元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★荒らしの常習犯が来るたびコメント承認制になります★ 累積賠償額916万円 

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 マスコミの人から電話があって聞いたんだけど、あっちゃんが今度は公安調査庁他に内容証明出して訴訟準備中みたいです(アレフ団体役員の件)。あっちゃん、十数年前からの「教団とは関係ない」で押し通すつもりかなぁ…、なんだかなぁ~。

 そうそう、小生のところにも最近松本家御用達の松井弁護士から内容証明が届いたんです。あっちゃんかママならケンカしてやってもいいかな、と思っていたんですが、通告人はドルガーでした(修行人間性5)。正直思ったのが、

「ドルガーとケンカしてもなぁ…」

 あんまり教団の本質的問題も出てこないしね。

 削除しろ、って言うから、最初それに対して、松井弁護士に「事務所に伺ってご説明申しあげます」みたいなファックス返信をしました。するとまたまた内容証明で、「会えません」と。それでまたファックスで、「長女から直接電話連絡してもらえたら、問題となる該当箇所は無条件で削除。話の内容次第では、他も全て削除してあげましょう」と返信した。そしたらまた内容証明で、「連絡もできません」と。

 いちいち内容証明で送られるのが、もの凄くうっとうしいというか。というのは、毎回不在の時にやってくる。不在通知で再配達を頼んでも、時間通りに来ないこともあって、動けなくて面倒。面倒なので、もうその該当箇所だけ消しておいた。

 しばらくしてあっちゃんの記事を書いた後、また内容証明が来た。今度はあっちゃんが提訴か?と思ったら、またドルガーで、「前の削除について、削除した旨の返事は書面で頂きたいとお願いしたが、書面がこない、どうなっているのか?」って。なんかドルガーの話で、牽制球投げられているような気もするんだが…。わざわざ弁護士使って内容証明なんかせんでも、敵対するつもりも人格を否定するつもりもないので、電話一本くれれば、別に真実だろうとなんだろうと消すのはやぶさかじゃなかったんだけど…。

 えっと、それからコメント欄にあっちゃんの手紙投稿してくれてますね。小生も全部チェーンメール見てますけど、投稿したのは小生じゃないですからね。なんか小生が二ノ宮三女悪魔対決記事書いてから、チェーンメールにわざわざ【外部への転載不可】とか断りが付いてきたし。内部情報垂れ流すだけってのは、小生違和感感じるんだけど、皆さんとしては最近はコメント欄の方期待してるんじゃないですか?突っ込みどころ満載なんですが、一個だけ。

>「じゃあ、みんなぶちこわして回ったらいいや」等いうばかりで、結局訂正はされませんでした。

 ママがこういうのは、本当に目に浮かびますね(笑。

 恐らくママからすれば、2003年からの関与も「あっちゃんがやったこと」なんでしょう。小生もそう思うところはあります。ママがあの時何か言ってきたとしても、「正大師同士で話会って下さい」で終わったでしょう。マイさんとママの話って意味です。あっちゃんが出てきたからこそ、今の結果になっているんです。しかし結局ママもあっちゃんも、お互い相手のせいにしてるんじゃないかと。

 当人の立場からすれば、それぞれが正義、正義と正義の戦い。ひっくり返すと、あるいは端から見れば、悪魔同士の戦いなんですが、その相手の本丸に突っ込まないところも、本気でその問題を解決しようとしてないし。

 あの後チェーンメールは、正義の主張を多少矛をおさめるような内容に変わってます。イエスキリストの「汝の敵を愛せよ」みたいな話。これ、多分皆さんには面白くないです。小生のブログにも書いたような内容です。

 ただこの「汝の敵を愛せよ」は、現実世界で実践できる人は一般的に少ないです。総論OK各論反対みたいになります。

「ああ、『汝の敵を愛せよ』と説いたイエスは素晴らしい、凄い!」

と思いつつも、教団の分裂騒動を目の当たりにすると

「三女は悪魔だ!魔境だ!」

となっちゃう。だよね、二ノ宮君。君が勧めてくれたあの理想を捨ててはいかんぞ。

 この「汝の敵を愛せよ」で大事なことは、敵を目の前にしなければその実践はできない、ということです。悪を目の前にして正面から対峙しなければ、その実践はできない。悪を避けていてはできない、ということです。

 だから、教団の末端サマナの人で、本気で「汝の敵を愛せよ」を実践しようと思う人は、今教団で「これはおかしい!」と思うことをやっている人に正面からぶつかっていく必要があります。でも、相手が荒木とか松葉だとダメだよ。多分、色んな建前論をこねくり回して、どこに責任があるか分からない、どこを突いていいか分からない、フニャフニャフニャフニャした話になるから、多分。

 突っ込むなら、二ノ宮君とか杉内君がいいよ。彼らが強権発動しているところに、「そんなの、おかしいじゃないですか!」ってやればいいよ。即、除名されるか無期限修行になるから。除名されたら、それでオウムは卒業になります。

 「汝の敵を愛せよ」は、やられたら勝ちだからね。負けるが勝ち。だってイエス・キリストだって、鞭打ちの刑の上に市中引きずり回されて磔でしょ?これはひたすら悪口とか批判とか浴びて、惨めな袋だたきの立場になること。

 生きていることそのものが幻影、でもそれはその幻影のドブの中に突っ込まなければ覚れない。汚れたドブの現実、悪の現実を目の前にしなければ、そこから抜け出すことはできない。ということで、次回からは小生のドブ川の活動、ホームレス支援の話他になります。しばらくくすぶり続ける教団の問題も、その動きがあれば。

------------------------------------------------------

 大変勇気ある現役出家者からの申し出を評価して、手紙は削除(コメント部分も同様に削除)

コメント


2010年頃、長男さんが教団関与に消極的であったことは、直接会った人の話で知っていました。

それを表に出したらキツい警告がどこからともなく届きました。どこからともなく。

開祖写真の祭壇での扱いがおかしい、不自然に濫用されてると伝えるとまた激しい排除を受けました。「除名だ!」と大きな声で言っていた人が誰か、教えてくれなかった。

そうこうしているうちに追い出された…
どちらも、当人の意思とは関係なく利用されていた例。

天の声を安易に信用しないこと。

男が女に利用される時代、陰陽の逆転。

傀儡政権であることがここまで露骨になってしまうくらい、大きな女性力、小さな男性性。

女をバカにして生きてきた最後の正悟師は、どこまで生き残るのか。

カーラチャクラタントラより抜粋

タントリックな文脈においては女性は智慧の性質を有しており、その女性を軽蔑することは根本的な転落です。特に、例えば女性は大変重い精神的な屈折があるとか、女性は踏み迷っているとか、心が安定していないとか言って、一般的に女性を誹謗するような場合がそうです。
 もしタントラの道に入るなら、こういったおしゃべりと一般的な誹謗は完全に避けられなければなりません。[なぜでしようか。それは女性というもの一般を誹謗することは、ダーキニー自身を誹謗することにもなるからです。わたしたちはむしろすべての女性をダーキニーと見るべきなのです。

昆虫チックな文脈より抜粋

かような状況にあって、一神教支配・男性原理と言うドグマを掲げて
現代社会に敵意をむき出しにし
人々の【意識を外側】に向けさせようとされていることに、遺憾の意を表します。

繰り返し性欲・貪り・不安や怒りを煽り
人々の【「目」を外側】に向けさせています。

第二次大戦も、【外側に意識】を向けさせた政治権力者が
スローガンを掲げて、人々を破滅に追いやりました。

そうしてみると、悪や善など【外側の現象にあれこれジャッジメントする】ことの
バカらしさが分かると思います。

【外側に意識】を向けたとたん、善と悪が表出する。
わからないかなあ。

【外側に意識】を向させる言動は、所詮アメリカと同じだ。


何か言われた際に同じ言葉【外側に意識】を異常に執拗に繰り返す人間は昆虫か九官鳥かオウムと見るべきなのです。
愚かな昆虫人間は自分こそが【外側にばかり意識を向けながら】を向け、それを指摘することに専念しそして自滅する。

その指摘はいずれ来るだろうと思っていました。
しかし、言うべきことを言わず、黙って見過ごすよりはいいと思ってですから
後悔はありません。

私は昆虫ではありませんが、苦しみから解放されたいという意味では
昆虫と同じです。

そのためにはどうしたらいいか?力不足ではありますが
これからも、発言はしていこうと思っています。




>ドブ川の活動、ホームレス支援

     早く、自立させてください。税金の無駄使い
       控えて下さい。

  

寒くなってきたからと言って、アオカンホ-ムレスを
拾って来るのはいいですが、自分のお金で面倒みてください。
 役所、納税者に迷惑かけないでください。

納税者です。

ホームレスを拾ったらもっと修行を彼らにさせて下さい。民間の辛さを知らないお役所には、もっと厳しく仕事を与えて下さい。応援してます。

~ 阿蘇シャンバラ精舎で目撃したこと ~

ドゥルガー「ねぇ~っ、お父さん、お父さ~ん!」

開祖( 「おう、ドゥルガーか。どうした?」という顔 )

ドゥルガー「子供班の子供の中にね~

      わたしのこと『どぶがわ』って言うやつがいるのよ~っ!

      お父さ~ん、もう何とかしてよ~っ!!!」

開祖( 「きゅ、急にそんなこと言われてもなあ。

     さて、どうしたものか?」という顔 )



野田よ

気にするな野田よ。
何かをすれば、言いがかりをつけてくる者が必ず現れる。
お前はお前の信じる道を行け。
お前の人生はお前のものだ。
行うもその果を受くるもすべてお前の業になる。
それを考えて行じ行え。

ただ、野田よ

お前は人に愛されない、親しみと信頼を受けられない性格的要因がある。つまりお前は(誤解され)人に嫌われる要因がある。もしもお前が信者に誰からも多く愛される親しまれる人間であったのであれば、事業のことでこれだけたたかれる、ということはない。この問題の本質はそこにある。自身のより見つめ、それを修正していく、それがお前の終生の課題だ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

俺は野田さん好きだよ。
だから、憎まれ口も叩く。

野田さんを批判しても、心の底から憎悪をもって言っていいるのではない。


皆さん、コメどうも。

元信者さんに悪気がないのは分かっていますが、「外側に意識を向けると…」云々の話は、一般論としていうのはともかく、私に言うのはどうかと。

この記事にもある通り、「敵を愛せ」の実践として、現実世界のドブの中に入っていきましょう、敵の本丸に突っ込んでいきましょう、というような内容を述べているわけでして。

まあ私くらい極端なことやる人少ないとは思うんですけどね。

それはまずいと思いますよ。
野田さん自身が信じた道なら止める筋合いがありませんが。

敵とみなした瞬間に、道を誤るのが人間じゃないでしょうか。
こいつおかしいと、とんでもないと。憤りと憤慨と。

その時に敵を愛せるでしょうか?
きっと、相手もさる者、抑圧したあなたの敵意を見抜くでしょう。

敵意を表に出すか、押し殺して反対の態度に出ても
敵意そのものはそのままだと思いますよ。

そして押し殺した敵意は、別の対象へと向けられる。
これは、帰って危険です。

このような誤りは、最初の段階に立ち返り、相手を敵とみなした
自己の心の働きそのものにアプローチすべきだということを教えてくれると思います。



いやいや、だからあの…

何を敵とするかどうかとか、その辺もちゃんと基準があります。
相手側からこっちの認識領域に飛び込んでくるのが条件、とか。
現象として、自然に立ち現れて来る、とか。

私はかつて「敵」という認識をしていた人達のところに飛び込んで、「敵味方なくす」ということをやってきているんです。大村さんもそうだし、宇都宮弁護士とか苫米地さんとか、何より今一番身近にいる人も私のことが嫌いで嫌いでしょうがなかった人だという。その人達の件は、全てこっち側が意図して相手方にアクション起こしたわけじゃありません。

>自己の心の働きそのものにアプローチすべきだということを教えてくれると思います。

内省するより、現実の相手・出来事の中でアプローチした方が、結果は早いというアプローチなんです。

元信者様

強盗が入ってきたとして、そこで元信者様はその強盗を敵として一瞬も認識せずに即座に愛することができる、という話ですかね。

スピリチュアル系の方でしょうか、このブログコメントにその手の理想論者が現れるとは…。まさに聖者様。

そんなあなたに一言、

「敵味方の区別をしている人」と「敵味方を区別しない人」を区別せず、両者を等しく見なさい、一瞬たりとも「この人は敵味方の区別をしている!」などと思ってはいけません、全ては空です、全ては幻です、あなたが区別することで相手もそのような波動を受けて同様に区別を展開してしまうことでしょう、分かりましたか?

わかりにくければ感覚的に言おう

野田はあたかもベルトコンベアーにのってくる器具を一つ一つ処理するような感覚で人を処理しているようなところを感じる。それを相手に感じとられたとき、野田のつくられた優しさや丁重さ、愛、はすべて呪いや嫌悪に変わる。即ちそこで信頼感が逆転する。このことは短期ではわからない、一定の長期間で相手に悟られる。
愛とはとりつくろった表面的な優しさではない。
愛とは技巧ではない。愛とはマジシャンの魔法ではない。

野田さん、わかりました。
苫●地みたいなエロ事氏と仲良くできるあなたは凄い。
私には無理だ。

その次の方。
後半部分についてはわかりました。

強盗に入られたらという話は、その状況によるとしか言いようないですね。





どこがベルトコンベアーなんじゃ~

野田さんはメチャクチャ人情味丸出しやないか。修行してた人とは思えないくらい、人間世界の道を説いている。

四女には、後見人やってくれた恩義について云々言ってたし、「それって法則と無関係じゃね…?」とツッコミたくなるくらい、義理人情に重きがある。水元素優位な野田さんらしい。

というかね、お前ら、外野のおバカさん達よ、

こういう不特定多数を相手に話をすることになるとね、数々の制約が生まれるわけさ、話したらマズいこととかのオンパレード、つまり手足を縛られた状態。

本当は真理を知っていてもそれを言わない、もっと低いレベルのことを話す、そうせざるを得ないんだよ。

だからチベット密教でも「大乗の道を歩く者を批判してはならない」みたいな戒律があるでしょ?

大乗者ってのは論理的な穴だらけなんだよ、サンドバックみたいなもの。

そんな大乗者を批判するってのは、要は「駅で視覚障害者にぶつかられて怒ってその障害者に蹴り入れて怪我させる」ってくらい卑劣なわけ。

一回、やってみなさい、顔出しして名前出して世間に意見をするってことを。

なるほど。
よくわかりました。

私の視野の狭さを気づかせていただきました。

>私の視野の狭さを気づかせていただきました。

前にもそんなことコメントしてなかったっけ?

あの人情味の語り口と言葉の行為の奥にある

デスラー総統を野田に観る。観えない人には生涯観えないだろう。

感性の眼

「野田さんはメチャクチャ人情味丸出しやないか。修行してた人とは思えないくらい、人間世界の道を説いている」
それが本物ならば野田は教団を追われたりはしていない。命を懸けて彼を追い出すことを止めるものが多数存在し、
また彼とともに教団を大勢出て行く者がいたはずである。

無論私は野田が好きである

ただ、野田が異常に叩かれたり、悪口を言われたり。嫌悪される原因として、参考を野田に対して書いただけである。野次共に対して書かれたものではない。
野田が眠ったままこのことに気づかずに一生を過ごすのだとすれば、あるいは、と思って書いたまでのことである。
ただ不快を感じるだけなのであれば削除するか、キチガイの戯言と思って見過ごしてもらって結構である。

私はこの野田を愛してやまないのである

>お前も迷わず「我も処刑せよ」と言うのが人として正しい。

そうだった、忘れていました、恥ずかしいことです。
私がそもそもブログを始めた理由がそれでした。
思い出させてくれたあなたは神の御使いです。
どうもありがとうございました。

| 201411-13 22:35:54 |
のだ #LC8SBNUk
URL
[ 編集 ]

この野田の中に私は沖田十三を見、またキリストを見る

>それが本物ならば野田は教団を追われたりはしていない。命を懸けて彼を追い出すことを止めるものが多数存在し、また彼とともに教団を大勢出て行く者がいたはず

教団は阿修羅軍団、人情のかけらもありゃせんでしょ…。
人情家だろうがなんだろうが切り捨てる、どれだけ長く関係した仲間でも、あっさりバッサリ切り捨てる、それがオウム真理教。
簡単に家族も投げ捨てますからね、最初から人の道を完全に踏み外しております。

一応、歩みたい真理の道の一つとして、四無量心を掲げてはいるけれど、実際問題として愛は無理だよね、根っこがまんま阿修羅だもの。
ここしばらくはさすがに減ってきたとは思いますけどね、極端な阿修羅は。

#6eWvK0L2さん、貴重な意見教えてくれてありがとう。
これからはそのことも考慮に入れて考えることにします。

謝辞

しかし例えばサンジア教団の元をサーリプッタ、モッガラーナ2名が離脱したときに250人のすべてのサンジアの弟子たちは教祖サンジアを平気で捨ててサーリプッタ、モッガラーナ2名についていったでしょ?
そういうことは少し(少なくても何人かはついていくというの)はオウムにはないのかな、と思って書きました。
その辺のオウムの内情を知らず書いたのは私の間違いでした。申し訳ありません。

いや、あの、なんかすいません、ご丁寧にありがとうございます。

教団の教義を借りて説明するならば、人が付いてくるようなカリスマ性は正大師から、ということになるでしょうね。

ただ、その正大師同士がケンカしてしまうと、教団分裂という大きなデメリットが生まれてしまうので、

「人が付いて来るようなカリスマ」が必ずしも素晴らしいとは言い切れないんじゃないでしょうか。

ヨガの語源である“統御”は、あくまでも個人のレベルの統御ですが、そうではなく、集団の統御においてはですね、皆さんが習ったような修行の価値観は御法度になる場合が多いのです。

例えば、ここの皆さんには決して賛同して頂けないでしょうが、「上司に逆らう」といったことは集団統御においては完全なNGなんですよ。この時点で阿修羅全否定。

野田さんも「なんで皆、もっと教団全体のことを考えてくれないんだ」みたいなことを著書で綴っていた気がしましたが、オウムの皆さんにはこの観点や経験が驚くほどに欠けている。

もし、組織や集団全体を上手く統御するとなると、オウムの教えはいったん全て忘れてしまう必要があるでしょうね。

教祖の最後の著書には、「実は私はまだ半分のことしか説いていない、それは高弟も同様」とあります。

その残り半分とは、恐らく、集団統御。内側ではなくて外側の統御。理想の追求ではなくて現実的な妥協。などについてじゃないでしょうかね。

そしてその両輪をバランス良く回すことが、もっと広い意味での真理の実践なのかな、と。少なくとも、今の教団のように衰退していくことはなくなるでしょう。

オウムとフリーメーソンが合わせて一つ、という意味も分かってくるんじゃないかと。

ありがとうございます

あなた(#6eWvK0L2さん)のように、感情論をまじえず好嫌をまじえず冷静客観的な分析とデータを記述してもらえると教義としてのオウム及び組織としてのオウムを理解する上で、非常に助かります。もちろん#6eWvK0L2さんの認識していたオウムと他の信徒の認識していたオウムはそれこそ様々に違いはあれ、私は誹謗中傷や絶賛などの情を交えず冷静に分析するあなたの言を信用します。
重ね重ねありがとうございました。

えっと、「ベルトコンベア」ってのは訂正ということでいいんでしょうか?

できたら三個以上投稿する場合は、トリップだけではなくハンドルネームをつけて頂けるようお願いしたいのですが。

なんか、きれいにまとまっちゃいそうな感じだけど、、、

toどこがベルトコンベアーなんじゃ~
ただね、やはり、かつて師と仰いだ人に対するにいたった、葛藤、とか、苦悩のようなものが、見えてこないんだよね、最初からどうでもよかったかのような、印象さえ受ける、そんなことないだろうけど
その点上祐さんは、これは彼のしたたかさがゆえかもしれないけど、苦悩のあとが、かなり伺えるわけ
確かに、直接あって話さないと、って姿勢もわかるけど、不特定多数に発信しつづけるのがブログなんだから、もうちょっと語らないといけないと思うんだけど、その辺

ヴァジラプシュパ師だっけ?涙をながして怒ったんでしょ?それだけ、ショッキングなことなんだよ、野田さんの発言ってのは、傷つけたんだよ、泣いちゃうぐらいに
いまも、同様にいろんな人の心が傷ついているかもしれんし、ないてる子だっているだろう、俺もショックだった、それを、いいっぱなしの感があるんだよな
話を聞きたいなら、直接、ってのには、どうせそこまではしないんだろ?って達観が、三割くらいはあるんじゃないかなーって思うし


やはり、覗き込む人は、覗き込まれもするのがさだめなんであって、一方的にいいたいことだけを発信する、ってだけでは、いかなくなってくるもんなんじゃない?ブログってのは、
だからその辺、やはり、処刑せよ!の発言について、そこにいたる過程を、もっと語ってほしい、どうだろうか

麻原彰晃尊師に感謝して下さい。
求人が多い世情の時は生活保護受給者を解放するぐらいの
器、度量ない。?最初からするなよ。

じゃ、これからミッキーでいきます。

まずね、皆さんに、野田さんの潜在意識の傾向を解説します。

蠍座の人は、本音や本心をほとんど話しません。

以上。


でも、傷付いたとか、そういう話をするあなたも、なかなかの人情家ですね。

コメントに、溢れる優しさを感じます。

たださ、「発信する一方」というのは違うでしょ~。

元オウムを明かし、名前も明かし、活動内容も明かして、電話なり顔合わせなりすると宣言し、元サマナにお金も出して面倒見て、被害者に賠償して、ブログのコメント欄も開放してそのコメントに返事までしている人、他にいます?

三女のブログはコメントに返事する気がほとんど無いでしょ、会うことももちろんできない。一方通行というのはそういうこと。

よう頑張ってると思いますよ、野田さん。

そんな野田さんにこれ以上、何を要求するねん、と思って私はちょっとカチンときてコメントを連投しているわけです。

はっきり言うと、さそり座です私。

今まで本心を隠していましたが

野田さんを蔑んでいます。


ひでえこといいなさるw

どういう点で蔑んでらっしゃるのか、ちょっとよく分からないのですが、皆さんのここしばらくのコメントを見ていると、

敵として認識せず愛する、「お前は人に愛されない」、人を傷付けてた発言の背景は何か、

三名くらいいらっしゃるのでしょうか、ほとんどアナハタ関連ですね。このブログコメント欄って、いつもこういう話題で賑わってましたっけ…。

野田さんが先日、教団にいた成就者を「人としてはダメな場合がある」みたいな形で解説してくれてましたよね、

そういう人としての道理はアナハタの世界、そこに共鳴した方々がここ数日は集っているようだと感じています。

さっきも言いましたが、元オウムとしての責任から逃れようとせず、ここまで色々と表明して、本まで出してる野田さんに、更なる説明責任を追及するのはさすがに行き過ぎでしょ。

野田さん自身は人に会う気が満々みたいですし、何か引っかかりが心にわだかまりとして残っているならば、実際に会って話してみたらいいと思いますよ。

ネットよりリアルの方が、コミュニケーションは平和的で建設的に進むものです。

>野田さんを蔑んでいます。

理由も言わずこんな言い方は無い。

他人に対し「意識を内側に向けろ」と豪語する奴が
自分だけは自由に「意識を外側に向けて」他人を蔑むとはお笑い種だ。
こんな破綻した人はちょっと見たことないな。

苫米地と肩を組んでる写真を見て、
いっきに蔑みが起こりました。

ああだめだこりゃと。

和井恵、元芝、苫米地。
共通して邪淫のカルマが凄い。

こう言う輩と、へらへらしながら仲良くなる人たち。
もう修行者としては見ることはできません。


要するに、この人たちは、人を自分の欲望を満たすための「物」として見ている。

野田さんはそれがわからない人なのかと思って、蔑みと、悲しみと、憤りが混ざった
感情が湧いてきました。


>要するに、この人たちは、人を自分の欲望を満たすた
>めの「物」として見ている。

それがベルトコンベア論につながる訳か・・・・

元信者さん

内側に、高い理想を潜めるあなたは、典型的な蠍座気質かもしれませんね。

邪淫と否定的に見るか、「英雄色を好む」と肯定的に見るか、主観の問題も絡んできそうですが、それよりまずあなた、ご自分の人生を振り返ってご覧なさい。

一人で理想を秘めながら、何か大きなことはできましたか?自分の世界で完結して終わるような自己満足だけなんじゃないですか…?

他人や世間に対して何か結果を出す為には、スタンドプレーじゃダメなんですよ。

互いの共通点に注目して和合し、チームプレーをする必要が出てきます。そこでは、現実的な妥協が欠かせません。

あなたのスタンスは、互いの相違点に注目したり、自分の理想や世界観をあくまでも譲らない、というものではないでしょうか。

それですと、結局は一人でオナニーしてる中学生とあんまり変わらないんですよね。大乗的には、大した結果を出せないからです。

これはオウム関係者一同に伝えたいことでもありますね。阿修羅を越えて天に至れ、というか。

実際は単に、気が合って仲良しなだけ、みたいに、もっとシンプルな話だとも推測しますが、あんまり本人不在で勝手に話を進めるのもアレなので私はこの件についてはこれ以上は首をツッコミません。

連投、失礼しました。

>和井恵、元芝、苫米地。
>共通して邪淫のカルマが凄い。
>こう言う輩と、へらへらしながら仲良くなる人たち。
>もう修行者としては見ることはできません。
>要するにこの人たちは、人を自分の欲望を満たすための「物」として見ている。
>野田さんはそれがわからない人なのかと思って、蔑>みと、悲しみと、
>憤りが混ざった
>感情が湧いてきました。


そうしてみると、このように外側に意識を向け、外側の現象である他人のありようをジャッジメントして蔑みや、悲しみや、憤りを独り噴出させるバカらしさが分かると思います。

外側に意識を向けたとたん、蔑みや、悲しみや、憤りが表出する。
わからないかなあ。


単に>和井恵、元芝、苫米地はsexを楽しんでいる、自分はモテないから女がいない、それでその悔しさを隠すために
蔑みや、悲しみや、憤りが表出っていいなおしているだけでしょうなw
もっと内側に意識を向けましょうやw

ちゃうちゃう

皆さ、なんでもかんでも「内側に意識を~」とか、修行の論理だけで問題を解決しようとする習性、もう卒業した方がいいですよ。

内側について物凄く頑張ってるはずの教団の皆々様方がなんで衰退しているのか、明らかにおかしいですよね。

そこでまた更に「それは内側の追求が不足しているから~」とやるのは、バカの一つ覚えではないかと。

結局、煩悩も主観も、越えられる分量には誰しも限界があるんですよ。

それに、基地を「最低でも県外」とか言って逆に問題を悪化させた政治家がいますが、分かりますかね、過度に内側へとばかり探求し過ぎると逆に悪化することがあるんですよね。

その理由は、様々な観点から説明できますが、例えば気道の詰まりが除去できないという点があります。

内側ばかり探求すると、身体的には左側ばかりにエネルギーが集中し、全身からするとそれはエネルギーの“停滞”となってしまうわけです。

流動して勢いよく循環していれば、その流れで除去できる気道の詰まりも、ドンドン肥大化していきます。

循環させる為には、外側への意識も適度に持つ、身体的には右側にもエネルギーを通す必要があるわけです。

「悪友と交わってはならない」とか、釈迦も外側への意識について言及してるじゃないですか、

「悪友と認識したお前は未熟者だ」という教えもあるかもしれませんが、それ一本に偏るとろくなことにならない。

だから元信者さんには、「共通点に注目して和合すると大乗的活動の前進がありますよ」と、外側への意識による問題解決を提示してみたわけです。

と、また口を出してしまうミッキーでした。ありがとうございます。

ミッキーさん、、、悪いけど何が言いたいのかわからない

コメント待ってました!今日まで暇してるのです。

あのね、伝わる可能性は非常に低いと諦めてはいますが、もしあなたがオウム関係者なら、一回調べてみなさいな。

教祖の最後の著作に、「実はまだ半分のことしか話してない」みたいな記述があります。その後に、仏教的ファウンデーションについて言及が。

ファウンデーションって言われても誰も知らんでしょうし興味もないでしょ、教祖が言っても興味抱かれないのに私がのたまったところで関係者に伝わるはずもない。

でもね、知りたかったら調べてごらん。

オウムはまだ半分だけ、不完全なの。

これが理解できたら、教団内の模範であるはずの正大師同士がケンカ始めて教団がパニクるのも当たり前と納得できる。

ポイントは、個人の調御じゃなくて集団の調御、内側の調御じゃなくて外側の調御、陰じゃなくて陽、精神より物質、スタンドプレーよりチームプレー、理想より現実、

こういう支配者的な観点と、オウムの修行者的観点を、両方バランス良く持つこと。

それが、真理に沿った理想社会とかを実現する上でベターな道なわけ。

この手の話を、早い段階でしてしまうと、現代人と同じように結局はエゴを増大させてしまう危険性があるから、簡単には出せないテーマなんでしょう。

どう?少しは伝わった?

僕はミッキーさんの「ちゃうちゃう」のところから全部ミッキーさんが言わんとするところの意味は分かるよ。分からない人は宗教とか仏教とか意識とかあんまり考えない人なんじゃないのかな。勉強しましょ。

ただ僕はミッキーさんの繰り返し説かれる
「教祖は実はまだ半分のことしか話してない」
「オウムはまだ半分だけ、不完全なの。 」
の部位のその説かれていない半分の中身については全く想像も当ても思い当たらなくて、そこは僕にはわかりません。

「だれでも、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされます。
 

 ~ イエス・キリストの言葉 ~ 」

ミッキーーさん
「教祖は実はまだ半分のことしか話してない」
「オウムはまだ半分だけ、不完全なの。 」
この件に関し、あなたの個人でできる限りの想像できる情報・思索・想像をお話していただけませんか?
もちろん実際のところは教祖しか知り得ないと思いますが、ミッキーさんの思い当たる考えで良いのです。
僕はそこに非常に興味があります。

ミッキーさんって、元サマナですか?

僕は自慢じゃないけど、もう粗雑なレベルでの性欲はないです。
だから苫米地、和井、元芝氏のような人のこと、蔑みます。

ふつうに彼女がいて結婚して性交渉している人には、なんら嫉妬も軽蔑もありません。

だから、上記で言われているような批判は筋違いと言っておきます。

和井=風俗アラハン、元芝=陰茎・肛門いじくり店主、苫米地=エスエムド変態。

かように考えております。

野田さんは、三者のような変態ではないと思ってますよ。
蔑んだというのも、変態と仲良くなってることについてであって

今すぐ変態とは縁を切ってほしいという、期待の裏返しです。

そうしてみると、和井=風俗アラハン、元芝=陰茎・肛門いじくり店主、苫米地=エスエムド変態など【外側の現象にあれこれジャッジメントする】ことの
バカらしさが分かると思います。

【外側に意識】を向けたとたん、和井=風俗アラハン、元芝=陰茎・肛門いじくり店主、苫米地=エスエムド変態が表出する。
わからないかなあ。

ミッキー、ちょっと精神が錯乱気味でない?

>和井恵、元芝、苫米地。
共通して邪淫のカルマが凄い。

和井さん
昔信徒の時見たときには神々しい限りでしたが
邪淫のカルマ丸出しのイケイケライフなのですか??
初老で病気してるんじゃなかったでしたっけ。
ブログの写真見たら全く生気がなさそうでしたが。

バカ二人が延々と口論してたり慣れ合ったり人様の掲示板で無駄にレス数伸ばしてるスレ見るとウンザリするよな・・・。←コピペです。なるほどなと思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1081-4ea3832f

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-04 : 4
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad