元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ
 前回最後に述べた、これが喜びだという思いこみによる期待が激しければ激しいほど、失望の苦しみも激しく感じる、という点について少し詳しい解説をします。

 仏教理論においては、私たちの根本煩悩とは、三毒つまり「迷妄・愛著・邪悪心」であると説きます。本来私たちは、自分と他人との区別というものは無いのですが、迷妄によって外界から切り離した形で自分自身を認識します(この部分の説明は難解ですのでここではしません)。
070708.jpg そして次に、迷妄によって認識した自己を、好ましいと思う状況に至らせたいという愛著を生じさせるわけですが、この愛著は、「好ましいと思う状況」でないならば厭うという邪悪心を同時発生させます。つまり迷妄による自己を根本として、何らかの経験をしたいという愛著(欲求と考えて頂いて良いです)は、それが経験できないときの邪悪心(欲求が満たされないときの苦しみと考えて頂いて良いです)と裏表なのです。

 みなさんの日常の心の働きに当てはめてみますと、「お金持ちになりたい」と欲求するならば、お金持ちでない状況に対して失望や苦しみを感じます。「名誉を得たい」と欲求すれば、名誉が得られない状況に対して同様に失望や苦しみを感じます。そして、愛著と邪悪心は、同時発生の裏表の心の働きですから、強い欲求を持てば持つほど得られないときの裏側の苦しみは大きいと言えます。

 例えば、玉の輿に乗りたいと強く願っていた人が、経済的に自分を満たしてくれると思って、お金持ちの相手と恋愛・結婚という過程を辿ったとしましょう。途中で相手に多額の借金のあることがわかったり、事業に失敗して財を失ったとするならば、期待が裏切られた思いで苦しみを感じるでしょう。二人に子供がいても、子供を妻がそのまま引き取って実家に帰ってしまった、というような話はよく聞きます。しかし初めからお金にこだわっていないとするならば、夫婦で乗り越えていこうという気持ちになるかも知れません。よく熱烈な恋愛の結果の結婚より見合い結婚の方が長続きすると言われています。これは、相手に対する期待・思いこみが激しいほど破綻しやすく、最初の思いこみの程度が軽いならば長続きし易いことを表しているのかも知れません。

 もう少し法則として一般化するならば、本来的にはどういう経験・対象が喜びであるとか喜びでないという規定はないところに、私たちは自分勝手に思いこむことによって意味づけをしているのです。その思いこみが一つの価値観に染まりきった激しいものであるならば、少しでもそこからずれた状況で苦しみを感じるということです。その逆に、思いこみが余りなされていない真っさらな状態ならば、別の人が苦しみ状況でも余り苦しみを感じないどころか、場合によっては喜びすら感じられるということです。

 この普通は苦しい状況でも、喜びすら感じられる話として、恋愛とは違いますが、企業の就職で例を挙げたいと思います。

 ある中小企業が、事業に行き詰まり倒産の危機を迎えたことがありました。そして資金繰りも苦しくなり、従業員に対する給料も払えなくなってしまいました。無給では働けない、ということで、ほとんどの人は会社を去っていきましたが、その中でAさんだけは無給でも残りました。その時Aさんの心境はどうだったかというと、

「自分の勤め先が倒産することなんて滅多にないことだ。会社が潰れるとはどういうことか、潰れる瞬間を見ておく唯一のチャンスだ!」

070708-2.jpgと考えて、毎日会社に出勤し続けたのでした。当時会社に出ていたのは、もう社長一人になっていました。社長が孤軍奮闘していたのを、ごく自然に彼は手伝うことになりました。社長はそれまでのやり方を反省しながらも一生懸命に頑張り、そのうちに努力が実ってか、会社の経営状態が立ち直って、多くの従業員が就労するようになりました。それからしばらくしてAさんは、社長から若くして支店長に抜擢されることになったのでした。

 普通は就職について、「給料をもらうから勤める、できれば安定した企業が良い、タダ働きなどとんでもない!」という一つの価値基準が支配的です。そう考える人にとっては、倒産の危機・無給などはサヨナラするしかない話です。しかしAさんはその考えに染まりきっておらず、別の見方をすることによって、倒産の危機自体が結構いい体験だったと思っているはずです。しかも若くして支店長というおまけ付きですから、人生って本当に分かりませんね。

コメント


「教団が潰れることなんて滅多にないことだ。教団が潰れるとはどういうことか、潰れる瞬間を見ておく唯一のチャンスだ!」

と、ゆーのも良いかもしれませんがw

でも、社長に当てはまる方が教団にいないですよね。
したがってオマケも付かないな。

自由意志と具体的な対策

>「教団が潰れることなんて滅多にないことだ。教団が潰れるとはどういうことか、潰れる瞬
 間を見ておく唯一のチャンスだ!」

 教団に精神的・経済的に完全に依存している人は教団が潰れるのと同時にその人の精神も経済も潰れます。

「教団が潰れるまでいたい!」と思い教団にいることは個人の自由意志だと思いますが、
教団が潰れた後どうするかという具体的な対策は取っておいたほうがいいです。

 自分が乗っている船が沈没し、救命ボートもない状態で海に放り出されることほど悲惨なことはありません。

 


心配しないでワシに尽くせばええんや。
ってところでしょうか?

でもね、肝心な時にタイホされて居ませんでしたよね。

意味不明

肝心な時に何をして欲しかったんでしょうか、私に。

とてもためになるお話感謝します。
やはり、正悟師がたには、何らかの形で、法則を発信していて欲しいです。
とはいえ、これ以上ばらばらになるのには、反対。
なんとか、考えて欲しい。


何を期待してるんだか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/105-c4c77806

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad