元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額949万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

「あれふこま」=アレフ経理部本体の隣室で暴力事件に遭遇したSさんの話、続き。

初回保護支給の説明を受けたばかりのSさんだが、テレビ返却の話をしている最中に突然切れだした。そのまま失踪かとも思われたが、何と興奮状態で市役所福祉課に戻ってきた。そこで係長らと話している小生を見るや否や、怒声を上げて向かってきた。

S氏「なんだお前!!」

小生「なんだ、じゃないでしょ!出て行くんなら、キチンと説明していきなさい!」

おもむろに立ち上がってS氏の方に近づく。すると一波乱起きそうな空気を察知してか、複数の職員が周りに集まってきた。S氏と小生を取り囲むような形になった。

大体こういう状況になった場合は、先に手を出されて警察沙汰にすれば、縁が切れる。そういう計算もあってS氏を睨んで対峙していたが、職員が割って入ってきた。

職員「ここでこうやっててもしょうがないですから、上の相談室に行きましょう。」

職員らに促されて、小生とS氏は保護課の相談室に入ることになった。通常は保護の相談を受ける面会室である。彼としては「出て行くときにはちゃんと話はするから」という数十分前の言質を実行に移すつもりだったのかもしれない。部屋に入った時点で大分落ち着いているように思えた。

小生「別に私はあなたに出て行って欲しいという意味で、テレビを返してくれとか言ったわけじゃありません。客観的に言えば、残って保護を受けた方が良いんじゃないかとは思ってます。」

ただ内面の正直な気持ちとしては、元から部屋にいたYさんの為にも、彼が出て行った方が話は早い、という思いがあった。

小生「ただ、私の方から頼んで『ここに居てください』というつもりもありません。」

Yさんと二人で住んで暴力沙汰になったのである。結論としてはどちらかが出て行くしかないだろう。Yさんは一年近く居住しており、しかもお金の貸し借りも含めてそれなりにキチンと清算をしてくれた実績がある。それに比べるとSさんは来たばっかりで、この有り様である。暴力沙汰もYさんが殴ったとはいえ、血気盛んなSさんの性格にも要因があることは間違いないだろう。

小生「あなたも含めてホームレス状態にあった人が生活保護を受けること自体、そもそもが当たり前のことじゃないと理解して頂く必要があります。私だってあの部屋を用意するにしても、テレビにしたって布団にしたってこちらで準備するわけです。最初からあるわけじゃありません。保護の手続きを進めてくれる役所の人だって、仕事としてそれをやってくれるから、保護のお金が出るんです。それを当たり前みたいに考えて、ちょっと気に入らないから出て行くっていうなら、それはそれで仕方ないです。でもそれを繰り返してきたのが、あなたの10回近い保護受給歴なわけでしょう?また同じことを繰り返すんですか?」

出るにしろ残るにしろ、どちらに転んでもいい、というのは小生の基本スタンス。しかし本人の為に残るようにという話をしながらも、「出て行ってくれたら話は早い」と内心思っていた。55:45、いや60:40位の割合だったろうか。SさんよりもYさんという意味である。係長が話をつなぐ。

係長「今の野田さんの話じゃないですけど、ウチとしてもお願いですから保護を受けてください、とは言いません。出て行きます、というのなら、そうですか仕方ありませんね、という話になります。しかしその場合、保護費の精算をして頂かなければなりません。」

もし彼がこの場で「出て行く」という意思表示をすれば、翌日付で廃止となり、翌日以降の保護費は返還するように請求されることになる。それが生活保護の運用である。通常本人が失踪してしまえば、この返還金は踏み倒されておしまい、である。しかし今は目の前に本人がいるのだから、今出て行くなら、お金返してから出て行って、という話だ。

小生「それと余りこういう話はしたくはないんですが…」

Sさんの顔色が変わりつつあるところに追い打ちをかける。

小生「私の所もそうですが、ホームレスの人を受け入れている他の施設で大体の所は、問題ある人のブラックリストを作ってます。問題ある人に関しては受け入れてくれないんです。で、そういうブラックリストって、私も他の施設と共有します。だからもし今日このまま出て行くってなった場合、私はあなたのことブラックリストに入れますから、他の所でも入れなくなっちゃうかもですよ。」

S氏「……」

小生としては別に話を無理に収束させるつもりもなかった。当初S氏としては、そのままお金を持って出て行くつもりだったかも知れない。しかし面談室に入って係長にも返還金の話をされてしまった以上、飛び出して制止を振り切って逃げる以外には、持ち逃げすることはできようもなかったろう。重苦しい空気がしばらく漂ったあと、Sさんは声を絞り出すように言った。

S氏「……分かりました、すいませんでした。ちゃんと保護受けます。」


一番バツが悪かったのは、間違いなくSさん本人であったろう。しかし係長にしろ小生にしろ、気まずい思いを引きずっていたことには違いなかった。表面上のSさんへの説得とは逆の想いが内心をよぎる。

(やれやれ……また新たな火種が……)

(つづく)

コメント


投稿日時が1日ズレてませんか?

0時に予約投稿することが多いけど、家にいる時は夕方に予約投稿を公開に変えてアップするんです

以前はこの手の記事を読むとホームレスに対してムカついていたものですが、最近はなんだか理解できるような気がしてきています。

うちの娘も、意味不明に怒ってきたり反抗してきたり、面倒くささマックスなんですが、そこでこっちが男性原理で叱ってもほとんど無意味でした。忍耐して、許す。そして成長を待つ、と。

ホームレスにしろ、子供にしろ、「未熟な現実」というものをよく理解できるほど、女性原理で許しに至れるようです。宗教的に理想を追求する意識とはむしろ逆のベクトルで、なかなか切換が難しいですけど。

「ガイアの法則」では、これからの破局について「それは裁きではなくて地球の周期的自然現象に過ぎない」と強調していて、この寛容な姿勢は衝撃的でした。人類の愚かさという現実をそのまま認識しているからこそ、理想を求める聖書内の殉教者や神々が人類にマジギレして裁きたさマックスな男性原理とは真逆の内容になるんでしょう。

ちなみに0.02%の確率って調べるとこんなものがありました。
・17歳以下で身長が180cm以上の女子の割合
・裁判員(裁判員裁判制度)に当たる確率
・ホームレスになる確率
・ドバイの宝くじで1億円が当たる確率(これは高いw)

国大の理系の学生はくだらんことも考えないし、呑み込みがはやいしいいね。

2013年の夏の終わりから東京の鉄道に沢山人が放り込まれて、翌年までしつこく事故が続きました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1296-302aaff5

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-07 : 3
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 11
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad