元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 最近ブログの更新も少ない、小生が元気ないみたい、ってな感じの話があるところで出回ったようだ。それで、「大丈夫ですか?」と声をかけられることがあった。今回はそれをネタにしてみる。

 ぶっちゃけてその事情を話すと、何度か拙ブログでネタとして取り上げた「自称ダメ人間」が小生の元から離れていった、ということ。

 別に彼らとは、何かこちらが求めて始まったと言うより、何となく現象が転がって深まった関係ではあった。それでも「自称ダメ人間」に関わることによって、どのような過程で再生可能なのかどうか。単なるホームレス・貧困層支援から、人間再生の方に軸足を移しつつあったところ。

 その「自称ダメ人間」がいなくなったことは、桃栗三年柿八年と思って手塩にかけて育てた樹木が、台風に根こそぎ倒されたような喪失感。とはまた違うんだけど、人間ってなかなか成長しないんだなぁ…というべきか、それを期待というか、見返りとして求めてもいけないんだなぁ…という虚ろな感じはあります。

 この「自称ダメ人間」に共通していたのは、人間不信であり、そのため対人関係がうまく形成できないという問題であった。以前にも述べたが、Tさんは、小学校低学年時に実の母親とも完全に別れ、親戚の家をたらい回しにされてきた。小学校に入る以前、入ったばかりの頃は快活だった性格が、どんどん控えめになり、人付き合いができなくなっていったそうだ。

 男の子が実の母親に甘えられない。どころか父親も身近におらず、親戚のウチで肩身の狭い想いを強いられる。こうなると、緊張優位になり、弛緩・リラックスできない性格になる。当然、身近な人と打ち解ける経験がないわけだから、心を閉ざすようになる。

 小生は、この閉ざされた心にアプローチをしたわけである。その閉ざされた内面に一部入り込むことはできた。が、結果的には、逃げられてしまったということになる。

 内面に入り込むことができた証拠とは、何か?Tさんは、一昨年の終わりくらいから小生に文句を言うようになっていた。

 Tさんは感情を露わにすることがほとんどない人だった。それはあらゆる対人関係において、表面を取り繕い続けていたからであろう。その継続する緊張感故に、人と一緒にいるのが苦痛になる。緊張感故に、自分が周りに打ち解けられない、周りから阻害されているという被害妄想になり、逃げ出す。これを繰り返してきた。

 彼と会って最初の2年くらいは、余り深い付きあいでなかったのでその緊張感が分からなかった。出来ない仕事は「出来ません、無理です」と言うが、そうでない場合は、「はい、分かりました」と従順な態度を示し、実際に仕事ぶりも真面目であった。しかし目を離すと突然行方不明になっていた。要するに、表向き真面目を取り繕うから、その緊張に耐えられず、ある段階で爆発して逃げ出すということになる。

 爆発してしまうのは、(マイナス)感情を無意識下に押し込めてしまうからである。この無意識の作業を、意識化させた上で、その感情をコントロールする。いやもっと端的に言ってしまうと、押し殺している感情をぶちまけて、蓄積しないしないようにする、ということになる。

 彼は、一昨年の終わりくらいから、小生に対して感情を出すようになってきた。

「チラシ配りは嫌です! もう絶対やりません!!」

 結構感情をむき出しにした口調で、このように小生に述べたのが2012年の年末頃。その変化を小生は肯定的に捉えていた。とは言え、そこからすぐに突っ込むことは出来ない。それで本人の望む通り、チラシ配りの仕事も何も依頼せずに放置しておいた。その間仕事も何もなかったから、連絡すら取ることもなかった。

 すると3ヶ月程経過してから、突然電話がかかってきた。

「あの……、チラシ配りで近くまで来たもので……」

 チラシ配りは嫌だといって、チラシ配りをしているのは変だと思われるかも知れない。事情説明をしておくと、野田名義で申し込んだマンションのチラシ配りの仕事と、Tさん個人名義で申し込んだ戸建てのチラシ配りの2種類のチラシ配りがあったのだ。どちらも南浦和周辺のチラシ配りである。彼が断ったのは、野田名義のマンションのチラシ配りであった。戸建てのチラシ配りは続けていたのである。なぜマンションチラシは嫌で、戸建てチラシは配るかというと、矛盾していると言えば矛盾しているのだが、色々細かい事情があった(が省略)。

 恐らく彼としては、嫌だと拒絶してみたものの、放置されて寂しかったのだと思う。とは言えそれを表層の意識で感じられる程、素直な心の構造ではないからややこしい。何にしろこちらとしては、ちょっと突いてみて、相手が遠ざかったなら、向こうからまた近づくのを待っているしかない。

 それで3ヶ月して再度近づいて来たので、また仕事を頼むことになった。それでも紆余曲折はまだ続いた。

(つづく)

コメント


恐らく、過去世までに到達できたレベルまでならば、今生もスッスッと成長できるのでしょう。

しかしその先は、牛歩というか、遅々とした変化で一進一退を繰り返すのが現実なのかもしれません。

善業も悪業も、どちらも魂の経験になるからドンドン積むべし、との考えは、ここで破れると私は思っています。
地獄を何億年も経験しても、その地獄を簡単に抜け出せないのがいい例でしょう。
いくら経験しても、それを“克服”しない限りは、いつまでもとらわれ続け、巻き込まれ続ける。同じ過ちを繰り返す、何億年、何超年、永遠に。

そんな無限の輪廻を断ち切る手段、乗り越えられない現実を乗り越える奇跡の方法論が、仏の教えや、神の教えの中にあるのでしょう。
とは言え、それをもってしてもやはり現実は厳しい、そりゃ某ブッダも成道後に布教をためらうわけです。

バグワンも、あのクリシュナムルティやあのラーマクリシュナを、失敗例として取り上げてますね。そりゃそうだ、世の中は下降の一途ですもんね。その辺の普通の人は、“クリシュナ”の名前なんて聞いたこともない。
どんな如来にも、人類の下降を止められない。大乗は必ず破綻する。
オウムも、物凄い勢いで成長したと思ったら、同じように物凄い勢いで散っておりますな。いやいや、あっぱれあっぱれ。

というわけで、結局は56億年だとか、そういう途方もない未来を待つしかないのでしょう。

ゆっくり行きましょうかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1043-cdbfecc8

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad