元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額916万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 師クラス幹部2名の除名について。団体関係者からの続報を組み入れつつ検討している。ただ、当記事(及びその続編)は、あくまで推測に推測を重ねた(架空とも言える)読み物であることを理解して、以下お目通し願いたい。

 前回記事で挙げた通り、2人の師の除名理由はとても除名相当と考えるにはほど遠い内容である。ここで推測される一つの理由は、松本家の院政によるものである。

 かねてから拙ブログでは、教団運営が麻原の妻及び子息により間接的にコントロールされてきていることを問題視して、事ある毎に取り上げてきた。現実に小生が教団運営に関わっていた時期において、松本家から「自分たちが指示していることは秘密にして、あなたの指示ということでやって下さい」と指示されたことも暴露してきた。

 今回の除名処分も、松本家からの働きかけがあった可能性が強い。その理由を見る限り、単に表向きもっともらしい説明を付けたに過ぎない。というのも、前回述べた通り、除名という処分は、二ノ宮1人が決定出来るものでもないし、合同会議が全員一致であったとしても、簡単に決められるものではない。

 かつての麻原原理主義に還ろうとしている教団ならば、尚更である。出家者達は、お役人のように上の顔色を伺いながら、前例に沿った判断しかできない。その彼らが、師クラスの幹部を2名も除名などできる筈がないのである。

 ただ松本家の裏の指示があったとしても、今回の除名処分を説明するには若干の疑問が残る。というのも、その内プシュパ師はかなり子息に近い関係にあった師である。特にあっちゃん(三女)とかなり近い関係にあったわけだが、あっちゃんはプシュパ師を見殺しにしたのであろうか?そういう疑問が残るのである。

 あっちゃんは一体何を考えているのか?あっちゃんブログを覗いてみると、この間の記事は…

------------------------------------------------------
◆ブログを再開します
2014.05.11 Sunday
しばらくお休みいただいていたブログを、再開します。

父は30歳を過ぎてから全盲となったため、杖をついた音で周囲の状況を判断する能力等を有しておらず、1人では生活できませんでした。

今回は、目が見えなかった父がどうやって歩いていたか、どうやって生活していたかを書いていこうと思います。(記事終わり)

◆1989年から目が見えなかった父
2014.05.22 Thursday
父が完全に視力を失ったのは、1989年の秋頃だったと思います。

以前は1人で歩いていた父も、視力を失って行くにつれわたしと手をつないで歩くようになり、やがてはわたしの肩に手をおいて歩くようになりました。

わたしが先に歩き、父がわたしを杖の代わりにして、わたしの後を歩くのです。(記事終わり)
------------------------------------------------------

 お

 ・

 ぉ

 ・

 す

 ・

 ご

 ・

 い

 !


 しばらく休止していたブログを再開したと思ったら、ほとんどツィッターの呟きでも済みそうな記事内容、記事無いよう。

 これで10日以上持たせるとは

 内容小出しのすんごい上げ底ブログですね~

 弁護士が書いたんじゃないか(新人類談)と憶測を呼んだ精神鑑定・公判停止手続きに関する雄弁な口ぶりはどこ行ったんだ?「やっぱり弁護士だったんだ」と思われたくないなら、もっと書けば?

 と揶揄すると信者関係者にひんしゅくを食らいそうだ。あっちゃんはプシュパ師のことが心配で心配で、きっとブログなど手に付かないのだろう。そうだろう、きっとそうだろう、そういうことにしておこう。

 それにしても「何を記事にしようか?」と腐心することもある小生からすれば、こういう上げ底ブログもありなのか、と妙に感心してしまった。あっちゃんを見習うわけではございませんが、拙ブログも内容小出しで行きます。情報収集に時間がかかるのもあるし。その間、ちゃんと経済記事も読んで待っててね(はあと。

 あくまで上記松本家の指示の部分は、「経験的・合理的に考えるとこれしかない」という推測にすぎない。何度もくどいようだが、念のため断っておく。

(続報を待ちながらつづく)

コメント


当該記事をアップして、「あっちゃん、記事書いたよ~」と勝手にリンク転載のコメントをしたのが5/29の夕方

http://blog.asahara-kousoshin.info/?eid=7#comments

そしたら5/30にあっちゃん大分長い記事を書いてくれました。

やはり本人が書いてるってことで

プシュパ師のことはもう諦めたのかな

そっちの方書いて欲しいんだけど…

現在、一部のサマナの間で今回の処遇に対する反発が起きているようです。
で、ニノミーと愉快な仲間たちの次の思惑は、その不満を利用して、合同会議を解散して、
新たに道場の師と、言うことをよく聞く(年増好きの茶坊主始め)忠臣な者達を集めて新たな議決機関を作ろうと画策中とのこと。
なお、あっちゃんは今回の件には関われてなく、ニノミーが年増さんに都合のいい情報だけをあげて、年増さんの威光を利用したクーデターとの見方も出ています。
よって、今回は、あっちゃんに親しい者をニノミーがこの機会を利用してどんどん切り捨てようとしているとの見方が専らです。
次なる犠牲者も出る模様だけど、ニノミー側は、ひたすら、この事実は隠して、下っ端のサマナ、師どもを動かしている模様。
ニノミーここまでは政治家らしくうまいこと行ってると思い込んでるようだけど、どう考えてもうまくいくわけないよね。ww
次の合同会議でも手下のサマナを大量に送り込んで、従わない師たちに圧力かけるのかな?ww

世の中は

「河童曼陀羅」w

数年前のことです。アッサージ正悟師に近いサマナが、「女性が劣っている」という教えを説明するDVDを持って、各支部をまわりました。このDVDは、一般の女性信徒は視聴できないことになっています(激しく反発する可能性が高いため)が、一部の認められた女性信徒は視聴できました。
近年は、信徒・サマナ共に、女性が優勢である教団の状況もあってか、男性に対する不満を抱く女性信徒・サマナが、アッサージ正悟師らの強い男尊女卑の傾向に対して、この一件が更に悪い印象を強めたことは否めないでしょう。そして今回の一件が起こりました。全国の女性信徒・サマナがどう動くのか、非常に楽しみであります。

かつて、人類は女尊男卑の時代を送っていました。女性が男性を批判する時代です。その報いは、現代の男尊女卑によって返ってきているのかもしれません。永遠に繰り返し続けるのでしょうかね、男と女の争いは。

野田さん、ブログのアップを楽しみにしていますね。

genさん、米どうもです。

>かつて、人類は女尊男卑の時代を送っていました。

太古女性は太陽だった、というその時代に戻るということです。
それが男性原理・一神教から、女性原理・多神教への陰陽転換

河童三兄弟さん、屁の河童さん、genさん、情報ありがとうございます。
続報を期待しています。

アレフも大荒れのようですね。
世界中が、まもなく大荒れになるでしょうけど・・・

野田様

いつも拝読させてもらっています。

今回の教団の除名騒動に関してですが、知りたいことが2つあります。

・なぜヴァジラプシュパ師は殴られたのか
・なぜマハーラーキニー師は長期修行に入れられたか

ここがわからないと、いまいち判断のしようがないのですが、知っている方がいらっしゃったら教えてください。

よろしくお願いします。

現役様

 一応ここ(ブログ上)では、晒した情報内容による情報源特定の恐れもあるし、私自体の目的(オウム問題から現代社会における一神教洗脳の指摘)もあるから、もうちょっと待ってて下さい。

 もし今詳しく知りたいというのなら、ブログ右側記載のgmail経由で個別に接触する話で進めさせて下さい。

 私の思惑として、「ネット上でいくらサービスしても…」というのもありますしね。個別信頼関係構築ができそうなリアルの関係なら…、ということです。私の方からは。


男尊女卑

> アッサージ正悟師に近いサマナが、
> 「女性が劣っている」
> という教えを説明するDVDを持って、各支部をまわりました。


たしかに、わたしもこの種の話は聞いたことがあります。
「女性は最終解脱できない」
「子供を産むことしか能がない」
とか。
ソーナー師が捕まった後にそういう話をしていたと記憶しています。
ソンシが語っていたとか。

でも、それは修行者としての最終地点での話であって、
現世では問題にするほど差はないと思いますね。
むしろ、男性の方がAVに凝りすぎたり、エネルギーロスが多すぎて、
社会的にも影響があるかもしれません。
その穴埋めを女性がしていると。

オウム以外にも、法華経に「変性男子」ということが書かれているそうな。
> 女子(女性)は成仏することか非常に難しいとされ、
> いったん 男子(男性)に成ることで、成仏することができるようになる
という解説が付いていましたね。


女性は最低6回、最高60回いくことができる。
女性は体全体がエクスタシーでできている。
その反面がものすごい嫉妬や嫌悪としてでてくる。
男が女をちゃんと、満足させてあげていない。これが真相です。

野田様

返信ありがとうございます。
いろいろ考えながら、もう少し待たせていただきます。
よろしくお願いします。

> 女性は最低6回、最高60回いくことができる

ぼくは一応男だけど余裕で逝けるよ。
第二のプロセス~グヒャサマージャみたいにツァンダリー回せば。

男のアレ(しょうもな…)と違ってなんぼでも。一回だけでも相当なもんだけどね。
強さで数十倍、時間軸でも数十倍、心身が持つ限り。減らない、果てない。
60回なんてとても。。そんなに必要ないかも。ものすごく強力だから。神経にストレスかかりすぎて危険かも。

> 男が女をちゃんと、満足させてあげていない。これが真相です。

たしかに、男性原理と女性原理がうまく循環してると精神は安定するね。
マリアさまとか観音様みたいになってくのかも。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1013-6314e796

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-06 : 5
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad