

ほらほら、さっそく私の言ったとおりの思考展開になってるでしょう、あなた。手段の話ばかり。何の為に小乗やってるの、あなたの目的に「他人への還」はないの?

元信者さんの性への見解に異論を述べるつもりはありません、最初から。

そうではなくて、そこまで強く意識向ける必要あるの?って話です。

もっと本質的なこと、例えば生身の相手にそのような道を説く、だとか。

元信者さん、他人と関係すると自分が汚れてしまって嫌なんですよね?嫌なのは分かりますし、悪行を正当化してもいません、

しかしそこで生身の相手に何かしら善を為すことを止めるなバカ!という話です。

今のその殻に閉じこもったままだと、また「ミッキーさん、しかし性エネルギーが…」と、手段の話ばかりが出てくる。

http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1092.htmlの【解法】

【問】http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1092.html

【解】http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1092.html#comment15889

(参照)
ttp://www.dailymotion.com/video/x1kfmbh_%E8%A5%BF%E9%81%8A%E8%A8%98-%E7%AC%AC02%E8%A9%B1-%E9%95%B7%E3%81%84%E6%97%85%E3%81%AE%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8A_lifestyle

「アカシックレコード数学」あるいは「アビダンマッタサンガハ数学」的に言えば

ミッキー菩薩(解脱前の人間)が玄奘三蔵(夏目雅子)であり、ゲンシンが悟空と思って差し支えない。

それゆえ、悟空のことは私は全てミッキー三蔵菩薩様にお任せする(笑)

悟空が暴れたならば、存分にそなたは、「金剛圏」を唱えまくりなさい(笑)



                             「観」世「音」より


特別付録
Special Bonus track
『Merry chrismas& A HAPPY NEW YEAR FOR AUM CHILDRENS BY ME(笑)(2014-12-24 6-25-51)++song(ミッキーの奴もぶちこんでアッスクしときました)』



http://fast-uploader.com/file/6975319849579/




Present by buddha→vangisa→kanzenon→biwahoushi→「joururi buddha LOAD」ans(笑)


                               草々

野田さんルール変更されたんですか。
ミッキーさん。
わたしはエネルギー不足を痛感しています。
ただ、食うために働き、こうしてレスしてます。

まもなく死ぬでしょう。しかし、生きているなら何かがあるんじゃないか?
俺の知らないダンマがあるんじゃないか。という気持ちがあるんですね。

だから、他者にどうのこうのいう状況ではなく
ただ、自分のことに精いっぱいで。

自分にできることと言ったら、素晴らしい法があったらシェアしたいと。
自分がやってよかったと思ったことことを伝えておきたいと。
それと、皆さんから吸収できることがあれば吸収したいと。







現代人のほとんどが地獄に行きます。
これは尊師の言葉ではなく、ダライラマ法王の言葉です。

麻原さんは現代人のほとんどは三悪趣に行くといいましたね。
しかし、法王はもっと強烈に「地獄に行く」と言い切られました。

麻原さんより、法王の法が厳しいですね。




三悪趣 他者より自分を かわいがり
快楽を 求めて地獄 行きにけり






>野田さんルール変更されたんですか。

ここの議論を参考にしている人もいるので(個別にメールあり)、隣人さん連投みたいな形ではなく、今の私以外に主要な4人で議論しているのはいいんじゃないかと思いました。年末年始で皆さん多少時間はあるでしょ?

僕が何故、http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1092.html#comment15889の【解】を即答できたかと申しますと

それは僕が昔50万円+免許証+キャッシュカード+あれのこれのぜんぶ入った財布を落として顔面蒼白になったときに、ふと、「嗚呼、僕がこの財布を落としたせいで誰かが拾い使い犯罪者になり悪を犯し苦しむ原因になりはしないだろうか、神よ、財布は出てこなくても良いからそうなった場合罪を犯した彼らの悪と苦しみをお許し給え」、とでてきて、アラ、不思議すぎる、なんか僕の(財布喪失の)苦しみは全くなくなっちゃった、という経験があるからです(笑)。

それを遡ると「マチャアキの西遊記の第二話」でした。

その理由は、

僕は幼少時から、アニメとマンガとドラマと映画と絵本と小説と日本昔話と少年少女文学全集と、どれも等しい程度の大きさで「本気で真顔で全身全霊で見て観て読んで」いたからです。
つまりそれらデータ(具体)を数学的に微分してアッスクし、抽象(サーンキャ)として心に名前を付けて保存していた、という風な道理です。

データLOADingする場合はその微分保存数理的に保存していたそれを解凍展開、つまり積分して呼び出す、わけです。

従って夏目雅子の「この袈裟をあの僧侶にみせたばかりにあの方が悪い心を起こして不幸になり苦しみに陥ってしまわないだろうか」→圧縮保存「落として拾った人の罪と罰」→解凍展開またはデータ積分「嗚呼、僕がこの財布を落としたせいで誰かが拾い使い犯罪者になり悪を犯し苦・・・(略)」

と言う話です。



あ、話とは違って上記『Merry chrismas& A HAPPY NEW YEAR FOR AUM CHILDRENS BY ME(笑)(2014-12-24 6-25-51)++song』
DOWNLOAD→解凍→フォルダクリック→一つづつクリックmediaplayerで再生なんてめんどくさすぎる、な方を読んで、


http://fast-uploader.com/file/6975323338126/


に修正。

に変更(笑)


関係ないけど、

『う~ん、アニメ、マンガって本当に素晴らしいですね、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ』


                      BY 淀川之観頭野晴老尊師



とりあえず終わり、とした当該記事のHさんだけど、水道料金滞納に引き続いて、電気料金請求3万6000円也で、同室者が悲鳴あげて来た。Hさんずっとヒーター付けっぱなしなんだもん、ったく。。。。

もうホント、元信者さん連れて行って、見習わせたいくらい。

皆が遅すぎるから23:58を待たずしてTypeしたっちゃじゃないか、何故なんだチクショー

【問】
>>Hさんずっとヒーター付・・・

【解】
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1092.html#comment15912





日曜の晩
http://fast-uploader.com/file/6975327883114/

OMOIDASE 日曜日の憂鬱
http://fast-uploader.com/file/6975327899015/


26年12月28日(日)
                          FIN



こりゃ◆年末年始暇そうだからコメ制限厳100個にしときます、だな(笑)




△この持ち時間切れ、の暇すぎて、他の 他分野の掲示板探して、百列拳を叩き込み、即アクセス制限されるほどの絶倫破廉恥&未だ存分に精有り余る破利拳"ポリマー"中原永世名人

まあでも


そこまでしなくても


歌ったり、座禅組んだり、本職の絵(元漫画家志望w)かいたり、
やろうと思えば、そっち走る道も、自在です。

ちんちんじゃなくてチャクラでもいじるとか、

しかしそっちいくと、あれのこれのでかれが起こればかれが起こる、あれがあればこれがある、これがなければあれがない、と、・・・まあいいや、(笑)


一番楽しいのはミッキーみたいな人間大発見の感動ですな、。

静かなる夜は

・・・らしい。


so, ....Ok,when if that, I try to drawing picture tuching like masterbasion,and happy good for me.

告知(笑) 以降、僕のMAIL欄、URI欄、僕の名前クリック、において、「おすすめの仏教・キリスト教、etcの書籍、DVD、動画、xx、etc」のURLを等を挿入する術を使用します



                   Test




うぐぐ、△cgiマーラが我が手を障る、悪魔に<BUG妖術>で2手盗まれた、あと2手まで追い込まれた▲破廉恥観世音中原永世名人




                              ▲test2



          -------------------

          香、桂、角、飛、金、銀、歩、歩、歩、歩、歩


「オレは負けぬ、マーラの障りなど、三人の娘達の誘惑にも・・・。あっ、『なおこぉおおお、今から突撃します(負けてるじゃないか中原永世名人w、単なる安い顔だけの女流名人、現廃人林破直子如きに・・・w)』」

野田さん。
Hさんに、ヒートテックの上下の下着を与えて
暖房禁止にしたらいいと思いますよ。

中原名人突撃電話
http://nicogame.info/watch/sm1274205

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

元信者さん

>ただ、私の場合、水がめの中に性エネルギーを満たす段階だと思うので
漏らさない実践は必要不可欠だと信じています。


なるほど、修行をされているのですね。
それは素晴らしい。

そうか・・・修行か。

隣人さん

中村元著『ブッタの真理のことば 感興のことば』をぜひ読んでみたいと思います。
本の紹介ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1092-6a60ee3d

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-08 : 3
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad