元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 師クラス幹部2名の除名について。団体関係者からの続報を組み入れつつ検討している。ただ、当記事(及びその続編)は、あくまで推測に推測を重ねた(架空とも言える)読み物であることを理解して、引き続きお目通し願いたい。小生の結論は最後の方まで書きません。そこのところ、推理小説みたいな感じで推論に推論を重ねていく読み物として捉えて頂ければ幸甚。
 
 今回の除名決定は、二ノ宮君と松本家の思惑が一致したものと解するのが合理的だろう。除名理由と多数決は単に表向きの体裁を整えたに過ぎない。しかもこの多数決は、なんと以下のように票が割れていたそうだ。

除名賛成 13
除名反対 10

 この裁決に際し、内ワークの師で長期修行から出して参加させてもらえず、投票できない師も2人以上いたという。もしそれらの師が反対票を投じていたなら、1票差の僅差だったことになる。恐らく除名対象の師は、利害関係者として決議に入れてもらえなかったであろうが、それぞれ個別の決議と考えれば、反対票を投ずることもできた筈であり、その場合同数ということになる(Vプシュパ師除名提議についてはMラーキニー師が反対し、Mラーキニー師除名提議についてはプシュパ師が反対する、とか)。

 Mラーキニー師の除名理由となっている出来事も、4月末に起きたばかりであるが、1ヶ月も経たずして、このような強行採決で押し切るとは。

 二ノ宮君が師をぶん殴って糾弾されるというのなら、分かる。しかしそうではなく、殴った方が、諫めた師を強行に除名処分にしたのである。このようなことが可能になるのは、やはり松本家の後ろ盾があるのではないか。そのように小生は推測する。

 小生が経験したものを含めて、このような例はいくつかあった。ここでこれまで取り上げてこなかった正悟師復帰拒絶問題を取り上げてみる。

 その2人の(元)正悟師は、結果として教団に復帰できず、社会において通常の仕事をしていると思われる。よって戸籍名をここで挙げるのは控える。1人は2007年に脱会した元正悟師である。ある時期まで小生もその住居の世話をしていたし、別の元信者から仕事を回してもらっていたこともある。ところがその仕事も止めて、教団に戻ると言いだしたのだ。これは2010年か11年頃だったと思う。

 仕事を世話していたその元信者も、その反応には呆れてしまったそうである。勿論、元々の信仰を貫きたいという「宗教バカ」という意味では、小生も理解出来ないわけではない。

 しかしながら、合同会議の師達は、戻るに際しての色々な条件を付けながら、結局元正悟師を戻すことはなかった。

 ここにおいて二ノ宮君及び松本家の意向がどう働いただろうか?単純に考えて、教団唯一の正悟師である二ノ宮君からすれば、正悟師がもう一人戻るとなれば、相対的に自分の地位が脅かされると考えてもおかしくない。その元正悟師が戻るに際して、「見習いからやり直す」という話もあったようだが、その条件がついたとしても、二ノ宮君としてはやりづらいだろう。。「腐っても鯛」ではないが、見習いであろうが、「元正悟師は正悟師」と考えるサマナは少なくない。チッタカ正悟師の例でもそうであった。

 松本家側からしても、積極的に戻す理由は見つからない。なぜならば、分裂騒動の結果、二ノ宮正悟師以外は、家族からすれば全て「裏切り者」だからである。

 尤も松本家の意向が働いたかどうかは、状況証拠としても十分ではない。というのは、一旦脱会を宣言した出家者が戻るというのは、再出家扱いとなるのが通例であった。そこで再出家の許可を誰が出すのか、という問題は、これも宗教的指導者(グル)にかかる専権事項である。元のステージが仮に正悟師であっても、それを例外扱いにすべきかは躊躇すべき所があろう。1度団体を辞めた元師が、戻って見習いからという例もあるが、当然出家の許可はまた別に取ったわけである。

 よってこのケースでは、二ノ宮君の思惑が絡んだと推測は出来ても、松本家の関与があった状況証拠とするには、材料としては弱い。

 しかし出所してそのまま教団に戻ろうとしたメッタジ正悟師については、拒絶できる理由が無いのである。

(続報を待ちながらつづく)

P.S. 除名された師は八潮道場に修行に入っていた。この八潮道場担当師は、除名反対に回っていたので、ひょっとするとそのまま除名された師らは、そのまま団体を出ることを拒絶し、居座ることも想定されていたのだが、その結末は……

コメント


少し前、信徒には、二人の師は、悪魔にとりつかれたという説明がありました。
ホントかな???

教団の説明に疑念を生じさせ
教団認定悪魔である小生の拙ブログを閲覧し
コメントまで投稿するあなたは立派な悪魔の仲間入り

それが都合の悪いものは排除し、相対的に自らを正義の立場に置くという真理です。

あのぉ~
ニノミーの呪詛では
悪魔は祓えないんでしょうかね?

京都のヘタレな男の師も、除名者は悪魔に取り付かれたとかの寝言、
信徒に言ってんのかな?
ま、ニノミー様の下僕だもんね。

ニノミーには、呪詛やら米撒きやらの
スキルアップをもっと頑張ってもらいたいものだw
「除名」でないとラチがあかんとは、とほほ。
焼肉食って、ノンカロリーのビール飲んでる間はないぞ!
糖質気にしだしたか?

にしても続きが楽しみだwww


今回の除名騒動を解説します。

・麻原次男(20歳)の教団復帰を麻原妻(松本知子)が画策。

・麻原三女(おなじみアーチャリー)はこれに反対し、親しいVプシュパ師を通じて次男復帰阻止のロビー活動を計画。
反対する理由は、次男には鬱病がある為、教団再起は身体的に無理と考えた?

・このロビー活動に麻原妻は激怒し、関与したVプシュパ師の処分を指示。
ついでにVプシュパ師に加担したマハーラーキニー師までも処分を指示。

・合同会議で処分が多数決で可決
「内ワーク」の師は全員が(処分に)反対した。

・「合同会議」とは名ばかりで、実状はスッカー師一人が全てを決めている。
スッカー師は麻原妻の指示に従っている。

教団で「除名」は前代未聞とも言える重大なものです。
まして今回は真面目なプシュパ師と、有能と言われたマハーラーキニー師の処分です。

つまり「麻原次男の教団復帰」は本気という事です。

マスコミの皆様。
麻原二世が麻原妻の後ろ盾の元で教団再起に動き出しました。

「麻原次男ってどんな人?」
「麻原妻ってどんな人?」
国民に報道願います。
FLASH様、週間文春様、よろしくお願いします。

麻原次男(20歳)の教団復帰!?
教団を完全には潰さないかわりに息子は教団に戻らないという約束が当局とあったと言う噂もあったけど、あれは単なる噂だったのかな?

何でVプシュパさんが殴られたのかという話が出てきたのは情報提供者に感謝します。
今後もよろしく!

屁の河童さんのコメントにもあるけど自称解脱者、成就者がたくさんいるなら憑依くらい払えないのはおかしな話だ。

そもそも解脱者のはずの師なのだから悪魔に憑依されるのが不思議な話。

迷っている現役信者さん、ぜひとも、そこのところを質問して迷いを払拭してください。

ガヤトリーマントラを唱えれば憑依くらい取れるんだけどなあ・・・



↑これが事実なら、外野にとって斜め上の展開

迷っている現役信者さん、迷っている場合ではないようですな。
何か得たいの知れない大きな渦に巻き込まれるぞ。
ガヤトリー真言ではラチがあかん。

ひふみ祝詞
http://www.youtube.com/watch?v=OvVf1O5dNZU

がよろしかろうとw
初音ミク姫様も頑張っておられるぞ
と、斜め上に書いてみる

ますます続きが楽しみだwww

はじめまして。道場かっぱと申します。ここのブログは最近は内ワーク財施かっぱも見ているそうなので、書き込みさせていただきます。野田さんへ情報提供する意思があるわけではないですが、他に発信する方法がないので。。。

ここはかっぱが流行っているので、道場かっぱと名乗らせていただきます。

最近は、正悟師のもと、道場でかなりの異変が起きています。数カ月前までは私もイケイケだったのですが、最近は戸惑ってます。

実はこういうことです。
最近、道場では、お供物を取ることが禁止になりました。
さらに、悪魔祓いにお香を大々的に使用するになったそうです。
お父さんのエネルギーが入ったお供物を取ることを中止させられるのは正直つらいです。
またお香で悪魔祓いとか、かつてのオウム真理教では行なわれていなかったことが平然とまかり通るようになってしまいました。
誰かに相談しようにも、一言でも現状に対する疑問を口にすれば、悪魔だと言われて正悟師に密告されてしまうので、誰にも本音が言えません。

しかし、つい最近、ふとしたきっかけで、別の道場に同じ悩みを抱えているかっぱさんがいて、その人のつながりで、もう1人いることも確認できました。私がわかっている範囲で、同じことを悩んでいるかっぱさんは3人いるわけです。
おそらく誰にも相談できないで一人で悶々としているかっぱさんもいるでしょうから、多かれ少なかれ各道場に1人はいるんじゃないでしょうか?

内ワーク財施の部署は以前と変わりなく宗教生活を送っているそうです。
変わったのは道場なのです。

どうやら、道場の上の方では、道場こそが正統で、内ワーク財施の部署は悪魔がはびこっていると言っているようですが、明らかに矛盾です。以前と変わりない宗教生活を送っているわけだから、内ワーク財施の部署の方が正統で、最近徐々に変化し始めている道場の方が悪魔がはびこりだしているんではないかと考えるのが普通です。こんな道場にいても本当にいいのか、という不安がわいてきて仕方ありません。
なにせ、自分からお父さんのエネルギーを断っているわけですからね。これに疑問を感じないのはおかしいと思っています。

すいません。誰にも相談できないので、ここに書きました。
おそらく犯人探しは始まると思いますが、おそらくわからないと思います。
なぜなら、私も他のサマナと一緒の時は、普通にイケイケで振舞っているからです!(^^ゞ

少し脚色して特定されないようにしてますorz

野田さんにしろ、上祐さんにしろ、御家族にしろ、アッサージ正悟師にしろ、
本気で教団を背負ったからこそ、たくさんのカルマを背負ったからこそ、
感情的になったり、頭に血が上ったりするんじゃないでしょうか。

そういう一生懸命な人の揚げ足を取るというのは、私は好きではないですね。
責任感の強い人ほど、乱れる。そういうものでしょう。

そういうわけで、「以前と変わりなく宗教生活を送っている」ということは、
必ずしも褒められたことにはならないと私は思います。
まっ、道場かっぱさんは十中八九、外部の方でしょうけれども。
そもそも正悟師への不満なんて、支部のサマナの間では昔からありますからね。
昨今の京都道場のように近しいところは別ですが、
正悟師の周辺のサマナでも愚痴の一つや二つが飛び出すことはありますもの。
あなたの大げさな表現は、内情を知らない外部の典型ですね。
不満も漏らさず完璧に追従するなんて不可能、理想と現実は別なのですよ。

ところで、御子息の復帰という噂が流れると、
今回の一件で教団へ疑問を抱いている人に対して、見事なストップがかかりそうですねぇ。
なかなか工夫が面白いこと。

アッサーさんの「一生懸命やってる」は、いつも方向性が違う。genさんまるで外部の人っぽい。。

> 道場では、お供物を取ることが禁止になりました。

上層部の保身でここまで歪んだことになるなんて…

外食しない、手作り無添加のものを選んで配給する仕組みは良かったですね。今おもえば。

今の外食産業、加工食品は添加物酷くて一発で暗性になります。

ぼくも今は無添加無農薬の食品をとってます。ヨガ修行してたら、外食、特にジャンクフード、ソフトドリンクは辛くなってきますね。

> それが都合の悪いものは排除し、相対的に自らを正義の立場に置くという真理です。

「まっとうなことしてる」ひとを全否定したら、自分はまっとうなことが出来なくなるという、わかりやすい図式…
「まっとう」の内容はおいといて。

---教団出される方、出ようとしてる方へ---

今現在、ワークをしっかりこなして修行も自発的にできる人なら心配ありませんよ。息苦しい抑圧から逃れて、かえって修行は進むものと思います。

僕も今もワークは極限で給料雀の涙(サマナのほうがよっぽどいい生活かも)、合間見てコツコツ修行してます。

週末にはちょこっと人にヨガ教えたりも。教えた人がチャクラの霊視や光の体験したり甘露落ちる体験すぐはじまって、こっちがビックリ。

教団出されたら、卒業ってことですよ!

早速反論されちゃいましたが。(*^_^*)
でも、変に思いますが、genさんの意見でいくと、野田さんも上祐さんもすべて肯定しても良いことになりますよね?野田さん、上祐さんを肯定していいんですか?もしgenさんが現役の方なら、野田さん、上祐さんは肯定できない存在であるはずなのですが。。。(^_^;)

個人と場所が特定できない範囲で、サマナであることを証明するにはどうすれば良いでしょうかね?証明することはやぶさかではないですよ(^^ゞ

サマナにとっては御供物停止は大きなことですよ。これが揚げ足取りと言われるとは思いませんでしたが。。。
変質については、上祐さん(ひか輪,M派)の方は変質しました。同じ信仰を貫いた方(Aleph,A派)は正統だったってことになってますよね?少なくとも現段階では。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1017-bb3489ce

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 1
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad