元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★荒らしの常習犯が来るたびコメント承認制になります★ 累積賠償額916万円 

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

◆アレフのティモシェンコ

 昨日の記事で、ウクライナ・オレンジ革命前後において、

「悪魔プーチン後ろ盾の悪役ヤヌコヴィッチ vs 逮捕投獄で悲劇の美人政治家ティモシェンコ」

 の構図を書きました。結論、どっちもどっちのアホらしい争いなのですが、それに現アレフもそっくりだということです。

「あの人は(私なんかより)ずっと美人ですよ~」

と小生に約20年前述べたのは、ケイマ正大師です。あの人とは、今回除名騒動渦中にあったヴァジラプシュパ師。「え、そんなに美人かなぁ~」と思ったのですが、まあ女性は化粧すれば美人に化けるかも。ってことで、ウクライナ・オレンジ革命との比較で、殴られて除名のヴァジラプシュパ師は、逮捕・投獄の美人政治家ティモシェンコということにしましょう。

 除名情報を聞いた当初、小生としてもブン殴られた上で除名された悲劇のヒロインが不憫になり、同情をよせて二ノ宮君批判の内容を書いたフシはあります。しかしそもそもなぜヴァジラプシュパ師は殴られたのか?少なくともティモシェンコのように、ガス利権で不正蓄財という程腹黒ではないでしょうが。しかし荒木君お話し会の伝聞情報によると、「プシュパ師が何人かの師を三女に会わせた」とのこと。それが真実だとするならば、二ノ宮君の言い分「三女は、一部の教団関係者と関わりを保持し、教団破壊・分裂活動の指揮を取っています」も分からなくはないのです。

 確かにあっちゃんが、次男の教団関与を懸念しているとしても、二ノ宮・荒木・松葉の三氏が次男を引き戻そうとしている話は、一体誰から聞いたのでしょうか?その話を次男から聞いていたとしても、あっちゃんが手紙であっても「自分は関わらない、兄弟にも関わらせたくない」という意思表示は、次男に戻って欲しい意向の二ノ宮君一派からすれば「教団分裂工作」と取られてしまうのを分かっているのでしょうか?まして況んや、もし仮に直接教団の師に会って話をしていたとするならば、個人的な会話であったとしても、それが教団の動きに影響を与えるのは明白であって。

 6年前、オバマ大統領は「イラク撤退」を切り札に大統領選を勝ち抜きました。しかし先頃のイスラム国空爆開始により、イラク出口戦略は振り出しに戻ったわけです。いえ、アメリカはもはや抜け出せない泥沼に足を突っ込んだのかも知れません。イラクから手を引くつもりだったオバマ大統領が、最初の意図に反して引きずり込まれたのです。

 空爆承認に際し、「私は米国が再びイラクでの戦争に引きずり込まれることは許さない」と、地上軍の派遣は否定したオバマ大統領。しかし空爆だけで制圧するのは極めて困難な現状、地上軍派遣は時間の問題か?「自分は教団に関わらない、弟にも関わらせたくない」と手紙を送ったあっちゃん。しかしその手紙そのものが発火点となり、除名等の火種が燃え広がりつつある教団。

 イスラム国を巡る状況にイスラエルが絡めば、ユダヤ・キリスト教 vs イスラム教という、人類の過半数を巻き込む混乱にもなりかねません。あほらしいアレフ内紛は、一神教支配がどのように終焉するかの示唆を与えてくれるものかも……。


◆河童の書き込み

 昨日まとめたHN「河童」関連書き込みは、IPアドレス等から同一人物もしくは同じ勢力下の一連の人物ではないか、と推測しました。その前提で話を進めるわけですが、

 教団内部について高度な情報収集能力を有する勢力

であり、かつ

 二ノ宮君中心の現アレフ体制を信用失墜を狙っている勢力

と推測されます。

 その信用失墜も、二ノ宮君らの社会的信用というより、内部信者に対する信用失墜を狙っているように思われます。すなわち、内部分裂工作に近い。


◆高度な情報収集能力

>こっそり準備したブータンの修行場で修行でもしてくれ(5/20屁の河童)

 この情報については、二ノ宮君とその周囲一部しか知らない筈の情報らしいです。「なんで知っているんだ?」と思ったんじゃないでしょうか?

 これだけ内部情報に詳しい点からすれば、書き手の可能性は

①公安関係者
②エシュロン並みの情報収集力を有した諜報機関(CIA等)
③信者から情報収集できる(内部もしくは外部の)オウム関係者

 ②については、諜報機関がわざわざそんなことをして、こんなブログに書き込みをするのか?何のメリットがあるのか?ということで可能性は低いです。

>ニノミー行き着けの焼肉屋の情報とか、好きなビールの銘柄でもいいと思うよ。 5/26
>焼肉食って、ノンカロリーのビール飲んでる間はないぞ! 6/7

 二ノ宮君、ビール飲んでるの?小生は今でもアルコール全くダメなんだよね。

 内部情報収集能力は、松本家は高いです。以前こんな記事も書きました(荒木芸能リポーターキョンキョン突撃事件)。


◆悪口批判の程度

 屁の河童氏による二ノ宮君批判は、小生でもやらないくらい過激なモノです。外部の公安関係者ならまだしも、教団内部(もしくは外部)関係者で二ノ宮君に対してこれだけの批判を躊躇無く何度も繰り返せる人間はそうそういません。下のステージであればある程、戒律の観念に縛られているからです。勿論教団を辞めた外部の人間で、彼に恨みを持つ人間の可能性もありますが、その場合は情報収集力の説明が付きません。信仰を捨てた人間に対して、これほど多くの内部情報を提供することは考えられません。

 教団関係者で、「元々二ノ宮君は自分より下」と思える人間、もしくはその後ろ盾があるならば、可能でしょう。しかし小生ですらそこまでは言えない、というレベルです。


◆「道場かっぱ」は架空キャラ

 このキャラについては、一時小生も実在かと勘違いして、「心情が分かる…」などとコメントしてしまったことがあります。しかしよくよく考えてみれば、普通のサマナとして有り得ない行動ばかりしているわけです。どうも騙されていたようです。

・野田ブログ閲覧及び書き込み
・二ノ宮指導部悪魔批判
・猊下礼賛に関わらず、指導部批判、情報漏洩

 以下個別に見ていきますが、まず自分でも架空と暗に認めています。

>道場かっぱは誰か?とか一部で騒がれているようですが、たぶん「わからない」と思います。探索しても無駄です。なぜなら、普段の私とは全く別人格ですし、書き込み内容も微妙にずらしていて、わからないようにしているからです。

 重要なのは以下の書き込み。

>わたし・・・気がついてしまったんですけどっ!!!
>7月に札幌にG猊下がいらっしゃるんじゃないかと
>札幌道場のお近くにお住まいのみなさんっ!
>ぜひG猊下に会いに行きましょう!\(^o^)/
>札幌道場に入っていく人に、「あなたはG猊下ですか?(・・?」って声をかけましょう!

 同じ投稿で以下のように次男礼賛しているわけです。

>1年前の7月、このセミナーで○さんがG猊下のお話しを始めたんですよね・・・1年でこんなにG猊下が身近になるなんてッ!(*^_^*)

 まともなサマナならば、そこからしてお供物停止・除名含めて二ノ宮君、荒木君が、次男の意向を受けて動いていると考える筈なんです。しかも、8年前の上祐派との分裂の際に、裏で松本家の意向が働いていると察知しても、それを教団内部においても表沙汰にはできない・しないで、暗黙の了解に留めるという風に忖度する・してきたのがまともなサマナです。まして況んや、このような外部に公開されているブログに公開するなど、もってのほかです。

 この7月のMPS信徒セミナーに関しては、マスコミ取材に加えて公安庁が立入検査まで行いました。「次男が来るのではないか?」と思わせるこの書き込みが、それらの取材・立入検査に入る動機の一つになったことは間違いないでしょう。

 しかし荒木君は、松井弁護士経由の「次男と妻の関与があるのか?」という問い合わせに、「関与はない」と回答しています(らしい)。そこからすると、こんなセミナーに次男が登場するなど、全く有り得ないことです。道場かっぱも、もし実在の道場サマナだとして次男の来札(幌)を関知したとしたなら、書き込み自体が周囲の注目を浴びさせてまずいことや、注目を浴びることで来札の可能性が消えることも十分に推測できた筈です。

 そうするとこの書き込みは、次男来札という情報でマスコミ公安を煽ったと見た方が良さそうです。少なくともマスコミは乗せられたようです。では公安は?公安庁も荒木君が松井弁護士に「関与はない」と返答したことくらいは把握していたでしょう。すると可能性としては、公安自らが「次男来札」情報を書き込みして、立入に入るという自作自演をしたことになります。しかし少なくとも小生が認識している限り、そのような自作自演とも解釈できる公安の捜査・立入は、今までにはありませんでした。公安の可能性を排除するならば、次男来札を煽ってメリットを得る教団関係勢力の可能性が極めて濃厚、ということになります。

>お供物班と八潮の方々とI師を教団から追い出す動きへの嘆願活動!
>このままでは捨て置けません!今からでも遅くはありません。
>道場の皆様、どしどし私まで賛同の声をお送りくださいませ(ノ´▽`)ノ
>道場の皆様、匿名かっぱで運営委員会に直接 Let's tangan-mail!( ̄▽ ̄)ψ

 これも教団内部分裂の意図から書いていることになります。可能性としては公安関係者もありますが、公安関係者の場合、アレフが縮小すれば仕事(及びその利権)が減るというジレンマが働きます。

 更にもう一点。先と同じくなぜ今この時期に…、という疑問です。もし公安関係者がこのような内部分裂工作を図るのだとしたら、これまでも分裂騒動があったわけですから、同じ動きがあっても良いはずです。少なくとも、小生がこのブログを開設して以来、アレフ本体合同会議側と荒木君・二ノ宮君を批判して分裂を促すような一連の書き込みは見当たりません。すると、今回分裂工作を意図している勢力は、その数年前の分裂騒動においては、合同会議・二ノ宮・荒木側の信用失墜させる必要がなかった、ということになります。

 これらの考察から、小生が思ったのは…

 なんだ、オレンジ革命みたいなことやってんのか、どっちもどっちだなアホらしい

 これは反二ノ宮側が気づいていようといまいと、そのつもりがあろうがなかろうが、オレンジ革命と同じ結果になりつつあると知るべきです。

 信者の皆さんは、早くその一神教の盲信、バカバカしさ、不毛な争いに気づいて、抜け出して頂きたい

 という気持ちからこの文章をしたためています。

(つづく)

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

野田さんは、一神教の盲信という自己の観念に直面しましたか?
本に書いちゃった手前、持論を押し通したいっていうのですか?

そういうのって、迷惑千万ですよ。

適当に聞いていたので、確か?みたいな話しですが
二ノ宮さんの、手下で癌にかかった人が、いて
脳まで癌が、回った時に、二ノ宮くんの秘密を
ベラベラ喋りだして、秘かに教団の金を蓄財してるとか
外国の別荘とか、サマナの人は、かなり知ってるらしいとか
焼き肉のはなしも言ってたですね、王様みたいらしいです、
うらやましい

迷惑ってんなら野田さんのブログ見なきゃいいだけじゃん。

あなたみたいな人が「ああ一神教の盲信してるんだ、オウムは」っていう
観念に支配され、そして迷盲の徒のまま安住するのを
黙って見てられないたちでして。

だから野田さんを黙らせたい、と。
もしくは野田さんを教育したいと。

あ、ちなみに私も元信者です。
あなたみたいなひとりオウムも笑って見ていられるたちでして。

それはまったく違います。

野田さんには大いに語ってほしい。
一神教支配という観念は障害であって、それを突き抜ける頭脳の持ち主だと思うからこそ。




ここで説くのに一神教・多神教の男性原理・女性原理以上のこと説いても、具体的な事例も余りないし、そもそも一神教云々の話すら余り皆さん理解していないように思います。

五行論、詳しいなら私に教えて下さい

私を破門した方じゃないでしょ?

陰陽等の大きな“シフト”について、この間にさり気なく触れましたが、ほとんど誰も聞いてないようなので、もう一度ここで呟かせて下さい。

まず、陰陽のシフト後に、再び陰陽のシフトがあり…、というように、シフトチェンジは永遠だと私は見ています。

例えば過去における女性優位の時代に何があったのかは、現代における女性の境遇を見れば明らかではないでしょうか。

つまり、社会的に優位な女性が、男性を下に見て、男性を虐げて、男性を社会的に不利な立場に置いていたと思います。

この時代に男性は悪業を浄化され功徳を積んで成長していたことでしょう、逆に女性は悪業を積んで功徳を浪費してステージダウンしていた、と。

この結果、ある時期から陰陽のシフトが起こり、現代のような男尊女卑が始まり、

男性は女性を虐げて、男性は悪業を積んで徳を減らし、女性は浄化され積徳する。

不遇の時代を果敢に生きた現代の女性は本当に有能で、すでに男性をバカにして見下し始めている方も結構多いですね。

重要なことは、この陰陽のシフトを繰り返すという、いわば時代の輪廻から脱却することでしょう。

陰陽、天地、そして磁極等の大々的なシフトの際には、解脱や悟りだなんてことを冷静に語る余裕はなくなると思われますが、今のうちに輪廻のバカバカしさをこういう観点から見直すのもいいと私は思いますね。

>教えるために教えないってことが重要

はい、仰る通り。

なんか破門師匠とそっくりな言い分で…

あれ

五行は、火、水、木、金、土、ですが、
五大エレメントは、空、風、火、水、土、
だったと思いますけど。

五大元素には昔から疑問がありました。

特に空元素に。

なんで地~風までが物理世界の元素なのに、その後に一気に空元素なのか。

また、チャクラと対応させると、数が合わないな、と。

このことから、私は以下の推論をしています。

第一チャクラ→地
第二チャクラ→水
第三チャクラ→火
第四チャクラ→風
喉の第五チャクラ→音の元素
眉間の第六チャクラ→思念の元素
第七チャクラ→空

喉のチャクラには声帯があるように、音、アストラルを司り、眉間のチャクラには脳味噌があるように思念、コーザルを司る、という発想です。

お腹のチャクラが低いアストラルへの入り口じゃないか、という反論があるかもしれません。

花弁のように複雑なチャクラをもう一段階だけ細かく分類するならば、チャクラは体の前面と背面とで機能が異なっていると私は推測します。

前面が物理世界での要素と関係し、背面に進むほど潜在意識や精神的要素と関係する、という意味です。

チャクラの性質は、物理面と精神面の2種類ありますが、それぞれ体前面と体背面が対応するのではないでしょうか。

扉と称されているのは、前面に集中したエネルギーが右ねじの法則に従って螺旋状になりチャクラ背面へと移行していく中、潜在意識の世界へも同時に移行していくからでしょう。

>> 曜日から発想されたのではないですか?


そうです。

スマホからだったので、
思いついたまま、急いで打ってしまいました。


あ、あのコメントは消してしまったんですね。



まさに仰る通りでして、元素やチャクラ関連は私の得意分野ではないですね。

チャクラは、もし本当に細分化して考えるならば、経絡や気道の一つ一つをつぶさに分析する次元に突入することになるでしょう、

以前の知り合いで中国の鍼を修得した方がおりまして、「ここの部位は○○に対応してここは○○で」と、私には手出しできない世界が広がっておりました。

ヨーガスートラに書いてある、「○○の部位に精神集中すると○○になる」の類にしても、まぁ(笑)、私にはついていけない世界ですね。

ところで、その“情報”というのは、もう少し具体的にはどのようなものでしょうか?

五行については興味がありながらも、ほとんどノータッチで今日をむかえています。

その現象に対して思索し、その思索も、例えば、無常に基づいて思索をする、あるいは、慈愛に基づいて思索をする、あるいは、哀れ【→哀れみ】に基づいて思索する、あるいは、称賛に基づいて思索する、あるいは、聖無頓着に基づいて思索すると。このような訓練をしている人は、その現象を真理の法にのっとり理解することができるから、そこから、現象の本質を理解し、智慧へと到達することができる。

毎朝このブログを見て、ワイドショーネタで楽しむのが日課になってきました。

そうする間に、口が軽くなってきたかもしれませんね、硬派なコメントありがとうございます。

余暇も、この辺りにしておきまひょう。

j192

それではまた~。

畜生のやる議論をしてはならない。すなわち、国王論、盗賊論、大臣論、軍隊論、恐怖論、戦争論、食料論、飲料論、衣服論、臥具論、華鬘論、香料論、親族論、乗物論、村落論、聚落論、都市論、地方論、婦人論、男性論、勇士論、街路論、井戸端会議論、亡霊論、種々論、世間ばなし、海のはなし、こうでありました、ありませんでした、という論議をしてはならない。(雑阿含経第16巻)

スッタニパータ360. 第2 小さな章 13.正遍歴遊行経 2.

○中村元先生訳
360
師はいわれた、
「瑞兆の占い、天変地異の占い、
夢占い、相の占いを完全にやめ、
吉凶の判断をともにすてた修行者は、
正しく世の中を遍歴するであろう。

これ有布ちゃんが書いたんじゃない?

ワシもそう思う

病気?

     (´・ω・`)
   /     `ヽ.
  __/  ┃)) __i |
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\

有ちゃん
またカウンセリングも受けましょうねー

938 : ◆brJY.mr26k :2014/11/02(日) 21:45:29.87 ID:NO9S8ODz
野田君のブログを見るとオウム信者の思考回路がよくわかる。

このスレもそうだが匿名投稿でネチネチ、ネチネチ(笑)
で、自分を否定されたら嫌悪丸出しとなり、犯人捜しに躍起となり。

「この投稿は誰に違いない」
「あれは魔境だ」
「これこそ真理だ」

中二の稚拙なサークル活動。
見ていて哀れになるよ。

投稿したあなたと彼らに祝福あれ

でも匿名だから3つまでにしておいてね(一日当たり)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1075-0f111dcf

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad