元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 前記事からの続きで、現代社会における凡庸なる悪について、です。第二次世界大戦前夜においては、凡庸なる悪は全体主義(ファシズム)という形で現れました。そこにおいては大本営発表のような情報統制があってので、結果的に「国民みんなが騙された」みたいなことになってます。しかし現代ではインターネット・携帯電話他、情報通信網が発達していますから、凡庸なる悪は同じような形態では現れないでしょう。逆に因果関係がより複雑で見えづらい分かりづらい形で発露していくんではないかと考えます。いわゆるブラックスワンのような形で現れると思われます。イスラム国の登場とそこに集う若者は、まさにブラックスワンと言えるのではないでしょうか?

 カリフ宣言をしたイスラム国、それ以外のスンニ派、シーア派、アラウィー派…などなど、イスラム教内での内輪もめもありますが、欧米諸国の攻撃が激しくなるにつれて、対イスラエル・アメリカに対する聖戦という大義名分を得て、そこに加わるムジャヒディン(イスラームの教えに従って異教徒と戦う「聖戦士」)が増加するでしょう。このままイスラム国の勢力地域が拡大すれば、最終的にユダヤ・キリスト教vsイスラム教という一神教同士の自滅戦争、まさにメギドの丘で起こると預言された「ハルマゲドン」勃発。そうなればもうオウムを嗤うどころじゃありません。

「野田、お前はなんでそんなこと言えるんだ?単にオウム事件を正当化したいだけじゃないのか?」
と仰るかも知れません。いえいえ、原理は極めて単純です。何度も言っている「陰陽転換」「影の反逆」です。

 一神教・男性原理の緊張、その抑えつけられたところで破壊衝動が潜在的に蓄積していると繰り返し述べてきました。世界全体緊張から解き放たれて弛緩した状態になるでしょう。弛緩した結果が、女性原理の多神教、地縁血縁による極めてローカルなコミュニティーに人類は還るって結末になるんだろうと。そこには世界を束ねる理念はありませんから、通貨はあったとしても現在のような流動性はなく、インターネットその他世界中の情報網・物流網もないでしょう。それらを否応なく手放さざるを得ない事態が起きるという逆算に過ぎません。先ほど述べた要点は、表現方法は違いますが中国四千年、インド五千年叡智の集結ですから、バカにしないで下さいね。仮に小生の「今更ハルマゲドン」説が外れたとしても、その価値は不変です。

 では具体的事例で少し詳しくみていきます。テロリスト集団イスラム国に日本人が参加を試みたという事件。このテロリスト志願者はどのようにして生じたかというところです。先の記事で居場所の喪失、生き甲斐の喪失、すなわち社会における疎外感、閉塞感と述べました。これは一神教統一理念下での緊張に基づく破壊衝動とも言えますが、ここに現代社会の「凡庸なる悪」が存在すると小生は考えます。

 抽象的な視点ではなくもう少し具体的状況を見ていきましょう。北大生については詳細は報道されていませんが、最初の記事で紹介した自由シリア軍参加の青年。彼はいじめにあって、人生の意味を深く考えるようになったとのことでした。

 ではいじめはなぜ起きるのか?これまた複雑で十把一絡げに述べられない問題ですが、一つ典型的な例を考えてみます。

 いじめに荷担する子供の大半は、自分がいじめられない為にいじめる側に回るという考察があります。子供たちも自分を守るために、大勢についてスケープゴートをいじめる構図です。この場合、いじめの標的を定めるのは、集団ヒエラルキーのトップに立つ子供です。ではその子が悪者なのかというと、そういう子に限って、先生の前ではあたかも優等生のようにおとなしくしています。最近のいじめっ子は、ジャイアンタイプではなく裏表のある優等生が多いんだそうです。国際社会におけるアメリカみたいな存在ですね。

 これは明らかに大人社会が映し出されているとしか言えません。グローバル資本主義で生き残るには、安心・安全・便利・快適なサービスを提供し続けなければなりません。上司とお客様に下僕のようにへつらわなければなりません。ひとたび家に帰れば愚痴を言ったりするのでしょう。それを家で子供が聞いたらどうなるか?あるいはそういう愚痴を聞かなくても、子供はマスコミの報道を聞いていれば、自然といじめのやり方を真似してしまうのでしょう。表向きはもめごとを起こさないことなかれ主義でも、内心ストレスを溜める。ストレス発散は、ネットその他、多数が加勢してくれる安全な場所から、立場の弱い人への一斉攻撃。ちょっとした不祥事を起こした芸能人や政治家を容赦なくバッシング。マスコミが血祭りに上げる様子を、安全なところから観戦して喜びます。小生はこのような空気が「凡庸なる悪」であり、一神教支配を終焉にいたらせるのではないか、と懸念するわけです。「凡庸なる悪」は、換言すれば、他人に対する想像力を失った勧善懲悪の善悪二元論的思考とも言えます。

 現代においては、学校自体がある意味子供に強迫的に「均質的なよい子」であることを押しつける機関でもあります。ある意味優等生であろうとすればする程、ストレスが溜まるのかも知れません。そのストレスのはけ口としていじめがあるのかも。

 いや、対先生とか対上司とか対世間とか、上っ面だけ取り繕うってのは相当ストレス溜まることですし、その発散の仕方も激しいんでしょうね。小生、団体在籍時に部下からの評判の悪い師がいました。嫌悪が凄くて部下にはもの凄く厳しくてうるさいという評判です。しかし上のステージである私が行くと「正悟師、あれを致しましょうか?これを致しましょうか?」ともの凄く丁重に尽くしてくれるんです。その姿勢だけ見ていると、極めて優等生的であり、嫌悪の師という評判は何なんだろう、と思えたわけですが、小生が家族批判をするや否や、罵詈雑言の嵐。評判通りの本性を現してくれました(笑。その師は、昨今の猊下騒動では、「尊師がご存命中に、グルを猊下にするのはマズイのでは…」などと会議で発言してしまったらしく、今では除名予備軍リスト入りとの噂…。ああ、カルマですね~、耐えて下さい、迫害されるものは幸いなり。

 今や教団は、次男を掲げて麻原妻を後ろ盾とする二ノ宮君に対し、「グルは麻原」派、三女派などが抵抗・逆襲を試みるという構図。しかしいかんせん、反二ノ宮となる勢力には、核となる人物が存在しません。アメリカに対抗するバラバラのテロリスト連合のようなものです。しかしここに来て急遽出家者の間に待望されているのは、なんと…。その人物を中心とした一大対抗勢力ができる可能性がでてきたのです。アレフ版イスラム国の出現なるか?

 話が逸れましたが、このような「いじめ」が蔓延する結果として、生死をかけた日本人ジハーディスト志願者を生み出したのです。グローバル資本主義という一神教の統一理念、それが人間を派遣労働者のように、画一化された従順な労働商品におとしめるわけです。その一神教・男性原理の緊張が、システムの潜在的破壊力になると述べてきました。いじめを契機に、「生きる意味とは何なんだろう?」と考えた青年。小生含めて物質的に豊かな日本になじめずオウムに集った若者と、問題の根元は同じなのです。それを一神教・男性原理の緊張がもたらす影の反逆と、小生はとらえたわけです。

(つづく)


コメント


こんなビデオがあったとは!

今日ユーチュープでビデオを見てると、

「目覚めよ!パラマハンサ・ヨガナンダの人生」映画予告編
https://www.youtube.com/watch?v=TWECx4V9IOw

こんなビデオがあることに気づきました、

パラマハンサヨガナンダも要注意人物として
政府監視下に置かれ、メディアにもヨーガは
危ないものとして叩かれたとありました、

これはオウム関係団体の置かれている
状況とも少し近いものがあったような
気もします、

僕は彼の動いているビデオを今回初めて見る
ことができて少し感激しています、

「ラーマクリシュナの福音」は僕は全部読むことは
今だ、できてませんが、

パラマハンサヨガナンダの「あるヨギの自叙伝」は
二回買ってます、一回買って捨てて、

もう一度買って、最後までなぜか読むことができました

当時、読んですばらしいと思っていたことを思い出します、

この映画、本編を僕は見て見たいですが、

今日この予告編の存在を知ったばかりで
まだほとんど映画について僕はリサーチもしていませんが

なんかお知らせせずにはおられずに
お知らせしたいと思った次第です。
                 草々

昔は上にこびへつらい、下に威張る人間は半殺しにしても正義(大衆支持)だったのです

昔は、昭和の古き時代は、優等生は、いじめるものを退治する側にありました。
また、悪(ここではいじめの意)に対する暴力が社会的にある程度認められていましたから(今の時代はゆるされません逆告訴されます)、優等生はいじめる者を暴力で半殺しにすることができ、しかも賞賛される、
というものでした。今はいじめを止めるにもチクるか通報するか姑息な手段をとるしかありません。また教師にも暴力が許されませんから、いじるめる者を警察にたよるか、みてみぬふりをするしかありません。
昔は、いじめられないためにいじめる側にまわらなくても、そのいじめる奴を半殺しにしてしてしまう、という手法があったのです。半殺しにして力をみせつけ、その後彼を諭し、
握手する、という構図があったのです。
現代のこの問題の陰湿化は社会の変化、閉塞感、社会的ルールの異常増殖さに基づいていると私は思います。
今はいじめ→警察、つまり小さなその現場で現場自身でそこで小さく解決することが不可能になりました。
それはいじめ→戦争、いじめ→告訴、いじめ→殺人、いじめ→自殺、といった、
小さなことも死までいきつく時代になった、のだと私は思います。

共産主義(反自由競争勢力)の崩壊といじめとの関連について

これは憶測ですが、共産主義勢力の崩壊と、現状との関係はかなり大きいのでは無いでしょうか?かつて労働組合というものあり、それは共産主義勢力の正義(仮)に基づく勢力であった也。その時、例えば、上司(非組合員・当局・管理者)が無茶なことを部下(ヒラ・労働者)に言えば、その時、労働組合は、その上司一人に、組合員全員の勢力で脅しをかけることが可能でした。そこにおいて階級闘争の際の使う者、使われる者の勢力バランスは均衡・融和されていたのです。明らかなパワハラ・いじめは存在できませんでした。しかし現在「どうどうと当たり前のようにパワハラを行う上司が現れ、胸ぐらはつかむわ、こづくは、暴力的発言はするわ」ということが日常的になっています。
労働組合はそれをとめるどころか、そのいじめ・パワハラを補助・擁護・推進する、という有様です。労働組合幹部は経営側にもみ手でスリよるという状態です。
このようなパワハラを防止するために儲けられた、と一般的に誤解されているいわゆる「コンプライアンス違反窓口」は単なる反乱分子を事前に察知し、その窓口に訴えた者を経営側に伝達するのです。コンプライアンス窓口に不法を訴えたが最後、クビになり、不利益になるのは相談者の方になっています。
つまり共産主義勢力崩壊の今や、資本主義・完全自由競争・弱肉強食の過度の暴走を止めるリミッターはもうありません。
アメリカに代表される資本主義・完全自由競争・弱肉強食とは何でしょう?
それは強いものが生き残り弱いものは滅びるべきだ、というものです。
つまりは「弱者いじめ」は正真正銘資本主義・完全自由競争・弱肉強食の推奨するところなのです。弱者を、競争力の弱いものを救済する、などという競争がありますか?
一位を独創するランナーが、逆にふりかえりもどりビリの者を背負って共にゴールする、などという競争がありますか?それはもはや競争ではなくなります。
自由競争による弊害・反競争勢力が共産主義勢力でした。それは今や在りません。
「弱いものいじめは悪いことだ」という話は完全競争自由主義経済に反する命文です。

それだから、現代のいじめの万延、メシウマ、ツイッターによる匿名不特定多数による1個人殺人などは当然の帰結であると、私は思います。
既にツイッターというチクりシステムは世界で何人も個人を殺害(自殺等に追い込む)しています。しかも、そのように自殺に追い込んだ不特定多数匿名集団側は、人一人を自分たちが死に追い込んだことを他に指摘されてすら、「大成功だ」「ザマアミロ」「死んで当然」と堂々と臆面無く語る(カキこむ)のです。真っ暗闇のこの世界がそこにあります。
生きて再びこの世に再生など決してしたくないような悪い世界・何の価値もみいだせない世界が今ココにあります。ハルマゲドンで人類が絶滅した方がよほど良い、くらいの穢れがこの今の地球にあります。無慈悲が無愛が不法が、飽和しつつあります。

これが私の分かりやすいように極論の形で表現してみた意見です。

ついに越川派の台頭か?

麻原彰晃 もバカだな

プラトンさんに質問です

越川派とは何か?
その定義を教えていただけませんか?
越川派、それは私が生まれてかつて聞いたことも無い言葉だからです。
ググってもHITしません。

越川さんがリーダー格になる派ってこと

>それは私が生まれてかつて聞いたことも無い言葉だから
大げさな言い方。麻原彰晃はバカだな。

第二次大戦も、外側に意識を向けさせた政治権力者が
スローガンを掲げて、人々を破滅に追いやりました。

現代は、広告によって血を流さず人々を破滅に追いやろうとしています。
繰り返し性欲・貪り・不安や怒りを煽り
人々の「目」を外側に向けさせています。

かような状況にあって、一神教支配・男性原理と言うドグマを掲げて
現代社会に敵意をむき出しにし
人々の意識を外側に向けさせようとされていることに、遺憾の意を表します。

お手数かけまして申し訳ありません

プラトンさん、その越川さんという方が私には特定できません。
出来ればもう少し情報をいただけないでしょうか?


越川ってメッタジ正悟師やんか。知らんのか?
麻原彰晃はバカだな。

ありがとう

>越川ってメッタジ正悟師やんか。知らんのか?
>麻原彰晃はバカだな。

教えてくれてありがとう。優しいね。

越川真一正悟師

>越川真一正悟師の「どんなに君が乱れても、全力でぶつかってきても、僕は君を、全身で>支えてあげるよ」という言葉で出家決めた。

すごい言葉だ。すごい。

さようなら世界夫人よ

さようなら世界夫人よ

作詞 ヘルマン・ヘッセ
訳詞 植村 敏夫

世界はがらくたの中に横たわり
かつてはとても愛していたのに
今 僕等にとって死神はもはや
それほど恐ろしくはないさ

さようなら世界夫人よ さあまた
若くつやつやと身を飾れ
僕等は君の泣き声と君の笑い声には
もう飽きた

世界は僕等に愛と涙を
絶えまなく与え続けてくれた
でも僕等は君の魔法には
もう夢など持っちゃいない

さようなら世界夫人よ さあまた
若くつやつやと身を飾れ
僕等は君の泣き声と君の笑い声には
もう飽きた

http://fast-uploader.com/file/6969355535022/

越川は南青山(マハーポーシャ)の5Fを自分の部屋の様に使っていて、そこでよく素っ裸で歩く癖があった。ある時女性サマナ(実は私)が5Fに上がったら、越川の下半身が目の前にあって「キャー!」ってなって慌てて降りた。越川はそれが嬉しかったらしく、それからも何人もの女性サマナが越川の素っ裸を見たという話があった。東京では越川の露出狂はちょっとした噂話になっていた。

人に見せれるようなムスコではないので露出狂はできませんが

ボクは家の中では極寒時期以外は通常マッパです。
宅急便が来たとき服着用行為がメンドクサイ。

隣人んクン。
あなたにはジャイナ教徒がお似合いです。
フルチンで町を闊歩しても、人々は認めてくれます。
ちなみにインドの聖者はみな皮が被ってるので
剥いた皮はかぶせておくとよいでしょう。

助言ありがとう

ごめん、僕ジャイナ教徒キライだから入信できません。
あ、皮はデフォルトで被ってます。それは気にしていません。

わたしは軍国主義を悪いとはいわない。なぜならば、戦うときは戦わなければならないからだ。しかし、弱い軍隊を有するのは危険であるし、それは悪いことであるといえます。なぜかというと、もし弱い軍隊で強い軍隊と戦った場合、それは、その軍隊だけが滅びるのではなく、国家そのものが滅びてしまうからである。まあもちろん、日本という国が滅びてもいいと考えるのならば、それはそれでもいいと思います。まあいずれにしろ、これらの流れに対して、わたしたちはどのように対処したらいいのかと。それは、個人としては、必ず解脱を果たすべきであると。

この部位について

>これらの流れに対して、わたしたちはどのように対処したらいいのかと。それは、個人と>しては、必ず解脱を果たすべきであると。


あなたの意見に完全に同意します。

良いの見つけました♪

『パパジ、私に悟りを下さい!!!』

http://www.youtube.com/watch?v=teqh6B6rhpQ

素晴らしい

素晴しいですね。サットヴァの光がものすごい。

彼を探し当てた隣人さんも、なかなかセンスいい面もあるんですね。
多少見直しました。







多少かよ(笑)

パパジはすごいわ。近年ここまでの人見た覚えが無いから。

越川派って大体マハーポーシャ出身の人達って
早々と教団から還俗しましたよね。
団結したら勢いも才能もある一団だったけど
散るのも早い。
その残党がCMPだったけどこちらもみなほとんど教団から離れてます。

越川さんてカリスマ性のある方のようでしたが
それに付いていくタイプは限られてるから一派というのは現実的ではないんじゃないかな?

マハーポーシャの人って一般サマナとは違う流れだったような印象。
あの勢いも若いから出来たことで
萎れて枯れて中高年になった元マハポサマナには当時と同じくらいのバイタリティー維持は無理でしょう。

やはり教団は壊滅するんですかね。
友人の信徒が「やたら最近は疎遠になってた元信徒らと会うようになった」と。
辞めたとしても教団とパイプがあるから
教団が壊滅する兆しを本能で感じ取っていて不安になって仲間と連絡を取り合うのかも。

江戸時代の五人組監視制度のリニューアルバージョンたる

まず法律でツイッター廃止な、あとツイッターで個人が死んだ時には罵言吐いた奴とりあえず有罪な。あと第一チクリ野郎は住所氏名明記義務化な。破ったら書類送検な。
殺すつもりなら自らも命かけろよな。

http://fast-uploader.com/file/6969412926942/

無能のロクデナシ

ロクデナシ、ゴクツブシ、月給泥棒、資本主義のお墨付き入り

http://fast-uploader.com/file/6969414779535/

ホームレスと同化、自と他の区別なくする修行、
税金絡ませないで行なって下さい。

私は最近少し考えを変えました

人生は彼のものである。業(在り方、行為)は各魂のものである。
そうであるが故に、他人が、他人に「禁止」を命じても何の効力も威力も権利も無い、ということに。
それでもそれの強制を命じそれを欲するならば、裁判所に赴き、ターゲットに訴訟をもちかける、しかない、と。
そしてもし善意と慈悲と優しさで他者に禁止を申し渡すという場合は、
それを命令や罵声や誹謗という形ではありえず、「それをすればあなたにはこのような素晴らしい利益がもたらされ苦しみが無くなり幸福になりますよ。具体的に説明しましょう、
例えばこれこれこういうことがありますよね、そのときに~(中略)~、そして、これこれこうなるこうなると思いませんか?納得できない箇所があれば問うてください、私にできるかぎりの答えを回答しますから。」という形体でなければならない、と。
それでどのように仮に愛をもって慈悲をもって論理的整合性を以って説明しても、
拒否られる場合は仏陀と同じ手法「わかりました、どうぞあなたのご随意になさってください」、と言うしかない、と。

隣人クン。

パパジ禅師が素晴しいと言うならば
彼の言うことを実践しましょう。

もうこれ以上 もうこれ以上
思考の渦に巻き込まれることなかれ。

その思考はどこにありますか?

ありがとう、でも

私は私の解釈で私の考えで私の信じる仕方でパパジ禅師の素晴らしいところを実践します。
忠告と慈悲をありがとう。元信者クン。感謝します。ありがとう。

元信者クン、あなたは優れた修行者です

あなたのその優秀な能力で、速やかに解脱し、その時、ここにいるみなさんに
解脱を説いてあげてください。多くの人を苦しみから救済してあげてください。
それが私の祈りであり、願いです。
我々の歩む道は異なるかもしれませんが修行お互いに頑張りましょう。

パパジ禅師の動画は、他にもいっぱいあるので
全部見るとおもしろい。

彼の言葉は意識を内側に向けることで一貫している。

かといって、観念に囚われていない。話し終わった後の無邪気さも凄いと思う。




youtubeで既にパパジ禅師の動画は全て残さずダウンロードしました

これからひとつひとつそれを全て閲覧し、より、素晴らしいパパジ禅師の本質がつかめるよう努力します。必ず得るところがあると思います。もしなにか素晴らしい発見がさらにあれば、ここでみなさんにわかりやすい平易な言葉で紹介していこうと思います。
それが皆さんの修行に少しでも参考に足しになればいいかな、と思っています。
まだ私は3本くらしか観ていません。その時点でパパジ禅師を語るわけにはいきません。より多く修学して、より確信を持って、紹介できたらな、と思っています。

今一度、時系列に、
尊師と集う会の説法を時間をかけ、集中して
御覧なさい。一神教支配?(笑)

「憂い」


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1065-d22f7a48

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-07 : 3
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad