元オウム教団幹部 野田成人のブログ

★唯一人の荒らしの為にコメントは承認制になります★ 累積賠償額987万円

HOMEPR 都市難民 住宅ローン 経済 ニュース イスラム国 幸福・功徳 陰陽 オウム関連 団体存続 雑多 きまぐれ

「あれふこま」=アレフ経理部本体の隣室で暴力事件となったSさんの件続き。

暴力事件に関してSさんは、一応のところYさんに殴られた被害者的立場だったかも知れない。しかし喧嘩両成敗ではないが、Sさんにも問題があるようにも思えた。電話で話していても、何を言っているかよくわからない話を延々と続けることが多いのである。Yさんによれば

Y氏「酔っぱらって話してきて、風呂場の電気を付けっぱなしにしているとか、ゴミが落ちているとか、いちいちうるさいんだよ。」

細かい事を延々と愚痴のように垂れ流す人間は、うっとおしいし嫌われる。Sさんは確かにそういうタイプのように思えた。

Y氏「もう俺、秋に企業年金が入ったら、ここ出て行くから。」

そのように語り、Yさんは事件以来ほとんど住居に帰らなくなった。元々都内に住みたいと言っていたこともあり、Yさんの退去は避けがたいことのように思えた。

-----------------------------

さて、暴力事件から約一週間後、Sさんの初回支給日がやってきた。保護が決定して最初にお金がもらえる機会には、こちらは必ず立ち会うことになっている。なぜなら、家賃含めて全額受け取り、そのまま失踪する輩(ヤカラ)がいるからである。

CW「それでは初回支給に当たり、保護の説明を致します…」

生活保護法の規定により、毎回初回支給時には、CW(ケースワーカー)から保護の説明を聞かされることになる。Sさんは小生より年下の40代後半であるが、もう保護も10回目位、つまり説明を聞くのも10回目ということになる。確認書類の記入も含め、半時間から1時間位の説明である。時折Sさんが口をはさみ、そこから関連性の無い話を長々と始めたりする。

(そういう人の話を聞かない、噛み合わない話をするのが嫌われるんだけどなぁ…)

多分Sさんは前頭葉が余り発達していないのだろう。脳の前頭葉は、人との共感をつかさどる部分である。人の話を聞いて、相手に共感している時には、この前頭葉が活発に働く。他人に共感できない人は、前頭葉が余り発達していない。こういう人は、突然脈絡の無い話をすることがある。1時間程の話の間に、Sさんがこうつぶやいた。

S氏「それって出て行けってこと?」

CWは生活保護法の運用について、極めて事務的に述べているだけだ。個別にSさんにあてこすったような発言ではない。

S氏「出て行けっていうなら出て行くよ!」

多少気色ばんだ発言に内心多少冷や汗をかいた。が、CWは何事もなかったように話を続けている。まあこのような発言をしながら、次の瞬間には忘れている人もいたりする。そのような人であることを祈って、Sさんのことを隣で見守っていた。

CWが反応しないこともあって、その後Sさんは落ち着いたように思えた。その後、CWが席を外した。しばらくして係長を連れて戻ってきた。初回説明に係長が出て来ることは滅多にない。CWがSさんの「出て行く」発言を気に留めて報告したのかもしれない。係長が自己紹介をして話を始める。

係長「Sさんの記録を拝見したのですが、これで保護が10回目位になりますよね…」

まだ40代にも関わらず保護歴が多いことについて、係長も小生と懸念を共有していた。余り色んな所を転々とするより、出来るだけ一つの所で落ち着いて欲しい。そう諭すような話である。小生も口を挟む。

小生「係長さんも心配してくれているわけだから、もし万が一ここを出て行くことになる、というかなる前に必ず相談してほしいんですよね。」

S氏「俺、出て行くときには、ちゃんと言うから。そういう話はちゃんとするよ。」

小生「勿論そうならないことを祈ってるわけだけど。」

係長「とにかく突然失踪するとかは止めてくださいね。」

S氏「はい、大丈夫です。」

Sさんは論理的・合理的に考える思考はあるように思われた。キチンと話が噛み合えば、それも理解してくれているようにも思えたので、このやりとりに小生は安堵した。まさかこの直後に、彼があのような切れた行動に出るとは、夢にも思わなかった。

(つづく)

コメント


ホームレスとか、社会性0で放っておいても改善が厳しそうな人って、生活保護とか、あと炊き出し云々の付け焼き刃な事に、コストかけるより、、脳の治療を全力でやった方が、国としていいんじゃないですかね。

ビミョウな精神医療にビミョウな社会福祉にたらたら金使うよりもそんなラジカルな事もありじゃないかなと

そんな非現実的な妄想をしてみました。

ヤマト急便で働かせ。ホームレス。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alephnoda.blog85.fc2.com/tb.php/1288-90812759

 | HOME | 

プロフィール

alephnoda

alephnoda

野田成人のブログです
メール返事欲しい人は氏名・電話番号必須
ブログ手伝ってくれるスタッフ募集中
メールは上の画像の vv9919662014 @ じーめいる。コム

月別アーカイヴ

2037-12 : 1
2017-11 : 3
2017-10 : 2
2017-09 : 2
2017-08 : 4
2017-07 : 4
2017-06 : 6
2017-05 : 4
2017-04 : 6
2017-03 : 6
2017-02 : 6
2017-01 : 5
2016-12 : 5
2016-11 : 4
2016-10 : 3
2016-09 : 3
2016-08 : 4
2016-07 : 4
2016-06 : 5
2016-05 : 3
2016-04 : 6
2016-03 : 3
2016-02 : 4
2016-01 : 6
2015-12 : 7
2015-11 : 9
2015-10 : 7
2015-09 : 5
2015-08 : 6
2015-07 : 8
2015-06 : 6
2015-05 : 8
2015-04 : 8
2015-03 : 8
2015-02 : 10
2015-01 : 10
2014-12 : 5
2014-11 : 9
2014-10 : 9
2014-09 : 9
2014-08 : 7
2014-07 : 6
2014-06 : 13
2014-05 : 9
2014-04 : 9
2014-03 : 8
2014-02 : 6
2014-01 : 5
2013-12 : 2
2013-11 : 6
2013-10 : 8
2013-09 : 8
2013-08 : 9
2013-07 : 13
2013-06 : 8
2013-05 : 12
2013-04 : 8
2013-03 : 10
2013-02 : 9
2013-01 : 12
2012-12 : 6
2012-11 : 10
2012-10 : 8
2012-09 : 4
2012-08 : 9
2012-07 : 10
2012-06 : 8
2012-05 : 8
2012-04 : 6
2012-03 : 13
2012-02 : 14
2012-01 : 15
2011-12 : 9
2011-11 : 13
2011-10 : 6
2011-09 : 10
2011-08 : 8
2011-07 : 9
2011-06 : 11
2011-05 : 9
2011-04 : 6
2011-03 : 11
2011-02 : 4
2011-01 : 6
2010-12 : 6
2010-11 : 5
2010-10 : 9
2010-09 : 10
2010-08 : 10
2010-07 : 7
2010-06 : 7
2010-05 : 7
2010-04 : 6
2010-03 : 6
2010-02 : 7
2010-01 : 4
2009-12 : 2
2009-11 : 3
2009-10 : 5
2009-09 : 3
2009-08 : 4
2009-07 : 9
2009-06 : 10
2009-05 : 10
2009-04 : 13
2009-03 : 7
2009-02 : 1
2009-01 : 4
2008-12 : 8
2008-11 : 9
2008-10 : 6
2008-09 : 7
2008-08 : 7
2008-07 : 8
2008-06 : 5
2008-05 : 4
2008-04 : 7
2008-03 : 7
2008-02 : 7
2008-01 : 7
2007-12 : 10
2007-11 : 8
2007-10 : 5
2007-09 : 8
2007-08 : 12
2007-07 : 7
2007-06 : 15
2007-05 : 18
2007-04 : 9
2007-03 : 17
2006-04 : 1
2004-03 : 12
[RSS 1.0]  [RSS FEED]

FC2Ad