元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

 井上死刑囚が菊地被告について法廷証言をした。違法性の認識が無かったと無罪主張する菊地被告に対して、無罪主張を覆すような証言を積極的に行っている(末尾添付記事)。これまでも井上死刑囚は、かつての朋友を売り渡すかの如く、検察主張に沿った証言をしてきた。

 検察の言いなりになり、「良い子ちゃん」ぶっている姿は、何とも現金だなあ…と。これはオウム裁判に注目している関係者のみならず、一般大衆にもそのように映っているのではなかろうか。かつてのオウム法廷でも言われていたことであるが、「帰依の対象が麻原から検察に変わっただけ」のようにも思える。

 年頭の平田裁判井上証言について、オウムウォッチャーブログより勝手に転載
---------------------------
 自分をヒーローに飾り挙げたくて黙っていられない井上死刑囚の本質はなにも変わってないんだろうな。この間の月刊誌に掲載された手記もそうだったし。弁護人が主張したような稚拙さはそのまんま。
---------------------------
 
 法廷のヒーロー云々は、高橋シズエさんもブログに書いていた。単に麻原信仰を捨てて、事件を謝罪反省している、という以上の自己顕示欲を感じる。

 勿論小生にもそのような自己顕示欲があることは認める。小生は、自分としては、教団において井上死刑囚は「親友」であったと勝手に思っていた。彼も小生も、長くクンダリニーヨーガの師であり、3つめのヨーガ成就を目指す良きライバルでもあった。年齢は彼の方が下であったが、落ち込んでいた時期に励まされたりしたこともある。

 勝手に親友だと感じるに至ったのは、一つには共に「尊師親衛隊」だったこともある。「尊師親衛隊」というのは、92年頃彼と小生に加えてマハーカッサパ師(前の名前岐部哲也)の3人だった。当時ロシアツアーなど何度か海外まで麻原に同行することがあったが、その時麻原が付けたグループ名(というか何というか)。端的に言えば、物理的に麻原に近く、積極的にすり寄っていたとでも言おうか。

 「尊師親衛隊」は、教団武装化でも同じワークだったりした。「不能犯」ということで事件化されなかった、亀戸を含む炭疽菌バラマキ事件では、ローテーションを組んで菌の培養に励んだ。「尊師親衛隊」でも、時には意図的に麻原から中心的役割を外されることもあった。そういう時、井上死刑囚は、露骨にやるせない・やる気のない態度に変わった。尤も小生も50歩100歩ではあったが。だから今も現金な彼の性格について、余り非難できようはずもない。

 しかしながら、かつての親友だった彼に対して疑問に思うのは、彼が獄中でもチベット密教の修行をしているということだ。彼には元出家者の支援者がいる。その絡みでチベット文化研究所のラマ僧の指導を受けているらしい。ラマ僧も彼の霊性の高さを認めているようだ。

 そのチベット密教の修行をしていながら、なぜわざわざかつての朋友を意図的に貶めるような証言をするのだろうか?「法廷のヒーロー」ではないにしても、相対的に自己を正当化したい意図が透けて見えて仕方がない。

 チベット文化研究所とも関係があるその元出家者によると、チベット密教の核心部分の一つは「ロジョン」である。「ロジョン」とは「八つの心の訓練」と訳されているが、詳細はこのリンク先に書いてある。極めて短く要約するならば、「全ての苦しみ我が元へ、全ての喜び他の元へ」であり、オウム的に言えば、苦の詞章(自己の苦しみを喜びとし、他の苦しみを自己の苦しみとする)。

 換言すれば、「ロジョン」とは、自己のエゴを消滅させる為の他を利する実践である。この「ロジョン」のエッセンスは、チベット密教に限ったものではなく、どの宗教でもその理念に含まれるものであろう。いや宗教のみに留まらず、人間社会一般において普遍的な価値として認識されるものであろう。自分のエゴを放棄して、他人を利するという実践そのものは。

 この「ロジョン」も含めてチベット密教を獄中で実践しているはずの井上死刑囚が、なぜ次々とかつての朋友をより重罪へとおとしめる証言を行うのか、小生は理解に苦しむ。「ロジョン」の実践ならば、「その人が負うべき罪を、苦しみを、私が負います」となってしかるべきだが。。。

 共に教団を離れ、チベット密教に対する信仰は小生も共有するものではあるが、親友だと思っていた彼は随分違う所に行ってしまったような気がする。なんだかなぁ…


<オウム裁判>井上死刑囚「菊地被告は爆弾原料運搬を認識」
毎日新聞 5月12日(月)13時10分配信

 ◇東京都庁爆発物事件 東京地裁で裁判員裁判

 オウム真理教による1995年5月の東京都庁爆発物事件で爆発物取締罰則違反と殺人未遂のほう助罪に問われた元信者、菊地直子被告(42)の裁判員裁判が12日、東京地裁(杉山慎治裁判長)であり、元幹部の井上嘉浩死刑囚(44)が証人出廷した。井上死刑囚は、爆弾の原料となる薬品を運び出した菊地被告から「(警察に)見つかれば逮捕される」と聞いたと証言し、被告に違法性の認識があったと示唆した。

【菊地被告、逃亡生活17年には何も語らず】

 井上死刑囚は事件に関与した人物として松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(59)、高橋克也被告(56)=地下鉄サリン事件の殺人罪などで起訴=ら計8人を挙げた。証言によると、菊地被告は同年4月中旬から約1カ月間、東京都八王子市の教団アジトに出入りし、小包爆弾の原料となる薬品を山梨県の教団施設から運び込んだ。

 当時、事件を警戒して警察が厳しい検問を敷いたが、菊地被告は井上死刑囚に「いろいろ工夫しています。案外簡単に運べています」と明かし、薬品を隠したカバンに女性用の下着を入れるなどしていると話したという。

 さらに井上死刑囚が「薬品を運んでくれたおかげで(テロの)準備ができつつある」とねぎらうと、菊地被告は「頑張ります」と返答。作業中に寝てしまった中川智正死刑囚(51)に代わり、火薬をすり潰す作業を手伝っていたともいい、井上死刑囚は「中川死刑囚が疲れているのを見て自発的にやったように見えた。けなげだなと思った」と述べた。

 井上死刑囚は事件を主導して当時の青島幸男都知事を爆弾の送り先に選び、爆弾を製造した中川死刑囚らと八王子アジトに潜伏した。

 井上死刑囚の裁判員裁判での証人出廷は、3月に懲役9年の判決を受けた元教団幹部、平田信被告(49)=控訴中=の公判に続き2回目。死刑囚の心情の安定に配慮して傍聴席との間に遮蔽(しゃへい)板が設置され、警備のため防弾パネルも設置された。尋問は午後も続く。【島田信幸、山本将克】

コメント


チベット密教は、オウム事件後、ダライラマ14世の指示により
秘儀の瞑想が一般向け書籍で公開されてますね。
瞑想修行をするにあたっての、修行者の資格や、秘儀瞑想修行をするにあたっての大前提があったと思いますが、そこが一番重要なところだと思います。
そこを飛ばして、瞑想修行をするのは恐ろしいことになると思います。



核心部分、発菩提心ってしておいた方がよかったかな。

発菩提心以前の問題があると思います。
オウムでも苦の詞章・大乗の発願・回向という詞章をいつも唱えていたと思いますが
それが心に浸透する状態なのかどうか。
彼は麻原を憎んでいるようですが、そこから先の平等心を持つに至る途上なんじゃないでしょうか。
皆空の現れであり、麻原も菊池も、自分も本質は同じなんだという。彼の今の状況では、なかなか受け入れられないことだと思いますが。



密教の秘伝の本て、例えばどんなのが売られていますか?
教団でナローパの六法の伝授が英語の本を丸翻訳してたらしい
ですが、最近、本屋ではどんなのがでてます?

#RJRSaA9Q さん
自分が知っているのでは、「チベット死の修行」・「チベット密教 図説マンダラ瞑想法」
ツルティム・ケサン、正木 晃 共著があります。
検索すると詳しく見られると思いますよ。

処刑しろ!と公言するのとはどのような違いがあるとお考えですか?

同じ裏切り者扱いで結構ですよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>同じ裏切り者扱いで結構ですよ

~で結構ですよ、なんて、なげやりな表現は誤解を生みますよ
だって、裏切り者が、裏切り者を凶弾するはずありません、ただの裏切り者でないから、裏切り者に対してものをいいたくなるんでしょう、けして、あなたが、未だオグルイズムをすてきてていないのだ、と言いたいわけではありませんが、けして、オウムから魔境扱いされるほどの人でもないような気がしているんです、うまくいえませんが、もうちょっと噛み砕いてお気持ちをきかせてくれませんか

日時をご指定頂ければ南浦和ガスト文蔵店でお待ちしております。
できるだけ先の日程でお願いします。

補足するなら経験的に私の心情を述べても、それをキチンと理解出来る人はほとんどいないことが分かっています。一番身近にいる人も含めて。

だとするならば、わざわざ誤解されるようなことをここでいう必要があるのかってことであり、個人的親交でも深まるような期待値でもなければ、言わないって事です。

はじめてコメントいたします。

苦の詞章 | 『日常生活を愛する人は?』-某弁護士日記 - teacup.ブログ“AutoPage” http://sky.ap.teacup.com/takitaro/1670.html http://sky.ap.teacup.com/takitaro/1670.html

はじめまして。
滝本弁護士のブログにあるように、ロジョンの教えを正しく学んでください。
野田さんは批判の的をはずしていませんか?
共犯者同士で罪を隠し合い、加害者は事件の真相を隠したままにすることは、ただ、被害者を愚弄するだけでなく、苦しめたままになります。
ロジョンは決して被害者の方々を苦しめたままでよいとは語っていないです。
そして、加害者の苦しみも含めて、すべての苦しみを自分の下へと、ロジョンは教えているのだと思います。

こんにちはなるみさん。

もし貴殿がロジョンを少しでも理解している、実践していると自負されるところがあるのなら、是非とも私の目の前に現れてその教えを説いて頂けますようお願い申しあげます。

というのは、ネット上のこのようなやりとりは、単に水掛け論、噛み合わない議論等で、どちらかが、「あかん話が通じん」で終わることがほとんどだからです。

首都圏でしたらご指定の場所に伺いますので、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1005-c33ad239

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-07 : 2
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad